許容される日本語 このページをアンテナに追加 RSSフィード

*当blogより引用する際は出典を明記してください。

2017-4-25

[]無安打無得点/無安打無失点(ノーヒットノーラン23:22 無安打無得点/無安打無失点(ノーヒットノーラン) - 許容される日本語 を含むブックマーク 無安打無得点/無安打無失点(ノーヒットノーラン) - 許容される日本語 のブックマークコメント

野球用語のクイズで、四死球や失策で出塁を許してしまってもノーヒットノーランは記録されるか、との設問があったりします。

答はイエス

「ラン」は走者でなく得点のことであり、ヒットを打たれずかつ点を与えなければ、フォアボール等で何人ランナーを出そうがノーヒットノーランです。

では、「ノーヒットノーラン」を漢語にすると?*1

「無安打無得点」がふつうです(日本野球機構の公式サイトでも「無安打無得点試合」)が、「無安打無失点」ともいいます。

ただ、論理的には、「無安打無失点」にはいささかひっかかる点があります。

MLB投手成績表では、失点は「R」で示されます。「runs」の略です。英語にも「失点」を表すことば(「run allowed」)はあるものの、日本語ほど「得点」と「失点」を厳密に使い分けないようです。投手の自責点も「earned run」といいます。「earn」は「1〔金銭など〕を働いて得る〈後略〉」(旺文社シニア英和辞典新訂版)ですから、ニュアンスとしては「打者が稼いだ得点」ですね(失策が絡むなどして自責点にならない失点=打者が稼いだわけではない棚ぼたの得点は「unearned run」)。日本語の「投手が自ら責任を負う失点」とは印象が異なります。

日本語の感覚では、同じ点でも、打者の視点では「得点」、投手の視点では「失点」。だったら、投手が達成したノーヒットノーランは「無安打無失点」?

いえ、もうひとつ注意すべきことがあります。「安打」は投手の行為ではないのです。「安打する」のは打者です。論理的に正しく投手の視点で表現するなら、「無被安打無失点」でしょう。

「攻撃側に安打も得点もなかった試合」の意で「無安打無得点(試合)」のほうがすっきりするように思います。

これほど細かい指摘は措くとしても、次の文はみすごしたくないものです。

広島加藤の前に2奪三振2四球と抑え込まれた」(4月8日付日刊スポーツ

この文の主語は東京ヤクルトスワローズ山田哲人選手です。山田選手を主語に受身形にするなら「2三振2四球と抑え込まれた」でなければなりません。「三振」を「奪」ったのは広島東洋カープの加藤拓也投手なのですから。

なお、加藤投手の視点からみれば「2奪三振2与四球と抑え込んだ」となります。*2

このように、文の主語や、述語はだれの視点からみたものか、といったことを常に意識するのは、論理的に破綻のない文章を書くうえでとても有用です。



*1 「ノーヒットノーランは和製英語」といわれるので、「日本語にすると?」とは書けません(和製英語は日本語。なお、漢語は「〈前略〉2 漢字音から成る単語。漢字の熟語〈後略〉」〈新小辞林第二版〉)。ところで、たしかに英語では通常「no-hitter」「no-no」で、そもそもMLBの記録としては失点の有無は問わない(ヒットさえ打たれなければよい)のですが、和英辞典をひくと「no-hit,no-run」。ぐぐると「no-hit no-run game」という表現がなくもないようです。MLBの記録要件とは無関係に「無安打無得点の状況」を表す英語が存在するのでしょうか。「ナイターは和製英語」にも反論がありますし、「和製英語かどうか」の判定はなかなか難しいものですね。

! とはいえ実用的には、英語で話す/書くなら「no-hit,no-run」でなく「no-hitter」を用いましょう。


*2 4打席で2与四球、しかも二つめは唯一の失点の呼び水となったとあれば「抑え込んだ」と表現してよいのか迷いますが、文法上は。




蛇足。

英語で「complete game」は完投のことです。完全試合は「perfect game」、完封は「shutout」です。以前webで、complete game=完全試合との記述を見たので、念のため。

2011-2-28

[]…(三点リーダ21:26 …(三点リーダ) - 許容される日本語 を含むブックマーク …(三点リーダ) - 許容される日本語 のブックマークコメント

小説などで、余韻をもたせたり語尾を濁すニュアンスを表現したりするときに使われるのが「…」。三点リーダ(さんてんりーだ)といいます。

変換方法は日本語入力ソフトによって違うと思いますが(ことえりは「option+;」だ)、「。。。」とか「・・・」とか「さんてん」とか「てん」と打って変換、すると出てくるらしい。わたしは仕事先の窓機では「。。。」で変換してます。

これって、e-mailだのSNSだのblogだののプライベートな場では、変換せずに「。。。」(句点×3)や「・・・」(中黒×3)や「、、、」(読点×3)で代用しても個人の自由なんですが、仕事上ではやめたほうがいい。いまのところはいちおう、三点リーダは正しい日本語表記、「。。。」「・・・」「、、、」は誤り、なので。

*そもそもビジネス文書の文章中に三点リーダは使うべきじゃないけど。仕事上の連絡に余韻とかいらないし、明瞭さが重要なので語尾を濁してはいかん(婉曲表現はまた別の話)。

ただ、三点リーダがつまりすぎと感じてプロポーショナルフォントの「・・・」を好む人が着実に増えてる気はするから(一部デザイナーさんは、見出しには三点リーダでなく「プロポーショナルフォントで『・・・』」がデフォ)、今後はどうなるか不明。


そしていまやどっちが正しいって問題ではないのが、「…」と「……」。

新聞(と多くの雑誌)が「…」表記だし、そもそも古来の日本語にはない記号だから、「『……』が正しいのだ!」とめくじらたてるのも如何か。それぞれ好みの表記を採用すればよろしい。

でもねー、初めて触れた本が活版印刷だった世代には「……」に慣れてる人が多いので、どうしても「…」に違和感を覚えてしまうのですよ。それは解ってやって〜(わたしは「……」派)。

まぁ、「『……』が正しいのだ!」と譲らない人はけっこーいても「『…』が正しいのだ!」と力説する人はあんまりいないので、こだわりのない人は「……」を使っとくのが無難かと。



追記。ブラウザによっては…(三点リーダ)が...(ピリオド×3)みたいに見えるようです。すげーキモチワルイっす。でも直し方があるのね。「“三点リーダ” 化け」とかでぐぐるといろいろヒットします。「html? それ、喰えるのか?」なわたしにはIt's all Greekだけど。