Hatena::ブログ(Diary)

ウチダカズヒロ ブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2009-08-23

政府は,ホントに小さくなるんだってば


 町田洋次さんのブログを読んでいて,つくづく感じることなのだが,


ハーバード大学開発社会学のマイケル・クレマー教授は、ビルゲイツが提唱してる創造的資本主義論(慈善事業を企業の本業としてやること)についてこんなことをいっている。


(略)


「状況次第では、政府よりも企業のほうが効率的に富を再配分することができる」

利他的な活動をしてるという評判が立てば、企業は優秀なスタッフを確保しやすくなる」

「創造的資本主義を提唱したのが利潤極大化を目ざす資本主義のシンボルと考えられてきた人物であり(ゲイツのこと)、それに反対したのが、学者やジャーナリスト、すなわち評価こそが基本的な報酬形態(評論業)となっている専門家たちであるのは皮肉である」


こうした考え方の底流には「富の再配分を政府に任せるときわめて高くつく」というのがある。


富の再配分を政府に任せるときわめて高くつく|町田洋次の社会起業家・エッセンス


 そう,そろそろ政府の役割は限定的なものにますますなってゆく。面倒見のいいお父さんやどこまでもやさしいお母さんのような「親方・日の丸」ではないのだとしたら,シンプルで合理的なシステマチックにスマートな(だけの)政府,それは開かれた司法と表裏一体的な政府の登場となる。

 すると,ユニークでクリエイティブな事業は,どこで担われるかといえば,NPOや企業による社会貢献部門となるし,その競争でもある。

 はてさて,どうしようか。

w-beamw-beam 2009/08/24 01:39 四捨五入の切り捨てが増えなきゃ良いですけどね。

えふえふ 2009/08/24 10:02 お、ちょうどさっき、自分も書いたエントリーが富の再分配ネタでした。こっちは選挙がらみの不順なエントリーですけど。
これを読んで、また思いついたことができたので、また新しいネタをエントリーしようと思いますね。

kazgeokazgeo 2009/08/24 21:08 w-beamさん,ドモです。美味しいところだけ食いついて,地味で目立たないものが切り捨てられるとの懸念でしょうか。お役所のような一律さは無いかもしれませんが,中途半端なことをやってしまうなら,多くの顧客や消費者に見捨てられるので,きっちりやりきることも予想できますね。

kazgeokazgeo 2009/08/24 21:12 えふ先生,ドモです。今回の選挙は「富を増やす」か,「富の無駄遣いを止める」のかが争点のように思いたいのですが,なかなか,そのようにはなってません。うーむ。

えふえふ 2009/08/25 08:45 でも、本来的に考えて、富を増やすのは再分配機構である政治と政府の仕事ではないように思っています(そういう意味では選挙の争点なのか...)。ましてや、再分配すべき富を無駄遣いするというのはお話にもならないわけで....。
うーむ。
どっちにせよ、富の再分配機構としての日本政府はかなり疲弊していると思いますよ。だって、世界的に見て再分配を政府(お上)が一手に引き受けている国家は珍しいように思いますので。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kazgeo/20090823/1251040557