ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

イヤーマフ・耳栓 完全マスター このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-12-02

子ども用とは書いていないが、子ども用イヤーマフ




3M Peltor Optime 95 ノイズリダクション イヤーマフ (H6)


色目に落ち着いた感じで、購入してみた。大人でも使えるかと思ったが、イヤーカップの根元の部分に接続されているワイヤーは、あまり伸びないので、ヘッドバンドが頭にあたる。

これは、大人が使う場合は、頭が小さい人向け。

子供だと、5歳くらいから使われているようだ。

この3M Peltor Optime 95 の楽天市場での評価とレビュー(アマゾンよりレビュー数が多く、参考になる)




PELTOR 3M(スリーエム) 防音用イヤーマフ H510A-401-GU


これも上のイヤーマフとほぼ同じ大きさ、カップの色が黄色で光沢仕様となっている。

普通の大人が使うには、きつい。 5歳くらいからの子供向け。


H510A も 楽天市場の評価とレビュー の件数が多く、購入検討の際の参考になる。

2016-06-04

子供用イヤーマフのおすすめ 2016



3M PELTOR イヤーマフ ヘッドバンドタイプ X1A(国内正規品)


以前の記事 で、この商品をおすすめとしたのだが、日本では、正式な発売はなく、海外からの並行輸入品を入手するしかなかった。


が、現在では、国内正規品を入手することができるようになった。


国内正規品は、海外並行輸入品と比べると保証の問題、取説の日本語表記など購入しようと思っている方の不安を取り除いてくれる。

はじめて、イヤーマフを購入するのであれば、国内正規品がおすすめだ。


さて、上の写真のイヤーマフであるが、防音性能はあまりたいしたことがない。


しかし、カップの程よい大きさと、軽量さで、外でも使いやすいのである。


また、イヤーカップとヘッドバンドをつなぐワイヤーは、絶縁仕様となっている為、落雷などの危険性も減らすことが出来る。


品質は、スリーエム(3M)なので、安心だ。


AMAZONは、レビュー数が少ないので、楽天市場のレビューと評価 も参考に。

2015-09-26

子ども用イヤーマフのおすすめ

今回は、子供用(小学生向け)イヤーマフのおすすめを紹介する。



3M(Peltor) イヤーマフ X1


イヤーマフ(防音用)と言っても、非常に種類があります。

はじめて、イヤーマフを使う人が気にしなくてはならないことがあります。

それは、イヤーマフの重さとイヤーカップの厚みです。


イヤーマフの重さというのは、重要です。

遮音性能の高いイヤーマフほど、重さが重くなっていきます。 → イヤーマフの重さ比較のページ


重すぎると、首がこって、長時間、使えないのです。

聴覚過敏の子どもさんは、長時間、使う場合が多いと思われます。

ですから、重すぎるイヤーマフは、ダメなのです。


後は、カップの厚みですね。

同じように、厚すぎると、見た目も目立ちますし、狭い部屋の中だと、慣れないうちは、ぶつかったりします。


で、その辺をクリアしているのが、上の3M(Peltor)のX1です。

このイヤーマフは、3Mが作ったイヤーマフなので、ものとしても優秀です。

また、絶縁仕様となっているので、金属が使われているイヤーマフよりも外で使う時などは、安心です。


1つだけ、欠点というほどではないのですが、折りたたみは出来ません。

ところで、この商品、アメリカで発売されて2年ほどなのですが、日本では、正式に発売されてません。


いい商品なのだから、日本でも正式に販売してほしいですね。


※2016/6/4 追記

このイヤーマフ 3M X1Aが アマゾン にて国内正規品が販売開始されております。

国内正規品は、取説が日本語表記であることと、サポートも3Mジャパン(もしくは、販売店)となるので、安心してご購入いただけます。


参照:2016/6/4 記事 子供用イヤーマフのおすすめ 2016

2015-07-26

AUS Banz ベビー用防音イヤーマフ バンズ ベビーピンク



AUS Banz ベビー用防音イヤーマフ バンズ ベビーピンク



ベビーサイズのイヤーマフ。BanZの公式サイト によると、対象年齢は、3ヶ月〜2歳まで。本体の重さは、140g。


キッズ用に比べて、締め付け感が少ないように作られている。


色のバリエーションは、上の写真のベビーピンクの他に、ベビーブルーベビーグリーンベビーパープルベビージオ がある。



BanZ(バンズ)は、オーストラリアに本部があり、ベビー用の紫外線カット機能にすぐれたサングラスを発売したことで有名になった会社。(オーストラリアは、紫外線が非常に多いのだが、大人用のサングラスしかなかったのだ。)今では、このベビー用サングラスは、世界50カ国以上で発売されている。



BanZ では、キッズ用のイヤーマフも発売している。こちらの対象年齢は、2歳以上。本体の重さは、190g。



Banz キッズ用 防音イヤーマフ バンズ ジオ


キッズ用のイヤーマフは、ヘッドバンドとイヤーカップをつなぐ部分が金属となっている。


アマゾンの商品ページでは、ベビーサイズとキッズサイズのイヤーマフが同じページで紹介されていますので、購入の際には、注意しましょう。