許容される日本語 このページをアンテナに追加 RSSフィード

*当blogより引用する際は出典を明記してください。

2017-3-27

[]正論 21:23 正論 - 許容される日本語 を含むブックマーク 正論 - 許容される日本語 のブックマークコメント

SNSが発達し、TV番組に視聴者のツイートが表示されるようになりました。

世界的にポピュリズムが擡頭するなか、「自国第一主義は正論」とのツイートをよくみかけます。公共電波にのせるからには、稀少な意見ではなく、同様の投稿が一定数存在すると思われます。

そこで気になるのが、「正論」とは「道理の正しい議論」(広辞苑第二版補訂版)の意だということです。

「道理」とは「1 物事のそうあるべき理義。すじみち。ことわり。2 人の行うべき正しい道。道義〈後略〉」(同)です。「理義」は「道理と正義と」(同)。

つまり「正論」は、理想や正義や「人の行うべき正しい道」に適う議論であって、悲しいかな、「本音」よりも「建前」である場合が多数を占めます。

今や、自国の利益のためなら国際協調に背を向けるのもやむなし、との姿勢が「人の行うべき正しい道」なのでしょうか。

小説「蜘蛛の糸」や三尺箸の説話など、「自分さえよければ」の「本音」よりも、「建前」ととらえがちな利他主義こそが幸福をもたらすと教えられてきたのですが。近江商人の「三方よし」が世間の話題になったのも、何十年も昔のことではなかったような。








昨年の米国大統領選挙中、ヒラリー・クリントン候補が、ドナルド・トランプ候補の支持者の半数は人種差別主義者などの「嘆かわしい(deplorable)人々」だと発言して激しい反撥を買いました。落選の一因になったともいわれるこの発言は、米国市民の大半にとって人権の尊重は「常識」だと、naiveにも考えてしまったために為されたのかもしれません。

社会に弱者を支援する義務などない。自己責任でやれ。

しばらく前ならとても公言できなかった「本音」の許容度が、かなり高まっているようです。

セイフティネットのない社会は不安定化し、安全、経済公衆衛生社会保障制度等々さまざまな面でリスクが増大する。要支援者を納税者に変えるための資金は費用でなく投資。全員が長い箸で卓の反対側の人に食べさせればみなが幸福。道理を説いても「建前」とはねつけられるでしょうか。

人権や博愛の意義が共有されなくなりつつある現在、十年前、二十年前の「良識」を「常識」とおもいこまず、「本音第一主義者」に届くことばを探す必要がありそうです。

2017-2-19

[]固定概念(固定観念/既成概念) 23:45 固定概念(固定観念/既成概念) - 許容される日本語 を含むブックマーク 固定概念(固定観念/既成概念) - 許容される日本語 のブックマークコメント

18日夜のNHK経済フロントライン」の「未来人のコトバ」コーナーに近畿大学広報部長の世耕石弘氏が登場しました。少子化により大学間の競争が激化するなか、まじめでお堅い大学広報の殻を破るため、斬新なPRに挑んだそうです。「固定概念を、ぶっ壊す。」というキャッチコピーの新聞全面広告は、広告関連の賞をいくつも獲得しました。

ただ、わざわざ「既成概念」でなく「固定概念」とした点は、みすごされた可能性もあります。違和感を生じさせて目にとめてもらう、という手法は、「固定概念」に違和感をもたない場合は奏効しないからです(ページをあっさりめくらせない効力は主に、鮪の頭が地を割って屹立する画像が担ったのでしょうが)。


【概念】一 個々の具体物から共通した内容を取り出し、総合して得た〈中略〉もの〈後略〉(新小辞林第二版)

【観念】〈中略〉3〈中略〉思考の対象となる意識の内容・心的形象の総称〈中略〉4 考え。見解(広辞苑第二版補訂版)

「概念」は事物の本質をとらえたもので、客観的普遍的です。人によって異なったり容易に変化したりしない、つまり、そもそも「固定」されているので、通常は「固定概念」のような使い方はしません。「観念」ならば主観的、個別的で、定まったものというわけではないため、「【固定観念】〈中略〉個人の心を常に占めて離れない考え。固着観念」(新潮国語辞典新装改訂版)の熟語もつくれます。

「概念」に、新味のない、硬直した、といったニュアンスを加える場合は、「【既成】既にでき上がっていること」(同)をつけて「既成概念」とするのがふつうです。


漢語直観的に理解するのが難しいことがあります。キャッチコピーなどでなく意図を伝えるための文章では、語義を把握して正確に用いるのが得策です。あやふやな理解のまま使ってしまうと誤解を招きかねません。

たとえば、「固定観念」と「既成概念」は上記のとおり意味が異なりますので、混同しないようにしましょう。




追記。

AXNミステリーでTVシリーズ「シャーロック・ホームズの冒険」字幕版を放送してて、「六つのナポレオン」に「固定概念」て訳語が出てきました。驚いて正典を繰ってみると「固定観念」(「六個のナポレオン」鈴木幸夫訳)でした。念のため、イマジカBSで放送中の吹替版も確認、やはり「固定観念」。fixされたイデーだからって「固定概念」はへんだよね、うん。

2017-1-9

[]今日から仕事始め 22:13 今日から仕事始め - 許容される日本語 を含むブックマーク 今日から仕事始め - 許容される日本語 のブックマークコメント

例年1月4日には「仕事始め」に関連するニュースが放送されます。そのなかの近年おきまりの表現に「今日から仕事始めという方も多いのではないでしょうか」があります。

ただ、格助詞「から」は、「〈前略〉2 (時を示す語について)以後。以来〈後略〉」(広辞苑第二版補訂版)の意です。「仕事始め」は「新年になって始〈ママ〉めて仕事をすること〈後略〉」(同)なので、「今日から仕事始め」では意味が通りません。「仕事始め」は「今日」だけのことで、明日以降の仕事は新年になって初めてではないからです。

論理的に正しい表現としては、「今日が仕事始め」または「今日から仕事」でしょう。


超大国の大統領選挙が偽のニュースに影響を受けた、誤った内容のまとめサイトが運営を停止したなど、昨年は、信頼性の低い情報の氾濫に対する懸念がより具体的な問題として顕れました。記事にニュースソースをすべてリンクする試みなど、情報の信頼性を高める努力がなされているものの、情報に全幅の信頼を置ける世界はなかなか到来しないでしょう。

そうした状況ではせめて、情報をまるのみせず、論理的に筋が通っているか考えるくせをつけたいものです。そのためには、助詞のひとつひとつにまで注意を払い意味が通る表現か確認することもよい訓練となります。論理だてて考えることが自然になれば、仕事や家事や勉強も効率的に行え、時間を有効に使えます。論理的思考を敬遠せず、その有用性に目を向けてはいかがでしょうか。

2016-10-17

[]デマゴーグ/デマゴギー 01:04 デマゴーグ/デマゴギー - 許容される日本語 を含むブックマーク デマゴーグ/デマゴギー - 許容される日本語 のブックマークコメント

北海道日本ハムファイターズが今季のクライマックスシリーズチャンピオンとなりました。

遡って、ファイターズのレギュラーシーズン優勝祝賀会のようすを伝える9月29日付スポーツニッポンの記事には「今夜は生が最高だ〜」――大野奨太選手会長の挨拶なのですが、ほかのスポーツ新聞5紙では「なまら最高」でした。「なまら」といえば、他都府県民の認知度が最も高いであろう北海道方言です。ファイターズ番記者が聞きちがえてはいけません。


さて、これも旧聞に属しますが、安倍晋三首相の国会答弁に「まったくいっていないことをいったかのごとくいうのはこれはデマゴーグなんですよ/あり得ないことをあり得るかのごとくいうのはデマゴーグというんですよ」とありました。

【デマゴーグ】煽動政治家。民衆煽動家。

【デマゴギー】→デマ

【デマ】(デマゴギーの略)1 事実と反する煽動的な宣伝。悪宣伝。2 ためにする噂話。中傷。

広辞苑第二版補訂版)

「まったくいっていないことをいったかのごとくいう」だけで「煽動的な宣伝」「中傷」にあたるのかは疑問のあるところです。また、「デマ」ということばは、隠れて事実と異なる噂を流す場合に用いるのがふつうですから、面と向って発した皮肉のことを表すのに適当とも思えません。

しかも「デマ(デマゴギー)」は物事、「デマゴーグ」は人物です。「それは事実でないからデマだ」どころか「煽動政治家だ」ときめつけられては、質問者の長妻昭衆議院議員(「デマゴーグ」を「煽動政治家」といいかえています)が撤回を求めたのも当然といえます。


北海道の球団を担当する記者なら北海道方言をまちがえない。政治家(政治学科卒業ならなおさら)なら政治用語をまちがえない。

そうした期待がなかなか満たされない今、米国で大統領候補の放言により注目されるファクトチェック(事実確認)が重要です。webのみならずマスコミで流布される情報も、一つだけを鵜呑みにしない習慣をつけましょう。



附記。

「クライマックスシリーズ」って固有名詞だからそう記すしかないんだけど、頂点は日本選手権でしょ、とか、英語圏の男性に近畿グレートリングと同種の冗談の種にされたら厭だなぁ、とか、ほんとは使いたくない。

2016-8-30

[]人は、人から育てられる 20:47 人は、人から育てられる - 許容される日本語 を含むブックマーク 人は、人から育てられる - 許容される日本語 のブックマークコメント


先日、民進党の岡田克也代表が、自身についての蓮舫代表代行の「ほんとうにつまらない男」との発言を受け「妻にいわれればショックを受けるでしょうが」蓮舫氏の冗談だから気にしない旨を語りました。

この会見を扱った記事やニュースの見出しの大半は、妻「に」いわれれば云々。ただし一部は、妻「から」いわれれば、でした。岡田代表が助詞「に」を用いなければ、「から」の見出しがもっと多かったのではないでしょうか。



格助詞「に」と「から」を、広辞苑第二版補訂版は下記のように説明します(用例は省略、「<」以下は引用者補記)。


「に」

1 時を指定する。

2 所・方角を指定する。

3 対象を指定する。

〈中略〉

5 資格を指定する。…として。

6 受身・使役の相手を示す。

7 目的を指定する。イ 行為の目的を示す。ロ 目的地を示す。

8 原因を示す。

9 結果を示す。

10 状態を示す。いわゆる形容動詞の連用形、たとえば「あきらかに」「ゆたかに」などの「に」も、これに相当する。

11 手段・方法を示す。…を用いて。…によって。…をたよって。

〈中略〉

13 比較の基準を示す。…よりは。

14 累増・添加を示す。<「泣きに泣いた」など


「から」

1 (場所を示す語について)出発点や通過する経路を表わす。

2 (時を示す語について)以後。以来。

3 手段を表わす。…で。…によって。

4 原因を表わす。…によって。…のために。

5 理由を表わす。…ゆえ。

6 それを先にする意を表わす。

7 起算のはじめを示す。…ないし。…をはじめとして。

8 以上。うえ。<「千人からの人」など


「に」は近年、意味が一部重なる「から」に置き換えられることが増えました。「から」には「受身・使役の相手を示す」用法はなかったのですが、いまやこの用法でも「から」が優勢かもしれません。

今回の記事タイトルは、公共広告機構(当時)の2008年のキャッチコピーを借りました。2008年にはすでに受身・使役の相手を示す「から」がかなり許容されていたとみられます。2016年現在、「犬○噛まれた」の助詞としてはまだ「に」が選ばれると思われるものの、そのうち「犬から噛まれた」が一般的になるのでしょうか。