戦わなきゃ現実と このページをアンテナに追加 RSSフィード



2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 |
2017 | 11 | 12 |
2018 | 05 | 06 | 07 |

  

買い物予定表兼積みゲー


気が向いたら更新です
○2011/12/16『さよならを教えて comment te dire adieu ~あそBD~』CRAFTWORK(ブルーレイ)


2006-08-27 また有明か

[][]コミティア77 コミティア77を含むブックマーク

本日は、コミティアに一般参加してきました。

実はコミティアに行くのは初めてだったり。以前に行こうと思ってカタログまで買っていたのに、直前になってどたばたがあって行けなかったといういきさつがあったりします。

いつのまにか書店からカタログが引き上げられていたので、ほとんどノーチェック状態で行くはめに。いやまぁ多少はネットでオススメなサークルさんやらを調べはしたのですが、どうしてもここは欲しいというサークルさんはない状態です。

10:25新橋着、ゆりかもめ経由で11:00前に国際展示場前へ。

関係ないですが先週ワンフェス行ってたら、3週連続有明でしたね、まぁそういう人は多そうですが。

並ぶのも嫌だったので、まぁこんなものだろうと思って、ほぼ開場時間に到着。一応それでも5分ほど最後尾に並びましたが・・・。隣で開催しているシティですか、女性向けは凄いですね。コミケから2週間しか経っていないのにもうあれほどの規模のサークルが集まってしまうとは。いったいぜんたい、参加されているサークルさんは新刊をちゃんと用意されているのでしょうか?

それはさておき、カタログを持っていない自分は会場入り口近くで、またカタログを買うために並んだり。正直別のところで頒布してくれると助かるんですが、そこのところどうなんでしょうかね。

買ったところについては、後略。後ほど加筆しますので・・・。

だいたい、13時くらい前に撤収。

一応浜松町へ。

ハルヒには興味はないのだけれども、時間差攻撃さんのハルヒ本を回収しに4Fへ。

入場フリーになっていることを祈っていたけれど、しっかり残っていやがりました。妙ににこやかなコスプレ売り子さんからカタログを受け取る。600円也。

これで、完売していたら目も当てられないところですが、ありました。

さすがに新刊コピー誌は完売しておりましたが、これは仕方なし。自分も丸くなった?のでこれぐらいは大らかな気持ちで、というか「オフセ新刊残っていてくれてありがとう〜」です。ま、たぶん委託すると思うので、無理して今日買う必要はなかったように思うのですが。

[][]COMITIA77簡易レビュー COMITIA77簡易レビューを含むブックマーク

途中まで書いたらインターネットエクスプローラー様が突如挙動不審な動きをして消えた。頭来たのでちょっと自分をクールダウンさせるために、外を一回り。ちなみに今はOperaで開いています。

あ、ちなみに作家さんの名前その他は敬称略の方向で。

  • cageling(高見リョウ)『Serenade』(創作:幼馴染本)

  • まんけんOB(安達ミチオ)『軟体生物のおしごと』(創作:幼女刑事もの)、『ののん』(創作魔法幼女もの)

前者は、よつばの。読書会で読了済なもの。

後者は、あると思っていなかった予想外の新刊。今回も独特なストーリー展開。隙がないつくりです。絵柄があまり派手でないように思われるので、そのあたりをどうにかすれば手にとられる確率があがるのでは?しかし、この絵柄あってのこのストーリーであり、無理にそういう方向にいくこともないように思う。『軟体生物のおしごと』と比較するまでもなく、著者の中で既に絵柄は完成(安定)されているようなので、そういう心配?は杞憂かと。

  • 突撃工房(ゴウ)『おじいちゃんとわたしDX』、『おじいちゃんとわたし はっぴぃ☆らっきぃ♪さばいばぁ』、『愛は不可能を可能にする』、『僕の世界に君がいる』

兎に角、おじわたが最高。割と前に発表された作品ですが、あまり古さを感じさせない出来。『はっぴぃ・・・』は、初めて読んだので来た甲斐があったっというもの。

本日新刊の『愛は不可能を・・・』。ちゃんとストーリーしているし、決して悪い構成ではないのだけど、悪く言えばどこかで見た作品の焼き直し風味は否めず。佳作かな。

『僕の世界に・・・』は、異世界ファンタジーもの。ティアマガにも取り上げられていたぐらいには、『愛は不可能を・・・』よりも出来は良いように思えます。ただどことなくちょっと野暮ったさが残っているのはご愛嬌。おじわたも、もちろんそういう意味でバタ臭いという野暮ったいのでありますが、そこがまた魅力と言いますか、絵柄とストーリー(内容)がマッチしていて、心地良いのです。まさに絵柄と内容の幸福な結婚です。

余談ですが、私見では、明らかにこの絵柄でこのストーリー展開は無理があるだろう、逆説的に言い換えれば、絵柄によって作者が描けるストーリー展開(の幅)は自ずから制約されるであろうということ、そしてその逆もまた然り。作者が描こうとするストーリーによって、絵柄は選択され、あるいは収斂されてくるであろう、ということです。

表紙画像については、オフィシャルを参照して頂くとして。

今日一番の収穫かもしれない。

『決まり手画集』と迷うところではあるけど、万人に勧めうるという観点から、自分としては、こっちの『コンビニ★ハニー』を押したい。


少女マンガチックな絵柄に大河浪漫風重厚長大型SF。ある意味王道です。ページ数もそれなりで優にP150オーバー。展開もなかなか巧なので、一息に読めました。

  • WorM-S(真田蟲村)『逢魔ヶ刻』

作者さんのサイトで、『キツネノ夜』が全文読めるようです。


笑撃の一冊

見本誌で「発見」し笑い転げてしまいました。

世の中、手の込んだ本を作る人もいるものです。

まだ、禁断のページは開けておりません(w





ちょっと疲れたので尻切れトンボですが、ここらで休憩です。

感想はぼちぼち。そのうちに。消えたので、やる気ゲージが溜まるのを待ちます。

あ、「よつばの。」さんで、レヴュー本出したんだ。存在自体知らなかった。

サンクリあたりで再販されることを密かに期待です。

kokkurikokkuri 2006/08/29 17:32 お疲れ様ですー。まんけんOB見落としてたの知ってしまった(笑
再販は検討します。今週末のティアの見本誌読書会にいらっしゃるならお渡しするのですが。

kawaiikuokawaiikuo 2006/09/01 05:42 気をつかって頂いて申し訳ないです。8月はイベントが続いたので、今週はゆっくりと本の整理でもしようかと。

2006-08-19 さすが値段だけのことはある。

[]「FlexScan L997-R」届いたー。 「FlexScan L997-R」届いたー。を含むブックマーク

f:id:kawaiikuo:20060819112724j:image

ようやく待ちに待った「FlexScan L997-R」が届きました。

朝からそわそわしていたのですが、午前指定にも関わらず到着は11;30。

確かに午前中ではあるけれど・・・釈然としないものを感じる。

ま、それはさておき、第一印象、箱デカ過ぎ。明らかに人が持って帰れる限度を超えています。しかしながら、開封してみると、これだけの厳重な梱包をするにはこのサイズの箱は不可欠。やむをえないと納得。車でもない限りお持ち帰りは不可能です。

さっそく、もはや半病人のNEC製の17インチCRTを撤去し、接続してみると・・・。

なにこれ

画面が広すぎます。笑っちゃうぐらい広いです。

まさに感動もの。

モニタが替わるとここまで快適なのかーと叫びだしたくなるほど、良いです。

申し分ありません。視野角は言うに及ばず、ギラツキも全くなしで、目が疲れません。

おまけに当たり前かつL997に言うことではないですが、省スペースなので、机が広く使えます。

いやあ実に良い買い物をしました。

長く大切に使っていきます。

2006-08-15 終戦記念日

[][]コミケ70 4日目(w コミケ70 4日目(wを含むブックマーク

14日はさすがに休養日ということで、戦果を眺めたりネットのレポをぼぉーと眺めたり。

落ち穂拾いと相場を眺めに秋葉へ出撃。


ケイブックス→虎→まんが王国→Dカルト。


これというのはなかったですね。

一応買ったのは、

  • 『佐倉2號総集編 つく。』

行ったら完売してたので。おまけ本をアップしてくれるらしいのでまぁ我慢です。

大団円を結構期待しています。


カタログの類は、ワンフェスとかコミティアとかサンクリとかあったけど、まぁ予定は未定なので、あえて買わなかった。

[]液晶ディスプレイ「FlexScan L997-R」 液晶ディスプレイ「FlexScan L997-R」を含むブックマーク

ついカッとなって(以下略)。

いや、液晶ディスプレイ買うのは規定路線だったんですけどね。

いま使ってるCRTモニタ完全に逝きかけてるんで。

どうせ買うならいいものを、と思いまして。

正直オーバースペックのような気がしないでもありませんが(w。

候補的には、

  • L997/L797/L887のIPSな高級機シリーズ
  • S2000とかのワイド液晶
  • その他4万〜7万円くらいのやつ(ODがあったりなかったり)

だったんですが、思い切ってナナオ(EIZO)の最高峰を買ってしまいました。

まぁうちの会社で使ってるやつも、ケチな会社の割には、なぜかL367なんですよね。

しばらくは倹約生活をしなくてはならなそうです。同人誌買っている場合じゃないかも。

2006-08-14 小左内さんサイコーですよね?

[][]<小左内同人誌セレクション・夏> コピー誌だけはぼくのもの <小左内同人誌セレクション・夏> コピー誌だけはぼくのものを含むブックマーク

「これ、何かわかる?」

何かも何も一目瞭然、東ホールの地図だ。

ただ、いろいろ書き込みがされている。

地図のあちこちに赤い印がつけられ、そのそばに固有名詞らしい文字列が書かれている。

最初はそれらが何なのかわからなかったけど、<CUT A DASH!>という名前を見つけてぴんときた。

ぼくは、大分あきれた調子を滲ませて、こう答えた。

コミケ70の大手サークルの場所を記した地図だね」

小左内さんは一度こくりと頷き、それから小刻みに首を横に振った。

「そうだけど、そうじゃないの」

「と言うと」

「これはね」

秘密を告げるように、真剣なまなざしで、

「わたしの、この夏の運命を左右する……」

「運命……」

「<小左内同人誌セレクション・夏>」

ぼくはゆっくりと玄関の扉を閉めた。

小左内さんは、弁解するでもなく恨めしげにするでもなく、黙ってもう一度地図をぼくに差し出した。

「あのねえ。ぼくは同人誌が嫌いってわけじゃないけどさ、小左内さんほど好きでもないってことは是非わかってほしいんだ」

小左内さんの表情が、ふと翳る。

「受け取ってくれないの……?」

別に強いて拒む理由もないけどさ。

「今年の夏の計画を完遂するには……、どうしても××くんみたいな人がいてほしいの」

同人誌コンプリート計画にどうしてぼくがいてほしいのかさっぱり見当がつかない。

そして見当がつかないことを見当がつかないままに辞退するのは、何と言うか、非常につらい。

「行きたくないの?」

そう言われるとなぁ。

「そんなことはないけど」

途端、小左内さんは柔らかく微笑む。

「そう、良かった。……じゃあ、明日、4時半に東駐車場でね」

そして、もう一枚紙を渡してくる。

それを見て、ぼくは絶句した。

ベスト10!

  1. す茶らか本舗『NEVER LAND』
  2. LADY◆NAVIGATION!『太陽のKomachiAngel』    (← コピー誌も。)
  3. 下り坂道『ふたつ ねがい』
  4. FLAT&SLIT RACING『有明MIDNIGHT VOL.2』
  5. CUT A DASH!『Little Bird Cafe』             (← インコのフィギュア・Blazer‐oneと対になってる)
  6. 貧血エレベーター『FRONT』
  7. あかやまや『FICTIVE PLAY』
  8. ナイモノネダリ『鍵と銃弾とカエル』
  9. 90分 15,000円『振り逃げ』
  10. EXCLAMATION『/NS』                   (← Blackさんが重要)

ベスト10選外 含非夏期限定 要! 注目

ランクA

  1. YellowHouse『駄黄印』
  2. 経験値ランド『コハクリコ9』
  3. むてけいロマンス『薬局のポチ山さん2.0』
  4. Blazer one『FG PACKAGE』
  5. ねこバナナ『べっこうのべっこう』
  6. じゃらや『MOONLIGHT×STARLIGHT』
  7. cageling『wonder! 再録集vol.2』
  8. Pinsize,Inc『Petits fours 3』
  9. bolze.『夢でKISS×3』
  10. しろくま屋「あうあうと一緒』

企業ブース

  1. TYPE-MOON『Character material』
  2. Leaf『なっちゅ☆ -NacCHU-』(アレンジCD)

……これは、また、どう反応していいものか……。

まさかこれを全部まわるなんてことは、言わないだろうね。

翌日、小左内さんから届いたメールは何とも人を食ったものだった。

「ごめんなさい。あいすとちょこの列を離れられなくなりました。第2位のサークルさんで、CLANNADの合同誌2つとコピー誌を4つ買って、ガレリアまで来てください。ごめんなさい。」

文の始めとと最後をごめんなさいで括ればいいというものではない。

小左内さんは、昨日ぼくの家に来た時点で、こうなることを予想していたのだろうか?

だとしたら、体よくお使いに使われてしまったわけだけど、そのことには別にまあ、腹は立たなかった。

小左内さんがぼくを利用するのは、ぼくが小左内さんを利用するのと同じく、よくあることだからだ。

腹が立ったのは、その日の猛烈な暑さにだった。

<小左内同人誌セレクション・夏>には、20軒に及ぶサークルがマークされていた。

ランキング表を参照すると、第2位のサークルは<LADY◆NAVIGATION!>。

行ったことのないサークルだけれど、現在位置から通り道に配置されていたのはありがたかった。

もしこれがホールの反対側の東456だったりしたら、よほどの理由があっても足を延ばす気になれなかったに違いない。

それほどにこの日は暑かった。

地図を見ながら、<LADY◆NAVIGATION!>を探す。

ここに新刊がありますよとアピールするように、CLANNADのポスターが翻っていたので、あまり手間をかけずに見つけることができた*1

ぼくはほっとし、ポケットから財布を出した。

が、

「なんと!」

CLANNAD Fan Bookと銘打たれた、フルカラーの表紙。これが新刊合同誌だ。

一方、お品書きには、記載されている新刊コピー誌がない。

新刊合同誌は充分な数があるけど、コピー誌はない。ご注文は4つなのに。

「すいません。待っていれば、ここにあるコピー誌は補充されますか?」

しんのさんは、ぼくをじろりと見ると、無愛想に答えた*2

「木野田さんは遅刻しています」

そうですか。

れでぃなびさんが遅刻することは、別に珍しいことじゃない、…ってどうして初めて行くサークルさんなのに、ぼくは、そんなことを知っているんだ?

まぁいい、ないものは買えないので、ぼくは新刊合同誌2冊と折角なのでGP-KIDSの新刊を買った。

いくら小左内さんの様子がおかしくても、ないものまで買ってこいとは言わないだろう。

しんのさんは、やっぱり無愛想に、だけど手際良く会計していく。

ぼくはそれを横目に、小左内さんにメールを打った。

『新刊買ったよ』

『ありがとう。たのしみ』

コピー誌が買えなかったことを書かなかったのは、単にぼくがメールを打つのが遅いからだ。

どうせすぐ会うんだし、口で言えばいい。


そのころぼくも小左内さんと同じく和の牛歩に巻き込まれていた。

11時に並び始めたのに、いっこうに終わらない。くそっ健吾のやつ、興味がないふりをしていながら、巫女さんスキーだったとは。

…12時前になり、やっと和が終わった。

ぼくはふとそういえばと思い出し、再び<LADY◆NAVIGATION!>を訪れた。

すると!

さっきまでなかったコピー誌があるじゃないか。

ただ数があまりない。限定もキツそうだ*3



    ◇  ◇  ◇  ◇  ◇



小左内さんは、すぐに気がついた。

「あれ、コピー誌が……」

「ああ、うん」「完売してたんだ」

「うん、<LADY◆NAVIGATION!>のコピー誌は、東123ホールで最高なの。でも……、そう、売りきれてたの……」

いかにも残念そうだ。ああ、心が痛む。



「ところで、××くん」

「うん」

「コピー誌のネタって何だった?」

手が止まった。

ぼくはコピー誌は持っていない。

ただし、見本誌ぐらいは見たかもしれない。

だから答えはこうなる。

「え、ゆきねえ本だったよ。そう言ってたじゃない?」

「そう?」

目と目があった。

小左内さんは無邪気に微笑んでいた。

大体、小左内さんが無邪気に笑うのはとびきり上等な同人誌を読んだときか、復讐の材料を見つけたときと相場が決まっていた。

ひやりとする間もなかった。

「でも……読んだことはあるんでしょう?」

*4

*1:嘘です、ポスターはなかったです。

*2:そんなことないです、愛想良く答えて頂きました

*3:嘘です、たぶん限定は無かったです

*4:意味分かんないという人は、とりあえず米澤穂信『夏期限定トロピカルパフェ事件』に所収されている『シャルロットだけはぼくのもの』を読んで下さい。ちなみに、表紙を描かれている片山若子さんのイラストもじぶんは大好きで、思わず池袋ジュンク堂においてあった『2ガス栗』とか買っちゃってます。コミティアの通販でも扱っているので気になる人は要チェックです。

2006-08-13 「この風、この肌触りこそ夏コミよ! 」

[][]コミケ70 3日目 その コミケ70 3日目 その,魎泙爛屮奪マーク

3日目というのは、コミケの中のコミケ

気合の入り方が違います。

殊に東駐車場待機列が真の一般参加者たるに相応しい場所。

今年は、1・2日目と参加していますが、やはり、いち一般参加者として、期待と不安がないまぜになりながら、東館に突入していくのは、何回経験しても特別なものです。自分でもアドレナリン出まくり、というのが自覚できて、昂っているのが良く分かります。

ま、感傷はさておきまして。

いつものファミレスに集合。うちのグループは、みな結構忙しく、というか正直誰がどこ並ぶかは、ここで決めるのが恒例となっています。今回は、そのファミレスで結構年齢チェックなどを厳しくやっており、入店拒否を食らっていた人が散見されました。余談ですが、ここでワンエピソードあったのですが、笑い話にもならんので、省略すると致します。

戦力としては、5+2+αといったところでしょうか。

まずますといったところです。

誰がどこに並ぶか、伝家の宝刀をどこで抜くかはエゴとエゴのぶつかり合いなので、まぁすったもんだあります、が、そこは皆大人なので、あまり大人気ないことはしない、言わないのが暗黙の了解です・・・。今回は、直前になって、追加があったので、かなり楽に戦えると思ったものですが、そう甘くはないということを嫌というほど思い知らされるのでした。

自分は結局、初動「Tear Drop」さんを皮切りに東1,2,3ホールを中心に〜という担当になりました。むろん、最後はカッタに並べれば〜という目論見含みです。

事前偵察により、「あかやまや」と「れでぃなび」にコピー誌あるっぽいという情報に接し、「Tear Drop」行く前にちょっと寄らして貰う。

ただし、一般列というのは、まっすぐしか進めませんので*1、なかなか目当てのブロックに近付けず、焦る焦る。半分混乱しているので、ちょっと逆の方向に行ってしまったりしつつ、行ってみると・・・。

  • あかやまや 

→ コピー誌なし(偵察をお願いした彼のガセだったようです、作家さんに確認しましたし)。もちろん、新刊ゲットです。


  • れでぃなび 

→ 頒布予定物にコピー誌はあるけど、しんのさんに聞いたら、木野田さん遅刻(w とのことでした。こちらも、とりあえず、クラナド合同新刊本をゲット。

で、急いで「Tear Drop」に急行。久しぶりに自分で買いに来ましたが、珍しく?列が出来ていました。まぁ回転が速いので5分くらいで買える列なので、大したことはありません。余談ですが、限定が掛かっていまして(これも想定外、むかしは限定なんてなかった?)、発注5に対して4限定なので、二周です。売り子さんがえらい威勢が良くて、「ハイ!何部?」と言った感じで次々捌いていくので、とても気持ちよく買うことが出来ました。

あとは、それほど並ばない細々した依頼物をこなしたり。まぁまぁ順調といったレベル・・・と思ったら大誤算が!まずは、ARESTICA。こちらはまぁ仲間うちではまぁたまに頼まれるサークルさん。そして、その隣の(な○み)。ここが最大のトラップでした。

[][]コミケ70 3日目 その コミケ70 3日目 その△魎泙爛屮奪マーク

えーと、思いっきり特定サークルさんの悪口書きますんで、見たくない人はスルーして下さい。ひょっとして、あなたの大好きな、あのサークルかもしれません・・・ので。













いいですか?いいですね。











まぁ極論すれば、そのサークルさんが嫌い云々ではなくて、好きでもないサークル行って、牛歩に巻き込まれた、ことからくる被害者意識とでも言いましょうか、自分の見通しの甘さとでも言いましょうか、なぜ、自分は「和」を引き受けてしまったのか?ということに尽きます!

もともと、個人的にグッズサークルって大嫌いなんですね。うちわとか下敷きとか。CG系のサークルさんというか、漫画描けないサークルの言い訳みたいな気がして(偏見です)。おまけに、どうしたって頒布が遅くなるし(重要)。

まず、ARESTICAさん行ったんです、そしたら「和」の列が目に入ってとんでもないことになっていまして、こりゃヤバイってなもんですよ。どうみても、30分というレベルではなさそう。まぁ普通の中堅サークルさんならどうということはないんです。「Tear Drop」さんくらいぱっぱぱっぱ捌いてくれれば、精々15分くらいかな、というぐらい(だと思います)。

直感的に、まずいと思いまして、速攻でARESTICAさん済まして(余談ですが、電波塔と和の列に挟まれて、頒布やり難そうでした、お気の毒様でした)、他の島中の依頼を全てこなします(まぁこれは結果的に大正解だったわけですが)。

で、おもむろに並び始めたのが、11時前。そして、終わったのがやはり12時前・・・。なんじゃこりゃー!ですよ。共同購入引き受けたので、仁義のために並びましたがね。購入した本見て、泣けてきますよ。何?このペラ本!+下敷き&うちわ。こんなものの為に、こんな団扇の為に!貴重な時間を無駄にしたのかと思うとやりきれません(自己責任)。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎いで、コスプレ巫女売り子さんまで、アレに見えてきます。別に、巫女コスプレが見たくて並んでるんじゃ、ねぇ!と。(最初は既刊も置いていたようですが)なんで、ほぼ新刊だけなのに、こんなに時間が掛かるのか、と。まぁこんあことを言っても詮無いことですし、嫌なら行くな!が基本ですので、頼んだ知人(しかも先輩)には申し訳ないのですが、私は以後一切ここは近寄らないことに致します。

[][]コミケ70 3日目 その コミケ70 3日目 そのを含むブックマーク

まぁそんなこんながありまして、カッタは無駄と知りつつ一応並んでみますが、見事玉砕。まぁそうだよなぁ、せめて11時半には並ばにゃ〜というところでしょう。

救いは、カッタに行く前にそろそろあるかな〜と思って、12時頃GP-KIDSさんを覗いたら、木野田さんは影も形も見えませんが、れでぃなびさんのコピー誌が!正直、こっちもダメかと思っていたんで、かなり嬉しかったですね。あとはまぁ特筆すべきことはそうありません。

完売後、友人と合流して状況を交換したり(なぜか、和並んでるときは、場所が悪かったのか携帯がほとんど繋がらず)。

で、荷物をいったん見てもらって、身軽になって適当に本を漁ったり。

むしゃくしゃしてたんで、相当無茶な買い方してました。

あとは、まぁ分配をしまして、いったん解散。ルートが近い何人かでタクシー拾って東京駅へ。大丸でメシを食う。生中がうまいことうまいこと。まさにこの一杯の為に、です。

帰宅したのは、だいたい21時くらい。いつのまにかリビングで寝てしまっていました。

*1:釈迦に説法でしょうが、開場直後は、スタッフが通せんぼして、外周以外に出れないことがほとんど。

2006-08-12 慣れというのは怖いものです。

[][]コミケ70 2日目 コミケ70 2日目を含むブックマーク

前日に引き続き出撃。

もっとも、電車自体は一本遅らせて普段会社行くときと同じ電車です。

正直、目当ては「日本クルクル同盟」で発行されるであろう、湾岸本だけだったのだけれども、折角伝家の宝刀があるのに、真っ先に行くところではないだろう、と思って、行く途中思案してました。元々、3日目に備えてあまり長居するつもりはなかったので、長引きそうな企業狙い〜と思って西に様子を見にいったんですね。そしたら、もう企業の入場前列つくってやんの。まったく、やんなっちゃいますよね。

終始列固定で、開場時間を待つ。並んだ先は、恐怖のTYPE-MOON。笑わないで下さい、これでも結構ミーハーなのです。

それでもコミケの開場を企業待機列で迎えるなんて初めてなんですよ。

f:id:kawaiikuo:20060815232923j:image

チケ(ゲフッ、ゲフン)で入ったのに、購入完了したのは、だいたい10時40分くらい?えー、まともに並んだら午前丸々という感じだったでしょう。もっとも、全て1限だったので*1、並べば本だけは買えたようです。しかし、通販確定なので*2、無理していくこともないといえばそれまでです。午後のかなり遅い時間帯ではほとんど待たずに買えたという話も聞きますし。


以下寸評とか。

  • 『A / Character material』(キャラクター設定本/全80Pフルカラー本)

こういう設定本は、TYPE-MOONの真骨頂ですな。正直、書店流通に載せるべきものと思いますが、あくまで自分たちの管理下におきたいのでしょう。後半、つくりさんによる「アインツさん家のイリヤさん。」とか「無限妖精カレイドルビー」なんかが掲載されていて狂喜乱舞。鴨はうす分を補給させて貰えました。これであと次のコミケまでは戦えます。

その他クリティカルヒットしたもの。

言わずもがなのブルーこと、蒼崎青子さん。のジョシコーセー設定画。これはヤバイです、分かっていても空振ってしまうド真中豪速球ストレートですよ!

洗脳探偵翡翠TYPE-MOONと言ったらやっぱりこれでしょう。一枚絵の構図が躍動感があってカッコええ。

都古。なんかこう複雑ですね。見たかったんだけど、見なければ良かったかな、と。つまり自分が求めていたものはこれではない。でも、たぶん都古が成長したらこんな感じかな、と思います。

  • 『C70テレカセット』

BLACKさん描き下ろしの「ステンノ・エウリュウアレ」。良いものですね。完全にコレクターズアイテムですが、ファンなので放っておいて下さい。


事後、企業ブースを後にして、東ホールへ。正直、ワンコとリリーとかどうしよう?とか思ったんですが、画野朗さんじゃないんですね。並ばなくて良かった。

それはさておきまして、「日本クルクル同盟」へ。3日目ににも、出展してるのですが、そんな暇はないので、今日出来ることは今日しとかないと。にしても、最近なぜかやたらと「FLAT&SLIT RACING」で検索してこられる人が多いのですが(w。

クルクルは列捌きが遅いので(何種類も本置いてあるし価格設定をまちまちなことが多いしね)、だいたい40分くらい掛かりましたかね。

  • FLAT&SLIT RACING(66−夢王)『有明MIDNIGHT VOL.2』(湾岸本)

推奨年齢35歳以上ですって。晴海も行ったことのない若造ですが、えーまぁいつも楽しみにしております。

今回も熱い本です。いきなり部長の左遷ネタで大笑い。小ネタ満載で、いちいち上げていったらキリがないほどです。

まさに「鋼鉄の意志の古参兵達」に捧げる本。


あとは、適当にマリみて本とかを漁る。それはおいおい紹介するとして。

対談が何気に熱い!イラストの方はまぁ頑張っているかな、という程度。

なかなか用語集などは充実しているので、思い出しながら時間を掛けて読みたい本ですね。

あ、あと当然ながら、まいじゃーの中の人が売り子してました。ちょっと二言、三言話したのですが気さくなにーちゃんでした(蛇足)。


帰りにちょい秋葉原へ寄る(この次点ではまだ雨は降っていない)。ラーメン屋でメシを食っていたら、突如雷雨が!まさに間一髪。

出来れば電車に乗るまでもってもらいたかったが、そうもいかない。幸い折りたたみを持っていたんで、びしょぬれまではいかなかったけど、濡れることには変わりなく。

ちなみに、交通費はゆりかもめ一日券の800円のみ*3。いや、これはマジ有難い。

*1:なんでも本だけは、遅めの時間帯で2限なタイミングがあったとか

*2:通販自体激戦なので買える保証はないけど

*3:定期あるので

2006-08-11 コミックマーケット70 1日目速報版(と言いつつ、加筆しなそう)

[][]コミケ70 1日目 コミケ70 1日目を含むブックマーク

優雅に8:30頃会場着*1。伝家の宝刀を発動して、いそいそと。

まあとりあえず、ぐるぐる回って様子を伺ってみる。


「少なっ」というのが初見の感想。この時点では列は外に流すものだ、と思い込んでいた。


雰囲気が良さげなのでなぜかチェックしてありました。ネットでのご活躍はよう知りません*2。ここも合同サークルかつ多種類・様々な価格設定な頒布内容に修羅場確定、と勝手に断定する。アリア本が良さげだったなぁ。これはもう無理かもしれんね、と半ば諦め。あの量で一般でまともに買えんの・・・?


  • モロモロ

挨拶の人いっぱい。梱包もいっぱい。


  • bolze,

言葉悪いですけど、なんか同人ゴロっぽいというか、そういう雰囲気ありません?売り子さんが(大きなお兄さんばかりですが)。


一年に2,3回しか更新されないHP(w

たくさん持ってきてると思ったので、あえて見ませんでした。

にしても、シャンプーは良いなぁ。

(再販色違いバージョンしか持っていない負け組な人の戯言)



あとは適当に事前にチェックしてあったサークルさんを適宜偵察して時間をやり過ごす。

だいたいシャッター前列作成が、9時くらい、かな。貧血目当てで、A1のシャッター並んだんですが、一番早かったのは真ん中でした。

並んで待っている最中、貧血は外に流さない、というか列を作らないようなので、シャッター前列並んでいてもしょうがないわけで、抜け出して周辺でしばし様子を伺うこと、30分くらい。必死に散らすスタッフ。何度か(勝手に)列が形成されるも都度散らされる(w

結局、最後まで列は作らず開場のアナウンスと同時に、スペースに殺到。当然処理できるものではなく、5分ほど頒布停止して、いったん外に列を出しながら2列を形成しつつ巻くという定番スタイル。

・・・はじめから外列形成しようよ、と思わなくもないのですが、まぁそこは一買い専の戯言なので、サークルさんなり現場のスタッフさんの判断を尊重するのが穏当なところでしょう。

なんやかやで、購入成功は10時15分くらい?完売したのが何時かまではちょっと・・・。


f:id:kawaiikuo:20060811194851j:image:w200

  • 貧血エレベータ(ウエダハジメ)『FRONT』(フルカラーイラスト本)

A4版。大きいです。

ネタは、Qコちゃんマリみて、ガンダム、おさわり探偵・小沢里奈、他(恥ずかしながらわかないものあり)。

あぁそれにしてもQコちゃんのガレキ欲しいなぁ・・・。ワンフェスまではテリトリー外だったんで、全く持って気がつきませんでしたよ。かえすがえすも残念。

おまけにコミケの紙袋もゲットしていないよ、コンチクショウ!なんで買ってないんだ>自分と漂うやるせなさ。

いかに自分が温い、昨日今日からの貧血ファンであることを思い知らされました。

◇やさぐれ逃避行風味。「そこで、えぐりこむようにチューだ!」*3・・・っていう素敵展開は、ぜったい大王、描いてくれないだろうなぁ。

◇普通サイズと言い張るステキ技術者さん

◇隊長から崩れていく

山百合会は、同名の同人誌とリンクしている?

映画秘宝は、今のところスルーしてるのです。老後の楽しみで国会図書館で読もうか(w

◇おさわり探偵やろうかな。ここのところ、DS埃被ってるし。


後は、bolze,行ったり、ブレザーで炎天下の中、2時間行軍してみたりとか。

あ、あと、ブレザー並ぶ前に、原罪証明書さん行って、「よつばの。」さんのコピー誌『言葉の果てに雨が降る』をこっそりゲット。

ブレザーを終わらした後、友人と合流しつつ、落ち穂拾いとか、頼まれものの確認をしたりとか。で、別れた後、一人、企業へ。

何この人口密度!って、いつものことなので、全然驚くところではありませんが。もっとも、だからと言って、まったくもって不快さが減るわけではありません。

お約束のリーフに行って、20分くらい並んで紙袋とアレンジCDを無事ゲット。企業の待機列は心なしか、東の外周を並ぶより人口密度が高い分?とか照り返しのせいか、暑く感じます。前者は危うく本日分がなくなるところでしたが、辛くもゲット。〆て3Kです。高いんだか安いんだか。

*1:・・・と言ってもそこそこ遠いので、家を出たのは6時前ですがー。ちなみにいつも乗る会社へ行く一本前の電車なくらいには有り触れた日常

*2:にょろーんの人ですか

*3:この元ネタって何ですかね、最近だとイリヤとか・・・?

2006-08-10 作戦行動準備

[]某所へブツを受け取りに行く 某所へブツを受け取りに行くを含むブックマーク

さっさと業務を終わらせて、某所へブツを引き取りに行く。わりと近いのですね。30分ちょいで到着。有効に活用させて頂きます。*1

*1:結果的には、当日受け取りよりはよかったと思う、ドタバタしただろうし。

2006-08-09 引き続き

[][]『もやしもん』3巻 『もやしもん』3巻を含むブックマーク

飲み会の前に同僚の人と、本屋へ。その人はほとんどを本を読まない人なのですが(マンガも全く読まない)、何かを読もうという気はあるのか、一緒に本屋に行くことに。

かつて、『春期限定いちごタルト事件』を貸すに至ったものの、おいしいココアまでで読んで挫折した前科があるので、何をすすめるべきか迷うところです。

無難に、あさのあつこ『バッテリー』とかを進めてみたのですが、なかなか反応も良かった(文庫版薄いし)のですが、買ってくれるまでには至りませんでした。野球経験者だったというし、いけるかと思ったんですが。

で、歓迎会という名の飲み会です。特に期待もしていなかったのですが、森博嗣仲間を発見しました。と言っても自分は、最近のシリーズほとんど買っていませんね、いまさら買うのもあれだし、時間が出来たら図書館で借りるかな。

あとは、一見普通そうな外見なのに、ジャニオタさんとか。堂本兄弟を見るくらいはまぁ普通だと思いますが・・・。

もやしもんの方ですが、見当たらないので店員に聞いたら、書店オススメ特設コーナー送りになっていやがりまして、本人の色紙が置いてありました。あとで、fr−君に聞いたところによれば、あちこちにあるそうですが。

2006-08-08 まぁまぁかな

[][]『もやしもん』1、2巻 『もやしもん』1、2巻を含むブックマーク

方々で評判が良いみたいなので購入。ま、本当は時間つぶしのため、適当なものを選んだというのが真相ですが。主人公の影が薄い、というのは禁句でしょうか。彼の大活躍する日は来るのでしょうか?

2006-08-06 髪を切る

[]床屋へ 床屋へを含むブックマーク

髪がうざったいので、ここ最近行っている床屋へ。

混んでいるかな、と思ったら意外にも空いていた。

床屋のあんちゃん曰く、あまりに暑いので皆んな出歩きたくないのでしょう、とのこと。

納得。

2006-08-05 夏本番

[][]SH702iS SH702iSを含むブックマーク

暑いですな、いよいよ夏到来という昨今です。微妙に仕事が忙しかったりなどしたので、ついつい更新が後回しになってしまいました。というわけで、読書会以来の適当なトピックを振り返りつつ、つらつら書き綴っていきたいと思います。

何気なく、朝起きて携帯を見たら電源が入らない(絶句)。充電器に突っ込んでおいた筈なのに・・・。どうやらバッテリ様がほぼお亡くなりになった模様。充電器に接続した状態でようやく電源が5分くらい入るくらいには重傷。夏コミを控えてこれはヤバイ、とやむなく機種交換を決意。

しかしあれです、シンプルで、そこそこデザインも気に入ってたのに残念と言えば残念。確か記憶では、当時仕事でよく行っていた某所近くのケーズデンキで、ほとんどタダ同然(確か現金で払ったのは事務手数料ぐらいだったと記憶)で手に入れた割には、そこそこ性能には満足していた505iNですが、ついにおさらばする日がやってきてしまいました。

初代携帯もN(NEC製)だったので、操作感その他を考慮に入れるとN系列が第一候補だったのですが、どうもこれという製品が・・・。そもそもあまりお金を出す気になれなかったので、秋葉ヨドでかなり叩き売っていた、(二世代進んだ?)N701とかN702とかは、まぁ安パイなんだけど、デザインその他でやめました。

折角なので、ワンセグ携帯なども見たのですが、キャリアがドコモなので、そうすると選択肢は、現時点では、P901iTVだけということに。ヨドでは、売りたい商品らしく16,000〜18,000円くらいで、大々的に取り扱っていたけど、触った感じでは重いし、厚いし、ちょっとなぁという按配。ギミック的に、”画面を横に90度傾けられ”たり、”液晶画面は回転もでき、外向きにしたまま折り畳むこともでき”る というのは、好きなんだけど。実際問題として、テレビ見れる時間が最大3時間じゃねえ、ということであえなく却下。

結局購入したのは、SH702iS。液晶には定評のあるシャープ製です。Nからの「乗り換え」には、やや不安もあったのですが、大きめの液晶画面、持ち運びのし易さ、デザインその他もろもろから、決定。最新型ではないものの、やや値段も張りまして、事務手数料を除いて、20Kもしました。予想外の出費です。案の定、操作方法も結構違うし、カスタマイズやらその他をするのが面倒い。電話帳は、店で移行したものの、メールって移行しないの?っていうか受信メール0件なんですが、が。えっ、デフォ?前の携帯を返してくれたんで読むには読めるのですが、釈然としないものを感じる。

[]液晶モニタを訪ねて三千里 液晶モニタを訪ねて三千里を含むブックマーク

今日も今日とて、ふらふらと。どうも踏ん切りがつかない。家のCRTモニタが完全に逝ってしまう前に何かしら買わなきゃならないのだけれども。はてさて。

[]虎を見てきたよ 虎を見てきたよを含むブックマーク

15:30頃、本日オープンの虎を見に行く。気が乗らず、1Fだけ。帰りに紅茶を貰った。正直、やばそうな感じがしたのですが、普通に「飲める」ストレートティーでした。

[][]<爆安扇風機 <爆安扇風機を含むブックマーク

携帯を引き取りに行ったら、入り口付近でバナナの叩き売りよろしく売れ残り扇風機の在庫処分をやっていた。何と税込み500円。価格に負けて買ってしまった。お陰で床屋に行くのが後回しに。

2006-08-01 久々に同人関係のトピック

[]無駄遣い 無駄遣いを含むブックマーク

リバティにて。

普段は滅多に行かないリバティですが、同人ものも置いてあるとのことでふらふら行ったら一風変わったものが置いてあったので、ついつい査収。

f:id:kawaiikuo:20060806230319j:image

中身についてはあえて触れません。

合掌。

あ、あとフルアニ買いましたけど、まだインストールさえしていない。モニタが不調で正直ゲームどころではないのです。

  • 既知街

犬大工/ねこバナナ好きにあるまじきことに、これまで実は入手していなかったり。

まぁ未開封かつ手頃な値段で落ちていたんで問答無用で査収です。

いつまにか店頭から消えていて、時機を逸していた。

・・・と思ったら、本家同人ゲーム ねこバナナ企画(仮)制作告知!が!

完成するかどうかは触れないで下さい。

信者なので、お布施しに行きます。


戦闘予定表



○未定
○未定
○未定


オススメらしきもの











Connection: close