許容される日本語 このページをアンテナに追加 RSSフィード

*当blogより引用する際は出典を明記してください。

2017-4-25

[]無安打無得点/無安打無失点(ノーヒットノーラン23:22 無安打無得点/無安打無失点(ノーヒットノーラン) - 許容される日本語 を含むブックマーク 無安打無得点/無安打無失点(ノーヒットノーラン) - 許容される日本語 のブックマークコメント

野球用語のクイズで、四死球や失策で出塁を許してしまってもノーヒットノーランは記録されるか、との設問があったりします。

答はイエス

「ラン」は走者でなく得点のことであり、ヒットを打たれずかつ点を与えなければ、フォアボール等で何人ランナーを出そうがノーヒットノーランです。

では、「ノーヒットノーラン」を漢語にすると?*1

「無安打無得点」がふつうです(日本野球機構の公式サイトでも「無安打無得点試合」)が、「無安打無失点」ともいいます。

ただ、論理的には、「無安打無失点」にはいささかひっかかる点があります。

MLB投手成績表では、失点は「R」で示されます。「runs」の略です。英語にも「失点」を表すことば(「run allowed」)はあるものの、日本語ほど「得点」と「失点」を厳密に使い分けないようです。投手の自責点も「earned run」といいます。「earn」は「1〔金銭など〕を働いて得る〈後略〉」(旺文社シニア英和辞典新訂版)ですから、ニュアンスとしては「打者が稼いだ得点」ですね(失策が絡むなどして自責点にならない失点=打者が稼いだわけではない棚ぼたの得点は「unearned run」)。日本語の「投手が自ら責任を負う失点」とは印象が異なります。

日本語の感覚では、同じ点でも、打者の視点では「得点」、投手の視点では「失点」。だったら、投手が達成したノーヒットノーランは「無安打無失点」?

いえ、もうひとつ注意すべきことがあります。「安打」は投手の行為ではないのです。「安打する」のは打者です。論理的に正しく投手の視点で表現するなら、「無被安打無失点」でしょう。

「攻撃側に安打も得点もなかった試合」の意で「無安打無得点(試合)」のほうがすっきりするように思います。

これほど細かい指摘は措くとしても、次の文はみすごしたくないものです。

広島加藤の前に2奪三振2四球と抑え込まれた」(4月8日付日刊スポーツ

この文の主語は東京ヤクルトスワローズ山田哲人選手です。山田選手を主語に受身形にするなら「2三振2四球と抑え込まれた」でなければなりません。「三振」を「奪」ったのは広島東洋カープの加藤拓也投手なのですから。

なお、加藤投手の視点からみれば「2奪三振2与四球と抑え込んだ」となります。*2

このように、文の主語や、述語はだれの視点からみたものか、といったことを常に意識するのは、論理的に破綻のない文章を書くうえでとても有用です。



*1 「ノーヒットノーランは和製英語」といわれるので、「日本語にすると?」とは書けません(和製英語は日本語。なお、漢語は「〈前略〉2 漢字音から成る単語。漢字の熟語〈後略〉」〈新小辞林第二版〉)。ところで、たしかに英語では通常「no-hitter」「no-no」で、そもそもMLBの記録としては失点の有無は問わない(ヒットさえ打たれなければよい)のですが、和英辞典をひくと「no-hit,no-run」。ぐぐると「no-hit no-run game」という表現がなくもないようです。MLBの記録要件とは無関係に「無安打無得点の状況」を表す英語が存在するのでしょうか。「ナイターは和製英語」にも反論がありますし、「和製英語かどうか」の判定はなかなか難しいものですね。

! とはいえ実用的には、英語で話す/書くなら「no-hit,no-run」でなく「no-hitter」を用いましょう。


*2 4打席で2与四球、しかも二つめは唯一の失点の呼び水となったとあれば「抑え込んだ」と表現してよいのか迷いますが、文法上は。




蛇足。

英語で「complete game」は完投のことです。完全試合は「perfect game」、完封は「shutout」です。以前webで、complete game=完全試合との記述を見たので、念のため。

2017-2-19

[]固定概念(固定観念/既成概念) 23:45 固定概念(固定観念/既成概念) - 許容される日本語 を含むブックマーク 固定概念(固定観念/既成概念) - 許容される日本語 のブックマークコメント

18日夜のNHK経済フロントライン」の「未来人のコトバ」コーナーに近畿大学広報部長の世耕石弘氏が登場しました。少子化により大学間の競争が激化するなか、まじめでお堅い大学広報の殻を破るため、斬新なPRに挑んだそうです。「固定概念を、ぶっ壊す。」というキャッチコピーの新聞全面広告は、広告関連の賞をいくつも獲得しました。

ただ、わざわざ「既成概念」でなく「固定概念」とした点は、みすごされた可能性もあります。違和感を生じさせて目にとめてもらう、という手法は、「固定概念」に違和感をもたない場合は奏効しないからです(ページをあっさりめくらせない効力は主に、鮪の頭が地を割って屹立する画像が担ったのでしょうが)。


【概念】一 個々の具体物から共通した内容を取り出し、総合して得た〈中略〉もの〈後略〉(新小辞林第二版)

【観念】〈中略〉3〈中略〉思考の対象となる意識の内容・心的形象の総称〈中略〉4 考え。見解(広辞苑第二版補訂版)

「概念」は事物の本質をとらえたもので、客観的普遍的です。人によって異なったり容易に変化したりしない、つまり、そもそも「固定」されているので、通常は「固定概念」のような使い方はしません。「観念」ならば主観的、個別的で、定まったものというわけではないため、「【固定観念】〈中略〉個人の心を常に占めて離れない考え。固着観念」(新潮国語辞典新装改訂版)の熟語もつくれます。

「概念」に、新味のない、硬直した、といったニュアンスを加える場合は、「【既成】既にでき上がっていること」(同)をつけて「既成概念」とするのがふつうです。


漢語直観的に理解するのが難しいことがあります。キャッチコピーなどでなく意図を伝えるための文章では、語義を把握して正確に用いるのが得策です。あやふやな理解のまま使ってしまうと誤解を招きかねません。

たとえば、「固定観念」と「既成概念」は上記のとおり意味が異なりますので、混同しないようにしましょう。




追記。

AXNミステリーでTVシリーズ「シャーロック・ホームズの冒険」字幕版を放送してて、「六つのナポレオン」に「固定概念」て訳語が出てきました。驚いて正典を繰ってみると「固定観念」(「六個のナポレオン」鈴木幸夫訳)でした。念のため、イマジカBSで放送中の吹替版も確認、やはり「固定観念」。fixされたイデーだからって「固定概念」はへんだよね、うん。

2014-3-23

[]ご利用される、ご利用できます、ご利用してくださる、ご利用してください、ご利用していただく、ご利用する(サ行変格活用動詞の敬語) 17:45 ご利用される、ご利用できます、ご利用してくださる、ご利用してください、ご利用していただく、ご利用する(サ行変格活用動詞の敬語) - 許容される日本語 を含むブックマーク ご利用される、ご利用できます、ご利用してくださる、ご利用してください、ご利用していただく、ご利用する(サ行変格活用動詞の敬語) - 許容される日本語 のブックマークコメント

もうすぐ4月、社会人としての生活を始める人も多い時期です。敬語は仕事の基礎の一つ。誤りやすいサ行変格活用動詞の敬語について、再確認しておくのもよいかもしれません。

新入社員を迎える側も。

*サ行変格活用…「〈前略〉口語では『する』だけであるが、和語・漢語・外来語や、名詞・副詞など他の品詞の語について、多くの複合動詞がつくられる。『恋す(る)』『啓す』『熱する』『びくびくする』『ドライブする』など。『甘んずる』『応ずる』などザ行に活用するものも含む。サ変」(goo辞書:デジタル大辞泉)

(「○○くださる」「○○ください」「○○いただく」を追記しました)




サ変動詞の敬語の前に、敬語の三大類型の確認を。

 尊敬語:尊敬する人(多くは会話の相手)への敬意を直接示す。主語は尊敬する人。

 謙譲語:自分や身内を低めることで間接的に尊敬する人への敬意を示す。主語は自分や身内。

 叮嚀語:ていねいな表現で尊敬する人への敬意を示す。「です」「ます」など。


サ変動詞の敬語でもっともよくみられる誤りは「相手の行為に謙譲語を用いる」「自分の行為に尊敬語を用いる」ですから、尊敬語と謙譲語の主なパターンをみてみましょう。

*パターンにあてはまらない例外もあります。



・○○する

 尊敬語:ご○○になる、○○される、○○なさる、ご○○なさる(叮嚀語がつくと「ご○○になります」など。以下同じ)

 謙譲語:ご○○する、ご○○もうしあげる、○○いたす、ご○○いたす

 NG:ご○○される<尊敬語として使うのをみかけますが、謙譲語「ご○○する」に助動詞「れる」がついた形です。元が謙譲語なので、相手の行為に謙譲語を用いたことになってしまいます。

 !:「ご○○する」「ご○○もうしあげる」が使えない場合があります。たとえば「利用する」を謙譲語にするなら、「ご利用します」とはいえず、「利用いたします」になります。これは、「自分が××を利用する」のなかに「尊敬する人」が存在しないからです。「『自分が××を利用する』ことを相手に話す」となってはじめて「相手」という「尊敬する人」が現れます。「尊敬する人」が会話の相手のみである(話題になっている行為等の対象ではない)際には「○○いたす」を用います。「自分が相手に××を提出する」なら文中に「尊敬する人」があるので「ご提出します」も「提出いたします」も使えます(詳しくは文化庁「敬語の指針」の「謙譲語I」「謙譲語II」をご覧ください)。


・○○できる

 尊敬語:ご○○になれる

 謙譲語:ご○○できる

 NG:相手の行為に「ご○○できる」<「○○する」の可能形を尊敬語にする場合、初めに「○○する」を尊敬語にします。「ご○○になる」ですね。次に「ご○○になる」の「なる」に可能の助動詞「れる」をつけ(「なれる」)、通常は最後に叮嚀語の「ます」を加えます(「ご○○になれます」)。


・○○してくれる

 尊敬語:ご○○くださる、○○してくださる<サ変動詞の語幹が漢語の場合(慣習上「ご」との組み合わせがなじまない語を除く。以下同じ)は「ご○○くださる」のほうが敬意の強い表現ですが、外来語などの場合は「○○してくださる」だけを用います。

 謙譲語:なし

 NG:ご○○してくださる<これは、謙譲語「ご○○する」に補助動詞「くださる」がついた形です。元が謙譲語なので、相手の行為に謙譲語を用いたことになってしまいます。

   ○○くださる<すでに許容された段階かもしれないほど広く使われていますが、規範に則った表現ではありません。「ご」との組み合わせがなじまない語の場合は「○○してくださる」を用いましょう。


・○○してくれ(依頼)

 尊敬語:ご○○ください、○○してください<サ変動詞の語幹が漢語の場合は「ご○○ください」のほうが敬意の強い表現ですが、外来語などの場合は「○○してください」だけを用います。

 謙譲語:なし

 NG:ご○○してください<これは、謙譲語「ご○○する」に補助動詞「ください」がついた形です。元が謙譲語なので、相手の行為に謙譲語を用いたことになってしまいます。

   ○○ください<「○○くださる」と同様、避けるほうがよいでしょう。

*「○○してくれるよう願う」については過去の記事をご覧ください。


・○○してもらう

 尊敬語:なし

 謙譲語:ご○○いただく、○○していただく<サ変動詞の語幹が漢語の場合は「ご○○いただく」のほうが敬意の強い表現ですが、外来語などの場合は「○○していただく」だけを用います。

 NG:ご○○していただく<これだと、「ご○○いただく」(主語は自分)とは異なり、謙譲語「ご○○する」に補助動詞「いただく」がついた形になってしまいます(「○○する」の主語は相手、「いただく」の主語は自分)。「○○していただく」なら、「○○する」は敬語でなく単に事実を述べただけですから、相手の行為に謙譲語を用いることにはなりません。NGの理由は「相手の行為に謙譲語を用いる」ことだと理解しましょう。

   ○○いただく<「○○くださる」と同様、避けるほうがよいでしょう。




ご利用される、ご利用できます、ご利用してくださる、ご利用してください、ご利用していただく、などを使ってしまうことのないよう、使用範囲が広いサ変動詞の敬語のパターンは暗記しておくのが得策です。

「敬語なんてこまけーことはいーんだよ! おれって人間の中身をみろ!」といいたくなるかもしれませんが、スピード重視の現代ビジネスにおいて、はじめて会った人間をじっくりみきわめてくれるところはあまりないのが現実です。

「敬語がきちんと使えるならまともな社員教育を受けているだろうから話を聞いてやろうか」も「敬語も使えないなら話の内容もたかがしれている。相手をするひまはないよ」も十分あり得ます。電話でクレームを受けたとき、めちゃくちゃな敬語で対応すれば怒りに火を注ぐのに対し、きれいな敬語でていねいに話を聴くだけで相手がおちついて冷静に話せるものです。

そもそも敬語は、基本パターンを覚えるだけでたいていは不自由なく使えます。なじみのない外国語を一から学習するのに比べれば実にたやすく習得できるのです。敬語が使えることはビジネスツールの一つだと考え、早めに身につけてしまいましょう。文化庁の「敬語おもしろ相談室」などが参考になります。

2013-3-13

[]緊迫さ 21:31 緊迫さ - 許容される日本語 を含むブックマーク 緊迫さ - 許容される日本語 のブックマークコメント

接尾語「さ」は、「1 形容詞・形容動詞の語幹、一部の助動詞の語幹に準じるものに付いて名詞をつくり、…の状態であること、…の程度であること、…の性質であることの意を表す」(Yahoo!辞書:大辞泉)ものです。たとえば、形容詞「よい」の語幹「よ」につけてよい状態/性質を表す名詞「よさ」を、形容動詞「あざやかだ」の語幹「あざやか」につけてあざやかな状態を表す名詞「あざやかさ」を、動詞「会う」連用形+助動詞「たい」の語幹に準ずる「会いた」につけて会いたい程度を表す名詞「会いたさ」をつくります。

この「さ」は、名詞でないものを名詞にする機能をもつ便利なことばです。この利便性ゆえに年々使用範囲が広がっているようです。


以前「世界観」の記事で「○○感」の濫用について少し触れましたが、逆に、「○○感」とすべきところを「○○さ」とするケースも増えました。「緊迫」は「形容詞・形容動詞の語幹、一部の助動詞の語幹に準じるもの」ではありませんから、「緊迫した感じ」をひとつの名詞にするなら本来は「緊迫感」です。これを「緊迫さ」にした文章を新聞などでもみかけます。

「先行きが不透明である感じ」も、従来ならば「先行きの不透明感」でしたが、昨今では「先行きの不透明さ」のほうが多いかもしれません。形容動詞「透明だ」の語幹「透明」+「さ」で「透明さ」という名詞はつくれます。しかし漢語である接頭語「不」がつくと、やはり漢語の「透明」(形容動詞「透明だ」の語幹というより名詞「透明」)と「感」を続けて「不透明感」とするのがふつうでした。

尊敬語をつくるとき、尊敬する相手の動作が和語の場合は「お○○になる」、漢語の場合は「ご○○になる」です。和語には和語の「お」、漢語には漢語の「ご(御)」を組み合わせるとしっくりきます。同様に、和語の形容詞・形容動詞を名詞にする場合は「さ」、漢語の形容動詞を名詞にする場合は「感」「性」などが用いられてきましたが、現代では和語か漢語かにこだわらず、シンプルに「○○さ」を使うのが一般的でしょうか。


便利でシンプル、そうしたものは広く用いられます。「シンプル」のようなカナの外来語につける「シンプルさ」などはすっかり許容されました。

また、名詞でないものを名詞にする機能を拡張したと思われる用法もあります。たとえば「洗練さ」。「洗練」は名詞で形容詞ではありませんが、「洗練された」は英語の形容詞‘sophisticated’の訳語として使われます。この「洗練された」を「名詞化した」のかもしれない「洗練さ」は、あかぬけさせることを意味する名詞「洗練」とは異なり、「あかぬけ(させられ)た程度」を表すらしいのです。「会いたさ」が会いたい程度を表すように。

「○○さ」の広がりに注目してみてもおもしろそうです。

2010-2-7

[]二人にしか出せない世界観 14:03 二人にしか出せない世界観 - 許容される日本語 を含むブックマーク 二人にしか出せない世界観 - 許容される日本語 のブックマークコメント

フィギュアスケート競技大会の放送で、アナウンサーが「二人にしか出せない世界観」と実況していました。これはどうも、そのペア選手でなければ醸し出せない雰囲気のことのようです。「この二人にしか創り出せない世界」なら、やや文学的ながら、誤りではありません。しかし「世界観」となると話は別です。

「【世界観】世界並びに世界における人間の立場に関するまとまった見解。世界及び人生の解釈・評価・意義づけの総体。〈中略〉楽天主義・厭世主義・宿命論・宗教的世界観・道徳的世界観などの立場がある」(広辞苑第二版補訂版)

フィギュアスケーターは「わたしは楽天主義です」「厭世主義です」と示すために演技をするわけではないのですから、その形容に「世界観」を用いるのは誤用でしょう。

ただし、こうした「世界観」の誤用は昨今増えているように思います。従来なら「世界」と表現するところが「世界観」になるのです。

これは若者ことばの「〜感」からの連想でしょうか。「まったり感」「できた感」など、漢語名詞に接尾語のようにつけて「〜の感じ」を表す用法(「解放感」「優越感」など)を和語や用言にまで拡大した使い方です。TVでもよく聞くのですでに一般化した観があります。

そこで気になるのが、この「〜した観」を「〜した感」と平板アクセントで読み一語と捉える人がいるのではないかということです。

「観」(見解)と「感」(感じ)の使い分けが理解されないとなると、漢字・かな・カナを適宜使用することで生まれる日本語文章表現の豊かさが減じてしまうのが残念です。



今週の秘孔:マン・ツーマン(『週刊ベースボール』2.15&22合併号)

……黄子満(ワン・ツーマン。キッコーマンと読んではいけない)? それは『南京路に花吹雪』。長野が木村拓也にバントの個人指導を受けたという記事にあるのでマンツーマン(ちなみに、英語‘man to man’は「率直に」の意。人間同士腹を割って、のようなニュアンス。日本語の意味に近いのはバスケットボールなどの‘man-to-man defence’)のことだろうが、なぜ「・」が入るのか、しかも「マン・ツー・マン」ではなく「マン・ツーマン」なのか。電車の中で吹き出しそうになるほど秘孔を衝かれたため記しておく。