備忘と思考

2013-03-06 ユリイカで韓国マンガについて書きました。

ユリイカ』3月増刊号・特集「世界マンガ体系」に、「韓国オルタナティブ・コミック」という文章を書きました。表題のとおり、韓国の非主流派のコミックを紹介しています。

日本の雑誌にも韓国の作家はけっこう描いていますが、それらのほとんどは日本の漫画に近い作風のものです。しかし韓国には、日本の漫画とはかなり作風が異なる漫画もたくさんあります。そうした韓国漫画が今後、もっと日本でも紹介されればと思います。

「ユリイカ」では絵の実物をお見せできなかったので、ネットで絵を見ることができるブログなどを探しました。カラーの絵と雰囲気だけでも見ていただければ。


『泣くには少し曖昧な』(チェ・ギュソク)

漫画学科を目指す予備校生たちの話。リンクは誰かのブログから。写真はチェ・ギュソク。

http://blog.naver.com/saltiee21?Redirect=Log&logNo=20110435483

このチェ・ギュソクが87年の民主化抗争のなかの若者群像を描いた『100℃』を日本で翻訳出版できないかと思っています。


『抗争軍』(キム・ホンモ)

日本の朝鮮支配が続くパラレルワールドを舞台にしたジュブナイルSF漫画です。力強く暖かみとユーモアのある水墨による画風もいいし、話もシンプルに面白くて一気に読んでしまいました。

作者のブログから。

http://blog.naver.com/32ghdah?Redirect=Log&logNo=50021386329

sakushano blog kousougun


『花』(パク・コンウン)

日帝時代から朝鮮戦争にかけての物語。最終的に非転向長期囚の話になるようです。

http://cafe.naver.com/atcropolis/908

この人はほかにも、朝鮮戦争時の米軍虐殺事件を描いた『ノグンリ物語』や、済州島4.3事件を描いた漫画(タイトル失念)などを描いています。掲示板から。


『猫Z』(ピョン・ギヒョン)

遊園地を舞台に、幻惑的な絵柄で独特の奇妙でちょっと苦い世界を描いています。掲示板から。

http://cafe.naver.com/manjang17/278

関西の者関西の者 2013/03/08 13:49 コメントは御迷惑かもしれませんが、『社会新報』で連載されてる「約束の地 蟻の町」を興味深く拝見してます。
オキュパイ運動が盛り上がった後だけに、時宜にかなってますよね。
それに大政翼賛会の時代も経験されてますので、翼賛的雰囲気が溢れ始めてる今だからこそ「参考」になるのかも。
没年が90年代だから、直接お会いになられてるんでしょうか。

kaximakaxima 2013/03/12 21:57 迷惑だなんてとんでもない。ありがとうございます。松居さん本人には会ったことはないのです。60年代の蟻の町を知る人には取材して、いいお話をたくさん聞きましたが、短い連載だからどれだけ反映できることか…。

小笠原功雄小笠原功雄 2013/04/04 23:18 拙ブログでこんなカテゴリを設けております。ご笑覧いただければ幸いです。
カテゴリー「韓国の漫画・純情漫画(韓国の少女マンガ)」の記事(URL参照)

kaximakaxima 2013/05/04 08:18 ブログ拝見しました。これはすごい情報量ですね! 少しずつ読んで勉強させていただきます。

小笠原功雄小笠原功雄 2013/05/07 00:10 ありがとうございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaxima/20130306