Hatena::ブログ(Diary)

Munchener Brucke このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-09-13 安倍内閣前半の異常な時代を忘れてはいけない。

安倍内閣前半の異常な時代を忘れてはいけない。

| 安倍内閣前半の異常な時代を忘れてはいけない。を含むブックマーク 安倍内閣前半の異常な時代を忘れてはいけない。のブックマークコメント

 安倍総理が辞任した。いまとなれば政権末期の迷走ばかりが思い浮かぶが、最初の半年のマスコミや世論の体制翼賛姿勢は脅威であった。そんなこともう忘れている人も多いのか。

 やらせのタウンミーティングで世論を捏造して成立させた改正教育基本法。こんな許せない暴挙にも多くの世論やマスコミは無批判で、現代の諸問題のすべてが教育に起因し教育を変えればよくなるという単純なロジックや、戦後民主主義教育は悪だから変えなければならないという意見に世論の支持が集まった。今でも教育基本法の改正を安倍内閣の成果として挙げる人が多い。

 私に言わせれば、こんなのは悪行であり、成果でも何でもない。百歩譲って成果を認めたとしても、血税を注ぎ込み世論を捏造するような行為は民主主語の死であり、この時点でこの内閣にレッドカードを出すべきものである。私には無批判な世論が脅威であった。

 次に脅威であったのは柳沢前厚労相の「産む機械」発言があった時である。当然この発言に批判が集中したのであるが、やがて柳沢大臣を批判する野党やマスコミが「揚げ足取り」「言葉狩り」と批判され、ブログ界では野党批判・マスコミ批判の方が優勢になってしまった。この時、私はブログ=体制迎合ツールという嫌悪感を抱かずにいられなかった。

 私が雨が降ろうが槍が降ろうが政権を支持する空気が蔓延する風潮に嫌気を指している暇もなく、あっという間に空気が変わってしまった。今となっては嫌悪感を抱いていた過去は遠ざかり、この急激な空気の変化の不可思議の方が気になるが、この嫌悪感がいつでも再現する可能性があることは常に肝に銘じておきたい。

blackdragonblackdragon 2007/09/13 00:25 走り出しが一見順調だっただけに、彼もその側近も、現代の日本人は保守的なのであって、懐古・反動的なのではないということに気づけなかったのが後半の急激な失速につながった気がします。
つまり、日本人の多数は、なんだかんだ言って、戦後レジームの下に生きてきたわけですから、そこから急激に脱却しようなどということは求めていなかったのに、それに全く気づけなかったと。

リベラリストリベラリスト 2007/09/13 02:15 どの国でも、一般的に不況・デフレ局面では排外主義的に、反対に景気過熱・インフレ局面では、革命主義的になる傾向があるように思います。これは、デフレ下では、全員が一斉に貧乏になるため、社会問題の原因を外に求めざるを得ないのに対し、インフレ下では、時流に乗った勝ち組と乗れなかった負け組がはっきりしていて、不公平感の是正、再分配を国内で求め易いからではないかと考えています。

これとは別に、各国には、社会的な危機に陥った際に反射的に身を寄せる固有の主義主張があって、どうも日本の場合それが右翼共同体志向ともいうべきものなのではないかという気がしています。

振り返ってみると、やはり日本はバブル崩壊後の90年代はデフレ局面で右派が急速に力を伸ばしたのに対し、2000年代、小泉時代に入って、一応デフレが収束し、インフレにまでは行かないものの社会的危機からは或る程度脱出したので、右派勢力の力は横ばいに推移したのではないでしょうか。

そしてここ2〜3年、景気の回復が少しずつ社会に広がるに従って序々に右派が退潮気味になりつつあるように思います。

デフレ・インフレと左派・右派の勢力消長との間には当然時間的ギャップがありますから、安倍内閣前半は、或る意味バブル崩壊後のデフレがもたらした最後の政治的影響なのかもしれません。

結局のところ、今後もデフレ→排外主義という一般的傾向と社会的危機における右翼共同体志向という日本の体質が合致した場合には、いつでも安倍内閣前半の異常な時代が再現されるのではないかと思います。

それにしても旧教育基本法は、戦争を体験した人々の痛切な悔悟と深い反省の思いとが見事に反映された優れた法律だったのにそれを改悪するとは何とももったいないことをしました。

aaaaaa 2007/09/13 18:33 教育基本法改正についてよく報じていたのがTBSです。しかし他局に比べよくやったということで、質量ともに足りません。あとテレ朝が改正案成立直前に少しやったくらいで、他は多分取り上げてすらいなかったのではないかと。
新聞も赤旗以外まともに取り上げないしそれでは世論はうごかないでしょう。
しかしなぜ安倍が辞任に追い込まれたかというと、本人以前に取り巻きや支持者や支持マスコミがあまりにもバカ過ぎ、安倍一派に危機感を覚えたのではないかと思います。

testtest 2007/09/13 20:22 自分と意見が違う人間が多数=何らかの誘導がある
同意見が多数=国民の総意
といった書き方はせっかくの興味深い文章の価値を落としてしまうのではないでしょうか?

abcabc 2007/09/13 23:09 自分と世論がずれてると民衆はバカだっていう単純思考はどうかと。

持ち上げといて落とすって視聴率稼ぎのためにマスコミがよくやる手法だと思ってたんだけど。小泉の時だって最初持ち上げまくって真紀子辞任で叩きまくったでしょ。あのときは潰れなかったけどさ。

BBBBBB 2007/09/14 09:39 柳沢さんの「産む機械」発言はその単語だけを取り上げてギャーギャー騒ぐマスコミや野党が多かったから批判されただけです。
発言全体の前後関係で見れば、あえて目くじらを立てるほどのものではありませんでした。
あなたも「単語」にこだわる輩ですか?

タケノコタケノコ 2007/09/15 11:58 kechackさんは、ブログ=体制迎合ツールと感じられたようですが、今の多くのブログは『マスコミ』や『無責任な左派』の言動に対するカウンター的な主張が多く、常に体制に迎合していることはないと思います。
今回の退陣劇についていくつかのブログでは、比較的冷静に受け止められているように感じてました。

kechackkechack 2007/09/15 20:45
blackdragon さん>

>走り出しが一見順調だっただけに、彼もその側近も、現代の日本人は保守的なのであって、懐古・反動的なのではないということに気づけなかったのが後半の急激な失速につながった気がします。

確かに、保守陣営に保守的主張が世論に支持されているという思い込みがありましたね。
小泉時代の靖国参拝支持世論の形成過程は、小泉の熱意と外圧への反発の合力であって、決して靖国神社そのものやその背景にある歴史観が支持された訳ではないのです。

>日本人の多数は、なんだかんだ言って、戦後レジームの下に生きてきたわけですから、そこから急激に脱却しようなどということは求めていなかったのに、それに全く気づけなかったと。

その通りです。戦後民主主義は完全に定着しています。
先ほどの靖国参拝の話を例にしますと、若者は小泉の「参拝は個人の自由」という戦後民主主義の個人主義的価値観に呼応したのです。

リベラリスト さん>

>どの国でも、一般的に不況・デフレ局面では排外主義的に、反対に景気過熱・インフレ局面では、革命主義的になる傾向があるように思います。これは、デフレ下では、全員が一斉に貧乏になるため、社会問題の原因を外に求めざるを得ないのに対し、インフレ下では、時流に乗った勝ち組と乗れなかった負け組がはっきりしていて、不公平感の是正、再分配を国内で求め易いからではないかと考えています。

なるほど。ただ最近の日本はデフレ局面での格差拡大でありましたね。

>社会的な危機に陥った際に反射的に身を寄せる固有の主義主張があって、どうも日本の場合それが右翼共同体志向ともいうべきものなのではないかという気がしています。

日本の共同体主義を「右翼」と呼ぶのは一考が必要ですが、戦後は農村的共同体を基盤とした自民党、農村から都市部に排出された若者を対象とした「労組」や「創価学会」などの新しい共同体が生まれた。つまり55年体制は右から左まで共同体主義で、新自由主義が賛美され「自己責任」という言葉が尊ばれるまではそうであったと思います。

>今後もデフレ→排外主義という一般的傾向と社会的危機における右翼共同体志向という日本の体質が合致した場合には、いつでも安倍内閣前半の異常な時代が再現されるのではないかと思います。

そうですね。昨年の12月が潮目で、低所得者層の不満のはけ口が、中韓やサヨクから財界などに転移したと思います。小泉時代は財界は改革の協力者であり、むしろ労組などが邪魔な抵抗勢力と見做されていたのに…。

>旧教育基本法は、戦争を体験した人々の痛切な悔悟と深い反省の思いとが見事に反映された優れた法律だったのにそれを改悪するとは何とももったいないことをしました。

これはもう元に戻らないでしょうね。福田政権でも、例え民主党が政権を取っても。

aaa さん>

>しかしなぜ安倍が辞任に追い込まれたかというと、本人以前に取り巻きや支持者や支持マスコミがあまりにもバカ過ぎ、安倍一派に危機感を覚えたのではないかと思います。』

バカと言えばバカですね。だいたいイデオロギーに凝り固まった人間というのは左右問わず回りが見えない・というか空気を読むことを「大衆迎合」とレッテルを貼って忌諱する連中ですから、自業自得です。

test さん>

自分と意見が違う人間が多数=何らかの誘導がある。同意見が多数=国民の総意
といった書き方はせっかくの興味深い文章の価値を落としてしまうのではないでしょうか?

どの文脈を指して言っているのですか?

abc さん>

>持ち上げといて落とすって視聴率稼ぎのためにマスコミがよくやる手法だと思ってたんだけど。小泉の時だって最初持ち上げまくって真紀子辞任で叩きまくったでしょ。あのときは潰れなかったけどさ。

これに関してはマスコミは先導的でなく完全に追随者だと思います。人気がある政治家は持ち上げた方が視聴率が上がり、死んだ政治家は叩いたほうが視聴率が上がる。マスコミが世論をリードしているというより、世論に追随しているのだと思いますが。

BBB さん>

>『柳沢さんの「産む機械」発言はその単語だけを取り上げてギャーギャー騒ぐマスコミや野党が多かったから批判されただけです。

マスコミや野党の批判の仕方の稚拙さは感じました。過去の遺物のようなサヨク・フェミ的なロジックは現代では全く通用しないのに…と私も苛立ちを覚えました。私自信も古いサヨクとは一線を画して柳沢大臣を批判するロジックを展開しようと試みましたが、マスコミや野党批判の流れに完全に負けてしまいました。その意味で批判の仕方で負けたと思っています。ただそれで柳沢大臣がまるで免罪されたような結果になったのは腑に落ちない。

>発言全体の前後関係で見れば、あえて目くじらを立てるほどのものではありませんでした。

あれは酷い発言で。目くじら以前の問題。あなたの意見には100%同意しない。
私の知り合いであれば、貴殿の思考を徹底糾弾し論破したいところである。

>あなたも「単語」にこだわる輩ですか?

柳沢発言は「単語」の問題ではない。「文脈」をみてもおかしい。
それに例え単語の問題だとしても、政治化の発言に対し世論が甘すぎる。
小泉以降、本音を語る政治家がかっこいいみたいな風潮が出ており、この風潮はまだ続いているのだが、これが諸悪の根源である。
 悪いけど、今後も批判されようとも「言葉狩り」やらせてもらいますよ!

タケノコ さん>
>kechackさんは、ブログ=体制迎合ツールと感じられたようですが、今の多くのブログは『マスコミ』や『無責任な左派』の言動に対するカウンター的な主張が多く、常に体制に迎合していることはないと思います。

ブログ=体制迎合ツールというのは、まあその主観の感想ですが…

 私は朝日新聞を代表とする左派マスコミや旧来のサヨク批判の時代は昨年くらいで終わったと思っています。もう彼らに影響力はなく、叩き甲斐もなくなっていると思います。
 私は彼らが反新自由主義、反反動保守の中心であるうちは新自由主義や反動保守が栄えるだけだと思っていましたし、旧来左派以外にだいぶ反新自由主義、反反動保守世論が形成されるようになってきました。
 今では、その意味でブログには期待しております。

>今回の退陣劇についていくつかのブログでは、比較的冷静に受け止められているように感じてました。

確かに。かつて熱心に安倍を支持していたいくつかのブログも極めて冷静でしたね。

tenpokokushimusoutenpokokushimusou 2007/10/19 21:25 右翼の異常性と反右翼に対する常軌を逸した思想弾圧については、Yahoo!Japanの知恵袋から、知恵袋内の検索で『異常な右翼社会』とキーワードを打って検索すると、その実態を暴露する質問や回答が数多く見付かります。また『A級戦犯疑惑』で検索すると、日本がなぜこれほど異常な右翼社会になったのかがよくわかります。
  日本の異常な右翼社会の根底にあるのは、第二次世界大戦における天皇、東条英機を頂点とした右翼テロ軍部と、それを裏から支援した財閥、軍閥、貴族などの特権階級が戦後も強い権力を維持し続けた事により、『勝てば官軍、負ければ賊軍』の不条理な競争主義が根強く残った事実である。アメリカGHQも、最初は日本を平和国家に生まれ変わらせようと本気で考えていたが、不幸にして『日本を反共陣営に組み込む』戦略に方向転換し、A級戦犯にも財閥、軍閥、貴族にも罰を与えず、代わりに権力を与えて裏から日本を支配しようと企むようになった。
  そのような日本の実態を多くの若人たちに伝え、日本が政治、経済、社会の全てにおいて誤った道を進んできた事実を理解してもらい、新たに革新的、進歩的、革命的思想によって日本の駆動力を正当な軌道に乗せるのが望ましい。
  また、最悪の右翼政党自民党が崇拝する保守大国アメリカも、明らかに戦争中毒患者のネオコン、軍産複合体、死の商人、石油大資本、キリスト教右派(原理主義派)、CIA、ユダヤ人過激派、WASP過激派、(KKKの残党)などにより国策を誤り、大赤字の衰退国家に転落しつつあります。資本主義の根底にあるのは、欲望と闘争本能に裏打ちされた競争主義であり、そうした野蛮な無計画経済、市場原理至上主義を放置しておくと、このような惨劇となるのです。
  安倍総理はすでに辞任しましたが、『参議院選挙における自民、公明の敗北』に『支持率低迷、脱税疑惑によりA級戦犯疑惑人物の関係者が突然の総理辞任劇』という素晴らしい功績を残したので、歴史にその名を刻んだと考えていいでしょう。
  これから重要なのは、市場原理至上主義の限界、害悪を理性的に見抜き、社会主義、共産主義などの革新的思想を取り入れた『リベラル派』の思考法を大勢の人々が会得する事です。
  では、最後に世界平和を願って……終わります。