Hatena::ブログ(Diary)

元祖〇一堂

2017-02-18

艦これ2017年冬イベント E-1『 「光」作戦準備』

 イベントのたびに更新する艦これプレイ日記。今回はやや遅ればせながら2017年冬イベントE-1攻略戦です。

  • どうにもネットの調子が悪く、やたらと回線が途切れてしまうためクリアに非常に手間取りました。なぜかこの海域クリア後は正常に戻ったし、マジでなんだったんでしょうか…。

 

f:id:kaz20001:20170218180657j:image

↑E-1攻略開始。

 さて、このE-1は今までのイベントとは打って変わって、史実に基づき潜水艦編成が大活躍するマップ。ということでせっかくなので先日の伊401の建造により可能となった伊号統一の艦隊を組んでみました。

f:id:kaz20001:20170218180656j:image

↑E-1出撃+装備

  • メンバーは全員潜水艦。伊401と伊19、伊8の3名には瑞雲を積み、それ以外は魚雷装備です。伊401と伊26は着任が遅かったためあんまり育っていませんが、このマップでは正直あまり問題ないです。
    • 一応、輸送マップという体なのですが、瑞雲を積んでいるとTPが多く削れて出撃回数を減らせます。そのため一応積んでみましたが難易度は低いので、なくてもあんまり問題ないかも。

f:id:kaz20001:20170218180655j:image

↑難易度は「甲」。

 そして難易度は甲。正直乙でも報酬はそこまで問題ないんですが、難易度は非常に簡単なため多分潜水艦編成さえ組めるならば甲でも楽勝です。

f:id:kaz20001:20170218180654j:image

↑マップ編成。

 こちらがE-1マップですが、瀬戸内海から九州を回るというルート。この世界でも関門海峡が機雷封鎖されているのでしょうか。それでなくとも「艦娘」なんだから陸路で行けば良いように見え……いや、なんでもないです。

 今回の編成ではスタート→G→D(一戦目・航空戦)→C→B(二戦目)→E→H→I(三戦目)→J→K(ゴール)となります。一見してポイントが多そうですが実質二戦+航空戦一回だけで、三戦目以降戦闘が無くゴールマスまでたどり着けばゲージを削れるためかなり簡単です。


f:id:kaz20001:20170218180652j:image

↑一戦目の航空戦。ネット不良につき戦隊が分かり難いw

 分かり難いですが空母ヲ級改Flag1隻+軽母ヌ級Flag2隻が攻撃してきます。こちらは潜水艦編成なので被害はないのでほぼ素通りできます。


f:id:kaz20001:20170218180651j:image

↑二戦目。これまた絵が抜けていて敵編成が分からないw

 二戦目は重巡リ級がリーダーの、軽巡+駆逐大目編成。今回一番事故が起きやすい箇所なので、基地航空部隊はここに集中することをお勧めします。


f:id:kaz20001:20170218180650j:image

↑三戦目。潜水棲姫が無駄に。

 三戦目は潜水棲姫とソ級が出てきますが、こちらは潜水部隊のためこの2隻の攻撃はスルー可能。残りは攻撃力が低いうえ、ここが最終戦なので大破でも進めたりします。

f:id:kaz20001:20170218180649j:image f:id:kaz20001:20170218180648j:image

↑後はゴールするだけ。30%減ります。

 そしてゴール。今回の装備だと30/100ゲージが減るため、おつり込みで4回攻略→0になったら最後の出撃で最短5回でクリア可能。

 正直難しい要素は何もないのですが、ネットがやたらと途中で途切れてしまい、通信エラーを連発。ゴール直前で通信エラー発生によりクリアが無効になったりといろいろあってムダに時間がかかったw

f:id:kaz20001:20170218180647j:image

↑ゲージをやっと0に。

 それでも2日ぐらいまじめにやってゲージを0に。最終出撃です。

f:id:kaz20001:20170218180646j:image

↑ゲージ0になるとL→Mのルートが出撃。

 そしてゲージ0になると、ルートが一部追加され、L(航空戦)→M(水上戦)の二戦が追加されます。

f:id:kaz20001:20170218180645j:image

↑追加航空戦

 まずは追加された航空戦。正直通常ルートの航空戦と変わらないです。瑞雲が少し消耗するぐらいかな。

  • そういえばこれ今に名って気がついたんですが、ゲージ0なら瑞雲いらないね…。みんなは普通に魚雷を積もうw

f:id:kaz20001:20170218180644j:image

↑追加水上戦。ちょっとキャプチャミスってます。

 そして追加された水上戦のほう。こちらはちょっと問題で、こちらに攻撃できる軽巡+駆逐があわせて4隻。こことBマスの水上戦がとにかく大破率高いため、基地航空部隊をこことBマス二か所に分けるなどして突破率を上げましょう。


f:id:kaz20001:20170218180643j:image

↑クリア。

 上記二戦以外は変わらないため、ちょっと足止めされたものの、3回目ぐらいに攻略完了。E-1ということもありますが、それでもこのマップはかなり楽でした。

f:id:kaz20001:20170218180642j:image

↑報酬の瑞雲六三一

 まず、報酬の瑞雲六三一。難易度乙以上ならもらえるので、特にこだわりが無ければ乙攻略もありでしょう。

f:id:kaz20001:20170218180641j:image f:id:kaz20001:20170218180640j:image

↑いつもの間宮と伊良湖

 間宮は何気に甲難易度だけでもらえる報酬。というか実質違いはこれぐらいなので本当に乙でもよかったかw

f:id:kaz20001:20170218180639j:image f:id:kaz20001:20170218180638j:image

↑補強増設と家具。

 共通の報酬である補強増設と家具。補強増設は最近重要なパーツになりつつあるため課金を悩まされる。こういうところでもらえるのは嬉しいね。

f:id:kaz20001:20170218180637j:image

↑E-2解放

 そしてE-2解放。今回は3海域だけらしいのでちょっと気楽…ってまた空母棲姫か。

2017-02-13

ボードゲーム例会:2017年2月12日のプチ盤に参加してきまた

 2017年2月12日のプチ盤参加日記です。この日は結構人が来ていましたね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 この日遊んだゲームはこんなところ。重ゲー中心なので数少なめです。

●ショーグン

f:id:kaz20001:20170213225256j:image


●マンション・オブ・マッドネス

f:id:kaz20001:20170213225255j:image f:id:kaz20001:20170213225254j:image

  • クトゥルフ神話をモチーフとした、いわゆる「フィギュアゲーム」。とにかく大量のフィギュアを使って遊ぶ雰囲気重視ゲームです。フィギュアの色を塗ればよりそれっぽく遊べるw
  • 元々、処理がややこしいルールだったがこのバージョンではターン中のランダムなイベントや戦闘処理などはアプリ任せにできるようになったため、マスター要らずのTRPG感覚として遊べるようになっている。正直このゲームは素で遊ぶとかなり煩雑な処理が多いが、おかげでサクサク遊べるのは大きくかなり遊びやすくなっています。それでも時間がかかるため、タブレットだと電池切れの心配が出ますがw バッテリーは必須でしょう。

504

f:id:kaz20001:20170213225253j:image

  • 緑の変人フリードマンの新作。504通りのルール組み合わせで遊べるが売りの、自作ゲーム派が泣いて喜ぶであろうゲームです。
  • この日はいちばん基本的な「1+2+3」の組み合わせでプレイ。マップ上の各拠点に資源を運ぶという割と単純なゲームでプレイ時間も短め(30分程度)。504がどんな感じに処理を行っていくかを見るにはちょうど良い感じです。
    • 実際のプレイ感は「ルール次第ではかなり面白くなりそう」といった感じ。コンポーネントの多さやルールの分かりづらさなどはどうしてもあるのでプレイ前にある程度準備やルールのサマリーを作っておくなどの必要はあります。

●ナヴェガドール

f:id:kaz20001:20170213225252j:image

  • この日最後に遊んだのは、大航海時代をテーマとした重ゲー。リスボンから長崎まで、海域を開拓して植民地を広げながら版図を広げていく。
  • 植民地の入手、工場の建設、造船、航海などいろいろな要素がありますが、とにかく全般的に労働者がいないと生産を増やすのが難しく、労働者を複数増やすことが出来るようになる建物を建設するにも労働者が必要だったりと序盤で労働者不足になるとかなり厳しい面があります。この日のプレイではその労働者不足状況に見事にハマってしまい、終盤まで労働者が全然足りず手数が足りない、という状態で大苦戦。次のプレイでは労働者を重視して遊んでみたいと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 というわけでこの日は終了。4つしか遊んでいないのにずっとプレイしていたようなw

 次回は3月12日。ちょうど一か月後ですね。

2017-02-01

「遊戯王 タッグフォースSP」わりと真面目にデッキを組んでみる(3)

 昨年年末以来となるタッグフォースSPデッキ構築。今回はゲームオリジナルカードである強力なレベル10モンスターを主軸としたデッキ構築です。

超巨大飛行船ジャイアント・ヒンデンブルグ

機械族/効果 レベル10 ATK/2900 DEF/2000

このカードは自分のフィールド上のトークン2体をリリースして手札から特殊召喚できる。このカードがフィールド上に表側表示で存在し、レベル10以上のモンスターが召喚・特殊召喚に成功したとき、フィールド上のレベル9以下のモンスターをすべて表側守備表示にできる。また、このカード以外のフィールド上のモンスターが表側攻撃表示から表側守備表示になった時、そのモンスターの守備力を0にする。


超巨大不沈客船エレガント・タイタニック

機械族/効果 レベル10 ATK/2800 DEF/2000

このカードは自分のフィールド上のトークン2体をリリースして手札から特殊召喚できる。1ターンに1度、フィールド上の守備力0のモンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターを破壊し、その攻撃力の半分のダメージを相手ライフに与える。


 この2枚はオリジナルカードの中でもかなり破格の強さで、トークン2体という割と簡単な条件で特殊召喚できるレベル10モンスター。専用の構築を組めばかなり活躍してくれること間違いなしです。

 今回はさらにこの2枚と相性の良いオリジナルカードを一緒にデッキに組み込んでみました。


闇の神―ダークゴッド

悪魔族/効果 レベル10 ATK/3000 DEF/1000

このカードは戦闘によっては破壊されない。また、相手プレイヤーに直接攻撃することはできない。このカードが戦闘によってモンスターを破壊した時、相手ライフに700ポイントダメージを与える。

無限の降魔鏡

魔法/フィールド

フィールド上に「闇の神−ダークゴッド」が表側表示で存在する場合、そのコントローラーのエンドフェイズ毎に空いているモンスターカードゾーン全てに「闇の神−ダークゴッド」と同じ種族・属性・レベル・攻撃力・守備力・モンスター効果を持つ「ダークゴッド・トークン」を特殊召喚する。フィールド上の「闇の神−ダークゴッド」が破壊された時、「ダークゴッド・トークン」を全て破壊する。


 この2枚が組み合わさると、攻撃力3000、戦闘破壊されないトークンが毎ターンモンスターゾーンを埋め尽くすという鬼のようなコンボが決まります。これだけだと直接攻撃が出来なくなるためモンスターカードを出さない、などでしのがれてしまうのですが先の2枚と組み合わせることで安定してレベル10モンスターを特殊召喚できる状況を作り出せます。

 これらのカードを組み合わせたデッキがこちら。

◆レベル10モンスター+トークン召喚

  • 魔法(15枚)
    • 神縛りの塚:2枚
    • サイクロン:3枚
    • 死者蘇生:1枚
    • 終焉の焔:3枚
    • スケープ・ゴート:3枚
    • テラ・フォーミング:2枚
    • 無限の降魔鏡:1枚

 基本的にはとにかくトークンを場に並べ、「超巨大飛行船ジャイアント・ヒンデンブルグ」、「超巨大不沈客船エレガント・タイタニック」、「闇の神―ダークゴッド」を場に出していく事を目指します。

  • 前者2枚はトークン2つさえあれば特殊召喚できるため奇襲性が高く、防御手段も兼ねた「スケープ・ゴート」「終焉の焔」、自分のターンでトークンを2体場に出せる「トーチ・ゴーレム」などから一気に展開できます。

 レベル10モンスターが並んだあとはビートダウンするもよし、ランク10のエクシーズに繋げるもよし。高い攻撃力で敵モンスターを薙ぎ倒していく爽快なデュエルが楽しめます。

  • 「神縛りの塚」はこのデッキのキーカードの一つで、主力モンスターを守りつつも「闇の神−ダークゴッド」と併用すれば守備モンスターをなぎ倒していくだけで1700ずつダメージを通すことも出来ます。
  • なにげにこの3枚、レベル10モンスターとしては結構珍しいことに蘇生制限が何にもないため、墓地に素早く落として蘇生するという第二の召喚ルートもあり、墓地に落とせるカードもサブとして組んでいます。

 今回はオリジナルカード主体で組んでみましたが、これ結構強いですね。レベル10モンスターらしい強さとレベル10らしからぬ簡単な召喚条件を兼ね備えた超巨大の2枚と、トークンを大量に出せる闇の神ダークゴッドの相性が良く、またランク10のグスタフ・マックスに繋げることでとどめの一撃まで簡単に持ち込めます。というかオリジナルカードだからまだいいけど、現実にあったら確実に悪用されそうなカードですねコレw

2017-01-31

フリードマン・フリーゼの「504」届いた

 結構前に予約していて忘れていましたが、フリードマン・フリーゼの新作「504」完全日本語版が届いた。

フリードマン・フリーゼの504 完全日本語版

フリードマン・フリーゼの504 完全日本語版

 最近、ボドゲ棚が埋まりすぎてあまり新作を買っていなかったんですが、こいつは珍しく発売前から予約していました。

 ゲームモジュール3つを組み合わせ、ルールも組み合わせて504通りの遊び方が出来るというフリードマンらしい変態的なゲーム。いや、これすごく楽しみにしていたんですよ。早く遊びたい。

f:id:kaz20001:20170131203124j:image

コンポーネントてんこ盛り。

 案の定、凄まじい分量のコンポーネントに、開けた瞬間心が折れそうになったw 丁寧に台紙から抜いて、小分けにして袋に入れる。これだけで3時間近くかかったぞ…。しかもこれ、ゲームによっては使わないものも多数あるので、後でしまう時も混乱しそうだ。

  • 本当に無茶苦茶多いので、小分け用の袋が付いてきているのですが自分でも追加購入しておいた方が良いです。
  • なお、ゲーム全体でどのぐらい使うかの割合がマニュアルに書いてある、というこのゲームならではの珍しい表示があるのですが、一つ「0%」となっているコンポーネントがあったんですが。自分で考えろというのだろうかw

f:id:kaz20001:20170131203123j:image f:id:kaz20001:20170131203122j:image

↑ルール。右のバインダーっぽいやつでモジュールの組み合わせが決まる。

 こちらがゲームルールを組み合わせるバインダー。文字が非常に細かく、目が疲れます。後々自分で別のテキストに起こそうかと検討中。

  • ある程度遊んでみたら、面白かった組み合わせを発表するとかしてみてもいいかもしれません。

 あとは新作日本語ゲームにありがちですが、印刷ミスのカード差し替え版があった。このゲームカードが多くて、該当カードを探すのに地味に時間がかかりました。工場はちゃんと検品しようかw

f:id:kaz20001:20170131203121j:image

↑裏面に赤模様が付いている(左)。

 あと、木ゴマが一個割れてた。どうもこのコマ四角いせいか割れやすいっぽいですね。

f:id:kaz20001:20170131203120j:image

↑仕方ないのでボンドで埋めた。

 開封の儀はこんなもので。遊ぶのが楽しみですが、まずはルール解読からですね。あと、仕事の関係で最短でも遊べるのは二週間後…。悲しい。

 

2017-01-30

全ファミ2017年01月28日レポート

 なんと去年の8月以来となる全ファミレポート。会場が移ってからめっきり間隔が広がっていましたが、今年に入ってからはなぜか実施回数が激増。

 まぁそれでも流石にこのところの間隔があきすぎていたせいか、参加者は7人ぐらいでした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●ヴォーパルス

f:id:kaz20001:20170129234729j:image


●EXTRA

f:id:kaz20001:20170129234728j:image

  • ヤッツィー系のダイスゲーム。ルールはシンプルで短時間で遊べるゲームですが、独自のダイスタワーが使いにくいのが難点ですねw この受け皿の先が妙に高いのでダイス見えなくなるんです。ここ何とかならんかったのか…。

●俺のケツをなめろ ガルパンバージョン

f:id:kaz20001:20170129234727j:image f:id:kaz20001:20170129234726j:image

  • 名作戦車カードゲーム「俺のケツをなめろ」を「ガルパン」と組み合わせた謎バージョン。ゲーム性は一緒ですが、どう考えてもドイツ軍ではないガルパンキャラのカードにしれっと「ドイツ軍カード」とか書いているのが笑えますw

●スチームパーク

f:id:kaz20001:20170129234725j:image f:id:kaz20001:20170129234724j:image

f:id:kaz20001:20170129234723j:image

  • ダイスを使い、遊園地を作りながらお客を迎えてお金を稼いでいく重ゲー。ダイスを振るところがリアルタイムだったり、遊園地の施設が立体になっていたりと面白い要素は多いのですが、意外とテンポが悪く見た目以上に時間がかかるのが難点かな。この日は拡張込で遊んでいたこともあるでしょうが。
  • ゲームそのものは非常に面白く、特にお客が来れば来るほどごみ処理に悩まされる。お客を呼び込むか、ごみ処理を優先するかを考えつつ、いち早くダイスを確保していかなければならないとジレンマも魅力的。でも遊園地の施設やお客コマが立体なせいでよく引っかけて倒してしまうのは注意なw

●藤さん

f:id:kaz20001:20170129234722j:image

  • ○藤とつく名字のカードを出しあう記憶ゲーム。タイトルは「ふじさん」と読むが、名字を「ふじ」と読むカードは一枚もなかったりw 意外と佐藤とか加藤とか馴染みのある名字が覚えられなかったりと、人間の記憶力のいい加減さが分かるゲームですw

●似顔絵探偵

f:id:kaz20001:20170129234721j:image f:id:kaz20001:20170129234720j:image

  • みんなで協力して、顔イラストを記憶し伝達していく記憶+協力ゲーム。これまた人間の記憶力のいい加減さが分かるゲームで、登場人物は異様に覚えやすい造形になっているのに、いざ伝える状況になるとあっさり忘れてしまうのが面白い。
  • なお、この日は通常の伝達系ゲームのほか、これまで遊んだゲームで使った手書きの似顔絵から、当たりの人物を当てるかるたゲームもプレイ。これはこれで遊べば遊ぶほど読み札が溜まり面白いゲームになっていく面白いルール。ある程度遊んだらこれで遊ぶと面白いよ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 この日はここまで。次は2月に開催。