ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ノボ村長の開拓日誌

2016-05-26

ゲーテ「対象より重要なものがあるかね」

 「対象を抜きにしてテクニックをどんなに論じてみてもしようがない!対象がだめなら、どんな才能だって無駄さ。」とゲーテは語りました。

続きを読む

2016-05-24

世界は四つの同心円

 「強くなければ生きていけない。優しくなければ生きている資格がない」(レイモンド・チャンドラー『プレイバック』)は、「会社人でなければ生きていけない。優しくなければ人間である資格がない」と言い換えられるかもしれません。

続きを読む

2016-05-23

「経済人」としてのゲーテ

 水木しげるさんの奥様布枝さんは「ゲーテの言葉はとても健康的だと思いました。」と語っています。詩人ゲーテは政治や経済に余儀なく関わらざるをえませんでしたが、逆にそのことが彼の言葉や作品の大きさ、深さ、調和に寄与したのではないでしょうか。経済人としてのゲーテを感じさせる文章がありました。

続きを読む

2016-05-20

ゲーテ 「使い尽くすことのない資本をつくる」

 ゲーテはひどく不機嫌な渋面になりました。それはエッカーマンがドイツ文芸批評を執筆する契約についてゲーテに相談したときのことです。

続きを読む

2016-05-19

ゲーテ 「自由とは不思議なものだ」

 ワイマール公国で最高の年俸と立派な邸宅を賜っていたゲーテですが、エッカーマンに富貴や華美の無用さを説く日がありました。彼に「自由」というものの本質を教えているのでした。

続きを読む

2016-05-18

ゲーテ 「若きウェルテルの悩み」より抜き書き

 あと二ヶ月くらいはゲーテの様々な著作を読むばかりになりそうです。ゲーテ二十五歳の作品『若きウェルテルの悩み』を読んで手帳に書き写した文章があります。

続きを読む

2016-05-17

ゲーテ 「詩人は人間及び市民として祖国を愛する」

 詩人であり、なおかつ政治の中枢にあったゲーテは、相反する世界にどのように折り合いをつけていたのでしょうか。ゲーテが亡くなる数日前に語った言葉です。

続きを読む

2016-05-16

ゲーテ 「独創性について」

 ゲーテは自分だけで生み出す独創はありえないと語りました。それではいったい「独創性」とは何をいうのでしょうか?

続きを読む

2016-05-15

ゲーテ 「好機の到来を待つ」

 ゲーテのブログを書くようになったのは『ゲゲゲのゲーテ』を読んだことがきっかけでした。さらにそのきっかけとなったのは朝ドラ「ゲゲゲの女房」の作業場に貼ってあったゲーテのこの言葉でした。

続きを読む

2016-05-14

ゲーテ 「私の作品は一握りの人たちのためにある」

 『ゲーテと対話』(エッカーマン著)から珠玉の言葉を拾っています。今日はゲーテが「創作の目的」について語った言葉を書き写してみました。

続きを読む

2016-05-12

ゲーテの本を何ゆえ戦地に?

 水木しげるさんはなにゆえ戦地ラバウルへ『ゲーテとの対話』を持って行かれたのでしょう?ゲーテも深いが水木しげるさんも同じく深い方と、あらためて感じます。

続きを読む

2016-05-11

ゲーテ 「相手を否定しない」

 「他の連中は思考して、考えたことを吐露するという感じだけれど、ゲーテの場合は人生とか、人間とか、すべてを含んだ発言なんです。幅が広いから参考になるわけですよ」(水木しげるさん)『ゲーテとの対話』(エッカーマン著)を抜き書きしながら今日も「なるほどな〜」と納得のため息です。

続きを読む

2016-05-10

ゲーテ 「嫌な人ともつきあう」

 「ゲーテはひとまわり人間が大きいから、読んでいると自然に自分も大きくなった気がするんです」と水木しげるさんは語りました。『ゲーテとの対話』(エッカーマン著)から、そんな思いを感じさせる文章をひとつ紹介します。

続きを読む

2016-05-09

ゲーテ 「わが悔やまれし人生行路」

 『ゲーテとの対話』(エッカーマン著)は人間ゲーテを実に身近に感じられる本です。ゲーテが愚痴のように語る箇所はなおさらです。何人も羨むようなゲーテの人生と思いきや。。。

続きを読む

2016-05-08

ゲーテ「趣味について」

 水木しげるさん最後の著書『ゲゲゲのゲーテ』にいたく感銘し、『ゲーテとの対話』(エッカーマン著)三巻を読書中です。まるで私がゲーテに直接教えてもらっているような親近感を感じます。本書で出会った「深い言葉」をひとつづつ書き残していこうと思います。

続きを読む

2016-04-22

性能→情熱→知性

 当たり前ですが仕事には「能力」が必要です。でも「能力=性能(競争力)」と勘違いしてはいないでしょうか?私は年代ごとに「能力」は三変化(へんげ)すると思っているのです。

続きを読む

2016-04-07

信用と信頼の違い

 「信用」と「信頼」は双子のような言葉です。独断ですが「信用」は「人」に対して「信頼」は「しくみ」に対しての言葉と定義し脚本を書いてみました。

続きを読む

2016-03-25

真のトップダウンとは

 会社のメルマガに連載中の「勉強中だよ!レッツくん」第30話です。私たちが「リーダー=イケイケドンドン」の先入観から抜け出さなければ、彼らの「つけ」だけを払い続けることになるのではないでしょうか?

続きを読む

2016-03-09

売れない物に価値がある

 会社のメルマガに連載中の「勉強中だよ!レッツくん」第29話です。実は「売れない物に価値がある」をコンセプトにした会社こそ繁盛しているようですよ。

続きを読む

2016-02-24

Lets ブランディング!

 会社のメルマガに連載中の「勉強中だよ!レッツくん」第28話です。今回は「ブランディング」について考えてみました。

続きを読む

2016-02-22

「ゲゲゲのゲーテ」より抜粋

 水木しげるさん最後の作品(対談)となった『ゲゲゲのゲーテ』を何度も読み返しました。本書から自分にとって大事だな〜と思える箴言をいくつか抜粋しました。

続きを読む

2016-02-21

伊丹万作 「顔の美について」より

 伊丹十三の父上で映画監督であった伊丹万作の随筆を青空文庫でふらっと立ち読みしました。視点も口調も父子そっくりですな〜。

続きを読む

2016-02-10

一番安心なトライアングル

 会社のメルマガに連載中の「勉強中だよ!レッツくん」第27話です。以前、ジョンソン&ジョンソン社がこの体制であることを聞いて感銘しました。

続きを読む

2016-01-22

王の目、王の耳

 会社のメルマガに連載中の「勉強中だよ!レッツくん」第26話です。紀元前500年頃のお話しがベースとなっています。

続きを読む

2016-01-07

川の流れのように

 会社のメルマガに連載中の「勉強中だよ!レッツくん」第25話です。美空ひばりさんは、あの歌で「仕事の真髄」を教えてくれたのかも?

続きを読む

2015-12-22

仕事の目的は二つある

 会社のメルマガに連載中の「勉強中だよ!レッツくん」第24話です。だれもが「男はつらいよ」の日々。。。

続きを読む

2015-12-08

便学のすすめ

 会社のメルマガに連載中の「勉強中だよ!レッツくん」第23話です。「勉学」ではなく「便学」なんです!

続きを読む

2015-11-24

私たちが売るものは何?

 会社のメルマガに、約四コマ漫画「勉強中だよ!レッツくん」を連載しています。第22話は、私が今の会社を創業した頃に教えられ、その後の支えとなった言葉について書きました。

続きを読む

2015-11-09

土手としわ寄せの話

 会社のメルマガに連載している約四コマ漫画「勉強中だよ!レッツくん」、第21話はこの前の水害をもとにしたお話を書きました。

続きを読む

2015-10-26

ゆでガエル症候群

 会社のユーザー向けメルマガに連載している約四コマ漫画「勉強中だよ!レッツくん」、バカスカ創ることにしました!

続きを読む

2015-10-07

部下と性能を競わない

 毎月一回会社のユーザー向けメルマガに「勉強中だよ!レッツくん」という四コマ漫画を連載しています。10月号はこれです。

続きを読む