ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ノボ村長の開拓日誌

2017-10-13

孫と老父と日本刀

 時代の縮尺が変わるって新鮮でおもしろいもんですね〜。たまに孫たちに会うといろいろ気づかされます。


『詩集ノボノボ』より

孫と老父と日本刀

 毎週木曜の午後3時から 私は孫守り当番である

 娘に頼まれていた用事があったので

 孫娘と一緒に えらく久しぶりに 

 二階の子供部屋へ入る

・・・・・・・・

 小5の孫ユウキと小2の孫娘ナオ

 まだまだ幼い二人なので

 今のところ 部屋の間仕切りは外されている

 ナオの部屋は 何から何までピンク色

 床続きのユウキの部屋は好対照

 五月の節句からそのまんま

 武者兜と短刀が でんと鎮座し

 野郎っ子くささを出している

・・・・・・・・

 男の遺伝子ゆえなのか 

 私は思わず短刀を抜いてみた

 と、思ったが抜けない刀だった

 子供用の飾り物だもの 当たり前だよな〜

・・・・・・・・

 ナオがすぐに寄ってきて 私に言う

 「じいちゃん ユウキね 本物の刀ほしいんだって

 それでね ユウキがね お母さんに言うの

 小牛田のおじいさんからもらってきてほしいって」

 私は一瞬なんのことかわからなかった

・・・・・・・・

 しばらくして なんとなくわかった

 戦国武将にえらく凝っている小5のユウキ

 きっとこう思ったのに違いない

 92歳の老父は まるで古武士のようだ

 骨董品だらけのあの家になら

 きっとどこかに本物の刀があるはずと

 私は思わず笑ってしまった

・・・・・・・・

 母親はびっくりして

 「何言ってるの、そんなもの置いたら呪われるよ!」

 と言ってたと、ナオが語る

 たしかに物騒で、戦国武将好きも困ったもんだと私も思う

・・・・・・・・

 さて時代というのは 人によって縮尺がマチマチのようだ

 ユウキから見ると 江戸時代はついこの前なのかもしれない

 もしかしたら 私は明治時代を知っているかもとか?

 Audibleで「吾輩は猫である」を聴いてたら

 これまたナオが教えてくれる

 「ユウキが授業でそれ習っているよ」

・・・・・・・・

 私はふと 心の中で苦笑した

 もしかしたら。。。 

 ユウキは私にこう尋ねるのでは

 「じいちゃん、夏目漱石と会ったことある?」

 時代の縮尺が変わるって

 実に新鮮で おもしろいもんだな〜〜〜

・・・・・・・・

 と、妄想していたら 

 「ただいまー」と ユウキがそろばん塾から帰ってきた

 私の当番時間終了である

 →ノボ村長の「詩集ノボノボ」