ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ノボ村長の開拓日誌

2017-11-01

窓をふく人、みがく人

 今日は人の親切に心を打たれました。車を運転中タイヤがパンクしバースト状態となってしまいました。なんとか近くのコンビニの駐車場に入れ、十数年ぶりにタイヤ交換作業をしようとしたら、そこに救いの神がやって来ました。

 タイヤ交換前にまず「用足し」、そのときコンビニに出入りする私のビッコタンコを見たからでしょうか?

 トランクを開けて予備タイヤを出そうとしていたら、建設作業服姿の三十代くらいのお兄さんが走ってやって来ました。
 
 「手伝いますよ。私がやってあげますから」

 私は申し訳ない気持ちでしたが、言葉に甘えてお願いしました。

 そのうちトラックに同乗していたやや年配の方も手伝いに来てくれて、あっという間に作業は終わりました。

 「何と感謝していいものやら。。。本当にありがとうございました」

 「いえいえこの町の者ですから」
という返事。

 親切心が少し希薄になっていた私は、わが身をとても恥ずかしく思いました。

 このような親切を受けると私もだれかに返さねば、という気持ちが自然と出てきます。

 こういうことこそ「社会」というものの本質なんだな〜と、つくづく知らされた日でした。

 そして、手伝ってくれた方は「よごれた窓をふく人」に違いないと思ったのです。

・・・・・・・・

 このシリーズは脚本:私ノボ村長、絵:同級生ゴリランジェロ氏のコンビで作成しております。

f:id:kawasimanobuo:20171101193508j:image:w640
f:id:kawasimanobuo:20171101193615j:image:w640
f:id:kawasimanobuo:20171101193803j:image:w640
f:id:kawasimanobuo:20171101193800j:image:w640
f:id:kawasimanobuo:20171101193845j:image:w640

 バックナンバーはこちらでご覧ください。→勉強中だよ!レッツくん