ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ノボ村長の開拓日誌

2018-01-20

思わぬバーチャル・リアリティー

 白黒写真とカラー写真はまったくの別物であると思えてきました。白黒写真だからこそ伝わるものがあります。さらに白黒のほうが想像力を刺激し、より深い臨場感につながる気がします。往年の名作映画にも通じることですよね〜。

f:id:kawasimanobuo:20180120211849j:image:w360

『詩集ノボノボ』より

思わぬバーチャル・リアリティー

 白黒写真とカラー写真はまったくの別物だ

 写真の本質が宿っているのは白黒写真のほうに違いない

 そう思うようになったのは、ここ2か月くらい前からである

・・・・・・・・

 父が亡くなったのは2か月前

 しかし、もう半年は過ぎている感じがする

 週に数日、主なき実家の仏壇に線香をつけお経をあげる

 ついでに遺品の整理をちょこちょこしている

 几帳面で写真好きで捨てない性格だったせいで

 父の遺品は行くたびに新発見がある

・・・・・・・・

 なかでも写真は様々な場所で見つかる

 その数は合わせて数千枚、三分の二は白黒だ

 白黒写真は色あせず、落ち着きがあって、とても見やすい

 父が小学校の頃や兵隊のころの写真も見つかった

 教師だったので、生徒や同僚先生たちとの写真も多い

 私たち家族の写真は孫、ひ孫にいたるまで

 父の親や親せきの写真もたくさんある。

・・・・・・・・

 はじめてみる写真が多く、その状況は新発見だらけだ

 後悔の念がわいてくる

 いったい俺は、父のことをどれほど知っていたのか。。。

 若き日の精悍で男らしい父の体躯や顔

 やがて頭髪も薄くなり、好々爺の姿に変わっていく

 まるで4,5人の異なる人物が生きていたように思えてくる

・・・・・・・・

 さて、なつかしき白黒写真を大量に見ていると

 脳内にある現象が生じてくる

 複数の写真がひとつの時空間のなかで統合し

 現実のような光景が、私の周りに現れてくるのだ

 父の一生が自分の経験のようになり

 父の生きたそれぞれの時代の中で

 私が父となって生きているように感じてくるのだ

・・・・・・・・

 その時空間は最初白黒のままである

 しかし目を瞑り、しばらくその世界に佇んでいると

 しかるべきところには色が表れてくる

 白黒写真ゆえにかえって想像力が刺激され

 脳内で臨場感が増していくのだろう

 これは脳が生み出す「バーチャル・リアリティー」だ

・・・・・・・・

 一週間前、高校の同期会があった。

 ホームページを管理している私は

 当日の写真をアップし、何回も見た

 さらに46年前の高校卒業アルバムを見た

 白黒の卒業アルバムである

 先生方の知的な面立ち、斜に構えた私たち

 フォークソング全盛時のなつかしき後夜祭・・・

 ここでもバーチャル・リアリティーが生じてきた

 私たちが生きてきた時代が

 奔流のように、脳に押し寄せてきたのだった

 →ノボ村長の「詩集ノボノボ」