ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

イヤーマフ・耳栓 完全マスター このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-01-21

シャープ 空気清浄機 FU-E30-W


シャープ 空気清浄機 FU-E30-W


Amazon.co.jp で、売れ筋の空気清浄機です。

発売は、2014年ですので、旧型機種です。


FU-E30-W の後継機種は、2015年に発売された  FU-F30-W ですが、マイナーチェンジですので、両機種の能力には差がないです。


で価格差が1万円(FU-E30が10,726円、FU-F30が21,480円 1/21現在の価格)です。

どちらを買った方がいいでしょうか?

もちろん、コストパフォーマンスに優れた FU-E30-W です。

ただし、この機種は、PM2.5に対応したフィルターを使用していません


PM2.5対策を考えるなら、






上位機種である上の写真の FU-E51-W がいいでしょう。FU-E51-W は、静電HEPAフィルターを使用していますので、PM2.5対策にもなります




さらに、加湿機能を求めるなら、上の写真のKC-E50W になります。

この機種も、静電HEPAフィルターを採用していますので、PM2.5対策にも適しています

2010-08-19

出張にも持ち歩きたい


プラズマクラスターイオン発生器モバイルタイプ IG-CM1-C ベージュ系

プラズマクラスターイオン発生器モバイルタイプ IG-CM1-C ベージュ系



プラズマクラスターイオンは、浮遊カビ菌やダニのフンや死骸といった浮遊アレル物質を分解除去する。また、付着したタバコの臭いを脱臭する作用もある。メーカー(シャープ)は、その効果について、それぞれ検証を行っている。→ http://www.sharp.co.jp/pcig/feature/#TITLE02

この手の商品は使用者によって、効果があったように感じるか、ないように感じるかが分かれる。レビューをしっかり読み、信用できるレビュアーの意見を参考にするといいだろう。




SHARP プラズマクラスターイオン発生機 1畳タイプ ホワイト系 IG-B20-W


筆者は、写真のIG-B20-Wをいろいろな部屋に持ち歩いたり、車の中で使用したりしている。が、そのような使い方だと、新製品IG-CM1-C が向いている。

個人的な感想だが、プラズマクラスターイオン発生機を使っていると、自分の周りの空気がさわやかに感じる。いつもさわやかでいたいから、24時間使っている。しかし、出張の時は、持ち歩いていなかった。IG-B20-Wですら、質量が370gあるのだ。今度のIG-CM1-Cは、手のひらサイズで、約150gの軽量ボディ。カバンどころか、ポケットにも収まる。出張の際の強い味方となるであろう。

間違ってほしくないのだが、プラズマクラスターイオン発生機にほこりを取るといった機能はない。こまめに掃除をした上で、この手の商品を使うと、効果を実感しやすくなるであろう。

2010-08-09

室内干しの救世主 プラズマクラスター

SHARP 高濃度プラズマクラスター搭載 イオン発生機 ポータブルタイプ ホワイト系 IG-C20-W



SHARP 高濃度プラズマクラスター搭載 イオン発生機 ポータブルタイプ ホワイト系 IG-C20-W




洗濯物は、なるべく、外に干すのがいいのは、わかっているのだが、雨が続く日には、室内干しとなってしまう。

室内干しをすると、どうしても臭いが気になるので、扇風機などを使って、洗濯物に風をあてるようにしている。


写真のプラズマクラスター発生器 IG-C20-W も室内干しには大活躍。

扇風機と併用すると、洗濯物の気になる臭いは、ほとんどなくなったようです。


※ちなみに IG-B20-W は、一つ前のモデル。

デスクトップルーパーが付属しない点が IG-C20-W と異なる。