Hatena::ブログ(Diary)

元祖〇一堂

2016-07-25

ポケモンGO ファーストインプレッション

 というわけで海外でやたら社会現象社会問題を同時に引き起こしている「ポケモンGO」。皆様プレイされているでしょうか。

 こういうゲームには乗り遅れることが多い私ですが、昨日ダウンロードしてからずっとプレイしています。

<公式サイト>

http://www.pokemongo.jp/


f:id:kaz20001:20160725212008j:image

↑現実にポケモンがいる不思議感覚。

 いわゆるこういう「拡張現実」がテーマのゲームはこれまでにもありましたが(3DSの「電波人間のRPG」とかは面白かった)、そこに「ポケモン」が持つこれまで歴史と現実と親和性が高い題材が合わさり、独特の面白さがあります。初代からずっとポケモンをプレイしてきた私のような人間にとってはこれは待ち望んでいたスマホゲーといえるかも。

  • いわゆる初代のポケモンというあたりもうれしいですね。ポケモンも地域によって分布性があったり、場所によって出やすい、出にくいがあるなどもポケモンらしい要素でレアポケを探す楽しみもあります。今のところ、二日目で大体25種類ぐらいは獲得できました。
  • たまに家の中にもポケモンが出てくるあたりはご愛嬌(どこから入った…)。私の家の周りは特殊なのか何なのか分かりませんが、やたらとイーブィが出る。赤緑時代のレアポケモンだったというのに、現状一番捕獲していた。なんだこの複雑な気持ちは。
  • ボールがもらえるスポットがそこらじゅうにあり、そこを巡っているだけでも十分にボールが集まるので、割と気軽にボールが投げられるのも良いところ。このスポット巡りもちょっと外を歩いてみようかというモチベーションを上げてくれます。駅前などのスポットに行くとやたらとスマホを見ているユーザーが増えたのはちょっと面白い光景ですがw
  • また、スポットで時々もらえるタマゴも、リアルに数キロ(2〜10キロぐらい?)歩かないと孵化しない仕様。自転車などで走っていると、育て屋の前をひたすら往復している気分が味わえます。ウルガモスが欲しくなるなw

 ただただポケモンを集めるだけでも楽しいですが、それがレアっぽい奴だったり高CP(強さの単位)の個体だったりすると嬉しさもひとしお。初代を遊んでいた時の気持ちが蘇りました。

 とまぁこんな具合で、ポケモンを集めるのは非常に楽しいのですが問題点もないわけではありません。特に「やたらと落ちやすい」点はかなり厳しい。

  • このゲーム、バッテリー消耗を抑えるモードとして「スマホをさかさまにするとスリープ状態になる」モードがあるのですが、これからの復帰時に復帰失敗することが多々発生しています。昨日だけでも10回ぐらい起きた。私の環境のせいか、ソフトウェア的な問題かはわかりませんがこれは厳しい。
  • ですがこの機能を使わないとバッテリー消費が激しすぎる点も問題。なんか笑ってしまう勢いでバッテリーが減っていく。スリープを使ってもフリーズと痛し痒し。この点は早期の改善を願います。

2016-07-18

ボードゲーム例会:2016年07月17日の立川ぼどげ会に参加してきました

 ぼちぼち参加していたのに、例会レポートが4月以来となる立川ぼどげ会7月17日レポートです。

 この日は3連休の真ん中ということもあり人出は少な目。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 この日遊んだのは以下のゲーム。この日は初めて遊ぶゲームが多かった。アークライト頒布会のゲームばっかりだったので

アークライト頒布ゲームで遊ぶ会みたいになっていたw


ストーンエイジ・ジュニア

f:id:kaz20001:20160717225654j:image

  • ボードイメージやテーマは「ストーンエイジ」と同じですがゲーム内容は全く異なる子供向けリメイク作。ゲーム性の違いに驚きますがこれはこれで悪くない。
  • 基本記憶ゲームなので、記憶力が衰えたオッサンには辛いw そういう意味では正しく子供向け作品といえます。

●アイスカルト

f:id:kaz20001:20160717225653j:image

  • 見た目はユニークなボードとコンポーネントを持つ、実はガチガチのアブストラクトゲーム。一応テーマとしては氷河期とかあるが正直どうでもよいw
  • 氷のように透明なキューブを回転させてコマを進めていき、すべてのコマを脱出させたプレイヤーが勝者となる。この手のゲームではお約束の、自分の手番以外でもコマが進む可能性があったり、

●密輸団

f:id:kaz20001:20160717225652j:image

  • かなりシュールボードゲーム粘土をまるめて穴を通し、その中に隠したアイテムを密輸するという謎のシステムが面白い。
  • たとえ穴を通しても、他のプレイヤーが作った粘土玉より小さい場合、摘発されて密輸失敗する可能性があるため、穴を通れるギリギリのサイズが求められる。なお、このサイズ差判定のためにわざわざシーソーが付いているなどコンポーネントの凝り具合も良く出来ています。

ナショナルエコノミー

f:id:kaz20001:20160717225651j:image

  • プレイ中をうっかり撮り忘れたので、拡張用に購入したコマといつも格納している圧縮用セットを。ナショナルエコノミーは箱サイズがキツキツなので、スリーブに入れるとどうしてもこういう別ケースが必要になりますね。

ラミーキューブ

f:id:kaz20001:20160717225650j:image

  • お手軽に遊べるラミー系ゲーム。このゲームやるたびに麻雀がやりたくなるので困るw
  • なおこの日のプレイではメンバーの一人が最後まで一枚も出せないという奇跡的な引きを披露していました。最後に見せてもらいましたが見事にバラバラでむしろ感動したw

●牛とハエ

f:id:kaz20001:20160717225649j:image

  • デザインが生々しい、UNO系カードゲーム。ゲーム性は正直アイディアは悪くないですが、特殊カードが分かりにくいせいでプレイアビリティが低くそれがいろいろ足を引っ張っている感じ。あとデザインがいろいろリアル気味でひどいw 少しは加減しろw

●ブルームサービス カードゲーム

f:id:kaz20001:20160717225648j:image

  • 「魔法にかかったみたい」のリメイク作である「ブルームサービス」のカードゲームリメイク作。基本システムは踏襲していますが、カードゲームに合わせて内容がセットコレクションに変わっているためゲーム性は大分違います。ブルームサービスっぽいゲームを期待するとかなり肩すかしを食らいます。
  • やはりあまりに違うゲーム性からネット上でも賛否両論ですが、セットコレクション系ゲームとしてはシステムが良くかみ合っていて、カードゲームとしては悪くないです。個人的には結構好きかな。

横浜神商伝

f:id:kaz20001:20160717225647j:image

  • この日の締め。何度もプレイしているのにいまだに勝ち筋がよく分かっていません。この日は3人プレイの上、資源エリアがかなり偏って配置されたため、手番順もあって資源入手が難しく(たいていふさがれてしまう)、技術獲得や教会、税関を重視したプレイをしてみました。最終的には120点には到達したものの、ボーナス点の不足から1位に40点近く差を開けられ大敗。やはり「株式」と「大学」のコンボを許してはイカンな。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 というわけで今回はここまで。次回は8月27日ということで一か月以上空きます。夏休み後ですね。

2016-07-14

ボードゲーム大賞2016一次審査通過作品について

 気が付けばもう二週間も経っていますが、ゲームマーケット大賞2016の一次審査通過作品が公式にて発表されていました。

ゲームマーケット大賞2016一次通過作品>

http://ur2.link/x9rm

 2016年とタイトルにありながら、審査対象は2015秋の作品からというあたりちょっとややこしいですねw

 さすがに審査に残るだけあり、私でも半分ぐらいは知っているタイトルばかりです。

  • さて、この中だとやはり「ナショナルエコノミー」と「横浜神商伝」の二つの完成度がずば抜けている印象です。「ヴィレッジオブファミリア」や「DARK ASSEMBLY」もかなりのモノ。ゲームマーケットだとどうしても軽いゲーム中心になりがちですが、こういう重ゲーの需要も確かにあるのでぜひ頑張ってほしい。
  • 軽ゲーもかなりの豊作。「ガラクタオークション」「はんか通骨董市」「ブタバベル」「似顔絵探偵団」あたりは軽さと面白さを兼ね備えた良ゲーですね。
  • というか「外人ダッシュ!」って得票数1位だったのか。内容的には結構微妙だと思うのですが、やはりデザイナー知名度がものを言ったのでしょうか。

 正直、大賞は一つではなく軽いゲーム、重いゲームの二部門欲しいですね。それぐらい素晴らしい作品揃い。ゲームマーケットも規模が年々拡大していますがそれに見合うだけの名作のすそ野も広がってきているということですかね。

  • 個人的にここから大賞を上げるなら「ナショナルエコノミー」と「横浜神商伝」のどちらかを上げたい。どちらも甲乙つけがたい傑作なだけにどちらが対象を取ってもおかしくないでしょう。
  • 難点を上げるなら重ゲーよりのゲーム性がどう評価されるかでしょうね。ゲームマーケット大賞はどっちかといえば「プレイしやすさ」「普及させやすさ」あたりが重視されている気がしますし、そのあたりで如何様にも大賞作が変わりそうだし。ゲムマ秋の発表が楽しみです。

2016-07-12

ボードゲーム例会:2016年07月10日のプチ盤に参加してきました

 なんだかぼんやりしていたら一か月も放置してしまったブログ更新。とりあえずペースを取り戻す意味でも週一ぐらいで何とか更新していきたい…。

 今回は先週日曜日に参加したプチ盤レポート。これも3か月ぶりですがちゃんと毎月参加していました。いろいろグダグダだな。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 この日遊んだゲームはこんなゲーム。

●魔法のコマ

f:id:kaz20001:20160712205636j:image f:id:kaz20001:20160712205635j:image

  • 子供向けのアクションゲーム。コマの中にイラストチップを入れたまま回し、場に置いたイラストタイルから回っているチップと一致するイラストを当てる。
  • コマの回転は意外に早いだけでなく、イラストはこれまた非常に紛らわしい色使いばかりで予想外に難しいw 子供向けと侮れません。

ごきぶりポーカー

f:id:kaz20001:20160712205634j:image

  • ブラフ系ゲームの最高峰。誰とやっても盛り上がれる名作ですが、この日は小学生の子供が一人混じってのプレイとなりました。子供はプレイに迷いがないのでこういうゲームだと強いw

横浜神商伝

f:id:kaz20001:20160712205633j:image

  • 個人的ゲームマーケット春のナンバーワンゲーマーゲーム。いろいろなオープン会でもよくプレイされている傑作。とにかくコマが多いので準備が大変ですが、ゲームそのものはそこまでややこしいルールもなく、ゲーマーゲームとしてはプレイしやすいのもいいところ。
  • 一時妙なプレミアが付いたりしていましたが、今ならAmazonで普通に変えるのもポイント高し。

ニトログリセリン

f:id:kaz20001:20160712205632j:image

  • 非常にユニークな形のコンポーネント(フラスコ型のケース)を使用するアクションゲーム。すばやくコマを決められた順番取りに口側に揺すって移動させる。簡単そうですが非常に難しく、いい意味でイライラさせられる絶妙さ。
  • プレイ時間も短くまとまっており、非常によく出来たアクションゲームです。

●ボンボン

f:id:kaz20001:20160712205631j:image f:id:kaz20001:20160712205630j:image

  • ホビージャパンから出た、不思議な神経衰弱。基本システムは神経衰弱ですが、めくるカードの絵柄が同じ柄で違う色などが大量にあり非常に覚え辛いw
  • 一見子供向けっぽいですが、むしろ大人でも難しいかも。

●セイムワン

f:id:kaz20001:20160712205629j:image

  • 「テンガロン」の居椿氏の新作。テンガロンと同じく特定のタイミングで割り込みが掛けられるカードゲーム。「テンガロン」以上に頻繁に割り込みが発生するためかなりスピーディにゲーム進行します。これかなり面白いよw

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 ということでこの日はここまで。次の開催は8月14日。コミケ最終日ですね。参加できるか心配ですw

2016-06-13

最近プレイしたゲーム(113):バケツ消防士

 いったいいかなる気まぐれか、連日更新となるボードゲームレビュー。今回はボドゲ会の安打製造機ことライナー・クニツィア先生の「バケツ消防士」です。

バケツ消防士

バケツ消防士

Amazonのページだと、なぜか違うカードゲームのパッケージが使われていたりします。謎。

 さて、このゲームは前回の「ホリディAG」に続く「洗面器ゲーム」と呼ばれる類のゲームです。

 「洗面器ゲーム」とは自分の消耗を抑えつつ、相手より我慢できるか(洗面器に顔を付けたまま、相手より顔を遅く上げた方が勝ち、という意味)が要となるゲームシステムを差すジャンルですが、このゲームはクニツィア先生らしい、シンプルなルールとジレンマが両立した、よく出来た「洗面器ゲーム」の見本といった感じの内容です。

f:id:kaz20001:20160612212009j:image f:id:kaz20001:20160612212008j:image

↑ボードとカード。カードは1と2の数字があり、全部で4スート+ジョーカの10種類ある。

 プレイヤーは手番になったら、手札からカードを1枚場に出し、対応する色の消防士コマを進めていく。

 カードには1(歩く)と2(走る)の数字があり、それぞれの数字分コマが進む(梯子を上っていく)。ジョーカーを出した場合はどの色のコマを進めてもよい。

f:id:kaz20001:20160612212007j:image f:id:kaz20001:20160612212006j:image

↑カードを出し、消防士を進めていく。

 そうしてどれかの色のカードがビルの屋上に着いたらその時点でラウンド終了。各プレイヤーは手札に残ったカードと対応する消防士コマの位置から得点を計算します。

 まず消防士の位置は一番下だと−1点。そこから上に登っていくほどに高くなっていき、ゴール地点の屋上では3点となります。

 そして対応する色のカードが手札にある場合、数字が1だと1倍、2の場合2倍の得点が得られます。

  • ただし1のカードが2枚ある場合、1組ごとに5倍というボーナス点が得られます。またゴールさせたプレイヤーは6点のボーナスポイントもありますので、ゴールさせるタイミングも重要。

 得点を得るためには消防士を進める必要がありますが、進めるためにはカードを多数使わなければならず基礎点が下がってしまう、という単純にして強烈なジレンマが魅力のゲームで、どのカードを使いどのコマを進めるかの駆け引きが大変熱い。

  • 1を2枚残した際の5倍ボーナスは大きく、できれば積極的に狙いたいのですが、逆にマイナス点も5倍となってしまうため、この場合は逆にカードを捨てる必要があったりとなかなか良いアクセントとなっています。

 プレイ時間は1プレイはあっさり目で、人数分のラウンドを行っても4人なら30分程度と結構短め。それでいながら濃厚なゲームプレイ感がある満足感も高い一品。知名度的には低めですが、クニツィア先生の数ある傑作に負けない名作ゲームであると言えます。

 ゲーム的な難点としては結構得点が変動するゲーム、かつラウンド制であるのになぜか得点ボードがないこと。得点計算用のメモかチップが別途必要になります。結構箱が余っているんだから簡単でも得点ボードが欲しかった。

 あと現在ではリメイク版が出回っているのですが、これの値段が高めなのもつらい(上記Amazonだと5000円超えている)。