Hatena::ブログ(Diary)

Munchener Brucke このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-01-05

ローカル路線バスの旅 第22弾まとめ

ローカル路線バスの旅 第22弾まとめを含むブックマーク ローカル路線バスの旅 第22弾まとめのブックマークコメント

 残念ながら今回も失敗でしたが、秀逸なコース設定だったと思います。

 上田駅午後5時頃にリタイアしてしまいましたが、本当にゴール不可能だったのでしょうか?

上田発1730に菅平の先の渋沢に行くバスがあり、途中の自治センター入口で入軽井沢行きに乗り継ぐことが可能です。

入軽井沢は新地蔵峠を挟んで長野市松代と対峙する場所にあります。ここに1808に到着して峠を越えれば長野市です。ただし峠の向こう側を走るコミュバスはとっくに終わっているので松代高校まで歩く必要があります。松代高校の終バスは2030と比較的遅いのですが、約11?の峠道を2時間22分で走破するのはよほど健脚な人でないとムリ。

 ということでこの案はネタ帳行き。

彼らはどこで挽回不可能になったのか

 逆算すると、最終日横川に泊まればゴール可能であった。ということは最終日安中に泊まらずに、ひたすら横川まで歩けばゴール可能であった。もちろん登り道を20?も歩けと言うのはムリな話。

 それを避けるには高崎駅発1300の松井田支所行きに乗る必要があり、小山経由ではまず無理。古河での選択を間違えたという結論になる。

 ちなみに小山経由でもゴールできる方法は1つだけ見つけたので後述する。

では最速ルートはどうだったのか

 ネット上でいろいろ盛り上がっていますが、@sa_tw1- surprise attack 奇襲 - さんが紹介しているコースが最速と思われます。

桜ヶ丘団地から小諸に向かうコミュバスを見つけられるかが味噌。御代田駅に行くより徒歩距離が減らせる上、始発が早いので早くゴールが出来る。

 バスが遅れたらアウト、現実的に発見不可能等いろいろツッコミはありますが、最速ルートを捕捉しておくことは意味があります。

だいたい事前に調査可能な人が3日でゴール可能にしておかないと、ネット検索禁止の条件で4日でゴールは難しいというのがこれまでの観測なので、最速ルートの調査は重要です

 ちなみに、伊香保・草津経由でもゴール可能で、軽井沢に早く到着できる上、徒歩距離が短い。

伊勢崎市民病院950-1030前橋駅1047-1135渋川1150-1207伊香保1234(上州ゆめぐり号)1407草津温泉1430-1553軽井沢

 ただしその後の接続が悪く、結局追分入口で2泊目となる。

 ちなみに草津温泉で90分後の便でも追分入口まで行けるので、極楽コースだ。ただもし番組で「草津温泉で休もう」なんてことになったら完全な仕込み以外ありえないだろう。

小山経由でもゴールできるコース

 今回は「小山に行った時点でアウト」だったのですが、古河に出ず、八千代町から直接小山を目指せばゴール可能でした。

 古河市と八千代町を結ぶ茨城急行バスの路線は実は結城市のコミュバスと繋がっています。あくまでも火曜日のダイヤで、他の曜日だと少し変わってきますが…

  • 1日目(最速ルートからの続き)

八千代町役場1446-1459諸川1514-1519七五三場1530-1549森石油店(徒歩)鈴成自動車前1651-1710小山駅1740-1756小山西高校(徒歩)栃木駅 宿泊

  • 2日目

栃木駅721-755道の駅みかも(徒歩)佐野新都心1010-1103佐野市民病院1105-1137下彦間明神1331-1346やすらぎハウス(徒歩)足利市役所1556-1629小俣駅入口(徒歩)1805-1850さくらモール 宿泊

 足利から桐生方面に向かった方が、ゴール時間には影響しませんが歩く距離を減らせます。太川さん一行は足利から太田まで歩きますが…

  • 3日目

香林上702-733伊勢崎駅805-830県立女子大845-925高崎駅1105-1222松井田支所(徒歩)横川駅1400-0434軽井沢駅(徒歩)軽井沢病院1548-1619追分入口(徒歩)やまゆり公園1711-1734小諸駅1833-1915上田駅

 やまゆり公園から小諸に向かうコミュバスを発見できるかが味噌

  • 4日目

上田駅830-846上田市民病院858-913ベイシア様前945-1013力石公民館

以下最速ルートに同じ

上田まで行けても、結局追分泊まりと同じになりますが、徒歩がない分いいでしょう

その他ルート

id:Disabled-personさんが藤岡から佐野に抜けるルートを紹介しています。こちらは4日目の午後にゴール可能。

http://d.hatena.ne.jp/Disabled-person/20160102