Hatena::ブログ(Diary)

元祖〇一堂

2018-07-08

ボードゲーム例会:2018年7月8日のプチ盤に参加してきました

 2018年7月8日のプチ盤会参加レポートです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●ツインイット

f:id:kaz20001:20180708203035j:image

  • つい先日購入したアクションゲーム。「ジャングルスピード」に似たルールながら収束性の良さや一気に勝負が決まる緊張感などもあって非常にお気に入り。この日のプレイでもプレイヤーに大好評でした。これは久々の(自分の中で)大ヒット作かも。

●キングドミノ

f:id:kaz20001:20180708203033j:image

  • 簡単なルールで濃厚な駆け引きを楽しめるタイル配置ゲーム。この日はちょっとルールを間違っていて最後のタイルが配置できず敗北。こんな簡単なゲームでルールを間違えてはいけないw

●8ビットモックアップ

f:id:kaz20001:20180708203030j:image

  • これもタイル配置タイプのゲーム。感覚としては「タルバ」の同時配置性と「カルカソンヌ」のミープル配置を併せ持ったようなゲーム性で、非常にさっくりプレイできさっくり終われるのが良い。

マンハッタン

f:id:kaz20001:20180708203204j:image

  • 同名の名作ゲームのリメイク版。実際デザインが変わったぐらいでプレイ感はそのまんま移植している。流石にドイツゲーム大賞受賞作だけあって今プレイしても全然色褪せない面白さです。
  • でもビルの素材が半透明プラスチックになってしまい、色の見分けがし辛い。特に黄色とオレンジのコマは照明によっては全然見分けつかんw

●マンションマッドネス

f:id:kaz20001:20180708203201j:image

  • この日のプレイはダンウィッチの怪に関連するシナリオ。特にマップが広く、最終的に怪物召喚を許してしまいどうにもできずに敗北。通常のマンションマッドネスでは慎重な探索が要求されますが、このシナリオの場合、とにかく急ぐプレイが要求されるのかも。

フロム:バダヴィア

f:id:kaz20001:20180708203154j:image

  • 貿易ドラフト(のような)カードゲーム。面白いんだけどルールの読み辛さで損している感じ。というかエラッタの内容をこの日初めて知ったのですがこれかなり重要な情報のような気が…。

台湾花札

f:id:kaz20001:20180708203239j:image

  • ゲームマーケットで購入していたもののプレイできていなかった一品。ルールそのものはこいこいなのですが、役の計算などが分かりやすくカードに記載されており、その点では遊びやすいのかも。カードイラストも台湾由来の植物や動物が描かれていて、本当に素敵なデザインとなっています。
  • ただ、カード枚数が多く、手札を使い切るまでに山札が残ってしまうこともあってかゲーム性はちょっと甘いと感じました。あと直接的にはゲーム性に関係ないですが、カードサイズのためどうも花札感が薄い気がw 花札サイズだと難しいのかも知れませんが。

ベッポ

f:id:kaz20001:20180708203237j:image

  • 最近再版されたらしい子供向けゲーム。ヤギのベッポコマを磁石に引き付けられる鉄球で弾き飛ばすアクションが非常に面白い。でも磁石から鉄球をはがすことだけはちょっと難しいw これは何かよい方法無いんだろうか。

●スパイスロード

f:id:kaz20001:20180708203232j:image

  • この日最後のプレイは定番ゲームとなったスパイスロード。誰かが「スパイスの煌めき」といっていたが、まさにその言葉通り「宝石の煌めき」を発展させたようなそのゲーム性は何度遊んでも面白い。早く拡張でないかな。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 この日は以上の9つ。結構いろいろ遊んでいました。

 次回は8月5日。

2018-06-17

ボードゲーム例会:2018年6月17日の立川ぼどげ会に参加してきました

 2018年6月19日の立川ぼどげ会参加レポートです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●メナラ

f:id:kaz20001:20180617213937j:image

  • 簡単に言うと協力ゲームとなったヴィラ・パレッティ。カードを引き、それに示された柱を建てながら塔を高く積み上げ、既定階数を超えた状態で終了条件(柱切れや床タイル切れ)を満たせばプレイヤー全員の勝利となる。
  • 柱は各個人のストックで、かつ床ごとにおける柱の色が決まっているため、プレイヤー同士で融通する必要があり、思った以上に協力ゲーム感はあります。これ新作っぽいですがなかなか面白いんじゃないでしょうか。

●ポンジスキーム

f:id:kaz20001:20180617213934j:image f:id:kaz20001:20180617213931j:image


●Marche de France

f:id:kaz20001:20180617214022j:image

  • この間のゲームマーケットで購入した同人ゲームフランス卸売業というよく分からないテーマのゲームで、公式の紹介ではエリアマジョリティとなっていましたが実際はアクション選択型といったプレイ感のゲーム。
  • アクションが「カードを使うとき」と「カードを獲得したとき」の二段階あるとか、キューブによって資源のほか特殊アクション実行を管理するため常に在庫を意識しなければならないとか面白い要素は多いのですが、得点が少しインフレしすぎな気がします。4ターン制で、200点を超えるぐらいで決着するのに1アクションで40点とれるカードがあるとか、バランスが謎です。

●シャドウレイダーズ

f:id:kaz20001:20180617214016j:image


●ツインイット

f:id:kaz20001:20180617214013j:image

  • カードを場に出して、同じ模様のカードがあったときそれらを早い者勝ちで獲得するゲーム。模様の分かりづらさが絶妙で、かつ場に出したカードだけでなく、山札の上のカードや、すでにプレイヤーが獲得したカードと同じものがあればそれも獲得してよいというルールがあるため、プレイ中は常に凄い緊張感に包まれます。棒の無いジャングルスピードみたいなゲームですね。

●航海の時代 the DICE

f:id:kaz20001:20180617214009j:image

  • 名作同人ゲームだった「航海の時代」のダイスゲーム版。ダイスゲームになっても面白さは健在、というかこちらの方が緊張感があって面白いまであるかもしれません。とりあえず、拡張セットのルールはむしろ標準にしたほうが良いんじゃないでしょうか。快適度が段違いです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この日はここまで。ゲームマーケット新作の残りもいくつかプレイできたので、またこれはこれで個別に感想を上げるかも。

2018-06-10

ゲームマーケット2018春に出品されたゲームで遊んでみた(1)

 ゲームマーケット2018春より一か月が経ったので、ぼちぼち遊ぶことが出来たゲームの感想まとめ。

  • 基本的に同人ゲームのみのレビューとなります。またあくまでゲームマーケット2018春に出品されていたゲームですので、初出が2018春ではないものも含まれている場合があります。あらかじめご了承ください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

フロム・バダヴィア(COLON ARC )

f:id:kaz20001:20180610140235j:image

  • 日本のインディー系ボードゲーム界で、頭一つ存在感を放つデザイナー「田邉顕一」「北条投了」のゲームデザインで、大航海時代の貿易をテーマとしたカードゲーム。箱やカードなどのデザインもかなりオシャレで、

f:id:kaz20001:20180610140232j:image f:id:kaz20001:20180610140229j:image

  • ラウンドごとに全員同時に貿易品のコンテナカードを1枚選び、そのコストを支払って場に出して行く。船カードに示された価値分だけコンテナを積めれば船が出港して得点となる。これを3枚獲得したプレイヤーがいれば勝利となる。
  • ポイントとなるのはコンテナカードのコストの支払い方で、コスト分の枚数のカードを「下家のプレイヤーに渡す」必要がある。強力なカードを場に出せば出すほど、その分多くのカードを下家に渡さなければいけないため、何も考えずにコンテナカードを出して行くと下家プレイヤーに利益を与えてしまうことになる。回すカードを考えつつ、カード能力も考えて場にカードを出して行く必要があり、なかなかに悩ましいバランスとなっています。
  • カードドラフトを行わないゲームなのにドラフトゲーム的なプレイ感であること(そのためプレイヤー間のダウンタイムなどが殆どない)、目標となる船カードも3枚までであるため意外とサクッと終わり、それでいて重ゲーを遊んだ可能ような満足感があります。流石の「田邉顕一」「北条投了」コンビの作品といったところでしょうか。今のところ2018年春初出のゲームとしてはトップクラスの面白さでしょう。
  • 難点としてはとにかく「ルールが分かりづらい」事。このゲームの手順やなすべきことに複雑な要素があるわけではないのですが、「ルールブックが読み辛い」「カード当たりのアイコンが多い」「アイコンがどのような効果を示しているのか直感的ではない」という見通しの悪さが重なって凄くルールを間違えやすい。カードデザインはともかく、正直ルールブックさえもう少しましならばと思えてなりません。この点だけは非常に惜しい。

●ウルトリテン(のむゲームズ)

f:id:kaz20001:20180610140829j:image

  • 初代ウルトラマンをテーマとしたトリックテイクゲーム。ウルトラマン+トリックテイクでウルトリテンというそのまんまな名前ですが、ゲーム内容はこのテーマを見事にゲーム性として昇華した、秀逸なデザインとなっています。

f:id:kaz20001:20180610140825j:image f:id:kaz20001:20180610140821j:image

  • カードは4スートで、各スートの数字毎に「建物」(1〜6)「怪獣」(7)「ウルトラマン」(8)という内容になっています。基本的にはマストフォローのトリックテイクで、親と同スートかつ一番数字が高いカードを出したプレイヤーがトリック勝利となります。
  • ユニークなのが獲得したトリックの得点方法で、「建物」カードは1枚1点だが、「怪獣」を獲得すると建物すべてが薙ぎ倒されて2点となる。そのため、なるべく建物を獲得してから怪獣を獲得したいわけですが、ウルトラマンを獲得すると怪獣は倒されてしまい、建物カードがすべてマイナス得点となってしまいます。さらに、獲得しなかったスートは「自然」として3点となるため、カードを獲得しないことも戦術となり、如何に邪魔なスートを取らないか、取るのであれば怪獣をどのタイミングで獲得するか、ウルトラマンをどうやって押し付けるか等のトリックを巡る駆け引きがかなり熱い。
  • 作中ではヒーローであるウルトラマンがカード獲得時の邪魔者になりがちというゲームデザインが非常に面白く、これが分かってくると「ウルトラマンを押し付けて怪獣による得点を削りあう」という異次元の駆け引きが楽しめますw
  • トリックテイクとしてはテーマと得点システムの一致性が分かりやすく、32枚というカード枚数(かつ使用したカードが確認できるゲームデザイン)のためカウンティングしやすいことから、トリックテイク初心者の方にもお勧めできる作品。正直2018春の新作ではこれが一番好きかもしれません。

●すずめ雀(すごろくや)

f:id:kaz20001:20180610141017j:image f:id:kaz20001:20180610141014j:image 

  • 「オールグリーン」などのミニ麻雀系ゲームでおなじみ「しのうじょう」の「篠崎 高広」氏デザインすごろくや発のミニ麻雀。

f:id:kaz20001:20180610141011j:image

↑得点計算表。これを見ながらプレイすれば初心者も安心。

  • 麻雀で言うところの索子牌と中、撥のみで、3枚2面子を揃えるというストレートなミニ麻雀。得点計算は中国麻雀のように役ごとに点数が決まっており、5点以上で上がることが出来る。連荘はなく、親が二回りしてゲーム終了。得点を一番稼いだプレイヤーが勝者となる。麻雀を知っていればすぐに理解でき、また麻雀を全く知らない人でもすぐになじめる分かりやすいルールです。
  • ミニ麻雀系ゲームとしては安定の面白さで、わずか2面子を作るだけ、得点計算もたやすく、麻雀初心者が麻雀の面白さを楽しむには十分な内容。麻雀の面白さをこれだけシンプルにまとめられるのは流石のゲームデザインといったところでしょうか。
  • 難点はアクリルの牌が非常に臭うことw すごろくやもこのことは認識していたようで注意書きの紙が入っているほど。とはいえ、1ゲームぐらい遊んでいればそれほど気にならなくなります(なりました)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 ということで超ひっさびさのボードゲームレビューとなりました。まだ遊べていないゲームがあるので、それはまた今度。

今回のゲームだと「ウルトリテン」が一番好きかな。トリックテイクではテーマ性、ゲーム性ともに奇跡の一致度で非常に面白い。

2018-06-09

ボードゲーム例会:2018年6月9日のプチ盤に参加してきました

 2018年6月9日のプチ盤参加レポートです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 ではこの日遊んだゲームを。

●バオバブ

f:id:kaz20001:20180609222922j:image

  • 中央の木にカードを載せていくアクションゲーム。見た目にも大きなサイズの木になっていくのは面白いのですが、そのせいか意外とカードが載せやすく、難易度が低いのがある意味難点かも。もうちょっと中央の木は小さいバージョンがあればよかったかも。

●ブラッドバウンド

f:id:kaz20001:20180609222919j:image

  • 自分たちのリーダーが分からなくなる、ちょっと間抜けな闇の種族たちが争う正体隠匿系ゲーム。一撃が結構重く、連係ミスが意外と響くタイプだがプレイ時間は短めでワイワイ遊べるので手軽な多人数ゲームとして重宝します。

●スパイスロード

f:id:kaz20001:20180609222914j:image

  • このところのレギュラーゲーム。遊べば遊ぶほど味が出る名作ですね。

●ブランクワールド

f:id:kaz20001:20180609223001j:image

  • 春のゲームマーケット新作。アトラスを思い浮かべる、航海により世界地図を埋めていくゲーム(ご丁寧にマップ端に世界を支えるアトラスが描かれている)。かなりのゲーマーゲームだがルール自体は意外とシンプル。同人作としてはかなり完成度高いゲームですね。

●ブリュージュ

f:id:kaz20001:20180609222958j:image

  • ダイスのご機嫌に左右される街づくり?ゲーム。建物を建てたり、そこに住民を住まわせたり運河を築いたりといったアクションの実行管理をすべて手札で行っていくのですが、ターン開始時のダイスで目によってはアクション効果が大きく変わったりするのが特徴。
  • ベルギーの都市がモデルなのですが、これブルッヘじゃなかったっけ。と思っていたら観光業だとブリュージュと言われることもあるらしいです(Wiki調べ)。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 ということでこの日はこれまで。次は7月7日。七夕開催ですね。

2018-05-26

ボードゲーム例会:2018年5月26日の浜logに参加してきました

 本日は5月26日の浜logレポートです。

 いつもは十日市場ですが久々の中山開催。うっかり間違えそうになったのは内緒だw

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●スパイスロード

f:id:kaz20001:20180526223457j:image

  • なんかもうこのところ定番プレイになってしまったスパイスロード。6月が7月ぐらいに次のシリーズが出るらしいので今から楽しみです。

●グラスロード

f:id:kaz20001:20180526223454j:image

  • スパイスロードに続けてのロード。というかこの流れ先月もあったなw

●ウルトリテン

f:id:kaz20001:20180526223451j:image

  • 前回プレイして結構気に入ったトリックテイク。やればやるほど不思議なトリックテイクで、これ実はかなり面白いんじゃないでしょうか。

●ブラッディ・イン

f:id:kaz20001:20180526223550j:image

  • ホテルにやってきた客をコロコロして金を奪い取るという割とひどいテーマのゲーム。私はこのゲームをプレイすると映画「デリカテッセン」を思い浮かべる。そういうゲームです。
  • そういえばこれも拡張が出ていましたね。

●すずめ雀

f:id:kaz20001:20180526223547j:image

  • 春のゲームマーケットで発売された索子と撥、中だけの簡易麻雀。得点計算が簡単で麻雀初心者の練習用としては結構良いんじゃないでしょうか。牌が臭うことだけが欠点ですw

●アズール

f:id:kaz20001:20180526223541j:image

  • カラフルなタイルを配置するアブストラクト的パズルゲーム。これも拡張が出ていましたがこの日は遊ばず。ルール自体は面白そうだったのでそのうち遊んでおきたい。

●もっとホイップを

f:id:kaz20001:20180526225118j:image

  • ケーキを切り分けるセットコレクションゲーム。ちょっと前にピザのバージョンがありましたが、あちらはルール違ったりするんでしょうか。

●みんなのイーブン

f:id:kaz20001:20180526225115j:image

  • 決まった答えが無い、場の空気を読むことが大事なクイズゲーム。イラストが過去のテンデイズゲームで使われたキャラクターが出てくるのがちょっと面白い。

●フェイスカード

f:id:kaz20001:20180526225112j:image

  • いわゆる連想系ゲームで、いろいろな「顔」のカードから「似ている」と思う一組を組み合わせ、プレイヤー同士で当てあうというもの。「顔」といっておきながら一部無機物が含まれているのが面白いw

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 以上9つ。なんか結構いろいろ遊んでた。この日一番印象深かったのは「フェイスカード」。似ている顔という本人の印象100%なものでの連想ゲームというのは凄く面白い。一部生物じゃないものが混じっているのがさらに面白いw