Hatena::ブログ(Diary)

かずめも ラジカル - AndroidとDebianのある生活 - このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter


2011/09/03

8月分読書まとめ

8月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1200ページ
ナイス数:6ナイス

「かけ算」思考ですべてが変わった ポケット版―楽しく、無理なく、夢をかなえる「かけ算」思考ですべてが変わった ポケット版―楽しく、無理なく、夢をかなえる
iPhoneにて85円だったので何気に。 これってなんか内容はあるんだけど薄いんだよなーというのが正直な感想。言ってることはそれぞれごもっともなんだけど、似たような内容が続いてしまっていて、最後はもう速読的に読了。やっぱり自分にはお手軽本は合わないのか。 セミナー受講したらやるべき2つの事は良かった。「その日のうちに学んだことを実践してみる」「であった人一人でもつながりを持つ」これは実践していこうかなと思った。
読了日:08月31日 著者:鮒谷 周史
ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)
ブルーオーシャンってのは求めても得られない、ラッキーなものという感じがあったが、それを戦略として少なくとも勝率を上げていくといった素晴らしい分析をおこなった著名本。戦略キャンバスは面白い分析だし、キャッチコピーがぴったりハマるというのも面白い判別方法。ティッピングポイントリーダーシップというのがすごく気になったのでもう少し調べてみようと思う。またそのうち読みたい。
読了日:08月26日 著者:W・チャン・キム,レネ・モボルニュ
クラウド誕生 セールスフォース・ドットコム物語―クラウド誕生 セールスフォース・ドットコム物語―
タイトルのクラウドでとりあえず借りた一冊。技術本ではないし、自叙伝でもない。起業しようとした人に向けての「こうあれ」といった内容。自分には流石にかなわない恵まれた環境だし、運も味方したベニオフだが、簡単な道のりではなかった事はわかる。そして、成功する起業家精神というものを垣間見れたし、成長する企業の精神というのもちょっとだけ理解した気にさせてくれた。兵法書の引用が個人的に印象的だった。兵法書も一度は読んでみようと思った。それと社会貢献の1-1-1というのは自分もどこかで実践できないものかと思った。
読了日:08月18日 著者:マーク・ベニオフ,カーリー・アドラー,齊藤 英孝
知らないとヤバイ! クラウドとプラットフォームでいま何が起きているのか?知らないとヤバイ! クラウドとプラットフォームでいま何が起きているのか?
クラウドの文字で図書館借り。タイトルからは全く想像もしなかった内容だったが、それでも読んでよかった一冊。すなわち、ビジネススキーム解説本であり、いくつもの事例を並べ、なぜこの商売が凄いのかという裏側を見せてくれる。大半のスキームは既に理解していたが、ディズニーとポケモンの違い(ディスニーのキャラクタは固有名詞、ポケモンは種類の名前)は面白かった。これは大学生あたりに読んでもらいたい。
読了日:08月06日 著者:西田宗千佳,神尾寿
雲の世界の向こうをつかむ クラウドの技術雲の世界の向こうをつかむ クラウドの技術
昔雑誌で読んだ内容だったことを思い出しつつななめ読み。Asureの内部アルゴリズムなんかは興味深いが、ちゃんと頭でトレースして身になるまでの時間はなかった。世の中のいわゆるクラウド本と違い技術面からの深堀りをした本として貴重だと思う。
読了日:08月05日 著者:丸山 不二夫,首藤 一幸,中田 秀基,浦本 直彦,藤田 昭人,岡本 充洋,佐藤 直生,萩原 正義,浅海 智晴,鈴木 雄介
クラウド活用のためのAndroid業務アプリ開発入門クラウド活用のためのAndroid業務アプリ開発入門
本当はアプリを作りながら読もうと思ったけど、いいタイミングでGoogle+にはまってしまったので時間切れでななめ読み。Javaは使えるけどGoogle App EngineAndroidの開発は初めてという人向けという感じ。読みながら実際に手を動かすことで、簡単な連携アプリを作れるようになる。その分tips系は少なめで後から役に立つような本ではなかった。
読了日:08月05日 著者:出村 成和

読書メーター

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証