ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

ニューロサイエンスとマーケティングの間 - Being between Neuroscience and Marketing このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

☆ 本ブログのこれまでの記事一覧はココ(タイトル別に検索できます)

2017-09-15

星座をつくろう

f:id:kaz_ataka:20170817063540j:image

Leica M (typ240), 1.4/50 Summilux ASPH @Gordes, Provence, France


先日、とある高校の学祭に立ち寄る機会があり、そこの出し物の一つで久しぶりにポーカーをした。


ポーカーというのは親が配る五枚の札で役作りを行い、その組み合わせの強さで、幾ばくかの賭けをし、もっとも強い人が掛け金を得るというシンプルなゲームだ。手持ちの札が悪ければ何枚でも交換できる。ロイヤルストレートフラッシュという言葉があるが、これはポーカーから来た言葉だ。*1


そこで一緒のテーブルに付いていたある青年が手持ちのコインのすべてをいきなりベットする(掛け金として出した)ことがあった。思わず僕はたじろいで、降りてしまったのだが、もう一人のプレーヤーが更に掛け金を積みまし、勝負が行われた。開けてみて驚いたのは、どちらも実際にはそこまで凄まじい手ではなかった。つまりここにはかなりの心理戦があるということだ。


---


今日目覚めるとJアラートに基づき、ヤフーの防災速報から北の某国からミサイル発射という速報が出ている。その何分後かには通過という速報が出て、安堵したわけだが、案の定、テレビも大騒ぎだ。


でもみんな知っている。その小国が隣の大国や、海向こうの大国、そしてその同盟国である我が国と全面衝突する気なんかないことを。そんなことをしても何も良いことなどないこと、財政破綻ですまない結末を知っている。


僕は年中、人が拉致で消えるような土地で育った。


そのせいかこの辺のニュースにはなんというか親しみがあるのだが、これらの話を聞くたびに思い起こすのは、Sapiens (邦題『サピエンス全史』)の作者でもあるハラリの次の言葉だ。


Sapiens: A Brief History of Humankind

Sapiens: A Brief History of Humankind


terrorism is a strategy of weakness adopted by those who lack access to real power.

テロリズムは本物の力へのアクセスを持たないものによる弱者の戦略だ。


terrorism worked by spreading fear rather than by causing significant material damage. Terrorists usually don’t have the strength to defeat an army, occupy a country or destroy entire cities.

テロリズムは著しい物理的なダメージを引き起こすことではなく、恐怖を広めることで機能する。テロリストは通常、相手の軍隊を打ち負かす力を持たない。国を占拠したり、都市をまるごと破壊する力を持たない。


How, then, do terrorists manage to dominate the headlines and change the political situation through the world? By provoking their enemies to overreact.

ではどのようにテロリストは、世界中のヘッドラインを支配し、政治的な状況を変えるのか?敵の過剰反応を引き起こすことだ。


In essence, terrorism is a show. Terrorists stage a terrifying spectacle of violence that captures our imagination and makes us feel as if we are sliding back into medieval chaos.

一言で言えば、テロリズムはショーなのだ。テロリストは我々の想像力を掴んでしまうような戦慄する暴力のスペクタクルをステージに掲げ、我々が中世的なカオスに引き戻されているかのように感じさせる。


In most cases, this overreaction to terrorism poses a far greater threat to our security than the terrorists themselves.

大半のケースで、このテロリズムに対する過剰反応こそが、テロリストそのものよりも遥かにおおきな我々の安全に対する脅威をもたらす。


("Homo Deus" より。拙訳)


Homo Deus: A Brief History of Tomorrow

Homo Deus: A Brief History of Tomorrow


---


どうだろうか。今の状況そのものじゃないだろうか。核を持とうと、相対的な力に鑑みれば、起こっていることは本質的にテロリズムだ。


ポーカーにおいて相手のブラフに過剰に反応するのは愚かだ。同じくテロリズムにおいて相手のショーに本気で付き合うのは賢いやり方ではない。これはプロレスなのだ。


防衛力を見直そうとか、我々が意図的に安全と平和の価値を実感するために騒いでいるのであればいいのだが、それ以外の目的であれば、平然と生きたいものだ。


そして飛ばすなら、平和のミサイルを。


---


"僕を発射台にのせて

飛ばしてごらん

花火のように夜空をかざるよ

きのう君の夢を見た

それは僕のため

チカチカ燃える 導火線なんだね

--

今夜ぼくはミサイルに

君は星になる

すべてのルール ちょっとだけ忘れて

--

夜の階段のぼる

星座をつくろう

忘れられない 思い出にしよう


(”ミサイル" THE BLUE HEARTS


---


誰か彼らにパンクと、カッコのいい踊り方を教えてやってほしい。


*1:役やゲームの仕方については任天堂のサイトに詳しいので、そちらをご覧されたし。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kaz_ataka/20170915/1505434484