自治体法務の備忘録(Old) このページをアンテナに追加 RSSフィード

このblogは、自治体改革の凄まじい流れ中で、自治体がその役割を手探りで拡大している状況を、独自条例の制定の動向等の紹介やそれに対する指摘、そしてそこから展開される政策法務論という点からつたない内容を書き留ようという試みです。(平日の更新は深夜のみに行っています。)

過去記事の一覧はこちら。記事ジャンル・掲載日で検索できます。

【自治体法務】のお役立ち本リストをamazon.で掲載しています。

メールはこちら

15/09/10(木)

[]法学のお作法 法学のお作法を含むブックマーク 法学のお作法のブックマークコメント

法学のお作法

法学のお作法

 元衆議院法政局参事吉田利宏氏の新刊。今回は、「お作法」ど題した初学者向けの解説書です。

 一読して、ああ、私が大学の1年生立った頃にこの本があれば、法律を学び始めるにあたって戸惑いは少なかっただろうなあ、と今の学生や初学者の方を羨ましく思いました。

 全体の構成は3つに分かれ、「法律学習の作法」「法律常識」「法律役割」とそれぞれ標題が付けられています。

 「法律学習の作法」では、法律を学ぶ必要性と、リーガルマインド意味法律用語の初歩的な内容などが解説され、「法律常識」では、法律の種類や制定過程などの説明、「法律役割」では、民法刑法健康保険法などをとりあげて、私たち生活に対する法律の意義や作用について説明されています。

 記述は幅広い内容ですが、吉田さんの語り口に読む苦労はありません。そればかりか、立法の実務に携われたご経験によるトリビアが興味深く。飲み会たまたま隣り合った人が法政局職員である確率は、年末ジャンボ空くじで100万円当たった人である確率より低いとはね。

 法律押し付けられるものでもなく、使われるものでもなく、人生をそして社会を豊かにするために使うものです。

「はしがき」より

 各記述内容には、知識を深めるためのブックガイドもあり、法知識の扉を開くには絶好の良書です。