ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ノボ村長の開拓日誌

2017-09-20

最初からの名門なし

 最初からの名門なし、最初からの金持ちなし、最初からの偉人なし。元をたどればみんな「ただの人」。創業時にはとても役に立つ言葉です。小さくてもひるまず挑戦していこう!という気になります。

 しかし、勇気を持って旅立ったその後の彼我の差は何故に生じるのでしょう。

 福沢諭吉の言葉を深く噛みしめたいものです。

 彼は「賢愚、貧富、身分の差は生まれながらのものではなく、学問したかしなかったかで生じるものである」と言い切っています。

 まぶしく見える成功者というのは、きっと自分よりよけいに(何らかの)勉強をした人にちがいありません。

 勉強は勉強でも善きこと美しきことについて勉強し続けたいものです。

・・・・・・・・

「学問のすゝめ」より

 「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言われている。

 人は生まれながら貴賎上下の差別はない。

 けれども今広くこの人間世界を見渡すと、賢い人愚かな人貧乏な人金持ちの人身分の高い人低い人とある。

 その違いは何だろう?。それは甚だ明らかだ。

 賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとに由ってできるものなのだ。

 人は生まれながらにして貴賎上下の別はないけれどただ学問を勤めて物事をよく知るものは貴人となり富人となり、無学なる者は貧人となり下人となるのだ。」

 ※現代語訳です。→原文はこちら

・・・・・・・・

 このシリーズは脚本:私ノボ村長、絵:同級生ゴリランジェロ氏のコンビで作成しております。

f:id:kawasimanobuo:20170920185918j:image:w640
f:id:kawasimanobuo:20170920185914j:image:w640
f:id:kawasimanobuo:20170920185906j:image:w640
f:id:kawasimanobuo:20170920185902j:image:w640
f:id:kawasimanobuo:20170920185857j:image:w640

 バックナンバーはこちらでご覧ください。→勉強中だよ!レッツくん