恵文社一乗寺店|スタッフ日記 Twitter


2010-05-02 空中線書局展 と 鳩山郁子さん新作のお知らせ

[]

詩人・未生響さんのインディペンデント出版局「空中線書局」の『第1期完結メモリアル・ボックス』刊行を記念した展示を、店内の書斎のギャラリーコーナーにて開催中です。

「昨年、空中線書局15周年、アトリエ空中線10周年を迎えることが出来ましたことを機に、東京・ポスターハリスギャラリーにて回顧展を開催して頂きました。詩作品と自主刊行書籍づくりを模索しながらようやく道筋が見えてきたこの期間を第1期とひと区切りし、このたび、メモリアル・ボックス刊行と同時に記念展を開催の運びとなりました。2010年は、新たな創作活動を進めていきたく思います。空中線書局の15年を、ここでご一覧下さいましたら幸いです」(「空中線書局」未生響)

f:id:keibunsha2:20100429111937j:image

f:id:keibunsha2:20100429112134j:image

テーブルでは、これまでの「空中線書局」の全刊本の展示と残部僅少書籍の販売、ガラステーブルおよびキャビネットでは2004-05年制作のさまざまな形態の限定手製本を展示。今後見る機会の少ない絶版書籍の数々も一堂にてご覧頂くことが出来ます。昨年の「アトリエ空中線10周年記念 インディペンデント・プレスの展開」展図録も必見。

f:id:keibunsha2:20100429111449j:image

f:id:keibunsha2:20100429111640j:image

今回のメイン展示、『第1期完結メモリアル・ボックスは、未生響さんの手元に数部だけ残っている空中線書局の刊本をコンプリートで所収。また貴重な手製本のアーティスト・プルーフ記番本3冊ほか、エディション別に違う記念付録などをセットにして、製本工房・美篶堂さんの特注夫婦函に収めたもの。未生響のコトバと造本感覚にあふれるブックレットが詰まった限定4部の稀少な詩の宝箱です。空中線書局の初期作品群の見納めとしてぜひご来場下さい。

『空中線書局 第1期完結 メモリアル・ボックス』刊行記念展

開催期間:4/29(木)〜5/17(月)

開催場所:書店内・書斎のギャラリーコーナー