ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

自治体法務の備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

このblogは、自治体改革の凄まじい流れ中で、自治体がその役割を手探りで拡大している状況を、独自条例の制定の動向等の紹介やそれに対する指摘、そしてそこから展開される政策法務論という点からつたない内容を書き留ようという試みです。(平日の更新は深夜のみに行っています。)

過去記事の一覧はこちら。記事ジャンル・掲載日で検索できます。

【自治体法務】のお役立ち本リストをamazon.で掲載しています。

メールはこちら

08/02/12(火)

[]公立保育園出産時の入園予約制度 東京品川区6月から 公立保育園:出産時の入園予約制度 東京・品川区6月からを含むブックマーク 公立保育園:出産時の入園予約制度 東京・品川区6月からのブックマークコメント

 kinkin_kankonさんがご掲載の記事(http://blogs.yahoo.co.jp/kinkin_kankon/32179298.html)から

 東京都品川区は5日、出産時に公立保育園の入園予約ができる制度を6月から始めると発表した。これまで公立保育園は4月に児童数が定員に達し、母親が年度途中に育児休業を終えても入園は難しかった。この制度では、事前予約によって入園の時期を選ぶことができる。区は「全国初の制度と思う」と話している。

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080206k0000m040045000c.html

 「予約」された時期が到来するまで、当該保育園は定数に「遊び」ができてしまう(予約した子どもの入園に際して、入園済みの子どもを追い出すことは事実上できないため)のではないか、と保育行政OB雑談したのですが、品川区には定数に余裕があるのでしょうか。

[][]「保育士資格なくても保育ママ」 児童福祉法改正案の原案判明 「保育士資格なくても保育ママ」 児童福祉法改正案の原案判明を含むブックマーク 「保育士資格なくても保育ママ」 児童福祉法改正案の原案判明のブックマークコメント

 paco_qさんがご掲載の記事(http://d.hatena.ne.jp/paco_q/20080211/1202686807)から

 保育所の待機児童対策として自宅で原則3歳未満の乳幼児を預かる「保育ママ」制度を法制化する児童福祉法改正案の原案が10日、分かった。保育ママ保育所に比べ家庭的な保育ができると評価する声も高まっているが、自治体が国の補助を受けるための資格要件が厳しく数が伸び悩んでいる。このため政府は同法を改正し、保育士看護師に限定されている資格要件を緩和、一定の研修を受講した人を保育ママとして認めるようにする方針だ。3月にも同法の改正案を国会に提出する。

http://sankei.jp.msn.com/life/welfare/080211/wlf0802110110000-n1.htm

 喫緊の課題である保育需要に対処する意図でしょうが、保育ママを原因とする損害は国賠法の対象になるでしょうから、要件の緩和に不安はないのでしょうか。改正の内容が気になります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20080212