Hatena::ブログ(Diary)

独舌’83

2013-07-07 無題。

[] 無題。 22:56

久しぶりにかなり落ちてる。



けど、そんな時はとりあえず食べる。



食べなくていいやぁってなるのが、最初サインだってわかってるから



食べなくていいやぁって思いを掻き消して食べる。



ラインフェイスブックツイッターミクシィも、どこにも思いを吐き出せない。



欲しいのは心配とか慰めとかフォローとかじゃない。



それでここで吐いてるのはなんでかって。



それでもどこかで吐きたくて。



吐きたくて。



吐きたくて。

小林小林 2013/12/30 20:31 けいちゃん、お久しぶりです。
お元気ですか?
私は相変わらずです。
30歳になるというのに、相変わらずなのです(笑)
最近、やっと自宅にインターネットをつなぎました。
これからは、けいちゃんのHPにも、ちょくちょく顔を出すつもりなので、宜しくお願いします。

2013-06-23 無題。

[] 無題。 23:42


あれもこれも欲しいのに

何もなくてもよくて



あっちにもこっちにも行きたいのに

どこへも行けなくてもよくて



やりたいことはたくさんあるのに

今すぐ死んでもよくて



死神さーん

僕はあなたの広い庭で

放し飼いされているだけで

いつもあなたに餌をもらっては

生きてしまっているでしょう













自分の心と向き合えない。

2013-04-07 風の強い朝は。

[] 風の強い朝は。 22:42


風の強い朝は

いつもあの島を思い出す

熱せられる前の気配を帯びた冷めた潮風を

すくえそうですくえないその匂い

どこかで探してしま



私自身が心から求めている場所を思い出す

その深さを痛いほど感じる

私はできる限りの遠回りをして

いつかその場所に帰るまでの

長い道程を辿っている



いつかその場所に帰ることを

私は知っているから

風に震える胸を

引き裂かれそうなその思いを

抱きしめて

記憶未来へ繋がっていく

2013-04-06 失調について。

[] 失調について。 21:21

心が壊れることで体が壊れることを目の当たりにしている。




胃潰瘍とかストレス性の湿疹とか、精神的ダメージが表面的に体に現れることはよくある。

また、不眠や鬱、過食症拒食症等になることもある。



私の場合心が重くなると、食べれなくなり眠れなくなり鬱状態になる。

つまり生きていく為に基本的に必要なことを体が拒否する。




今の職場に来てから精神的疾患がその人の全人生を壊すことを目の当たりにしている。

彼女たちは外的要因か内的要因か、自分の心の負荷に耐えきれなくなり体に失調をきたした。

それは自律神経失調症と呼ばれることもあれば、病院たらい回しにされた揚句、原因不明の失調症と結論付けられたりした。

どれだけの負荷が彼女たちを壊したのか、私には計れない。

しかし彼女たちはもう二度と自分を取り戻せないほどに壊れてしまったのだ。

幻覚・幻聴乖離・退行・四肢のコントロール失調・パニック中毒症・脳梗塞・がん

彼女たちは怒涛の如く襲いかかるそれらに、体を細くして耐えている。

耐えようとする意思すら明確に持ち続けられないまま、絶えざるを得なく耐えている。



彼女たちは目の前に起きることに、過敏なまでに感じ反応する。

感情をコントロールできないまま、表面に現れる。




私は彼女たちを治すことも守ることもできない。

ただ、生きていく為の手伝いをしている。






私は強くもなければ弱くもない。

自分の中に眠る爆弾直視できないまま日々をやり過ごしている。

ただ、壊れたくはないと思っている。

心のコントロールも体のコントロールも失ってもなお、人は生きなければならない。

生かされてしまう。

から私は私自身を失いたくない。

けれど今はまだ眠る爆弾と向き合うことはできない。

今はまだ、爆弾の解除法の見通しが全く見えない。

それがいつか見えるまで、私はそれを眠らせたまま、自分を壊さないように保っていく。





人はそう簡単には壊れない。

けれど簡単に、取り戻せないほどに、壊れてしまう。




どうか、壊れないで。

2013-03-31 自由形をゆっくり長く泳ぐ方法。

[] 自由形ゆっくり長く泳ぐ方法22:58




仕事終わりに、久しぶりにプールへ泳ぎに行った。

日曜日の夜のプールは空いていて、1コースを一人か二人で使うことができ、のんびりした雰囲気

そこで同じコースで泳いでいたおじさんに話しかけられ、最初は話長いなぁとか思ってたけど、話していたら泳ぎ方についていろいろアドバイスしてくれて為になった。



自由形ゆっくり長く泳ぐためには、できるだけ力を使わずリラックスして泳ぐことが大事

私の場合一呼吸につき4回漕ぐ(左右2回ずつ)。

一度腕を伸ばすごとに、伸ばしたそのさらに先にあるものに手を伸ばす感じで、ゆっくりした回転を心がける。

水を漕ぐときは、体の脇に水を流すようにまっすぐ、自分の肩幅より内側に腕が入らないようにゆっくり水を掻く。体がぶれないように、できたらコースの中心線の上を泳いで意識する。

息継ぎ時は左腕(顔をあげる反対側の腕)を伸ばすことを意識し、その間にゆっくり息を吸う。

そして息継ぎ時以外は、ゆっくり息を吐き続ける。



以上のことを意識すると、力を使わないせいか、一呼吸に4回漕いでも息があがらない。

そして腕も足も疲れない。

自分のペースで泳ぎ続けることが重要だが、リラックス状態で泳ぎつづけることができ、1時間くらいは泳ぎつづけることができそうな気がする。

今日は30分で1000m、まったく息が上がることなく泳ぎつづけることができた。

これが筋トレなどのトレーニングになるかどうかは別問題かもしれないが、有酸素運動にはなると思う。


泳いでいる時は走っている時以上に何も考えられなくて、いい。

多分それだけ頭と体を使っていて余裕がないんだと思う。

今日フォームに集中するあまり、距離の記憶が途中飛んでしまったけど、それはそれで良いことだと思う。

今日はだいたい2時間で3000m以上は泳いだかな。

泳ぐのってやっぱり気持ちがいい、と再認識したのでした。。