深呼吸する言葉・名倉シンジ

深呼吸する言葉ネットワーク
 

2018-09-25

深呼吸する言葉

22:01

考え方への同意と行為への同意は分ける。

2018-09-13

深呼吸する言葉

23:46

思い出されるのは、小学生の頃の大気のにおい。

2018-09-10

深呼吸する言葉

12:37

150円増しのエビチャーハンの注文したときの選んだ感。

2018-09-07

深呼吸する言葉

11:22

がんばるがんばれは日常的な祈りの言葉。

2018-09-04

深呼吸する言葉

23:47

甘くないミルクコーヒーと、自分の言葉と向き合う時間。

2018-09-03

深呼吸する言葉

22:55

12Fからのエレベーターの表示が壊れ、57Fから1Fへ加速して降りていく。助かったところで夢から覚める。

2018-08-30

深呼吸する言葉

08:14

生きたい速度と生きる速度のギャップがストレスを生む。

2018-08-29

深呼吸する言葉

06:19

塩味にフォーカスすると、味覚全般にフォーカスされる。

2018-08-22

深呼吸する言葉

19:18

本を買うより、本を読む時間を買う。

2018-08-14

深呼吸する言葉

16:06

同じ手書き入力を何度もしなくていい未来まだ?

2018-08-06

深呼吸する言葉

11:12

取り戻したい日常とはつまり適度な暇時間。

2018-07-21

深呼吸する言葉

22:07

口をつくのは体調のこと。

体調不良は話題も不良にする。本人は気づけない。

2018-07-17

深呼吸する言葉

01:19

段取りを頭から繰り返すのは言葉未然の不安不明の顕れ。

2018-07-16

深呼吸する言葉

18:01

型通りに進めることを修行とし、型を越える時に初めて型を破れ。

2018-07-11

深呼吸する言葉

00:42

玄関にスイカ鎮座。日々いつ食べるか問うけども手付かず。

2018-07-09

深呼吸する言葉

00:54

約束があったのに果たされない。

それに対する感情は怒りじゃなくてもよいのに。

2018-07-08

深呼吸する言葉

08:48

自分のせいじゃない! と言うのに慣れてなくて、人のせいにしきれない。それは優しさか?

2018-07-02

深呼吸する言葉

23:35

窓越しの月から月の匂い。

2015-09-23

深呼吸する言葉

15:30

書くから次が書ける。

言葉をためらうと、言葉が止まる。

2014-08-15

深呼吸する言葉

23:27

ラケットの先までが手になるのではない。

手の根元までがラケットになるのだ。

2014-08-06

深呼吸する言葉

00:01

自己紹介のときの自分の視線の引き込みをやめたい。

2014-06-27

深呼吸する言葉

00:39

慮った賛同が楽なのは最初だけ。

2014-06-14

深呼吸する言葉

08:21

どれどれ、小手先を磨いてみるか。

2014-06-10

深呼吸する言葉

01:23

最後の締めまで力が続かないのは、目的なき方法論に陥っているから。

2014-06-04

深呼吸する言葉

00:54

音をなくすのではなく、ポテンシャルとしての音に変えて聞こえなくする。

ノイズキャンセリングはそれを強制する装置。なんだか寓話的。

2014-06-01

深呼吸する言葉

18:46

分子運動の総体が温度なのに、なぜ巨大な動きに思える風が涼しいのか。

2014-05-31

深呼吸する言葉

10:35

和の音から思い出し匂い。

2014-05-16

深呼吸する言葉

01:42

言葉は解体のツール。

感覚は統合のツール。

2014-05-10

深呼吸する言葉

01:18

膨大な言葉は譜面

再生速度は思考の脈拍。

2013-07-02

深呼吸する言葉

00:35

積極的な感情としての悲しさは、思い通りにならなかったことへの憎しみ。

感情の欠落が、悲しさ。

2013-04-05

深呼吸する言葉

22:19

「古き良き」は、時間が経っても実際よいものへの満足感と、「古き悪しき」を懐かしさとともに許せてしまう満足感でできている。

 
『ドラマで泣いて、人生充実するのか、おまえ。』
著・きつかわゆきお 版・バジリコ