ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ノボ村長の開拓日誌

2017-03-24

ミスの原因は5つしかない

 「標準で仕事をする職場」になぜしなければいけないのか?その本当の理由は「効率」ではありません。「ミスを人のせいにしない」ためです。

続きを読む

2017-03-19

アームストロングの苦笑

 少しお堅い本の読書中に出会った「笑い話」です。人類初の月面着陸をしたアポロ11号の宇宙飛行士とアメリカ先住民の老人との物語ですが、「さもありなん」ですね〜。

続きを読む

2017-03-10

いつかみんな先生になる

 仰げば尊しの季節になりました。何十年も前、ある本で出会った言葉があります。「教育とは教えられたことをすべて忘れ去ったあとに残っている先生の匂いである」実に深い言葉だな〜と思います。

続きを読む

2017-02-24

仕事はサッカーのように

 明日はいよいよサッカーJリーグ開幕戦です。わが家では私は野球派、女房は超サッカー派(ベガルタ仙台)です。テレビでサッカーの試合があるときは私は必ず外出します。女房の雄叫びがスゴイので。。。

続きを読む

2017-02-21

人を道具にしない

 人工知能が急成長の今、ロボットはアンドロイドと名を変え日々人間に近づきつつあります。未来ははたしてバラ色なのか灰色なのか。。。

続きを読む

2017-02-19

グラスサウンドスピーカー、Good!

 発売されたばっかしのsonyグラスサウンドスピーカーLSP-S1を買いました。(約8万円もするので迷いましたが買ってよかった)

続きを読む

2017-02-02

ノボノボ童話集「クラウドの惑星」

 カルト的SF映画といわれていますが「デューン・砂の惑星」はとても印象深いものでした。ロックグループのスティングも出演していました。ナウシカの「王蟲」もこの原作からヒントを得たものです。レムの「砂漠の惑星」も大好きでした。ナノロボットの本を読んでいたら「砂」を感じ、この一篇を書いてみました。

続きを読む

2017-02-01

読みたい本、読むべき本

 「タテマエよりホンネだ!」という反知性主義の開き直りパワーがいたる所で噴出中です。世界は「猿の惑星」に近づいていくのでしょうか?

続きを読む

2017-01-31

ノボノボ童話集「えすえふ鳥獣戯画」

 小学生の頃、ウェルズの古典SF「モロー博士の島」を読みました。人間と野獣との合体話に恐怖を感じました。その延長なのか、成人してから「ツチノコ」が山道で私をにらみながら話しかけてくるという妄想にけっこう悩まされました。さまざまな生物が人間と同じように語れるとしたら、いったい何を話すでしょうか?

続きを読む

2017-01-30

ノボノボ童話集「トランポ・ザ・ワールド」

 トランプさんのタマゲタ政策を日本ではまだ対岸の火事みたいに思っている人が多いようです。しかし当事国の人たち、特に移民や女性にとっては70数年前の欧州を連想させるような悪夢に違いないことでしょう。いったいどうなることやらと心配しつつ、まさかの未来予想図を描いてみました。

続きを読む

2017-01-27

ノボノボ童話集「人工惑星ゴースト」

 宇宙の話を書いていると小さなことが気にならなくなってきます。星を眺めて心が癒やされるのと同じなのかな〜。星座物語もそのような心地で紡がれていったのでしょう。私の人工知能SFも4話目になりました。エピソードごとに独立したストーリーながら、「人工知能と人類の宇宙史」という大きな物語の各章となるようにしていきたいと思っています。

続きを読む

2017-01-26

豊かな仕事 貧しい仕事

 トランプファミリーはアメリカンコミックからそのまま抜け出てきたようなルックスの方々ばかりですね。奥さんと娘さんはバービー人形にもそっくりです。この世界的に有名な人形は、実は日本が「三丁目の夕日」の時代、下請けで作っていたそうです。それにまつわる温かい話をひとつご紹介します。

続きを読む

2017-01-25

ノボノボ童話集「人工知能の帰還」

 もう何回目になるでしょう。有料放送で「2001年宇宙の旅」を観ました。40年前、仕事で完全徹夜が三日目となった夜、ようやく重要なある機械の修理が終わりました。ところがその頃仙台でこの映画がオールナイトで初上映されていました。私は眠るのも忘れ、その日の夜中、映画館に直行しました。いつ見ても新鮮な史上最高のSF映画です。私流のモノリスの物語を書いてみました。

続きを読む

2017-01-16

商売とは固定客の創造なり

 今から20年前、私が敬愛する経営の先生からこの言葉を聞いたとき、こわばっていた関節がゴキッとはまったような気がしました。

続きを読む

2017-01-11

ノボノボ童話集「人類史上最大の作戦」

 私が敬愛する水木しげるさんの一周忌追悼番組を見ていたら、ご遺族が「国宝」と本人の字で書かれた小さな木箱を見つける場面がありました。それを開けてみたら。。。ここからSF的妄想が生じて書いた一篇です。

続きを読む

2017-01-10

ノボノボ童話集「三値のデジタル社会」

 私たちはコンピューターの計算方式である二進法が「デジタル」と思い込んでいますが、実はそうではないようです。三値のデジタルがあったらいいなと思いました。

続きを読む

2017-01-08

ノボノボ童話集「哀しき人工知能」

 新聞の人工知能特集の出だしを読んでびっくりしました。「2050年人工知能を搭載したロボットと人間が結婚する。ーそう断言する学者がいると知り昨年10月英ロンドンを訪ねた。「AIに関わり始めて数十年。ここ数年素晴らしい進展を見せています。2017年にはアメリカのメーカーがAIを搭載したセックスロボットを発売するんですよ」。デビット・レビ(71)は穏やかな口調で語り始めた。」(朝日新聞グローブ)

続きを読む

2017-01-07

ノボノボ童話集「新しい名前」

 昨晩は会社の新年会をしました。年に一回ですが東京、大阪、山形各拠点の仲間も集まり盛り上がりました。宴会、カラオケ、都市部の人は実に元気がありますね〜。みんなの笑顔を見ながら、幸せ創造の会社にしていかないとな〜とつくづく思いました。

続きを読む

2017-01-05

ノボノボ童話集「素晴らしき新人類」

 現代の慢性病はネット中毒とアレルギーです。私も五十を過ぎてから花粉症となり、仕事も個人生活もネットに繋がれ半オタクのごときです。わが孫たちもアレルギーだらけ。これらを人類進化の過程として肯定的に考えてみたらどうなのかな?という一篇です。

続きを読む

2017-01-04

ノボノボ童話集「超電池社会」

 明日から仕事です。頭のモードを変えようと初夢のごとき近未来SFを一篇書いてみました。年末に孫たちとオセロをしたのも影響したようです。

続きを読む

2016-12-27

ノボノボ童話集「窓ごしの二人」

 今日は趣向を変えて古風で地味な恋愛話を書いてみました。私たちの世代の恋愛は「シャイな情熱」という言葉が似合っていたな〜なんて思っています。

続きを読む

2016-12-26

ノボノボ童話集「忍者犬チビ」

 小学校は今日から冬休み。久しぶりに孫たちと会いました。孫に「じいちゃん、トリコのお墓拝んでいって」と言われました。実は一週間前、とても可愛がっていた文鳥を炬燵で寝返りを打った孫があやまって圧し潰してしまったのです。どんなに悲しかったことでしょう。私も小さい頃そんな思い出があります。

続きを読む

2016-12-25

ノボノボ童話集「夢を描く画家」

 私は一枚の良い絵は何百冊もの本に値すると感じています。絵は人の直感に働きかけ、すべてを一瞬にして理解させる力を持つ芸術だとずっと思っていました。その究極は「曼荼羅」ですね。これは全宇宙を顕しているわけですから存在するすべての本以上ということになるでしょうか。

続きを読む

2016-12-24

ノボノボ童話集「驚きのタイムマシン」

 小四の孫が父親と今日ディズニーランドから帰りました。小一の孫娘のほうは行く前日にノロウイルスにやられ母親と留守番でした。もしかしてこんなとっておきのアトラクションもあったかな〜、なんていう一篇です。

続きを読む

2016-12-22

ノボノボ童話集「人生相談の達人」

 「なぜ?」は人間ならではの言葉でしょう。しかし、その「なぜ?」が自分を傷つけてしまう場合もあります。当たり前であることにも「なぜ?」と問えばどうなるだろう?自分自身のセラピーとして書いてみました。

続きを読む

2016-12-21

ノボノボ童話集「ストーブ隊長」

 東京オリンピックの頃、私は小学校5年生でした。この頃は字が読めない子もいっしょの教室でした。なんて貴重な時代を過ごせたのだろうと今になって強く思います。そのころの実話を(「もと童」向け)童話として書いてみました。

続きを読む

2016-12-20

ノボノボ童話集「リンゴ箱のもみ殻」

 ラジオで読者投稿の紹介がありとても心が和みました。こんな内容です。「今から半世紀も前、昭和40年頃の話です。家に木のりんご箱が届きました。小さかった私は蓋を開けてみて、籾殻だけなのを見てがっかり。しかし籾殻の中を手で探るとあったんです!りんごが。とても嬉しかった」このお話をもとにして童話もどきを書いてみました。

続きを読む

2016-12-19

自分の決算書をつくる

 人類の発明は数々あれど、どんな仕事でも一番役立っているのは、実は「年度」と「簿記」ではないでしょうか。

続きを読む

2016-12-18

ノボノボ童話集「幸せのタイミング」

 昨晩は友人たちと忘年会をしました。楽しく過ごせて、最近では珍しくけっこう飲みました。何ごとにも旬があり。年末年始は飲んで笑って過ごさないと損ですよね〜。

続きを読む

2016-12-16

ノボノボ童話集「未来のお化粧」

 ある日の新聞に「ドイツ女性はスッピン主義」なる記事が載っていました。究極の化粧とはそのようなものかな〜と妄想が始まりました。

続きを読む

2016-12-15

思いがけない武士の仕事

 内山節さんの本に書いてあったことを漫画にしました。武士が文士でもあったとは洒落てますね〜♪

続きを読む