ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ニューロサイエンスとマーケティングの間 - Being between Neuroscience and Marketing このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

☆ 本ブログのこれまでの記事一覧はココ(タイトル別に検索できます)

2008-10-18

圧倒的に生産性の高い人(サイエンティスト)の研究スタイル

f:id:kaz_ataka:20081018090527j:image

Leica M7, 90mm Tele-Elmarit F2.8, PN400N @Santa Monica, CA


アメリカで研究するようになって最も驚いたことの一つは、日本では考えられないほど生産性の高い研究者が存在することだ。


たとえば僕がローテーションして、最後までそこでdissertation work(博士論文のための研究、活動)をすることにするか迷っていたあるラボ。そこはポスドク、テクニシャンを含めて(註:undergraduate=学部生は殆どアメリカの研究室には居ない)たった5人でやっているにもかかわらず、毎年5-6本ぐらいはペーパーを出し、ほぼ全て一流紙。多いときは年に2本ネイチャーに出し,一本は表紙になったりしていた(#)。

しかも良く日本では見かける深夜も土日も働いて、朝はどちらかというと崩れ気味、みたいな重労働系の生活ではなく、普通に朝来て、「うーん今日は狂ったように仕事をしたな」とかいって七時半ぐらいに帰る。遅くても9時ぐらいかな。週末は飼っている細胞にえさをやりに来たり、続き上必要なミニマムなしごとをするぐらい。


日本でこのようなラボは僕が知りうる限り見たことも聞いたこともない。良くある話は、教授がいわゆる実力者で、ERATOかなんかの大きなファンドをとってきて、数十人規模の巨大なラボで腕力系の仕事をして、とにかく年に一本でもいいからNature/Science/Cell/Neuronあたりの本当のトップジャーナルに流し込む、という話。こういうラボは、アメリカにもいわゆる大御所系のところで、なくはないけれど、むしろ注目を集めているラボはこじんまりとしていて、こうやって楽しみながらがんがんやっているところが多い。大体若くて、駆け上がるフェーズのPI(principal investigator: ラボのヘッドのこと)のラボだ。


この辺、いったい何がどう違うんだろう?と思って見てみると、これがもうびっくり。ほとんど僕が長い間つとめてきた経営コンサルティングファームで行われている仕事のやり方とほとんど同じなのだ。(なお、このファームはこの業界の最老舗の一つで、分析的な課題の整理の仕方、問題解決のアプローチなど、意識している、していないに関わらず、現在多くのコンサルティングファームや大会社の経営企画で行われている根源的な手法論のかなりの部分を生み出している。)



特徴的なところを挙げてみる。


1. まずイシューありき

自分の考える世界観があり、そのパースペクティブ、ビューポイントに基づいてこういうことが言えるはずだ、あるいはこういうことを言えば意味(インパクト)があるというメッセージがまずある。これはぶわっとした話ではなく、もう論文のタイトルと言って良いレベルで決まっている。

つまり何に白黒つけたら良いのか、自分は何にケリをつけるのか(=issue)、というのが非常に最初の段階でクリアにあるのだ。そしてこれが次に述べる通り、そのサブサポートのレベルでも続く。


ちなみにこの白黒を付けるという姿勢がどの程度あるか、どのようなことに白黒つけようとするのかで、経営課題の場合、problem solverとしての質はほぼ規定される。何となく面白そうだから、でやるような人が大きなことにケリをつける、とどめを刺す可能性は非常に低い。



2. 仮説ドリブン

次に驚くのは、このような研究の構想を思いついた段階で、そのトップラインのメッセージ(=仮論文タイトル)がどのようなサポートとなるメッセージがあると言えるのか、明確に腑分けされており、その一つ一つがどのようなデータによってサポートされるべきか、ものすごく明確にデザインされていることだ。決して開けてみないと分からないよね、みたいなバカなことは言わない。あえてスタンスをとる。


(ちなみに、これは「イシューアナリシス」と呼ばれるコンサルティング現場では秘宝のように鍵とされている方法論で、体系的にトレーニングをしても、実際には日々の実践で身につける以外の方法はない。基礎レベルであっても身に付くのはそれなりの時間がかかるし、その課題についてのセンスがあるほど、そして経験を積むほど、レベルが上がる。その書いてあるものを見ただけで、老練な人ならすぐにproblem solverとしての質が分かるぐらいの大切なものでもある。ちなみにこの辺りはコンサルティングをドロップアウトしたような人の本には説明しても分からないと思うためか、うまく説明できないと思っているせいか、あるいは極意すぎて書きたくないと思うせいか、ロジックツリー以上のことは殆ど書いてない。)


例えばこんな感じ、ある朝いつものようにラボにやってくると、Hey Kaz, I have an idea for a work, let's have a chat、みたいな感じでやってくる。行くと紙をペラッと持っていて、一番上にタイトル(メインメッセージ)、その下は左がサブメッセージが五つぐらい並び、その右に一つ一つデータ、実験結果のイメージ、見せ方が絵コンテのように入っている。要は紙芝居的なストーリーラインになっている。その一つ一つが大体非常に手堅い手法によって、どの程度のワークロードが発生するのか、誰にどう聞くとすぐに立ち上がるのか(註:同じラボの人とは限らない)が見えている。

また個々のサブ論点(sub-issue)でも、何がどういえるかどうかが勝負、という本当の見極めどころがものすごくクリアにある。



3. アウトプットドリブン

で、これに基づいてある種、その五つなら五つのパズルを埋めるように研究を進めていく。当然、この論理が崩れると、根底から見直しが必要という、issueの流れでいくと上流にある、かなり根源的な課題から取り組んでいく。


これは、こうやって聞くと当然のことのように思えるかもしれないが、殆どの問題解決者が出来ていない非常に重要なポイントだ。問題解決は常にここが崩れると話が崩壊するようなところから行わないといけない。例えば、恋人が出来ない人の問題解決であれば、会う人の数が足りていないのか、会ってからの成就の確率が低すぎるのか、がクリアにならなければ、問題解決は運頼みになってしまう。:)要は課題解決の論理のツリーがどこから始まると考えるべきか、ということでもある。


そして、アウトプットが出て論理に影響が出そうであれば、それに合わせて全体のストーリーライン、トップラインのメッセージを見直していく。したがって、当初の仮説の視点から見ると失敗しているのに、トップジャーナルに載ってしまうなんて言うことがいくらでもある。これはものすごいことだ。


また一つ一つのハコというか、サブ論点が、考えていた方法でらちがあきそうになかったら、すぐにその方法は捨てる。見極めは最大でも1-2週間程度。どんな方法でも良いから、その論点がサポートできれば良い。非常にプラクティカルだ。、、、ここもプロのコンサルタントの問題解決現場と同じ。いかなる手法を使ってもよいから論点にケリを最速でつけていく。



4. メッセージドリブン

こういう形で進めてきているので当然だが、テキストは非常に歯切れが良く、力強い。なぜそれが大切なのか、何をするために何をやったのか、その意味合いは何なのか、ここから入る。従って、投稿の通りも良く、掲載される確率も高い。


単に実験や研究結果からこれを実践するのがどれほど難しいかは、上の真逆なアプローチで何かやったことがある人であれば切実に分かるだろう。結果、テキストライティングのスキル母国語だからということではなくて、非常に高い。曖昧さのかけらもない文章を織り込んでいく。


ピラミッドストラクチャー」という僕が仕事を始めた頃には、私のいたファームでしか使われていなかった言葉(ジャーゴン)が広まって久しいのでこれを読まれている人にも聞いたことがあるかもしれないが、これは正しくは、表現方法というより、上のような課題整理の方法論として捉える方がむしろ正しい。解決してしまったものは、実際にはその聞く人に合わせて、柔軟に表現した方が実際には伝わる度合いは高まる。


-----

ちょっと長くなってしまったけれど、大体こんな感じ。ちょっと本でも書くことになったら書こうと思っていたことをアウトラインだけですがこんなところで書いてしまいました。: )


Hope it was of help!


----

# 当時Assistant ProfessorだったそのPIのラボは、現在、世界的に有名になり、ファンドも集まり結構なサイズになっている。PIもかなり偉いポジションを持っている。、、、アメリカではfull professorにも格があるので。



関連エントリ


--


ps. このエントリに対し、沢山頂いたみなさまの声に少しでもお応えできればと思い、一冊の本をまとめました。(2010.11.24発売予定)知的生産について、本格的にご興味のある方は、どうぞ!

内容については、次のエントリをご覧頂ければと思います。


イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

qualcosaqualcosa 2008/10/19 14:42 仮説ドリブンの部分で質問です。
言い換えると,「主要な論文を理論的に支えるサブの論文としてどのようなものが必要で,それらがどのようなデータによって裏付けられるべきかが明快になっている」ということですか?

kaz_atakakaz_ataka 2008/10/19 15:50 qualcosaさん、ご質問ありがとうございます。

何年にもわたる仕事ということであれば、まさにその通りだと思うのですが、ここで例示として書いているのは、ある特定の一本の論文になる一つ一つのサポートのデータ、図表(いわゆるFigure)の話です。

なんというかNatureなどを典型的に想定して頂ければと思うのですが、Legendにあるメッセージの部分がクリアにあり、そのためのサポートデータがどのような形であるべきか、が明快になっている、ということです。どのようなサポートメッセージがあると「刺さるのか」がクリアということと言えば良いでしょうか。


例えば一般的な話題で言えばこんな感じ

「A君はこのところ重視している話題の一致や見かけの好みというより、一緒に行動した際の盛り上がりを重視して、長くいっしょに居る異性を選ぶべき」

というテーゼがあったときに、

1. A君は一緒に遊ぶ異性が色々居るにもかかわらず、これまで長く一緒に居る異性がいない

2. A君は異性の友人選びにおいては、話題の一致や、見かけの好みを他のファクター、他の人に比してこれまで重要視してきた。

3. 長く振り返ってみると、例え同性の友人であったとしても、A君は結局話題が必ずしも合うかどうかでも、モノのテイストのようなものが合う訳でもない人とむしろずっと付き合いを続けている

4. A君が長く付き合いが続いている人に共通してみられるのは、実は何か一緒に活動したときに、意外性も含めどの程度盛り上がるか、あるいは盛り上がったことがあるか、である

などという風に、その話を支えるサブメッセージを整理し(上の整理がどうかは別として,,,あくまでイメージです。笑)、その一つ一つを分析的にサポートするデザインをする、ということです。うーん、あまりにも優れたコンサルティングワークと同じなので、びっくりしてしまいます。

イメージ湧きましたでしょうか?

kaz_atakakaz_ataka 2008/10/19 18:42 見に来て頂いている方々、ポイントを送って頂いた方々、ありがとうございます!

休日だしなぁ、なんておもって昨日ぼそっと書いたものが大きな反応を呼んで目をパチクリしています。(笑)

夕方になってブックマークが随分沢山来ていて驚き、コメントを読ませて頂いて、二度楽しみました。多謝。こういうコミュニティって本当にいいですね!

一つコメントであった「駆け出しの頃にどうだったかが知りたい」についてですが、まず上の事例自体が、Assistant Professorとして赴任して数年目ぐらいのときのことなので、ある種駆け出しの事例です。

彼は大学確か2年か3年の時に夏休み、どこかのラボで研究をして最初の論文をその時のPIとPNASに出しているのですが(!)、ある超有名大学をsumma cum laude(最優等)で出て、全米トップのmed schoolでMD/Ph.D.(アメリカの誇る特エリートプログラム)を同時取得するまで20本以上の論文を出しているそうです。ですから殆どこののりでずっと生きてきたことになります。最初の夏のときに、恐らく非常に優れたアドバイスを受けて、元々超越的に賢い人なので、自分なりに洗練させてきたのだろうと思います。

で、私の問題解決を専門とするプロフェッショナルファームの仕事の経験で言うと、この辺りはかなり考え方、アプローチとして鍛えうるものです。そして日本の教育で最も欠けている部分の一つだと思います。アメリカも必ずしも系統だって教えているとは思えないけれど、あくまで僕のPh.D.プログラムからの経験ですが、遥かにまともに教え込むし、そういう学ぶ場は探せばいくらでもあるところがかなり違うのかなと思います。似たような生産性を誇るスターは何人かいました。そして大体が学生のときから有名な人だったようです。

ps. あと「物凄くインチキくさい文章に思えた」というコメントは大笑いして星をつけさせて頂きました。良く分かります。コンサルティングの現場で、最初にこの辺のアプローチの話をして必ずと言っていいほど頂くコメントでした。そして一ヶ月とか二ヶ月一緒にやって、通常だったら1年かけてもクリアにならないものがどんどんクリアになっていくのを共に体験して、だんだんみなさんも分かってもらえる、そんな感じの体験を随分しました。

FYI

yoshiyoshi 2008/10/19 22:42 ものすごく参考になりました!

HashHash 2008/10/20 09:42 バイオインフォマティクス系の修士学生です。素晴らしい内容で、大変参考になりました。ありがとうございます。
今日から試験的に、このスタイルを意識して研究してみようと思います。


ちょっと伺いたいのですが、方向性の他に「研究を進めるための実務的な能力をいかにして身につけるか」という点にも関心があります。エントリの内容に比べて下流寄りの工程です。

「学生の育て方」や「スキルの磨き方」と言った視点で、生産性の高いラボで気付くことはありますでしょうか?

niratama55niratama55 2008/10/20 20:42 はてなブックマークから見つけました。
仕事(というかむしろ趣味?)の内容も、そのほかの写真や日記も、読みやすいのにしっかりした内容でとても面白かったです。

ブログを立ち上げて日が浅いのですが、こんなサイトを作りたい!という目標が一つできました。

アメリカでの生活、経験、とても楽しんでいる様子がとても伝わってきて刺激になりました。
これからのブログも楽しみにしています!
ちょくちょく覗かせてもらいますね!!(^ー^)ノ

febriergoe0febriergoe0 2008/10/20 23:49 はじめまして。
私は今年から社会人に仲間入りさせてもらっった若輩者です!
このような非常にレベルの高いエントリーは非常にありがたいです。多謝!!
本を書く際には是非買いますので、がんばって私のような若者のためにフィードバックお願いします。

jaggingjagging 2008/10/21 00:31 やはりどんな世界でもやることは同じなのですね。
熟読させてもらいたいと思います。

ありがとうございました。

kaz_atakakaz_ataka 2008/10/21 02:32 yoshiさん、Hashさん、niratamaさん、febriergoe0さん、jaggingさん、コメントありがとうございました!いつもの気心の知れた小さなコミュニティに投げ込んだだけのつもりが、こんなに多くの人に読んで頂いてとてもうれしいです。そして有り難く思っています。

ご質問の部分、お返事,したいのですが、ちょっと体調がすぐれないので、明日の夜かどこかもう少し落ち着いたところで書きますね。

Many thanks again!

maido99maido99 2008/10/21 12:45 すばらしいエントリーに感謝します。
今までどんな「論文の書き方」系の本を読んでも、
それをどうやったら具体的な行動に落とし込めるのか、
途方にくれていたのですが、輝かしい光明が差し込んできた
感じです。

一点質問させていただきたいのですが、仮説 driven のところで、
>
トップラインのメッセージ(=仮論文タイトル)がどのようなサポートとなるメッセージがあると言えるのか、明確に腑分けされており、
>
とありますが、これは「仮タイトルに対して、
どのようなsupporting messages があると言えるのか」
というような意味合いでしょうか?
qualcosa さんのコメントともかぶってしまうかもしれない
のですが、しっかりと理解させていただきたいので
敢えて質問させていただきました。
どうぞよろしくおねがいします。

kaz_atakakaz_ataka 2008/10/21 21:00 まだ若干ふらふらですが、せっかくコメントいただいたのでちょっとお返事を。

yoshiさん、niratama55さん、febriergoe0さん、jaggingさん、

多謝!のひとことにつきます。そういって頂いてとてもうれしいです。

Hashさん

なるほど。ちょっとその辺についても今度トライしてみます。八月までは結構好き放題、書く時間があったのですが(仕事の休憩時間など)、いまは生活がなかなか自由が利かず、夜のよたついたときか、週末が中心になっているので、気長に待って頂けると幸いです。

kaz_atakakaz_ataka 2008/10/21 21:09 maido99さん

とても大切なところを良く聞いてくださいました。

これはどんなsupporting messageがあると言えるのか、でも良いのですが、(pyramid structure的には、whyを並べまくるもの)、むしろ多くは上のqualcosaさんへのお答えに書いた通り、お話の流れ的にどうやってそれがサポートできるのか、という流れのものすなわち、前提あるいは現実認識があり(situation)、そこでの状況的な深掘りがあり(complication)、従っての意味合い、あるいは開けてみたときの結果(resolution/outcome)があるという形の方が普通だと思います(もう一つの型)。

なぜそうなのか,も含めてどこかでまた説明したいと思いますが、とりあえず、要点はこんな感じです。

いかがでしょう?

kaz_atakakaz_ataka 2008/10/21 21:13 とおりすがりという匿名のコメントが入っていますが、profile欄にある通り匿名コメントは受け付けないことにしているので掲載しませんがご了承ください。

hamastahamasta 2008/10/21 21:51 3. アウトプットドリブン
とIT業界における問題点についてどなたか記事を、、、いや、読まないほうがいいか。

こういう天才肌の人が、中高生時代はどうであったかというのがとても気になりますね。
大学生くらいになると自力で何事にもアプローチできるのでしょうが、中高生までは育った環境に左右されることがとても多そうなので。

親の教育がよかったとか、何かそういう共通項ってあるのだろうか。

kaz_atakakaz_ataka 2008/10/21 22:53 hamastaさん、コメントありがとうございます。

上で挙げた人の例ですが、あくまでご参考に。この人のお父さんは、名の通った科学者です。あるちゃんとした大学の化学科の主任をされていた人でものすごく温厚で、そしてとても賢い人です。何度かお会いしましたが、非常に素敵な人でした。

maido99maido99 2008/10/22 07:58 >
お話の流れ的にどうやってそれがサポートできるのか、という流れのものすなわち、前提あるいは現実認識があり(situation)、そこでの状況的な深掘りがあり(complication)、従っての意味合い、あるいは開けてみたときの結果(resolution/outcome)があるという形の方が普通だと思います(もう一つの型)。
>

ご体調が優れない中ご回答いただきましてありがとうございます。
なんとなくですが、理解したような気がします。
qualcosaさんのご質問に対するご回答のなかの、

>
Natureなどを典型的に想定して頂ければと思うのですが、Legendにあるメッセージの部分がクリアにあり、そのためのサポートデータがどのような形であるべきか、が明快になっている、ということです。どのようなサポートメッセージがあると「刺さるのか」がクリアということと言えば良いでしょうか。
>

の部分をしっかりと読めていませんでした。
単に離散的な why たちが並べられているのではなくて、それらが flow というか sequence を成し、ストーリーのある一連(= situation + complication + resolution/outcome)としてサポートする、というようなイメージでしょうか。
自分の理解の表現がイマイチですみません。
お身体、どうぞご自愛ください。

kaz_atakakaz_ataka 2008/10/22 23:31 maido99さん、さっそくありがとうございます。

分かりにくい言葉ばっかりでごめんなさい。でも少しmaido99さんの理解が深まったようでうれしいです。

身体はなんとか回復して参りました。温かい言葉をありがとうございます!

今後ともよろしくお願いします。

nihonchanihoncha 2009/08/18 15:11 いいこと書いている雰囲気は凄く伝わるのですが、
横文字がやたら多くて若干分かりづらいです。。
もう少し、横文字が苦手な人にでも伝わるレベルで書いてくれるとありがたいです。

tomohisa_katotomohisa_kato 2009/08/19 16:48 元戦コンです。
アカデミックの世界がコンサルの世界に似ているのではなく、アカデミックの方法論をコンサルに持ち込んだのではないでしょうか

bathrobebathrobe 2009/08/20 00:32 この戦略コンサルティングのやり方が素晴らしく強力であることを理解するには、自分で身につけて実践しなければ分かりませんよねー。

「大人になれば分かる」ようなものですな・・・

kaz_atakakaz_ataka 2009/08/20 15:41 皆様、いろいろありがとうございます。

簡単にエントリでコメントしておきますね。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaz_ataka/20081018/1224287687