自治体法務の備忘録(Old) このページをアンテナに追加 RSSフィード

このblogは、自治体改革の凄まじい流れ中で、自治体がその役割を手探りで拡大している状況を、独自条例の制定の動向等の紹介やそれに対する指摘、そしてそこから展開される政策法務論という点からつたない内容を書き留ようという試みです。(平日の更新は深夜のみに行っています。)

過去記事の一覧はこちら。記事ジャンル・掲載日で検索できます。

【自治体法務】のお役立ち本リストをamazon.で掲載しています。

メールはこちら

18/02/14(水)

[]「平成」の次、どう表記 ルールなく悩む自治体 「平成」の次、どう表記 ルールなく悩む自治体 - 自治体法務の備忘録(Old) を含むブックマーク 「平成」の次、どう表記 ルールなく悩む自治体 - 自治体法務の備忘録(Old) のブックマークコメント

 新しい元号は今年中にも発表される見通しだが、同課(引用者注:)の担当者は「元号法解釈すると、次の元号施行される19年5月までに作成する文書類では、何年後であっても平成表記することになる」と説明

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201801/0010943378.shtml

 内閣府大臣官房総務課には、全国の自治体から週に1件ほどの問い合わせが寄せられるとのこと。

 行政処分において将来の期限を示すことも少なくありませんが、運転免許証交付でも、直前まで「平成」以外の元号を使うことは、ちょっと考えにくいように思えます。

18/01/15(月)

[]文書作成ワード統一効率化で働き方改革農水省 文書作成、ワードに統一=効率化で働き方改革−農水省 - 自治体法務の備忘録(Old) を含むブックマーク 文書作成、ワードに統一=効率化で働き方改革−農水省 - 自治体法務の備忘録(Old) のブックマークコメント

 農林水産省文書作成ソフトマイクロソフトの「ワード」に統一する方針を決め、1月から順次切り替えを進めている。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018011300400&g=pol

 働き方改革動機になったとのことで、慣例ってやっぱり強いですね。農水省に限らず、省庁から送られてくる文書データ一太郎のものがあります。

 ワード一太郎性格の違いについては、拙blog過去記述したことがあります。

詳しい方によれば、「日本人は、ワープロを『浄書』の為に使用している。『浄書』機能としての一太郎機能は、なるほど素晴らしいものがある。しかしながら、excelが数値を表においてデータ利用できるように、wordは『文章データとして利用する』機能もつものとして使用にあたらなければならない。電算化が進む状況において、一太郎ではなく、word使用するべき意味は、そこにある。」とのことです。

http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20050207/p3

 ついでに、一太郎が25周年を迎えた際に、その立上げに苦労された開発者お話を照会した折のリンクも張っておきましょう。

一太郎25周年】http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20091209/p2

♪語ぁーりぃ継ぐぅー、ひとぉーもぉなくぅー(古いね

shokken-tshokken-t 2018/01/15 18:37 こちらでは大変ご無沙汰しております。編集屋稼業としては、ワードの字数計算は、諸悪の根源です。「○○字以内」というこちらのお願いに、ワードの「文字数」でカウントして、ドバッとオーバーした文章を送ってこられる人がどれだけいるか…

kei-zukei-zu 2018/02/09 22:41 コメントの承認が遅れ、申し訳ありません<(_ _)>深く深く
論文の査読をやったことがありますが、字数制限の目安としては困るんですよねえ

17/09/21(木)

[]公文書管理に関する行政評価・監視<結果に基づく勧告> 公文書管理に関する行政評価・監視<結果に基づく勧告> - 自治体法務の備忘録(Old) を含むブックマーク 公文書管理に関する行政評価・監視<結果に基づく勧告> - 自治体法務の備忘録(Old) のブックマークコメント

 総務省の報道資料です。

  総務省では、公文書管理法に基づいた文書管理の徹底を図る観点から、国の行政機関における文書の管理状況について、実態を調査し、その結果を取りまとめ、必要な改善措置について勧告しましたので、公表します。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/107317_0920.html

17/09/06(水)

[]国家公務員の旧姓使用、原則認める 政府が発表 国家公務員の旧姓使用、原則認める 政府が発表 - 自治体法務の備忘録(Old) を含むブックマーク 国家公務員の旧姓使用、原則認める 政府が発表 - 自治体法務の備忘録(Old) のブックマークコメント

 政府は1日、国家公務員の旧姓使用について、対外的な行為を含め全省庁で原則として認めると発表した。各省庁で今後運用に向けた準備を進める。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS01H0G_R00C17A9000000/

 以前に、拙blogで特許庁における職員の旧姓使用の範囲の拡大についてご紹介しましたが(http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170823/p1)、政府機関に大きく拡大されるようです。

17/08/23(水)

[]特許庁における職員の旧姓使用の範囲を拡大します 特許庁における職員の旧姓使用の範囲を拡大します - 自治体法務の備忘録(Old) を含むブックマーク 特許庁における職員の旧姓使用の範囲を拡大します - 自治体法務の備忘録(Old) のブックマークコメント

特許庁は、長官に初めて女性が就任して以降、長官の旧姓を用いて長官名の文書を発出してきましたが、この度、本年9月1日から、全職員について、対外的な法令上の文書における旧姓使用を認めることになりました。

(略)

具体的には、当庁職員は、産業財産権に係る審査、審判等で用いられる文書においても、本人の希望により旧姓使用が認められることになります。

http://www.meti.go.jp/press/2017/07/20170728001/20170728001.html

 行政処分に係る法令上の文書についても、旧姓使用が認められるそうです。旧姓は、客観的に明らかであり、通称名ではないということでしょうか。

 以下は、ご参考まで

【本名以外の大臣氏名・知事氏名】http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20140910/p1

16/11/06(日)

[]米公文書当局がオバマ氏「つぶやき」保存へ 米公文書当局がオバマ氏「つぶやき」保存へ - 自治体法務の備忘録(Old) を含むブックマーク 米公文書当局がオバマ氏「つぶやき」保存へ - 自治体法務の備忘録(Old) のブックマークコメント

 オバマ米大統領が短文投稿サイト「ツイッター」や交流サイト「フェイスブック」などのソーシャルメディアの公式アカウントに投稿した「つぶやき」や写真が、歴史上の記録として他の公文書と同様、米国立公文書記録管理局(NARA)で保存されることになった。

http://mainichi.jp/articles/20161105/k00/00m/030/101000c

 8年前の大統領就任に際しては、ブラックベリー(携帯電話)の活用が話題になりましたね。時代だなあ。

16/09/15(木)

[][]市長と職員メールは「公文書」…大阪地裁判決 市長と職員メールは「公文書」…大阪地裁判決 - 自治体法務の備忘録(Old) を含むブックマーク 市長と職員メールは「公文書」…大阪地裁判決 - 自治体法務の備忘録(Old) のブックマークコメント

 大阪市長と市職員が1対1だけで交わしたメールが、市情報公開条例で公開対象となる「公文書」に当たるかどうかが争われた訴訟で、大阪地裁(西田隆裕裁判長)は9日、「送受信者の一方は市長で、市の業務に関連するやりとりもあったと推認でき、公文書にあたる」と判断し、1対1メールを一律に非公開とした市の決定を取り消した。

http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20160910-OYO1T50002.html

 判決文を見ていないので詳しくはわかりませんが、公用文としての認識は組織共用の該当可否によって判断されるべきなので、メールのすべてが公文書として単純に判断されるものではなかろうと考えます。*1

*1:紙片へのメモ書きも同様でしょう。