Hatena::ブログ(Diary)

あらた日誌

2014-03-27

塗装1@8日目

| 21:17

補修もほどほどに色塗り開始。

部屋のコンセプトカラーはホワイトです。今回選んだのはグレーの入ったホワイト。一緒に仕事を進めているリノベーション会社のオススメもあって、サンプルを見せてもらいましたが、なるほど、確かにしっくりします。いわゆる純ホワイトとは違い、かなり落ち着いて見えます。この塗料を壁や天井など、あらゆるところにローラーを使って塗装します。油性塗料なので有機溶剤のかほりに包まれながらのスタートです。

f:id:keaton1203:20140305133558j:image

ベタッと

2014-03-23

左官工事@7日目

| 18:56

解体した後は補修が待っています。

部屋の壁を叩くと、中身の詰まっている壁とそうでない壁があります。前者は仕切り用の壁、後者は構造もしくはモルタルの壁です。仕切り用の壁を解体で撤去した際、一部モルタル壁との間に隙間ができてしまいました。この隙間を埋めるためにモルタル補修が必要です。粉末状のモルタルに水を注いでこねると、パン生地のような硬さと粘りになります。これをコテで補修箇所にかぶせて段差を整えます。作業は単純ですが、隣り合う面と高さが揃わず難儀です。シンプルな作業ですが、奥が深く、うまくいかないからこそ熱中します。結局、残念な補修跡を見た職人さんが手助けしてくれ、それはもう見事に平坦に揃いました。そこで職人さんにコツを尋ねると「重力に逆らわない」とポツリ。腑に落ちるとはこういうことだと思います。重力だけに。f:id:keaton1203:20140301091706j:image

プロ

2014-03-20

キッチン解体@5日目

| 21:57

前回が2日目、今回は5日目の様子と日付が飛んでいますが正常です。

定点観測の写真を振り返って確認すると、間の日付は実に細かい作業(飛び出した釘の排除など)が多く、変化の程度がわかりづらい上に、そもそもカメラの設置位置からでは見えない玄関周辺の作業であったりしていました。というわけで5日目はキッチンの解体です。このキッチン、設置してから10年と経っていないため継続使用が前提でした。しかしながら、解体を進めていくうちに、キッチンのデザインが部屋のイメージと思うように重ならず、オーナーとの相談の上で解体が決まりました。後ほどわかったことですが、キッチンは高い。上を見るととんでもない金額になります。新規キッチンの見積もりにびっくりしましたが、快くOKを出してくれたオーナーに感謝です。

f:id:keaton1203:20140226143608j:image

ウォーリー