ナンダロウアヤシゲな日々

◎この日記は、ライター・編集者の南陀楼綾繁が書いています。
◎新刊『町を歩いて本のなかへ』(原書房)発売中です。
◎著書『一箱古本市の歩きかた』(光文社新書)、『谷根千ちいさなお店散歩』(WAVE出版)、『小説検定』(新潮文庫)、『ほんほん本の旅あるき』(産業編集センター)、『路上派遊書日記』(右文書院)、『ナンダロウアヤシゲな日々』(無明舎出版)、『老舗の流儀 戦後六十年あの本の新聞広告』(とうこう・あい監修、幻冬舎メディアコンサルティング)、編著『チェコのマッチラベル』(ピエ・ブックス)、共著『ミニコミ魂』(晶文社)。
◎ご感想・ご連絡は南陀楼綾繁 まで。
◎「不忍ブックストリートの一箱古本市」は毎年春に開催します。
詳細は不忍ブックストリート公式ホームページもしくは、しのばずくん便りをご覧ください。
2004 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2015 | 11 |
2017 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |
2018 | 02 |
2421139

2009-11-17 本日発売です

新刊『一箱古本市の歩きかた』は、都内では昨日から並んでいるようですが、今日にはほかの地域でも並ぶのではないでしょうか。いち早く読んでくれた関係者から感想をいただいていますが、直接イベントに関わってない読者がどんな感想を抱くかを知りたいと思います。


一箱古本市の歩きかた (光文社新書)

一箱古本市の歩きかた (光文社新書)


続いて告知です。年内のトークは、これで全部のはずです。



JUNKU トークセッション

2009年12月23日(水・祝)

光文社新書一箱古本市の歩きかた』刊行記念

読書からはじまること」


南陀楼綾繁ライター編集者

内沼晋太郎(ブック・コーディネーター)

橋本倫史(『HB編集行人


不忍ブックストリートわめぞブックオカBOOKMARK NAGOYA、お好み本ひろしま、Book! Book! Sendai高遠ブックフェスティバル……。いま、全国各地でブックイベントの動きが盛んになっています。その現状をレポートした『一箱古本市の歩きかた』(光文社新書)の刊行を記念して、著者で一箱古本市仕掛け人でもある南陀楼綾繁さんが、本や雑誌についての新しい試みをしている20代のお二人と、読書の可能性と未来を語り合います。


□日時…12月23日(水・祝) 18:30 open/19:00 start

■会場…ジュンク堂書店新宿店 8階喫茶

□料金…¥1000(1ドリンク付)

■定員…40名

□受付…7Fカウンターor電話予約


ジュンク堂書店新宿

TEL.03-5363-1300


刊行記念イベント時系列に整理してもう一度お伝えします。そうしないと、自分でもよく判らなくなってくるので。とりあえず第1弾は22日(日)コクテイルでの「古本ジェットストリーム」です。オヨちゃんのほか、ゲストリブロ精鋭軍団を迎えます。なるべくご予約いただけますと助かります。そのあと、24日(火)には青山ブックセンター本店津野海太郎さんとのトークです。こちらは「予約の仕方が面倒くさい」と聞きました。当日いきなりでも入れると思うので、来てください。なにしろ会場が広いらしいので……。


朝8時起き。雨の音でユウウツになる。《ウェルかめ》を観てから、千駄木の〈サンマルクカフェ〉へ。肩に袋をかけたまま、トレイを席に運ぼうとしたら、袋が滑り落ちて、その表紙にトレイの中でコーヒーがひっくり返る。店のお姉さんに布巾を頼んだら、拭いてから、コーヒーのお代わりを持ってきてくれて恐縮。1時間ほど資料本を読み、仕事場へ。


11時半ごろ、思いついてネットチケットを購入したうえで、有楽町へ。マリオン上の〈日劇〉で、犬童一心監督ゼロの焦点》(2009)を観る。大劇場で、公開から5日目なのにガラガラ。100人も入っていただろうか。あんまりイイ前評判が聞けなかったので、期待せずに観たが、清張映画(とくに松竹系)の定番である、風景音楽上野耕路の堂々たるオーケストレーション)で押しまくる演出が踏襲されていて面白かった。清張の原作ミステリーと云っても、論理よりも情緒に重きを置かれたものが多いので、映画化するときにはこういうやり方がベストだろう。広末涼子も抑えた演技でいいし、木村多江も影のある女をうまく演じていた。これだけだったら、いいスタッフキャスト製作費をかなり掛けた、よく出来た映画で終わっていたかもしれないが、ココにとんでもない異物が投入されていた。社長夫人役の中谷美紀の怪演ぶりがスゴイのだ。日常風景の中におかれたフリークスというか……。ところどころで見せる白塗りの顔が、ジャミラ妖怪人間ベラのようで怖すぎる。これは後世に残るカルト作品になるかもしれない。


終わって、丸の内まで歩く。再開発が決まった東京中央郵便局は、前の外観だけ残して、後ろがごっそり削り取られている。〈丸善丸の内店へ。本の本コーナーで、『一箱古本市の歩きかた』が面出しされていた。先日から話題になっている「松丸本舗」を覗く。ひとつひとつテーマごとの本の揃え方はなかなかのもので、いまやっている仕事の本がごっそり見つかったのはありがたい。だけど、どことなく押しつけがましい感じもあるな。ぶらぶら回ってみたが、「こんな本あったのか!」という喜びとともに買いたい本は、今日のところはなかった。


西日暮里に帰り、資料本読みの続き。9時にウチに帰り、DVD野村芳太郎監督ゼロの焦点》(1961)を観る。いちど観ているけど、加藤嘉が出ていること以外にほとんど印象の残らない映画だった。新作と比べながら再見すると、旧作の構成のヘタさや説明不足がよく判った。新作はたぶん原作にもない要素を付け加えながら、登場人物ひとりひとりの行動に動機づけをしている。その点では、シナリオ・演出とも、新作がぜんぜん上だ。ただ、中谷美紀の存在がその調和をぶっ壊しているけど……。


旧版を観て思ったのだが、新版の広末涼子の肌の露出は、旧版の久我美子とほとんど変わらないレベル。両作のあいだには48年も経っているのに。べつにヒロスエの濡れ場が見たいワケではないが、見合いで結婚して一週間後に失踪した夫を金沢まで捜しに行く理由として、その数日間の濃密な描写がなくては説得力が薄いのでは。

nozomaronozomaro 2010/02/15 16:45 はじめまして。知り合いのギャラリーの方が間貸ししているということを聞いていて何気なく手にとった「一箱古本市の歩き方」
面白くて一気に読んでしまいました。
本については全くの一読者ですが、ぜひ自分の蔵書を持って参加してみたいと強く思いました。谷根千やわめぞだけでなく、地方のイベントも面白そうですね。
なによりイベントに関わる人たちが多彩で、それぞれが楽しそうに参加しているのが
伺えてとてもよかったです。

kawasusukawasusu 2010/02/15 18:46 >nozomaroさま
ご感想ありがとうございます。
>なによりイベントに関わる人たちが多彩で、それぞれが楽しそうに参加しているのが
そうですね。結局は本が人のつながりを生み出しているんだなと思います。よかったら、春の一箱古本市に店主としてご参加ください。助っ人も募集していますよ。