Hatena::ブログ(Diary)

元祖〇一堂

2018-09-10

はてなBlogへ移行

 だらだらと9年も続けてきた当Blogだが、はてなダイアリーの終了も見えてきたのではてなBlogに移行することにしました。

<はてなBlog>

https://kaz20001.hatenablog.jp/

 ということで多分ここで記事追加はこれが最後かな。

2018-08-18

艦これ二期になったのでプレイしてみた

 とうとう艦これが二期(FlashHTML5への移行)が行われました。

 たぶん艦これ始まって以来の大アップデートだったので(たぶん。数日プレイできないレベルはなかったはず)、どのぐらい変わったのか確認するためさっそくプレイ。

  • プレイ環境はChrome。多分最新版だと思います。

f:id:kaz20001:20180818213625j:image

 とりあえず、初めて最初の感想が「画面デカい」。HTML5対応で解像度がむちゃくちゃ上がっていて、元のディスプレイ設定だと画面内に収まらないw

 仕方がないのでディスプレイ設定を変更したがそれでもなおデカく感じる。高解像度化したおかげでなんかぼやけていた印象だったグラフィックが一気にくっきりしています。

 ゲーム全体の動きもかなりキビキビ動いて、かなりサクサク動くように。遠征が戻ってきたときの動きとか、戦闘中のカットインとかかなりキレが良くなっています。

 とりあえず重くなったとかそういう部分は一切なし。ゲーム的にもこれだけ変わったのに安定感あるし、これは艦これスタッフかなり頑張ったんじゃないでしょうか。


f:id:kaz20001:20180818213622j:image

↑1-1しか解放されていない。

 ゲーム的にはリセットされて1-1から解放し直しという状態。この状況4年半ぶりぐらいやなw

f:id:kaz20001:20180818213618j:image

↑マップもくっきり

 以前は簡素な感じだったマップがイベント時のようにアルファベットがついて一気にイベントマップっぽく。

f:id:kaz20001:20180818213709j:image

↑海域解放

 海域解放とかかなり久しぶりな感覚w 始めたばかりの頃を少し思い出しました。

f:id:kaz20001:20180818213707j:image

↑1-3

 とりあえずプレイしていて驚いたのは1-3とかがマジで近海だったことw あとこのマップで無茶苦茶ハマって1時間ぐらいさまよった。

 このところはイベント時と月初めのエクストラ解放ぐらいしか遊んでいませんでしたが、なかなか新鮮な気持ちでプレイできた。しばらくは海域解放を中心にぼちぼち遊んでいきます。

 夏イベントもそろろ来そうですし。

f:id:kaz20001:20180818213704j:image

↑新しいマップがあった。

 あと、「南西海域」なるマップが追加されていましたがこれ位置が微妙に紛らわしい。左から4番目にあるけど、公式的には7-Xらしいし、これは流石に混乱する。

 あえてここにあるということは何かこだわりとかがあるのかもしれませんが(史実的な何かが関係しているのかも)、さすがに右側に置いてほしかった。

2018-08-14

夏休みなのでボードゲームカフェ「ぶんぶん」で遊んできた

 夏休みなので、横浜ボードゲームカフェ「ぶんぶん」に遊びに行ってきました。なお、夏休み最終日の模様…(仕事行きたくない)。

f:id:kaz20001:20180813232416j:image

 場所は横浜関内駅の近く。この日はお盆休み期間とはいえ平日ですが、結構お客さんもいたようでした。

f:id:kaz20001:20180813232414j:image f:id:kaz20001:20180813232408j:image

↑店内の様子。なかなか充実のボドゲ棚。

 店内も雰囲気よく、ボドゲもかなりの数あり。これだけあれば持ち込みなしでも十分一日遊べそうです。

f:id:kaz20001:20180813232605j:image

↑プレートランチはなかなかおいしい。

 値段もお安い(平日価格ということでしょうか)。あえて言えば食事用のメニューはもう少しいろいろ欲しかったかな。でも日替わり定食のプレートランチはなかなか気合はいっていて美味かった。

  • ぶっちゃけ安すぎじゃないかと思うぐらいなのでもう少し飲食メニューを押して挙げてほしい。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 この日遊んだのは以下のタイトル。長いゲームが多かったのでそんなに数遊んでいないですけど内容は濃かった。

●タイムストーリーズ

f:id:kaz20001:20180813232602j:image

  • 話題の協力ゲーム。タイムパトロールとして歴史の流れを守るという、やってることは「TP・ぼん」みたいなストーリーで、シナリオごとに大分テイストが違うのが面白い。一回遊んだらネタバレになるので遊べなくなるというあたり、かなり挑戦的ですがその分一回ごとの濃度が凄い。これはネタバレ厳禁で遊んでほしい。

f:id:kaz20001:20180813232559j:image

  • この日遊んだタイトルはカリブ海が舞台の「サント・トマス・デ・アキノ」と、1992年アメリカを舞台とした「マーシー事件」。特に「マーシー事件」はボードを写すこと自体がネタバレなのでタイトルのみw これはストーリーのイメージから展開までかなり面白いシナリオでした。

マクドナルドモノポリー

f:id:kaz20001:20180813232557j:image

  • いわゆるハッピーセットのおまけについていたモノポリー。本家よりこじんまりとしているけどその分あっという間に終わるので、むしろこちらの方が遊びやすくて面白いw
  • バランスは本当に滅茶苦茶で一度リードされたらまず追いつかないというあたり本当にひどいのですがひどすぎて逆に面白いぞコレ。「チャンスマスにチャンスが全くない」「おのれドナルドパーティ」といった具合に笑いながら遊びましょうw

コンコルディア

f:id:kaz20001:20180813232554j:image

  • 久しぶりのノーマルコンコルディア。このゲームマジで最後まで誰が勝っているのかさっぱりわからんところがこのゲームの良いところです。最後まであきらめずに遊べる感じがする。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 「タイムストーリーズ」は本当に面白かった。「サント・トマス・デ・アキノ」はどうやら拡張で続きが遊べるようなのでそっちもやっておきたいですね。

2018-08-10

「世界樹の迷宮」プレイ日記(1)

 今日から夏休みに入りました。あまりの暑さに部屋の中で熱射病になる勢い。 

 それはさておき、先週発売した「世界樹の迷宮X」買いました。オクトパストラベラーとの二本立てで遊んでいます。他にも遊びたいものがいっぱいあるんですがとても遊びきれねぇ…。艦これの夏イベもそのうち始まるだろうし。

世界樹の迷宮X (クロス) - 3DS

世界樹の迷宮X (クロス) - 3DS

 現在、大体プレイ時間14時間ほど。第三迷宮に到達したぐらいまで行きました。

  • 使用パーティは「ヒーロー」「プリンセス」「パラディン」「メディック」「ゾディアック」。
    • すれ違い通信を見る限りは今回の新職業「ヒーロー」を使っている人は割と多そう。防御技などもあるがぶっちゃけ殴りが超強いアタッカーでボス戦ザコ戦問わずメイン火力として大活躍してくれます。
    • 正直今回は戦闘中HP回復手段が多いのでメディックは抜いてドクトルマグスでも良かったかも。まぁ今回はサブ職があるっぽいし、メディック自体は杖技による縛り攻撃や弱体化攻撃がやたら豊富で、戦闘中デバフ担当を任せやすくて使いやすいのですが。これまでのシリーズで一番殴りが強いんじゃないかなコレw
  • 今回は歴代でも雑魚が強く感じるバランス。どいつもこいつも固い、というか属性攻撃の耐性がかなり強めで、「△(強耐性)」だと全然通らないだけでなく「○(並)」でも通常攻撃と大差なく、逆に「◎(耐性弱)」だと無茶苦茶ダメージが跳ね上がるため、弱点を見つけるのが重要になっている。一度戦わないと耐性は分からないため、初見の敵はとにかく全力で戦って切り抜けないと辛い。
  • あとは小迷宮が結構難易度高い。というか二つ目の小迷宮「御神ガ原」からいきなり難易度が跳ね上がる。ギミックのためエンカウント率がべらぼうに高い箇所があり、第二迷宮攻略途中だとかなり厳しい。小迷宮攻略は後回しにしてメイン迷宮から攻略していった方が精神衛生上良い。
  • また、シリーズ集大成ということもあって歴代に登場した登場人物がぽつぽつ出てきてくれるのが嬉しい。ショップは3に出てきたネイピア商会だとか、ストーリーにシリカが出てくるところとか。ストーリーの流れではこの後3のキャラは結構再登場しそうな感じで今から楽しみ。

 今のところ王道の、ある意味いつもの世界樹の迷宮といった感じ。ひねりはないけど、安心安定で、ちょっとの油断でhageるバランスがたまらないw

 とりあえず9月にはゼノブレ2の黄金の国イーラが来るし、それまでに何とかクリアできれば…無理かなw

2018-07-28

「オクトパストラベラー」プレイ日記(1)

 Switch夏期待の新作「オクトパストラベラー」。なんか想像以上の人気ですね。Amazonに予約していなかったら入手できなかったかもしれん。

Amazonでも7月28日時点で在庫なし。

 現在、8人の3章まで終わったところ。プレイ時間は大体50時間といったところでしょうか。

 いや、このゲーム面白いね。今のところ前評判に違わぬ面白さですよ。

 HD-2Dという独特の描画のドット絵とHDが交じり合った美麗なグラフィック。思わずサントラ(6000円)も購入してしまったほどの素晴らしい音楽。そしてSFC時代のRPG全盛期の頃を彷彿とさせるゲーム内容と三拍子そろった出来。

 

 シナリオとしては全8人のメンバーのイベントを任意に発生させることが出来るため自分の好きな攻略ができます。イベントをBボタンで飛ばせる、後で見返すことも出来るといったシステム面でのフォローもあるので、先を急いだり、イベント内容を忘れたりしても大丈夫な点もうれしい。こういう細かいところが丁寧なのも好感持てます。

 主人公はハンイットで開始。敵を弱点攻撃でブレイクすることで行動キャンセルさせられるこのゲームにおいて、捕まえたモンスターで幅広い属性をカバーでき、ボス戦では奥義による高威力技でメインアタッカーとなれるパーティの主砲として活躍しています。

  • 他には良く使うメンバーとしてサイラスはほぼレギュラー。魔法による範囲攻撃強い、相手の弱点を戦闘開始時点で1つ見れる能力が強い、街中でも「探る」による反応が面白いとどこ連れて行っても扱える。こいつ主人公でもよかったかも。後は「BPパサー」による攻撃回数増加を狙えるトレサとパーティの強化を担うプリムロゼあたりを使っていることが多いかな。
  • イベント傾向もキャラクターによって大分異なっており、踊り子の復讐者プリムロゼはかなり愛憎入り混じった重いシナリオ(人もバッタバッタ死ぬ)なのに、商人少女トレサあたりだと、いちいちコメディ的で悪人らしい悪人が(今のところ)出てこなかったり、バラエティ豊かです。

 戦闘は全体的に敵が強めで、弱点を突いてのブレイク前提なところがあるため攻撃属性をばらけさせて幅広くカバーする、逆に集中させたりして短期決戦を挑むなど、戦闘で取りうる戦術は幅広い。

 とりわけ各章のボスはかなり強敵揃いで、適切なスキル構成や戦術を考えて挑まないと苦戦します。逆に戦術がハマれば敵を攻撃させずに完封できたりと、そういう構成を考えていくとかなり面白くなってくる。

  • とりあえず全メンバーの第一章シナリオ完了後ぐらいに、サブジョブを獲得しておくと二章以降の攻略はぐっと楽になります。「SP自動回復」「SP消費半減」あたりのスキルを付けていればザコ戦もぐっと安定。ボス戦では「回復限界突破」「ダメージ限界突破」あたりがあると攻防安定します。
  • 使えるスキルとしては商人の「BPパサー」。攻撃回数を増やしたり奥義を使うのに使用するBPを補給することが出来るスキルで、これがあるとないとではボス戦の難易度がかなり変わります。メンバーに困ったら商人入れておくことをお勧め。
  • レベル以上に装備が重要なバランスで、敵が強いと感じたら先の街で装備を購入しておくことを意識するとぐっと楽になります。

 本筋を進めても寄り道しても良い。街の人々を「探る」でプロフィールを見まくったり(いちいち細かい設定があって背景世界が見える作りが良い)、風景をスクショして観光気分に浸ったりして楽しんだりと、マジで止めどころ無く遊べます。今のところはマジで「ジョブチェンジ時に装備武器が外れる」ところぐらいしか不満点無いかも。

 スクウェア全盛期の頃の雰囲気が存分に味わえる、「こういうのでいいんだよこういうので」と言いたくなる傑作RPG。これは今のところ今年のベストゲームといっても良いかも。今後もこの路線は続けていってほしい。