Hatena::ブログ(Diary)

SPOTLIGHT Kids 〜 Respect for ”M”〜

2004 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 |
2012 | 03 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |

12.10.31(Wed)

[]キッズと私〜episode.5 -Growing Up〜

最近、巷では料理ができる男子が、やたらと持てはやされているようですね。

そんな時流に乗るわけではありませんが、じつはこのごろ私も料理に凝りだした料理男子のかずみち・・・じゃなくて、かずゆきです(笑)


いや、結婚して環境がガラッと変わり、必要に迫られて料理を始めたわけですが、やってみると意外とできる自分にも驚きつつ、今では料理の腕もレベルアップし、週末の食事担当をやるまでになりました。

まぁ、レベルアップしたと言っても、冒険に出た当初スライムを倒すのに2,3ターンかかっていたのが、銅のつるぎを装備して一撃で倒せるようになった程度ですけど(笑)


というわけで、これまでに作った料理をドン!と一部公開。



f:id:kazuyuki:20110820205008j:image

f:id:kazuyuki:20111211200204j:image

f:id:kazuyuki:20111223190128j:image

f:id:kazuyuki:20120225205039j:image


しかし、それまで独り暮らししてた頃は、料理なんて全くしたコトもなかったのに、これだけできるようになったのも、やっぱり立場が人を育てると言いますか、否応なく実践の場に放り込まれると、初めは何も出来なくても身につくようになるし、成長するのも早いんだねと実感しました。



それは、あの時デビューした、あの子たちと同じように・・・



続きを読む

12.09.30(Sun)

[]キッズと私〜episode.4 -Turning Point〜

はてなリングが10月1日をもって終了とのお知らせが届きましたが、こう見えても私自身、やじかんリングの管理人をやっておりました、かずゆきです。

思えば、舞美ちゃんLOVEな栞菜ちゃんと、それを優しく包み込んでくれる舞美ちゃんが大スキで、そんな二人がE-CHA E-CHAするのを応援したくてこのリングに参加したのですが、前任者が辞められるのにしたがい、私が後を引き継ぎました。

しかしながら、その後はこのリングを有効活用できず、盛り上がりに欠けてしまったのは私の不徳の致すところなのですが、リングの発展につなげられずにこのまま終わってしまうのは非常に残念な思いです。

でも。。リングが終わっても応援は続けられますし、今では互いに別々の道を歩みだしていますが、いつの日にか、また二人が笑って一緒にいられる日が来ればいいな・・・なんてなコトを願っております。


続きを読む

12.08.31(Fri)

[]キッズと私〜episode.3 -動き出した運命の歯車〜

現・モーニング娘。メンバーの顔と名前がほとんど一致しない、元モーヲタ・かずゆきです。

特に、9期・10期と呼ばれるメンバーは、私がヲタ卒する前後の時期だったと思いますので、顔や名前すら思い浮かばないというような有様でして・・・言い換えれば、私の一般人化も順調に進んできている証明とも言えますが(苦笑)

しかし、今でも偶に自分のアンテナに登録されているサイトさんを巡回する事があるのですが、9期・10期メンバーのコトを書かれてあるサイトさんは軒並み皆さん楽しそうで。

これは昔、私が娘。さんに興味を持ち始めた頃によく似ているなぁと思います。

例えるなら、外で何やっているんだろう?と天岩戸を開きたくなった天照大神のような心境で、先達ヲタさんの楽しさに溢れた魅力的なサイトを開いてしまうウチに、自分もどんどんとヲタの世界に足を踏み入れていったという(ノ∀`)

でも、それはヲタさん自身が楽しんでいるってコトだし、それに界隈に活気が出てきて、尚且つそれが新規のファンを獲得するコトにも繋がると思うから、これって良い傾向だなって思います。


今回はこんな私が、まだ娘。さんに必死だった頃のお話です。



続きを読む