ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

イヤーマフ・耳栓 完全マスター このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-02-11

イヤーマフの選び方

イヤーマフは、日本語でいうところの耳当てです。

寒さをしのぐ為のイヤーマフも存在しますが、今回は、防音・遮音のために使うイヤーマフの選び方をお話したいと思います。


最高の遮音性能を持ち、装着感のいいイヤーマフ



3M(Peltor) イヤーマフ X5A


最強のイヤーマフが欲しいという方におすすめの機種。

遮音性能を示すNRRは、31とトップレベル。

カップ内部も大きく、カナル型イヤホンとの併用も行いやすい。

ワイヤーヘッドバンドは、絶縁となっており、電気的な危険を減らす仕様。

欠点は、重量355g。カップが大きいという点。



では、次に遮音性能は少しおちるが、重さの軽いものを紹介。




3M(PELTOR) イヤーマフ X3A


X5Aは、遮音性能にすぐれているが、カップがでかく、重さも重い。

よって、もう少し、小さめで軽めのものをとなると、X3A。

遮音性能の目安であるNRRは28。

重さは、245g。

ワイヤーヘッドバンドは絶縁仕様。

日本では、まだ知られていない機種ではあるが、Amazon.co.jpでも取り扱いがはじまったので、これから、人気が出てくると思われる。



楽天市場での評価


Amazon.com でも高評価



続いて、3M(PELTOR)Xシリーズで一番重さが軽いものを紹介。


3M (Peltor)X1A


楽天市場での評価 の高い商品です。


聴覚過敏の子供さん用に購入されている方が多い商品です。

屋外で使う際、電気絶縁のヘッドバンドなので、心配が少なくなります。


今回、3機種を取り上げました。

最強遮音性能の3M(Peltor) X5A 、遮音性能は、ある程度欲しいが、重さとカップの厚みもほどほどに 3M(PELTOR)X3A

軽量の3M (Peltor)X1A


ちなみに、おすすめのイヤーマフメーカーは、どこか?

と聞かれたら、3M(Peltor)と答えます。

理由は、大手メーカーの安心感と品質も優れているからです。

3M(Peltor)のxシリーズは、アメリカでの本格的な発売開始が2014年頃と設計年も比較的新しい商品。(3MがついていないPeltorとかHoward Leightとかは、古いものが多い)

よって、はじめて、イヤーマフを購入するならば、3M(PELTOR) Xシリーズ をおすすめします。


追記:2016/12/28

イヤーマフの選び方と実際の装着・体験・本音の話 のページを新しく書いております。

3M イヤーマフXシリーズを中心にどれを選べばいいか説明しています。


商品選択の際に、遮音性能と重さを比較できるページ →

イヤーマフの重さと遮音性能比較

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

Connection: close