ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

イヤーマフ・耳栓 完全マスター このページをアンテナに追加 RSSフィード

2112-07-07

耳栓まとめ

1、騒音に対するお手軽で低コストのツールは、耳栓である。









2、耳栓の購入先は、ドラッグストア、100円ショップ、ホームセンター、東急ハンズなどいろいろあるが、遮音性能の高いものをいろいろ試したい場合は、通販のお試しセットがベスト。




3、最強遮音性能は、MOLDEX(モルデックス)のCamo(カモ)だといわれているが、少し固めなので、装着感がよく、遮音性能も高い Spark(スパーク)やPura-Fit(ピュラフィット)の人気も高い。




Camo(カモ)

SPARK(スパーク)

PURAFIT( ピュラフィット)



4、耳栓だけでもの足りない場合は、イヤーマフとの併用をすれば遮音効果は高まる。

おすすめのイヤーマフは、3M(ペルター)のXシリーズ。




3M PELTOR イヤーマフ X5A 国内正規品


上のX5Aは、Xシリーズの中でも遮音性能が最も高い商品。ただ、カップが厚いのと重さが結構あるので、遮音性能ある程度、ほしいけれども、少しスリムなのがいいという人は、




3M PELTOR イヤーマフ X4A 国内正規品


なんかがいいのではないだろうか?


参考ページ: 3M Xシリーズの重さとカップの厚みの比較が分かるページ


3M(ペルター)のXシリーズは、遮音性能は高いのだが、その分、側圧(ヘッドバンドが頭を押さえる力)は、強め。側圧が強く感じる人は、ヘッドバンドを少しだけ広げて、使用するようにする。

また、側圧が調整できる防音イヤーマフもある。



ハスクバーナ 防音イヤーマフ



楽天市場 での評価も参考に。



また、音で音を消すマスキングという手法で不要な音を聞こえにくくすることもできる。


マスキングに使う音源は、試聴してみて、自分に合ったものを選択しよう。



マスキング音源(Amazon)


自然音(Amazon)



参考サイト→ 耳栓 イヤーマフ おすすめ 防音対策




ライフハック ブログランキングへ