kazegaroの日記

2017-09-24 キュウリに感謝

ホームページ「風](http://sky.geocities.jp/kk617koyanagi/)

ビジネスキャッチボール(http://businesscatchball.com/)

我が家の菜園、キュウリ、昨日の収穫で最後(最期)となりそう。

 長い間ご苦労様でした、感謝、感謝。

 いつまでも花を咲かせる植物の生命力の強さに驚嘆、このまま置いておきたいが

 今日、片付ける予定。

 残るは、相変わらず多数の毛虫に葉っぱを食べられている大根(毎日毛虫を割りばしで除去)と

 まともな形が期待されない?人参だけである。

f:id:kazegaro:20170924065325j:image

f:id:kazegaro:20170924065405j:image

f:id:kazegaro:20170924065657j:image

f:id:kazegaro:20170924065632j:image

2017-09-23 円山公園色々

ホームページ「風](http://sky.geocities.jp/kk617koyanagi/)

ビジネスキャッチボール(http://businesscatchball.com/)

 昨日、久しぶりに、札幌円山公園散策(写真で紹介)。

 地下鉄円山を降りて、園内歩き、北海道神宮へ、参拝(お賽銭5円、御縁があるように)。

 円山動物園の入り口、登山道八十八カ所入口、昔よく登ったが(熊が出没する藻岩山もとんとご無沙汰)。

 最後に大木と出会う、写真に不気味な顔が写っていた、霊?(亡霊、悪霊死霊精霊、生霊、怨霊悪霊、浮遊霊、動物霊、地縛霊、地霊、守護霊、指導霊、御霊、騒霊、背後霊、神霊、色情霊)。

f:id:kazegaro:20170922113205j:image

f:id:kazegaro:20170922113230j:image

f:id:kazegaro:20170922113400j:image

f:id:kazegaro:20170922113432j:image

f:id:kazegaro:20170922114040j:image

f:id:kazegaro:20170922114119j:image

f:id:kazegaro:20170922114247j:image

f:id:kazegaro:20170922114327j:image

f:id:kazegaro:20170922115337j:image

f:id:kazegaro:20170922115744j:image

f:id:kazegaro:20170922120011j:image

色々な霊が宿っている大木の幹

f:id:kazegaro:20170922120352j:image:w640

2017-09-22 光とペットボトルの対話

ホームページ「風](http://sky.geocities.jp/kk617koyanagi/)

ビジネスキャッチボール(http://businesscatchball.com/)

 朝、目を覚まし、いつものようにクラッシクを1時間ほど聴いた、ドビュッシー交響詩「海」・海の夜明けから真昼まで、波の戯れ、風と海との対話

 戯れ、対話といえば

 窓から侵入してきた光が、テーブルの上に置いてあったペットボトル(空)を照らし、その陰影がテーブルに美しい芸術作品を醸し出した、まさに光とペットボトルの戯れ、対話(コラボ)?(写真で紹介)

身近なところに、偶然、「美」を発見し、感動することが、多々ある。

 そのためには、「美」を検知できる感度の良いアンテナと創造(想像、妄想?)力豊かな感性が必要。

 今日は一か月に一回の我輩に対するご褒美、札幌へ美味しい物(ランチビュッフェ)を食べに行く予定。今回は円山公園でも散策してこようかな。

f:id:kazegaro:20170919161751j:image

f:id:kazegaro:20170919161723j:image

2017-09-21 ブドウの実

ホームページ「風](http://sky.geocities.jp/kk617koyanagi/)

ビジネスキャッチボール(http://businesscatchball.com/)

新築の時、垣根として植えたニオイヒバの木、35年以上たち、二階建ての屋根より高くなった(伐採を考える必要あり)。

 その側に植えたブドウ、つるがヒバの木にからまりながら頂上まで達した。

 下から見上げれば、ブドウの実がふさふさ生っている。

 屋根より高い鯉のぼり、いやブドウの実(天高く馬肥ゆる秋、いや実なる秋)

 どのように収穫するか、木に登る、はしごをかける、それとも、あきらめて、野鳥の餌にする(今年初めて渡り鳥の声を聞いた)、現在思案中。

f:id:kazegaro:20170921064802j:image

2017-09-20 思う通りにはいかない

ホームページ「風](http://sky.geocities.jp/kk617koyanagi/)

ビジネスキャッチボール(http://businesscatchball.com/)

 台風が過ぎ去った昨日、余波の雷鳴と豪雨により、妻は夜中、目が覚めたらしい。

 我輩、鈍感なのか、爆睡していたのか気づかず、いつもの様に朝5時前後に起きて、いつもの子守唄、目覚まし代わりのクラシックを聴く(今朝はワーグナー楽劇「ニーベルングの指環」)。

 大きな地震があっても起きない、気づかづ、気づかれず死んでいるかも。

 無神論の我輩の信仰、理想

 「ぽっくり信仰」、苦しむことなく、突然しかも安楽に死ねるように願う信仰

 「ぴんぴんころり」、死の直前までぴんぴんしていて、突然ころっと死ぬこと。

 我が父、ぽっくり寺にお参りに行くと言っていたが(行ったかは定かではない)、亡くなるまでの半年間、苛酷な闘病生活であった。

  この世の中、自分の思う通りには、なかなか行かないものである(自己中の安倍首相はどう思っているか)。