ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

和人のお仕事&俳句日記

2008-10-23 そば屋 翁

kazuto03282008-10-23

そば屋 翁

月曜日に食べたばかりだが、また食べたくなった。今度はゆっくり日本酒の熱燗など飲みながら。不思議なものだ。その時は、ただ美味しいとおもっていただけなのに。プロの味なんだろうか?もう一度味わってみたい。

写真は、ご招待していただいた取引先のオーナーが、高橋邦弘氏のサインを貰ってくれていたもの。

日経平均株価・為替

日付 始値 高値 安値 現在値 前日比

23日 8,547.79 8,547.79 8,016.61 8,460.98( 終値) ▼ −213.71

円相場(1ドル=円)

日付 時間 相場 前日比

23日 18:09 97.66-97.70 ▼ −1.63 (円高)

円相場(1ユーロ=円)

日付 時間 相場 前日比

23日 18:09 125.26-125.30 ▼ −2.48 (円高)

NIKKEI netから取ったもの。

一時8000円を割るかもしれないと言う展開。ダウも大幅に下げたし、展開が読めない。株式銘柄など、これでもかと言うほど安い。特に不動産株。為替も大幅な円高。ユーロ安が止まらない。ユーロ建ての債権・投信も大幅に値下がり。韓国など産業構造的な問題がある国の通貨下落もひどい。世界同時不況の様相。分散投資も、これではどうしようもない。

俳句

大阪の俳句仲間の青山岬さんの句が、とても評価されていた。銀化作品を読むという10周年企画にて、大石悦子氏、小川軽舟氏、寺井谷子氏がそれぞれ取り上げて激賞されていた。

かはほりや親に呼ばれぬ子がひとり   岬

*かはほり〜蝙蝠(季語:夏)

切なくなってくるような句。私のように鍵っ子の時代を経験した人間にとっては特に。句会で出句されれば、一番にとって◎だったろう。

遺言に献体とあり星月夜  和人

俳句仲間のご母堂、生前に献体の手続きをされていたとのお話。生き様とともに死に様の大切さを考えさせられる。

ブログランキングに参加しています。↓をクリックの上、投票(VOTE)よろしくお願いいたします。

   http://jobranking.net/6/ranklink.cgi?id=kazuto55

厨 2008/10/23 22:31        たしかにあれは冬の夜の
       フェスティバルホールのステージを
       観終えた後の喫茶店
       越路吹雪のワンマンショー
       あなたと最後の夜でした

       絣のもんぺの囲炉裏端
       長顎流し目付け睫毛
       背中でふんと息巻いて
       背中で男を歯牙にかけ
       それから「誰もいない海」

       ピアノの上に頬杖付いて
       軽く夫の肩を撫で
       ライトを向いて歌いだす
       「愛の賛歌」「けせらせら」
       「ラストダンスを私に」

       中でも忘れえぬ人の
       あなたにだけは聞かせたく
       今宵も歌を歌いませんか
       越路吹雪の「ろくでなし」
       私を思い出すために

        コーチャン・厨

忍 2008/10/23 23:07 母の口癖なんです。
あなたをコーチャンのワンマンショーに連れて行けなかったわねぇ。
というのが。

編集子編集子 2008/10/24 08:35 10周年お疲れ様でした。そして、写真ありがとうございました。

kazuto0328kazuto0328 2008/10/24 10:11 厨様

確か、ニッセイ劇場だったと思いますがステージを拝見。あの声があの雰囲気が。昭和のあるジャンルでのトップシンガーだったのは間違い無いと思います。
私はシャンソンは不得手なのですがそれでもです。

忍様

素敵なお母様ですこと。きっとあのステージの感動が忘れられないのです。相槌をお忘れなきよう。

編集子様

ご丁寧に。編集委員の方々の写真しかありませんでしたが、ご配布くださいませ。