戦わなきゃ現実と このページをアンテナに追加 RSSフィード



2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 08 |
2017 | 11 | 12 |
2018 | 05 | 06 | 07 | 11 |

  

買い物予定表兼積みゲー


気が向いたら更新です
○2011/12/16『さよならを教えて comment te dire adieu ~あそBD~』CRAFTWORK(ブルーレイ)


2006-11-19 あうあう

[]お茶会@浅草 お茶会@浅草を含むブックマーク

忙しくてHPにまで手が回らないダメ管理人です。

昨日も休日出勤でした。それでも全く終わるメドが立たないので、11/23も出なければいけないぐらいには追い込まれています。そんな中で、れでぃなびが来るというので、浅草に割りと行くつもりだったのですが、気が付けば12時。ハイ、終了〜です。9時に目が覚めたのですが、連日連夜の疲れが溜まっていてさすがに無理でした。コピー誌を出すらしいので、あぁ補完どうしようか、というところでしょうか・・・。

[]課題図書 課題図書を含むブックマーク

最近読んだ本すらつけていられないので、ついでに。

  • マルドゥック・ベロシティ 鉄板。あの人とあの人はたぶん死ぬ訳ですが、さて。
  • 皇国の守護者(コミック)4巻 鉄板。妹尾と兵頭たんはやっぱり玉砕かー。カミンスキームカつく。バルクホルン優遇されているなぁ。
  • 飛浩隆『グラン・ヴァカンス』「廃園の天使」シリーズ入門編ということで、ずいぶん前にとりあえず購入したけど10Pも読めていない。
  • 米澤穂信『心あたりのある者は』@野生時代37号収録 さすがに、立ち読み。淡々と千反田と折木の対話でストーリーが進んでいく。感想は、古典部版9マイル?ただし、随分劣化コピーだけど。いくらなんでもアレはないんじゃないか。ページ数が少ないという制限?上致し方のないような気もするが、『クドリャフカの順番』がよく練られた良作だっただけに残念。黒歴史にならなきゃいいけど。まぁしばらく連作続くようだし、次作に期待するとしましょう。個人的には、あの引きからいって、十文字かほ繋がりとか桁上がりの4名家あたりから登場人物を出してくると思ったんだけどー。野望としては、いずれはねーちんを。ねーちんvs千反田とか、あり得ない、話がかみ合わないまま意気投合しそうだ・・・。

あと、円環少女も当然読んでます。今見たら、カラー口絵で、「やめてください!やめてください!」とあって吹いた。寒川さんはこういういじられキャラなのか。

[][]お茶会@浅草  お茶会@浅草 を含むブックマーク


「実はれでぃなびは欠席じゃなかったんだよ!」

「な・・・なんだってー!!」(AA略)


各所でレポを見たら、(自分が行けなかったんで)、れでぃなび欠席か良かった良かった?などと思っていたら、BBSをちょいと覗いたらアフターで頒布という驚天動地の離れ業を演じたらしい、という未確認情報が。そもそもアフターで頒布って、そういうことが可能ということにも、びっくり。まぁ、ある意味小規模イベントならでは、ではあるのですが・・・。

それにしても、さすがれでぃなび、おれたちにできない事を平然とやってのけるッそこにシビれる!あこがれるゥ!・・・わけはなく。なんだかなぁ、というハナシではあります。一ファンとしては、黙って甘受するより他にないわけではありますが、そこまでクオリティにこだわりこだわりギリギリまで作業されるのは、大変結構なこととは思いますが、いっそのこと落としてくれた方がどれだけ幸せだったか、と埒もないことを考えてしまうのを誰が責められましょうか。

同人、しかも小部数コピー誌である以上ターゲットは限りなく狭く特定されているのですが、この手の問題でいつも思うのは誰に向かって描いているのか、という問題です。誰にその本(ほん)を届けたいのか、と言い換えてもいいと思います。小部数コピー誌作家さんにはそこらへんのことをちょっとは意識して欲しいなーとか。必ずしもサークルが買い手に100%合わせる必要はないと思いますが、サークルが買い手に負荷をかけ続ける中、買い手がどれだけ我慢し(耐え忍び)続けられるか、はただ神のみぞ知るところではあります。こういうことを言えた義理ではないですが、もう少し想像力を持とうよ、という感じです。こうすれば、あーなる、相手の対場になってみればどうか、自明の理でしょう?。今回の一件に関しては、落とすという判断が出来なかった理由に、私は「未練」を見出しますが、結果どうなるか、ということを承知していたのなら、まだ良いのですが、どうもそこまで分かってやったようには、見えそうもない(苦笑)。とりあえず、取るものもとりあえず来たらこんな時間でした、みたいな。まぁ詮無いことですので冬コミで再販されることを大人しく期待しないで待つことと致します。(勝手に期待すると、裏切られた気持ちになって失望するのが人の常だから。作家はもともと何も約束はしていないし、それらに拘束される云われは元々ある筈もないことに注意)

2006-11-05 「ただの大手には興味ありません。この中に以下略。」

[][]コスカ17 コスカ17を含むブックマーク

BNLと同じ10:30現地着。

4Fが主目標なのでこれで十分なのです。高速の高架の遥か手前から3Fに並んでおられる皆様を尻目に悠々と最後尾に着く。

入り口付近では、コスカ名物のコスプレ女性スタッフのお出迎え。

リーダー?らしき人の声に合わせて唱和していたけど、年々パワーアップしている気が。

どうでもいいけど、どのへんからリクルートしてくるんでしょうね。

傍目から見るとスタッフとしては、あまり役立っていないのは仕方ないとして(彼女らにそういう役割・責任を果たすことを期待している人はおそらく少数派でしょう)、イベントコンパニオン的には映えるからまぁいいのか。

それはともかく、初動は、す茶らか本舗。いつものあんちゃんが売り子。

見ると新刊のコピー誌がある。(HPの)告知なしでこれだもんなぁ〜。

正に行ってみないと、何があるか分からないサークル、それがす茶らか本舗。

まるで試されているかのよう。(何に?誰が?)

向かいのれでぃなびを見たら、まだ準備していたんでとりあえず近くでうろうろしていたんだけれども、値札なんかを書き始めたんで、並んでみたり。一応、2番目に購入。(どうでもいい)

す茶らかとれでぃなびを買った後は得にすることもないので、軽く一周りして、12:00を待たずに帰宅の途へ。

余談としては、どっちのサークルも初期こそ混雑した(まぁそれでも5分程度)一幕もあったものの、12時近くでもかなり余裕を持って買えたようです。じゃあ朝イチで行く意味は?というわけですが、そこはそれ、何事も終わりの5分ではなく、初めの5分が肝要なのです。

[][]コスカ17戦果報告 コスカ17戦果報告を含むブックマーク

かつてHPでないどこかで見た絵、が表紙のコピー誌です(謎)。

まぁそのうち読めるかもと思っていましたが、コスカで出すというのは意外だったなぁと。

内容ですが、雪を有希に掛けるはお約束にして、王道。

表紙はカラーで印刷所に入稿しているようなのですが、こういう折り方は(女性向けでは普通なのかもしれませんが)面白いな、と思いました。男性向けでは、こういうことに気を配る人は極めて稀です。

唐突ですが、挑戦してみました。

以下、結果。

ダン・シモンズエンディミオン

京極夏彦魍魎の匣

神林長平『猶予の月』

ロバート・J・ソウヤー『ターミナル・エクスペリメント』

綾辻行人十角館の殺人

森博嗣有限と微小のパン

アイザック・アシモフ『鋼鉄都市』

ヴァン・ダイン『僧正殺人事件』

と学会『トンデモ本の世界』

ジョン・ウィンダム『トリフィド時代』

井上ひさし『吉里吉里人』

ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア『たったひとつの冴えたやり方』

森岡浩之『夢の樹が接げたなら』

夢野久作ドグラ・マグラ

アルフレッド・ベスター『虎よ、虎よ!』

J・P・ホーガン『星を継ぐもの』

氷室冴子海がきこえる

意外と読んでない。

超有名作ばかり。この中で敢えて人に薦めるとしたら、シリーズものは除外するとして、入手が難しそうな気がするけど『トリフィド時代』でしょうか。

  • LADY◆NAVIGATION!!(木野田瞳)『あいのかたまり』(オセセ版)、『あいのかたまり』(コピー誌版/オフセ購入毎に一冊ずつオマケ)、『KANONラプラスの闇』(真のコスカ新刊コピー誌/まいバナナ)

「コスカなのに、一人だけブライトシーズンな」れでぃなびさんでした。(公式BBSより)

ま、それが冗談に聞こえないところがアレですけど。前回のブライトシーズンは素で開催日間違ってましたーというのが真相なのですか?本当に?深く追求するのもアレなのでそういうことにしておきましょう。(特に他意はないです)

で、本来だったらBS新刊であったろう『あいのかたまり』なんですが、非常に評価が難しい作品です。いわゆる、ONEの浩平が消えた世界で何が起こっていたか、について描いているのですが、一部痛い表現もあり、賛否両論分かれるところかと。

何ていうか、まぁ自分はそこそこのれでぃなびファンですが、その自分をして、ぶっちゃけ木野田さん精神大丈夫ですか?と心配しかねない内容です。ストーリーが、ということではなく、何というか、次々と変わっていくタッチ、処理、まるで多重人格者とでも言いましょうか、おそらくは気分が乗った、乗らないによるのでしょうけど作業パートごとのクオリティがとんでもないことに、でありましてひどくアンバランスかつ、ちぐはぐな印象を受けてしまうのです。

このあたりもう少し統一感持たせてくれたら、目の覚めるような快作になっていただろうに、とひどく残念なのです。

もちろん、だからといって、作品の魅力が全く減じているかと言えばそうではありません。例えば忘れまい、としている七瀬の執念といいましょうか、そういった情念といいますか、ベクトルの向きはともかくとして、意図して描いたのかあるいはそうでないかもしれませんが、その妄執っぷりを余すところなく表現されていて、これでもかと読み手に伝わってきますし、かと思えば、甘える七瀬もこれまた可愛いものです。

七瀬は囚われていますが、木野田さんも囚われています。そして読み手も囚われています。あれからもう7年は経っているのに、ね。

憑かれたように描く。これこそはまさに、れでぃなびの専売特許です。

これはまぁ想像なんですが、色んなものを犠牲にして描かれているんじゃないか、と感じるわけでして、それゆえにファンとしては心配もするのですが、概して文学作家の例を見るまでもなく、破滅型作家というのは、えてして追い詰められれば追い詰められるほど、反比例するかのごとく、作品をものす傾向にあるから困ったものですね!一方で、作品を待つ身としては、複雑な心境なのですが!

あ、あと奥付ぐらいきちんと書きましょうよ、木野田さん(ここで言ってどうする)。


えらく長くなりました。

続いて、『KANONラプラスの闇』。

要素としては、まいバナ×ハロウィン×アリス・・・という感じでしょうか。さらっとしたお手軽コピー誌を意図しつつもそこはれでぃなび。表紙からして、木野田ワールド全開です。良くも悪くも独自の世界観を持っている作家さんですよね。個性と言い換えても、良いかもしれません。こういうタイプの作家さんは、芸風が一緒というのが短所であり、長所なのですが、飽きませんね。す茶らか本舗の大槻さんもそうですが、まさに彼(彼女)らにしか描けない作品です。そういう作家さんこそ、追う価値があり読む価値がある、と自分は愚考致します。

今回の新規開拓の超目玉。

まずは御覧じろ。

コスカだから・・・というわけではありませんが、いかにもコスカらしいメイド中心本。

f:id:kawaiikuo:20061106235959j:image

内容としては、著者お気に入りのメイド喫茶をイラスト入りで紹介〜という感じでコンセプトとしてはまぁ良く言えば定番、悪く言えばありきたりなわけですが、イラストが秀逸、これに尽きます!後書きでも触れられていますが、徹底的なポーズへのこだわりが素晴らしい。実際のメイド喫茶のメイドさんのポーズを参考にしました、とあって、「決まっている」ポーズが多く目に楽しい一品となっております。鉛筆書きなのですが、丁寧に描かれており、実に色気がある絵です。ドリーム入っているのは百も承知ですが、なんだかメイド喫茶に行きたくなってきそうです。

著者自身、割と地方のお店まで精力的に遠征されているようで、そういう意味でも好きな人が作った同人誌であることが十二分に伝わってくる一冊です。

@++@++ 2006/11/06 23:13 す茶らか本舗は何があるかわからないけど(というか告知してるの見たことがない)、何か必ずあるのが素晴らしいと思います。
コピー誌はいつも装丁が変わってますよね。上とじの漫画とか。

kawaiikuokawaiikuo 2006/11/06 23:33 >何か必ずある

マイナージャンルはともかくとして、マリみてとかそのへんは夏やら冬やらで再録すると分かっているのに、買わざるを得ないだけの魅力がありますよね。参加サークルリストにす茶らか本舗さんの名前を見ると、何が出るかは分からないけど、自分にとって抵抗値が限りなく低いので、しゃーないから行くという感じです。
イベント毎に新刊というのは、なかなか出来ることではないだけに、凄いですよね。ほんとうに素晴らしい。たまにコピー誌2冊(笑)なんて荒業もしょっちゅうですし。

ホントにファン泣かせと言いますか、頼むからオフ(略)。
信者なので、当分付いていきますが。300円というのはコピー誌としてはほぼ上限いっぱいですが、あれだけ手間暇かけてこだわりを持って作ってくれれば、言うことはないです。

2006-11-03 久しぶりに

[]BNL18 BNL18を含むブックマーク

10:30到着。

50人くらい?

浜松町から歩いていたら妙にカートを引っ張っているお姉ちゃんが多いなと思ったら隣の女性向けイベントに並ぶ人だった模様。

初動は、珍譜堂。他に混んでいたところは、松本ドリル研究所とか。

珍譜堂は、結構刷ってきたらしく、もう一イベント分くらいはありました。

細かい入手品の品評などは後ほど。

ハーツ オブ アイアンII ドゥームズデイ完全日本語版で忙しい管理人)

ZephyrosianusZephyrosianus 2006/11/07 22:11 HoI2は発売日に買って、すこし触ってプレイしてませんOTL
もってないならVictoriaとか貸しましょうか?あと、西洋古典古代もいける口ならRoman Total War も。やる時間ないですが、次でる中世のやつも買いそうです。ってサクラV以降で買ったSEGAのゲームはこれか!
あとメイド喫茶の同人誌激しく見てみたいです。

kawaiikuokawaiikuo 2006/11/08 22:40 是非是非お願いしますです。
メイド喫茶関係の同人誌は覚悟の時にでも適当に持参しようかと思います。さすがに定位置で広げる訳にもいかないでしょうから、その前に適当なファミレスとかが妥当かな、と思います。


戦闘予定表



○未定
○未定
○未定


オススメらしきもの