Hatena::ブログ(Diary)

国際刑事裁判所ローマ規程 RSSフィード

2007年3月19日、外務省HPに国際刑事裁判所に関するローマ規程の和文が公開されました!(当HPも対訳版として徐々に修正致します)

※上部検索窓で用語の条文全文検索が可能です。

国際刑事裁判所ローマ規程 (国際刑事裁判所に関するローマ規程)
Rome Statute of the International Criminal Court, 17 July 1998



国際刑事裁判所に関するローマ規程 (ICC 条文集) ― 目次 ― 前文 〜 第128条

※ 国際刑事裁判所ローマ規程の手続法 暫定公開中
国際刑事裁判所に関するローマ規程
「手続と証拠の規則」

最新の日本政府ICC批准状況へはこちら
(国際刑事裁判所 資料庫)
前文 ― PREAMBLE
第1条 裁判所 ― Article 1 The Court
第2条 裁判所と国際連合との連携関係 ― Article 2 Relationship of the Court with the United Nations
第3条 裁判所の所在地 ― Article 3 Seat of the Court
第4条 裁判所の法的地位及び権限 ― Article 4 Legal status and powers of the Court
第5条 裁判所の管轄権の範囲内にある犯罪 ― Article 5 Crimes within the jurisdiction of the Court
第6条 集団殺害犯罪 ― Article 6 Genocide
第7条 人道に対する犯罪 ―Article 7 Crimes against humanity
第8条 戦争犯罪 ―Article 8 War crimes
第9条 犯罪の構成要件に関する文書 ―Article 9 Elements of Crimes
第10条 ― Article 10
第11条 時間についての管轄権 ―Article 11 Jurisdiction ratione temporis
第12条 管轄権を行使する前提条件 ―Article 12 Preconditions to the exercise of jurisdiction
第13条 管轄権の行使 ―Article 13 Exercise of jurisdiction
第14条 締約国による事態の付託 ―Article 14 Referral of a situation by a State Party
第15条 検察官 ―Article 15 Prosecutor
第16条 捜査又は訴追の延期 ―Article 16 Deferral of investigation or prosecution
第17条 受理許容性の問題 ―Article 17 Issues of admissibility
第18条 受理許容性についての予備的な決定 ―Article 18 Preliminary rulings regarding admissibility
第19条 裁判所の管轄権又は事件の受理許容性についての異議の申立て ―Article 19 Challenges to the jurisdiction of the Court or the admissibility of a case
第20条 一事不再理 ―Article 20 Ne bis in idem
第21条 適用される法 ―Article 21 Applicable law
第22条 法律なければ犯罪なし ―Article 22 Nullum crimen sine lege
第23条 法律なければ刑罰なし ―Article 23 Nulla poena sine lege
第24条 人的理由に基づく不遡及 ―Article 24 Non-retroactivity ratione personae
第25条 個人の刑事責任 ―Article 25 Individual criminal responsibility
第26条 18歳未満の人に対する管轄権の排除 ―Article 26 Exclusion of jurisdiction over persons under eighteen
第27条 職務資格との非関連性 ―Article 27 Irrelevance of official capacity
第28条 司令官およびその他の上官の責任 ―Article 28 Responsibility of commanders and other superiors
第29条 消滅時効の不適用 ―Article 29 Non-applicability of statute of limitations
第30条 心理要素 ―Article 30 Mental element
第31条 刑事責任を免除する事由 ―Article 31 Grounds for excluding criminal responsibility
第32条 事実の錯誤および法の錯誤―Article 32 Mistake of fact or mistake of law
第33条 上官の命令および法の命令―Article 33 Superior orders and prescription of law
第34条 裁判所の機関―Article 34 Organs of the Court
第35条 裁判官の任務―Article 35 Service of judges
第36条 裁判官の資格、任命および選出 ーArticle 36 Qualifications, nomination and election of judges
第37条 欠員 ―Article 37 Judicial vacancies
第38条 統括部 ―Article 38 The Presidency
第39条 部 ―Article 39 Chambers
第40条 裁判官の独立 ―Article 40 Independence of the judges
第41条 裁判官の回避および除斥 ―Article 41 Excusing and disqualification of judges
第42条 検察官の職務 ―Article 42 The Office of the Prosecutor
第43条 書記局 ―Article 43 The Registry
第44条 職員 ―Article 44 Staff
第45条 宣誓 ―Article 45 Solemn undertaking
第46条 罷免 ―Article 46 Removal from office
第47条 懲戒の措置 ―Article 47 Disciplinary measures
第48条 特権および免責 ―Article 48 Privileges and immunities
第49条 俸給、手当および経費 ―Article 49 Salaries, allowances and expenses
第50条 公用語および作業言語 ―Article 50 Official and working languages
第51条 手続および証拠の規則 ―Article 51 Rules of Procedure and Evidence
第52条 本裁判所の規則 ―Article 52 Regulations of the Court
第53条 捜査の端緒 ―Article 53 Initiation of an investigation
第54条 検察官の捜査に関する義務および権限 ―Article 54 Duties and powers of the Prosecutor with respect to investigations
第55条 捜査中における人の権利 ―Article 55 Rights of persons during an investigation
第56条 唯一の捜査機会に関する予審部の役割 ―Article 56 Role of the Pre-Trial Chamber in relation to a unique investigative opportunity
第57条 予審部の職務および権限 ―Article 57 Functions and powers of the Pre-Trial Chamber
第58条 予審部による逮捕状または召喚状の発付 ―Article 58 Issuance by the Pre-Trial Chamber of a warrant of arrest or a summons to appear
第59条 身体拘束を行なった国における逮捕 ―Article 59 Arrest proceedings in the custodial State
第60条 本裁判所への冒頭手続 ―Article 60 Initial proceedings before the Court
第61条 公判前における嫌疑の確認 ―Article 61 Confirmation of the charges before trial
第62条 公判の場所 ―Article 62 Place of trial
第63条 被告人の出席する公判 ―Article 63 Trial in the presence of the accused
第64条 公判部の職務および権限 ―Article 64 Functions and powers of the Trial Chamber
第65条 有罪の自認の場合における手続 ―Article 65 Proceedings on an admission of guilt
第66条 無罪の推定 ―Article 66 Presumption of innocence
第67条 被告人の権利 ―Article 67 Rights of the accused
第68条 披害者および証人の保譲およびその手続への参加 ―Article 68 Protection of the victims and witnesses and their participation in the proceedings
第69条 証拠 ―Article 69 Evidence
第70条 裁判の運営に対する犯罪 ―Article 70 Offences against the administration of justice
第71条 本裁判所における非行に対する制裁 ―Article 71 Sanctions for misconduct before the Court
第72条 国家的安全に関する情報の保護 ―Article 72 Protection of national security information
第73条 第三者の情報または文書 ― Article 73 Third-party information or documents
第74条 判決に関する要件 ― Article 74 Requirements for the decision
第75条 被害者の賠償 ― Article 75 Reparations to victims
第76条 量刑 ― Article 76 Sentencing
第77条 適用しうる刑罰 ― Article 77 Applicable penalties
第78条 量刑の確定 ― Article 78 Determination of the sentence
第79条 信託基金 ― Article 79 Trust Fund
第80条 刑罰および国内法の適用を妨げない ― Article 80 Non-prejudice to national application of penalties and national laws
第81条 無罪判決、有罪判決または量刑に対する上訴 ― Article 81 Appeal against decision of acquittal or conviction or against sentence
第82条 その他の裁判に対する上訴 ― Article 82 Appeal against other decisions
第83条 上訴の手続 ― Article 83 Proceedings on appeal
第84条 有罪判決または量刑の再審 ― Article 84 Revision of conviction or sentence
第85条 逮捕された人または有罪とされた人に対する補償 ― Article 85 Compensation to an arrested or convicted person
第86条 協力の一般的義務 ― Article 86 General obligation to cooperate
第87条 協力の要請―一般規定 ― Article 87 Requests for cooperation: general provisions
第88条 国内法に基づく手続の利用 ― Article 88 Availability of procedures under national law
第89条 裁判所への人の引渡し ― Article 89 Surrender of persons to the Court
第90条 要請の競合 ― Article 90 Competing requests
第91条 逮捕および引渡しの要請の内容 ― Article 91 Contents of request for arrest and surrender
第92条 仮の逮捕 ― Article 92 Provisional
第93条 他の形式における協力 ― Article 93 Other forms of cooperation
第94条 捜査または訴追の継続中であることによる要請の執行の延期 ― Article 94 Postponement of execution of a request in respect of ongoing investigation or prosecution
第95条 許容性の異義に関わる要請の執行の延期 ― Article 95 Postponement of execution of a request in respect of an admissibility challenge
第96条 第93条に基づく他の形態の援助に関する要請の内容 ― Article 96 Contents of request for other forms of assistance under article 93
第97条 協議 ― Article 97 Consultations
第98条 免責の放棄および引渡しへの同意に関する協力 ― Article 98 Cooperation with respect to waiver of immunity and consent to surrender
第99条 第93条および第96条に基づく要請の執行 ― Article 99 Execution of requests under articles 93 and 96
第100条 費用 ― Article 100 Costs
第101条 特定性の原則 ― Article 101 Rule of speciality
第102条 用語の使用 ― Article 102 Use of terms
第103条 拘禁刑の判決の執行における国の役割 ― Article 103 Role of States in enforcement of sentences of imprisonment
第104条 刑執行国の指定の変更 ― Article 104 Change in designation of State of enforcement
第105条 判決の執行 ― Article 105 Enforcement of the sentence
第106条 判決の執行および拘禁刑の条件に対する監督 ― Article 106 Supervision of enforcement of sentences and conditions of imprisonment
第107条 刑期の終了に基づく人の移送 ― Article 107 Transfer of the person upon completion of sentence
第108条 その他の犯罪についての訴追または処罰の制限 ― Article 108 Limitation on the prosecution or punishment of other offences
第109条 罰金および没収の執行 ― Article 109 Enforcement of fines and forfeiture measures concerning reduction of sentence
第110条 刑の軽減に関する本裁判所による再審 ― Article 110 Review by the Court concerning reduction of sentence
第111条 逃亡 ― Article 111 Escapes
第112条 締約国会議 ― Article 112 Assembly of States Parties
第113条 財政に関する規則 ― Article 113 Financial Regulations
第114条 経費の支払 ― Article 114 Payment of expenses
第115条 本裁判所および締約国会議の資金 ― Article 115 Funds of the Court and of the Assembly of States Parties
第116条 任意の寄付 ― Article 116 Voluntary contributions
第117条 予算の割り当て ― Article 117 Assessment of contributions
第118条 年次会計監査 ― Article 118 Annual audit
第119条 紛争の解決 ― Article 119 Settlement of disputes
第120条 留保 ― Article 120 Reservations
第121条 改正 ― Article 121 Amendments
第122条 機構的性質を有する規定の改正 ― Article 122 Amendments to provisions of an institutional nature
第123条 本規程の見直し ― Article 123 Review of the Statute
第124条 経過規定 ― Article 124 Transitional Provision
第125条 署名、批准、受諾、承諾または加入 ― Article 125 Signature, ratification, acceptance, approval or accession
第126条 発効 ― Article 126 Entry into force
第127条 脱退 ― Article 127 Withdrawal
第128条 正文 ― Article 128 Authentic texts

2003/06/07/08/09/10/
2004/01/02/03/04/05/06/07/
2005/11/
2006/05/
2007/03/

 | 

2004-2-23 [第6部 公判] 第68条 披害者および証人の保譲およびその手続への参

[]
第68条 披害者および証人の保譲およびその手続への参加 ―Article 68 Protection of the victims and witnesses and their participation in the proceedings

  )楮枷十蠅蓮被害者および証人の安全、心身の健康、尊厳およびプライバシー保護するのに適切な措置をとらなければならない。この場合、本裁判所は、年齢または第7条第3項に定める性別および健康を含むあらゆる関連する要素を考慮し、かつ、犯罪が性的暴力もしくは性別による暴力または子どもに対する暴力を含む場合において特に、犯罪の性質を考慮しなければならない。

ただし、犯罪の性質を考慮することは、上述の場合に限られない。検察官は、とりわけこのような犯罪の捜査および訴追において、保護的な措置をとらなければならない。これらの措置は、被告人の権利および公正かつ公平な裁判を害するものであってはならず、これと両立しえないものであってはならない。

 ◆‖67条に定める公開の聴聞の原則に対する例外として、本裁判所は、被害者および証人または被告人保護するため、手続の一部を非公開で行ない、または電子的措置またはその他の特別な措置による証拠の提出を許可することができる。特に、性的暴力の被害者または子どもが被害者もしくは証人となっている場合において、別に命令する場合を除き、本裁判所は、とりわけ被害書または証人の見解などのあらゆる事惰を考慮して、別に命令しないときに、これらの措置を実施しなければならない。

  被害者の個人的な利益に影響を及ぼす場合、本裁判所は、本裁判所が適切と決定する手続段階において、かつ、被告人の権利および公正かつ公平な裁判を害するものでなく、これと両立しえないものでない方法において、被害者の見解および懸念を提示し、考慮することを許可しなければならない。このような見解および懸念は、本裁判所が適切と考える場合、手続および証拠の規則に従って、被害者の法定代理人によって提出することができる。

 ぁ“鏗下埔攷猷櫃蓮検察官または本裁判所に対して、第43条第6項に定める、適切な保護的措置、保安設備、カウンセリングおよび援助について、助言することができる。

 ァ)楜程に従った証拠または情報の開示が証人またはその家族の安全を著しく脅かすおそれがある場合、検察官は、裁判の開始前に行なわれた手続の目的のために、このような証拠および情報を撤回し、これに代わって、その要旨を提出することができる。このような措置は、被告人の権利および公正かつ公平な裁判を害するものではなく、これと両立しえないものでない方法で行なわれなければならない。

 Α々颪蓮△修慮務員または代理人の保護および機密情報または取扱いに注意を要する情報の保護に関して、必要とされる措置を求めることができる。

1. The Court shall take appropriate measures to protect the safety, physical and psychological well-being, dignity and privacy of victims and witnesses. In so doing, the Court shall have regard to all relevant factors, including age, gender as defined in article 7, paragraph 3, and health, and the nature of the crime, in particular, but not limited to, where the crime involves sexual or gender violence or violence against children. The Prosecutor shall take such measures particularly during the investigation and prosecution of such crimes. These measures shall not be prejudicial to or inconsistent with the rights of the accused and a fair and impartial trial.

2. As an exception to the principle of public hearings provided for in article 67, the Chambers of the Court may, to protect victims and witnesses or an accused, conduct any part of the proceedings in camera or allow the presentation of evidence by electronic or other special means. In particular, such measures shall be implemented in the case of a victim of sexual violence or a child who is a victim or a witness, unless otherwise ordered by the Court, having regard to all the circumstances, particularly the views of the victim or witness.

3. Where the personal interests of the victims are affected, the Court shall permit their views and concerns to be presented and considered at stages of the proceedings determined to be appropriate by the Court and in a manner which is not prejudicial to or inconsistent with the rights of the accused and a fair and impartial trial. Such views and concerns may be presented by the legal representatives of the victims where the Court considers it appropriate, in accordance with the Rules of Procedure and Evidence.

4. The Victims and Witnesses Unit may advise the Prosecutor and the Court on appropriate protective measures, security arrangements, counselling and assistance as referred to in article 43, paragraph 6.

5. Where the disclosure of evidence or information pursuant to this Statute may lead to the grave endangerment of the security of a witness or his or her family, the Prosecutor may, for the purposes of any proceedings conducted prior to the commencement of the trial, withhold such evidence or information and instead submit a summary thereof. Such measures shall be exercised in a manner which is not prejudicial to or inconsistent with the rights of the accused and a fair and impartial trial.

6. A State may make an application for necessary measures to be taken in respect of the protection of its servants or agents and the protection of confidential or sensitive information.
 | 
*ICC研究会・・・国際刑事裁判所規程を研究する民間のワーキング・グループ。代表は、新倉修教授(青山学院大学法科大学院) 。この翻訳は、ICC研究会訳として発表したもの(國學院法学37巻2号(1999年).4号【2000年】)に東澤靖弁護士の助言を得て、新倉修教授の文責にて改訂を施したものである。

本HPにおける翻訳文掲載につき、著作権者より承諾済みです。
本HPの転載等は下記 mail addressまでご連絡下さい。

◆お断り(平成17年11月12日)◆ 
7, 25, 36, 39, 41, 53, 54, 57, 58, 60, 89-91, 93-96, 101, 103, 106, 109, 112, 123, 128条の和訳をマイナーチェンジ致しました。

Copyright (C) 2004 kazuma_002 All rights reserved.
mail to : kazuma_002@yahoo.co.jp
since 17 July 2004

忍者ツールズ since 03Dec.2005