自治体法務の備忘録(Old) このページをアンテナに追加 RSSフィード

このblogは、自治体改革の凄まじい流れ中で、自治体がその役割を手探りで拡大している状況を、独自条例の制定の動向等の紹介やそれに対する指摘、そしてそこから展開される政策法務論という点からつたない内容を書き留ようという試みです。(平日の更新は深夜のみに行っています。)

過去記事の一覧はこちら。記事ジャンル・掲載日で検索できます。

【自治体法務】のお役立ち本リストをamazon.で掲載しています。

メールはこちら

15/09/26(土)

[]「カジノ型」のデイサービス施設神戸市条例規制「カジノ型」のデイサービス施設、神戸市が条例で規制へを含むブックマーク 「カジノ型」のデイサービス施設、神戸市が条例で規制へのブックマークコメント

 条例規制するのは、「アミューズメント型」「カジノ型」と呼ばれる通所介護の一部。パチンコマージャンカードゲームなどに特化した設備を備え、一日中遊技をさせるような施設。各地で増えており、市内でも設置に向けた動きがあるという。

 神戸市では、遊技を主体とするものは、高齢者の自立を支援する介護保険法趣旨に沿わないと判断

http://www.asahi.com/articles/ASH9S435VH9SPIHB00F.html

 神戸市サイトにおける説明はこちら→http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2015/08/20150811133301.html

 上記記事を紹介してくださった方は、この条例は、先の地域主権改革一括法で条例委任された独自基準に基づくものなのでは、と指摘されてました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20150926/p1