Hatena::ブログ(Diary)

やまずめぐれ!

2015-04-07

4月11日(土)、ライブ情報。

長野市内は例年より早く桜も咲き始め、7年に一度の善光寺
御開帳もはじまりました。
そんな賑やかな市内でライブがあります。
御代田町のシンガー、月之民さんPresents 月夜の一雫ライブです。


〜以下、告知文転載〜

自称シンガーソングライターで活躍中の月之民がお送りする月夜の一雫ライブ〜
只今一億総表現時代!一人一人が自分を表現して発信することができます。私の独断と偏見でいいな〜と思ったミュージシャンをお呼びしてライブを行っております。
決して損は掛けません〜?遊びに来てください!!


4/11(土)
月夜の一雫ライブvol.21
India the Rock(長野市権堂)
http://india-the-rock.jimdo.com/
pm7:00/pm8:00  500チャージ
出演
utatane祐介(群馬) /結実(茅野) /かぜよし(長野)/ 月之民(御代田町)


出演者紹介

utatane佑樹(群馬

群馬県シンガーソングライター
ソロ活動、サポートメンバーとの様々な形で活動中!
今回はソロでの出演です。
身近な毎日を歌ってる、アコギ好き。是非、「utatane 夢の中」でYouTubeをチェックしてください!

かぜよし (長野市

シンガー&ソングライターとしてのライブや楽曲提供の他、イベントオーガナイズ、レコーディング・エンジニアプロデューサーなど、マルチな音楽人。舞台照明家でもある。 
昨年、横浜から長野へ移住。創作環境・生活環境を都会から自然の中へとシフトチェンジ。 
ブログ「やまずめぐれ!」: http://d.hatena.ne.jp/kazeyoshi/ 
サウンドサンプル:https://soundcloud.com/kazeyoshi 

結実(茅野

リストラされた兎は自分探しの旅をし続けた。
いつしかLIVEジャックをすることにハマって暴君兎となった。
特技はシャウト。


月之民

2004 IIDAウェーブファイナリスト 
毎年佐久で行われている進歌の主催者
これからも熱く唄っていくだろう。


http://india-the-rock.jimdo.com/

〜転載終了〜

2015-03-17

かぜよしCD取り扱い店舗情報

マキシシングル「やまずめぐる」
アルバム「新しい風」
2タイトル、2015年3/15現在

ふろむあーす・カフェオハナ(三軒茶屋)
 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6 豊栄ビル1F
 TEL/ FAX 03-5433-8787
 URL http://www.cafe-ohana.com

カフェスロー(国分寺)
 東京都国分寺市東元町2-20-10
 TEL : 042-401-8505
 URL http://www.cafeslow.com/

ぐらするーつ(渋谷)
 東京都渋谷区宇田川町4-10 ゴールデンビル1F
 TEL/FAX 03-5458-1746
 URL http://grassroots.jp/

クラフトハウス ばく(武蔵境)
 東京都武蔵野市関前3-10-6
 TEL:0422-36-8311 FAX:0422-37-5173
 URL http://crafthousebac.bake-neko.net/crafthousebac/TOP.html

ナマケモノ倶楽部(ウェブショップ)
 URL http://namakemono.shop-pro.jp/

ANTENNA(長野市)
 長野県長野市権堂町2300 OPEN屋敷内 ANTENNA
 TEL 026-238-7557/FAX 026-238-7558
 URL http://antennagano.org/

高円寺のSunrain Recordsは実店舗はクローズしました。通販で再開準備中のようです。
現在、ディスクユニオンは取り扱っていません。
ただし、ミニアルバム「描きかけの絵日記」については全国主要CDショップでまだ在庫があるかもしれません。

何れも在庫の有無はそれぞれのショップさんにて確認してください。

2015-02-02

Don’t be afraid to let them show your true colors are beautiful like a rainbow.

春の訪れを晴れ晴れしく迎えたい時節だけど、
人類の大いなる禊でもはじまるかのような、なんとも重苦しい空気が漂う節分です。


かねてから聴いてみたかった、シンディーローパーがダルシマーで弾き語る「トゥルー・カラーズ」。YouTubeでいくつか見てみました。
個人的にはダルシマー弾き語りに関して、研究と堪能を両立できるものは見つけられませんでしたが、とにかくあらためて思ったのは、

色褪せることのない本当にすばらしい曲。

むしろ今の時代にこそとても身に沁みて…。
感涙。

画面がにじみました。
ネット動画でこれですから、生で聞いたらすごいものがあるでしょうね。
初めて聞いたときから大好きになった、僕にとっては超名曲という存在。




TRUE COLORS  (Cyndi Lauper)

悲しい目をしてるあなた
そんなに落ち込まないで
私には分かる
いろんな人がうごめく中で
気丈にいることがどんなに難しいことか
何もかも見失って
闇に囚われて
自分がとてもちっぽけに思える
でもね
私には見えるの
あなただけが持つ本当の色
そのまぶしい輝き
そんなあなたが大好きなの
だからどうか恐れないで
本当のあなたを見せて
本当のあなたの色を
虹のように美しい
あなたの真実の色を

さあ 笑顔をみせて
最後に笑ったのがいつだったか思い出せないくらい
ふしあわせになんてならないで
この世界があなたを狂わせるほど追い詰めているのなら
その苦しみをを私にうちあけて
そばにいるから
私には見えているの
あなただけが持つ本当の色
隠しきれないその輝き
そんなあなたが大好きだから
もう恐れないで
自分らしくいることを
あなたの本当の色を見せて
ありのままで
虹のように美しい
あなたの真実の色を





自分なりに意訳してみましたが、このたとえようのない美しさは伝え切れません。
なのでリンクを置いておきます。

D

https://www.youtube.com/watch?v=lY3eUCsRBSI

D

2015-01-27

井上陽水とサングラス

ラジオシャッフルプレイのiPodなど、ランダムな選曲のなかで不意に井上陽水の声が聞こえると、パッと空気が変わり、その声の吸引力に耳がそば立ち、しばし聞き入ってしまう。
たとえば「決められたリズム」。
この何でもない歌詞、ただの言葉遊びが、とても深淵に響いて心地よくなるのはその声質と歌唱技術の賜物。
他者が歌っても名曲には聴こえないだろう。歌そのものが人の心を打つ、そんなふうな楽曲には作られていないと思うから。

リバーサイドホテル」、「なぜか上海」、「青空ひとりきり」なんかもそう。
言葉上ではなるべく具体的な説明を避け、聞く者にイメージの余白をたっぷり与えてくれる。そしてあの、漆黒のサングラスまでもが表情を奪う演出を担い、聞く者はその分思いきり声に酔うことができる。声をいかに際立たせ、聞かせるか、映像詩の如し、声ありきの作品作り。

天才のセンス。

音楽をはじめる前からとても気になる存在だったけど、自分で音楽をやるようになってからは、もう、好きとか嫌いとか言う遥か以前に、その唯一無二の存在のスゴさにいっそう感服なのです。

2015-01-20

とにかく雪。

大寒
またまたどっさり上乗せされた雪。
本当に美しく、清楚で、また、厳しくもある。
今日あたりからまた少し和らぎそう。

聞けば、近頃の積雪ならすでに2年分は降ってるらしい!


「引っ越してきた最初の冬にこんなんじゃ、もう嫌になったでしょ」なんて、集落の人たちは気の毒に思ってくれている。関東の友人知人なども、「いいところ(みたい)だけど、冬はやっぱり大変ね?」と、同情を寄せてくれる。

そうだね〜。

だけど、

所謂ここは雪国。冬の降雪が前提の地域だ。だから家の造り、道路設備、除雪対策、心構え…、すべからく雪への対応が行き届いているから、豪雪初心者(笑)にもかえって安心なのだ。

雪が鬱陶しいと思う人なら、
ー春になりゃどっかに消えてなくなる雪を掻いたり降ろしたりなんて、無意味な労力、ホント嫌になるー。なんてことを言ってた。
なるほど確かに、降ったときにはやらなきゃならない事が増える、という非日常的な感覚ならばそんな気持ちにもなるだろう。だけど山間地に住んでいれば、冬の天候なら雪って方が当たり前だ。だから生活の中に雪かきが組み込まれている。起きる時間も早くなるし、鈍り気味な体を動かすことも増え、隣近所と顔を会わせる機会もいっそう多くなる。

モノは考え様。
そのことでちょっと特をしている気がするのだけど、どうだろう。


なんの、かく言う自分が真っ先に、来冬にはもうウンザリしてたりして(笑)