恵文社一乗寺店|スタッフ日記 Twitter


2012-01-31 de point en point―縫うことから― が始まりました

[]

天然素材に絞り染めなどを施した作風の後藤圭子さんと、フェルトやビーズなどを用いてアクセサリーを制作される岡崎朋美さんの二人展がギャラリーアンフェールにて始まりました。

f:id:keibunsha2:20120131145210j:image

f:id:keibunsha2:20120131145211j:image

「絞り染」から制作を始められた後藤さんは、柔らかな手触りの羊毛や麻、綿などの素材に天然染料で色付けをし、その後カバンやストールを作られています。

f:id:keibunsha2:20120131145212j:image

肌触りの良いストールにはポコポコとした突起があり、ユニークな仕上がりに。8000円〜

f:id:keibunsha2:20120131145213j:image

「織」から出発したという岡崎さんは、密なフェルトに思い思いにビーズで刺繍を施した額作品やブローチ、ネックレスなどの小物を出品しています。

f:id:keibunsha2:20120131145209j:image

花など植物をモチーフにしたものが多く、独特のエネルギーを感じさせます。

作品はすべて販売しています。ぜひご覧ください。

開催期間:2012年1月31日(火)-2月6日(月)

開催時間:10:0−22:00(最終日は18時まで)

開催場所:ギャラリーアンフェール


(七里)

2012-01-27 写真絵本『うさぎうさぎこんにちは』が入荷いたしました

[]

特集「menagerie 動物たちのビジュアルブック」から、新入荷のお知らせです。

f:id:keibunsha2:20120127202935j:image

真っ黒の瞳、まるい背中、ふわふわのしっぽ。うさぎの愛らしさを画面いっぱいにとらえた写真絵本が登場いたしました。作者は写真家である松本典子さん。レンズ越しに撫でるように観察し、撮影されたといいます。草はらのなかからこちらを見つめる強い瞳に、思わず引き込まれてしまいそう。愛らしさのなかにも、生きものとしての力強さをたたえた、何度でも可愛がりたくなる一冊。雑誌絵本のため、在庫僅少です。お早めにどうぞ!

うさぎうさぎこんにちは』松本典子 / 福音館書店 / 410円(税込)


(池田)

2012-01-24 Trois mains expositionが始まりました

[]

f:id:keibunsha2:20120124171050j:image

ヒューマンアカデミー雑貨プロデュース専攻を卒業した溝辺幸菜さん、小山綾さん、前田理沙さんの3人による展覧会“Trois mains exposition”がギャラリーアンフェールにて始まりました。

f:id:keibunsha2:20120124171051j:image

f:id:keibunsha2:20120124171052j:image

感じるままに、その瞬間でしか生まれないフォルムを表現したという“enigmatique ” 溝辺幸菜さんは、柔らかな革を用いて、有機的なフォルムのカバンや財布、キーケースなどの小物を作り上げています。手触りも心地よく、使ううちにより味わいが出てきそうなアイテムが揃います。

f:id:keibunsha2:20120124171412j:image

f:id:keibunsha2:20120124173714j:image

革そのもののムードを崩すことなく、ひと針、ひと針丁寧に仕上げたという“formica di mano ”小山綾さんのバッグは、切りっぱなしの革の形状を生かしつつ、アンティーク調のイラストなどをプリントし、個性的なデザインに仕上がっています。くしゃっとした形に形作られたハードな鞄もあり、ユニークです。

f:id:keibunsha2:20120124171414j:image

f:id:keibunsha2:20120124171415j:image

鳥の羽根や鉱石そのままの形を生かした真鍮のアクセサリーは“Remige ” 前田理沙さんによるもの。天然石をふんだんにあしらったピアスや、木苺のようなピアスなど、可愛らしさとリアルさが同居したアクセサリーを展開しています。

商品はすべて販売しております。みずみずしい感性溢れる作品をぜひご覧ください。

開催期間:2012年1月24日(火)-1月30日(月)

開催時間:10:00-22:00(最終日は18時まで)

開催場所:ギャラリーアンフェール


(七里)

2012-01-22 おいしいよ!全員集合イベント / ヤノフ村の織物展のお知らせ

[]

「おいしいよ!全員集合2012」関連イベントのお知らせです。


aalto coffee 無理やりコーヒースタンド

日時:2月11日(土)10:00〜17:00予定

徳島の名物コーヒー男がやってきます。ミニギャラリーで小さくむりやりコーヒースタンド。ブラジルを1杯400円でサーブします。寒い季節に味わっていただきたい深煎りで。小匙のジャム屋台(小)とあわせてお楽しみください。アアルトブレンド、アルバーブレンドも販売します。




小匙のジャム屋台(小)

日時:2月11日(土)・12日(日) 10:00〜17:00予定

小匙ジャムと相性ぴったりの佐竹環さんの焼くパンと一緒に試食ができます。普段は味わえない味を贅沢にあれこれとお試しください。

両日小匙さんが東京から出張。12日(日)のみ佐竹さんも接客してくれます!

急病のため中止となりました。



【小匙 / ジャム】

f:id:keibunsha2:20120122203237j:image

色々なものと合わせて楽しみたいので、できるだけシンプルに作っています。

2月11日〜12日は試食会も開催しますので、ゆっくり味見してお選び下さい。果物や豆は国産で、できるだけ有機または特別栽培品を使用。凝固材など添加物は使っていません。

外国産のドライフルーツやスパイスはオーガニック製品です。一人で作られているため、一度には大量に出来ないそうですが、それでも自分の手で作る事にこだわりながらこつこつと作られているジャムなのです。今回は季節の定番から選ばせていただきました。個人的には「レモンカード」「黒豆」ジャムがリピートして食べたいジャムです。

以前はパッケージが瓶でしたが、わけあって真空パックに変わりました。


数量未定のため、ご予約はお受けしておりません。当日のご予約のみお受けしますので、ご心配の方はお出かけ前にお電話でお問い合わせください。(075-706-2868)

1)レモンカード 600円

イギリスの伝統的なレモンクリームです。かりかりトーストやスコーンと相性抜群。すりおろした皮と果汁がたっぷり入っています。

2)レモンマーマレード 700円

3)八朔マーマレード 600円

香りと苦みをしっかり残して、甘ったるくならないようにしています。

4)いちじくと赤ワインのジャム 600円

無添加干しいちじく、洗双糖(きびざとう原料の粗精糖)、オーガニック赤ワイン(亜硫酸塩無添加)。旨味がぎっしり。肉料理やチーズとも良く合います。

5)ビターキャラメルクリーム 400円

甘くほろ苦く。リピーターさんが一番多い製品だそうです。パンだけでなく、アイスや焼いた果物にかけて。この季節はホットミルクに溶かしてもおいしい。

6)木の実のジャム 600円

濃厚な甘みをもつデーツにレーズンやくるみ、赤ワインを加えました。環さんのライ麦パンと食べたい。


7)黒豆ジャム 500円

和菓子の餡と同じ製法で作ります。キャラメルと並んで人気の品。バターと一緒に一斤に塗ると旨いです。そのままお茶請けにする方も多く、まとめ買いが目立ちます。


(椹木)

-----------------------------

[]

f:id:keibunsha2:20120122144504j:image

ポーランドで昔から受け継がれてきた伝統の織物の展示を、2月1日よりアンフェールミニフェアコーナーにて開催します。

ポーランド東北部の小さな村ヤノフには、18世紀から村の女性たちが代々受け継いできた伝統の織物があります。今も羊毛を洗い、糸車で糸を紡いで織る2重織の織物は、途方も無い時間をかけてつくる手仕事の価値のつまった温もりのある織物です。

モチーフには、ポーランドの森の動物達や、伝統的な花や木々、やさしく素朴な村の生活が生き生きと描かれています。

日本ではおそらく初めての企画展となる今回は、貴重なタペストリーからクッション、コースターなどヤノフ伝統の織物の魅力がつまった作品の数々を展示・販売致します。ぜひお楽しみに。

SLOW ART ホームページはこちら

開催期間:2012年2月1日(水)-2月14日(火)

開催時間:10:00-22:00(最終日は18時まで)

開催場所:アンフェールミニフェアコーナー


(七里)

2012-01-21 「WECK COOKING」が始まりました

[]

WECK COOKING

開催期間:2012/1/21(土) − 2/3(金)

出展者:WECK COOKING、木村 緑、たくま たまえ、teteria、冷水 希三子

開催場所:生活館ミニギャラリー

-----------------------------

f:id:keibunsha2:20120110105650j:image

このブログでも数回に渡り告知してきました、「WECK COOKING」フェアが始まりました。WECKってどうやって使うの?と思っていらっしゃる方も少なくないはず。まずはパネルに記載の、WECK使用図をご覧ください。

f:id:keibunsha2:20120121201423j:image

f:id:keibunsha2:20120121201424j:image

f:id:keibunsha2:20120121201425j:image

f:id:keibunsha2:20120121201426j:image

ソースをちょっと入れるのに良い小さな物から、プラムや蜜柑をゴロゴロ入れて果実酒を作れる大きめのサイズの物まで、幅広い種類のキャニスターを揃えています。DECO SHAPEというシリーズは、途中で膨らんだような形が面白く、お漬け物や副菜を入れて食卓で箸を伸ばすのにも使い勝手が良さそう。カフェでレモン水を入れて使われているのをよく見かける、首元がくびれたスタイルのジュースジャーも、本日は人気でした。

f:id:keibunsha2:20120121201427j:image

ケーク・サレ、金柑のジンジャー煮、いちごとベリーのシロップ、姫リンゴのサワー漬けも販売しています。(くわしくはこちら)。お皿にきれいに盛られたお料理とはまた違う、瓶の中にぎゅっと宝石を詰めたような美しさ。実際に食品を入れているWECKを見ると、使い方がイメージしやすいですし、食べ終わった後のWECKをどう使おうかと考えるのも楽しいものです。

来週からは、また新しい保存食も並ぶので、お楽しみに。


(田川)

2012-01-18 おいしいよ!全員集合「foodmood のナチュラルクッキーとケーキ」

[]


『まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとクラッカーの本』主婦と生活社

f:id:keibunsha2:20111221162250j:image

まいにち食べたい"シリーズ4冊目のクッキーレシピ本です。次々とロングセラーになっているfoodmoodさんの本はすでに8冊目。中でもクッキーレシピは関心が高いようです。

なかしましほさんからコメントをいただきました。

「クッキーのレシピ本は2冊目になりますが、今回はよりプロセスに重点を置いて、誌上クッキー教室のようにしっかりしつこく!紹介しています。これではじめてのみなさんにも、必ずさくさくのクッキーが作ってもらえると思います。もちろん、いろんな食感が感じられるクッキーたちや、お店で人気のあのクッキー、そして今回はしょっぱい系のクラッカーなどなど、レシピもたくさんです。」

― なかしましほ ―

美味しくは焼けるけれども、何となく一つ足りないという方、ぜひお試しください。「おいしいよ!全員集合 2011」の期間に合わせてfoodmoodさんのお菓子も入れていただくことになりました。掲載されているお菓子も3種類販売致します。本とあわせてご覧下さい。


【foodmood / 焼き菓子】

フードムードのナチュラルクッキーはすべて乳製品不使用です。なんてことのない、普通のお菓子です。しかしその普通に辿りつくのはなかなか難しいものです。まさに毎日食べたい、食べれるお菓子。どっしりと滋養があるのに重くならず、素材のうま味や噛みごたえの楽しさが詰まっているのがfoodmoodならでは、だと思います。


>>ご予約方法はこちらの日記内の◎◎ご予約承ります◎◎をご覧の上お申し込み下さい。

※全商品2月5日(日)13:00〜販売致します

foodmoodさんのお菓子はご予約分・店頭分ともに完売となりました。ありがとうございました。

1)「キャラメルナッツクッキー」 380円(◎)

キャラメルでくるんだくるみを、クッキー生地に混ぜ込みました。ざくざくした食感とたっぷりのナッツが人気です。

賞味期限:2月22日(水)まで

2)「ピーナツバタークッキー」380円(◎)*新刊掲載

ほろっと口の中でほどけるサブレのようなクッキー。ピーナツバターのコクが生きています。

賞味期限:2月22日(水)まで

3)「黒糖ビスケット」 380円(◎)*新刊掲載

ざくっとした生地の食感と、じんわり広がる黒糖の甘みが心地よい、素朴なビスケット

賞味期限:2月22日(水)まで

4)「黒ごまスティック」 380円(◎)

たっぷりの黒ごまが後をひくサクサククッキー

賞味期限:2月22日(水)まで

5)「ジンジャークッキー」 380円(◎)

生のしょうがをすりおろしてはちみつと一緒に加えました。ぴりっとした辛みがじんわり広がります。

賞味期限:2月22日(水)まで

6)「チョコとココナツのクッキー」 380円(◎)*新刊掲載

ココナツのざくっとした生地にオーガニックのチョコを加えた、濃厚なクッキー。お酒のおつまみにも。

賞味期限:2月22日(水)まで

7)「チョコビスコッティ」 380円(◎)

ナッツとチョコレートがぎっしり。コーヒーによくあいます。

賞味期限:2月22日(水)まで


8)「バナナケーキ」 250円(◎) こちらは予定数に達しましたので、ご予約は終了致しました。

乳製品不使用。バナナがたっぷり入ったしっとりケーキ。隠し味のコーヒーとざくざくのナッツがアクセントになっています。

賞味期限:2月6日(月)まで


9)「アースケーキ」 350円(◎) こちらは予定数に達しましたので、ご予約は終了致しました。

乳製品不使用。ナッツとドライフルーツがぎゅっと詰まった滋養のあるケーキ。甘さ控えめなので軽いごはん代わりにも。

賞味期限:2月6日(月)まで

(椹木)

2012-01-17 Yagosox 冬の靴下展が始まりました

ギャラリーアンフェール

手編みのユニット作家Yagoさんによる展示がギャラリーアンフェールにて始まりました。

f:id:keibunsha2:20120117163736j:image

毎年制作されているという靴下は、すべて手編みのもの。素材にもこだわられていて、アルパカやウール100%の毛糸を使用しています。ウール特有のチクチク感はなく、とても柔らかな手触り。履いても網目の隙間が開かないほど細やかに丁寧に編まれています。少しボリュームがあるので、室内履きにオススメ。

f:id:keibunsha2:20120117163731j:image

f:id:keibunsha2:20120117163734j:image

f:id:keibunsha2:20120117163733j:image

壁に、ベンチに並んだ靴下たち、なんとも不思議な光景。ぽーっと眺めていると、なんだか生き物にも見えてくるような。

よく見ると靴下たちの中にひとつだけ、クマ。少しマッチョな体格に、おちょぼ口ならぬ、おちょぼつま先が愛らしい。このクマは不要になったセーターから生まれ変わったリメイク品だそう。

f:id:keibunsha2:20120117163737j:image

まだまだ寒い毎日、お気に入りの靴下で足元もココロもあたたかく。レディースとメンズサイズがあるので、ぬくもりのある贈り物はいかがでしょう。ぜひお手にとってご覧ください。

yagoホームページはこちら

開催期間:2012年1月17日(月)-1月23日(月)

開催時間:10:00-22:00(最終日は18時まで)

開催場所:ギャラリーアンフェール


(永井)

2012-01-16 「ヒロイヨミ社 活版とことば」展/おいしいよ!全員集合 2012

[]

「ヒロイヨミ社 活版とことば」展がはじまりました

春、雨、虫、雪、島、木など、主に季節や自然をテーマに冊子を作っているヒロイヨミ社の制作物と、ヒロイヨミ社セレクトの活版印刷のポストカードなどを紹介する「ヒロイヨミ社 活版とことば」展がアンフェールミニフェアコーナーで始まりました。

f:id:keibunsha2:20120116121543j:image

ヒロイヨミ社からは過去に発行されたヒロイヨミの他に、尾形亀之助『十二月』が登場。

f:id:keibunsha2:20120116121545j:image

手前は本の島絵はがき部による「絵はがきセット・中島敦『島からの手紙』」980円(込)。中島敦が赴任先から幼い子に宛てて書いた手紙にイラストを組み合わせたポストカードセットです。奥は赤井都さんによる和綴じ本『夏から春へ』2000円(込)。

f:id:keibunsha2:20120116121542j:image

こちらは山元伸子さんと製本家・都筑晶絵さんによるananas pressの瓶の中に言葉が詰まった本『水の空』2520円(込)。俳句・詩・散文から集めた「水」と「空」を描いた言葉の断片。繋げて新たな文を作成する楽しみもあります。

f:id:keibunsha2:20120116121544j:image

こちらは山田理加さんのスパイスや花や鳥の漢語名を印刷したポストカード。無駄を削ぎ落としたデザインで、活字の強さを感じさせてくれます。

他にも、書肆サイコロ主催のサイトヲヒデユキさんと永岡大輔さんのコラボレーションによるポスター、二月空の活字カードや文京れんげ社のノート、そして北極書店からはコースターやブックカバーなど、ユニバーサル・レタープレスからは宮沢賢治のオノマトペカードが登場しています。文字や活字、ことばについて、新たな発見が見つかる展示会です。ぜひご覧ください。

ヒロイヨミ社ブログはこちら  

開催期間:2012年1月16日(月)―1月31日(火)

開催時間:10:00-22:00(最終日は18時まで)

開催場所:アンフェールミニフェアコーナー


(七里)

---------------------

[]

f:id:keibunsha2:20120116125028j:image

期間:2012年2月4日(土)〜2月17日(金)最終日は18:00まで

場所:生活館ミニギャラリー

今年もやります!おすすめの食べもの、飲みもの、みんなが全員集合〜です。バレンタインに、お友達やご家族にも贈りものとしてお薦めのもらって嬉しく美味しい食べ物ばかりです。会期中イベントも開催致しますので、追って少しづつご案内致します。


◎◎◎ ご予約承ります ◎◎◎

商品名に(◎)マークが付いているもののみ、店舗受け取りのご予約をお受けします。通信販売はお受けしておりません。ご希望の方はガイドラインに沿ってお申込み下さいませ。


ご希望のメーカー名→商品名、個数をお知らせください。

ご氏名、お電話番号、メールアドレス、をお知らせください。

ご来店日をお知らせください。


ご注意いただくこと--------------


・キャンセルはかたくお断りしております。なま物ですので、ご理解いただきますようお願い致します。

・店舗でのお受け取りは会期期間中の2月4日(土)〜17日(金)にお願いたします。

1日だけの限定販売品は賞味期限に限りがございます。販売当日内にお越し下さい。限定販売日は商品名の後ろに赤字で記載しております。記載の無い商品は、基本的に会期中通して販売しております。万が一売り切れで在庫切れになる可能性もございますがあしからずご了承下さいませ。

・限定販売品の賞味期限は大体販売当日〜翌日をめどにしております。


お問合わせ先>>

恵文社生活館

電話/FAX 075-706-2868

mail seikatsukan[atmark]keibunsha-books.com

※メールでお申込みいただいた場合、確認メールが届いた時点でご予約完了となります。届かない場合は送信エラーですので、お手数ですがご確認のため再度お問合わせください。





【HOQUBA / 焼菓子、ケーキ】

カレーとお菓子のお店HOQUBAさんより、バレンタインにぴったりのお菓子が届きます。今回はケーキをご用意頂きます!こちらはスパイスの効いた生地にドライフルーツの入ったチョコレート味。3)、4)はセットにして、通販でも販売予定。

f:id:keibunsha2:20120117211050j:image

f:id:keibunsha2:20120117211045j:image

1)スパイスチョコレートケーキ ミニパウンドケーキ型 1103円(◎) / ※2月4日(土)・2月11日(土)各日13:00〜のみ

2)スパイスチョコレートケーキ 1のハーフサイズのキューブ型 553円(◎) / ※2月4日(土)・2月11日(土)各日13:00〜のみ

賞味期限:1)2)ともに冷蔵で販売当日より2〜3日

3)いちごとカカオのボウル (8個入り) 420円(◎)

4)ショートブレッド シナモンショコラ (3本入り) 378円(◎)



【佐竹環 / 天然酵母パン】

※全商品2/11(土)・2/12(日)各日13:00〜のみ

CORB改め佐竹環の名前で活動を続ける天然酵母のパン職人さんです。2/11〜12の小匙さんのジャムの試食会には佐竹さんのパンが使われます。噛むほど美味しい、しっかりとしたパンです。どれも美味しく、ジャムの他にチーズやオリーブオイルをひたして食べたりとパン一つでもいろんな楽しみ方ができますね。私が特に感動したのはスコーン。ベーキングパウダーなどではなく、発酵させて膨らませているので、歯ごたえがデニッシュのよう。CORB佐竹さんによると、地粉を使っているので、ずっしりします。温めると、引きが強く、パンのようなもちもちっとした食感が味わえます。



1)雑穀マフィン 300円(◎)

材料:砂糖、卵、乳製品なし。北海道産小麦粉、発芽玄米、黒米、赤米、黒豆、小豆、はと麦、大麦、アマランサス、キヌア、もちあわ、ひえ、たかきび、もちきび、とうもろこし、黒ごま、白ごま、酵母、菜種油、天然塩(有機栽培南瓜)


2)アーモンドチョコタルト 230円(◎)

材料:砂糖、卵、乳製品なし。北海道産小麦粉、北海道産全粒粉、自然塩、菜種油、有機栽培チョコレート、有機栽培アーモンド


3)スコーン 400円(◎)

材料:北海道産小麦粉、酵母、自然塩、きび砂糖、バター、卵、牛乳


4)チョコレートケーキ 360円(◎)

材料:バター、きび砂糖、有機栽培チョコレート、卵、北海道産小麦粉


5)半斤 330円(◎)

材料:北海道産小麦粉、酵母、沖縄の塩、甜菜糖



【サウスアベニュー / 中国茶】

西荻の中国茶屋サウスアベニューがこだわって現地で選んだオーガニックのジャスミンティーを中心に工芸茶、自家製のドライフルーツや薬膳を組み合わせたブレンドティーも販売。工芸茶やプーアール茶は1玉から可愛く販売致します。

1)「風邪に負けない茶」2袋入 735円(◎)

f:id:keibunsha2:20120116125726j:image

2)「サウスオーガニックチャイブレンド」 600円(◎)

3)「工芸茶詰め合わせBOX」 1470円(◎)

4)「針王」 30g 1890円(◎)

5)「珍珠王」 30g 1680円(◎)

6)「プーアール茶」 1玉 315円(◎)

7)「工芸茶いろいろ」 1玉売り 価格未定

f:id:keibunsha2:20120116125756j:image


【西越屋 / せんべい】

おばあちゃんが昔ながらの製法で焼き続けてきた南部煎餅。アーモンド入り。意外にのど越し滑らかでどんどん進みます。これぞザ・お茶のおとも。

1)「南部煎餅」 300円

【うきは百姓組 / ドライフルーツ】

材料も青果として販売出来るものをによる使用し、青果以外何も使っていない無添加のドライフルーツです。生産者自身が、しっかりと見極めたものを使ってドライにしていますので、安全・安心な製品。もちろん、作っているのも生産者自身という手間暇をかけたドライフルーツ。ギュっと凝縮した美味しさが体に沁みわたります。


1)「ドライフルーツ」イチゴ 約40g735円(◎)

2)「ドライフルーツ カキ」 約40g735円(◎)

3)「ドライフルーツ トマト(大玉)」 約40g735円(◎)

4)「ドライフルーツ トマト(ミディ)」 約40g735円(◎)

5)「ドライフルーツ 梨」 約40g735円(◎)

f:id:keibunsha2:20120116124915j:image(参考画像です)



【大分トラピスト修道院 / 洋菓子】

シスターお手製の地元の素材を使った安心・素朴な美味しさのお菓子。どこか懐かしく親しみを覚えるパッケージも素敵。


1)「ビスケット」 9袋入り 330円(◎)

f:id:keibunsha2:20111224132040j:image

2)「十勝カルメル会修道院製板チョコレート(抹茶)」58g 300円(◎)

3)「十勝カルメル会修道院製板チョコレート(ホワイトチョコ)」58g 300円(◎)

4)「十勝カルメル会修道院製板チョコレート(ミルク)」58g 300円(◎)

f:id:keibunsha2:20111224132131j:image


5)「函館トラピスチヌ修道院製 バター飴110g」 250円(◎)

f:id:keibunsha2:20111224131939j:image



【長尾製麺所 / 麺】

水が美しく美味しいという福岡県うきはの吉井から美味しい麺が届きます。つるっと弾力とハリのあるそうめんと、今回はパッケージも超オシャレなラーメン仮面も。麺が売りの製麺所がつくるラーメン、おすすめです。なんとシール付き。


1)「ラーメン仮面(とんこつ)」  315円(◎)

2)「ラーメン仮面(チキトン)」  315円(◎)

f:id:keibunsha2:20120116125359j:imagef:id:keibunsha2:20120116125358j:image

3)「吉井そうめん」  630円(◎)

4)「如水うどん」 525円(◎)

しこしこつつるつるで、いかそうめんのようなうどん

5)「いろはうどん」525円(◎)



【people's fruits / じゅーす】

people's fruitsは「ナチュラル アンフィルタードジュース」です。100%ジュースでも、変色を防ぐためビタミンCやレモンを加えたり、濁りや澱を除くためにろ過したりしますが、people's fruitsは何も加えず、生の果物そのままを瓶詰めしています。無ろ過のジュースは、濃厚な味、芳醇な香りで、瓶の底に少し澱があるのが特徴です。デリケートな生の味、しぼった品種による味の違いを楽しめます。

f:id:keibunsha2:20120116125427j:image

1)「アップルジュース(秋陽)」 180ml 350円(◎)

2)「山ぶどう原液ジュース」 180ml 525円(◎)




大沼養蜂 / はちみつ】

山形県最上地方、真室川。雄大な自然の中、季節を告げる野山の花々からミツバチたちが一生懸命集めてくれたはちみつをそのままビン詰めした純粋天然はちみつに、地元で採れる果物を加工したはちみつジャムが出来ました。少しですが、はちみつもご紹介予定。

1)はちみつジャム 種類未定 1050円


【童仙房茶舗 / 日本茶】

京都南山城村の宇治茶です。無農薬、有機栽培を試みて長い年月を経て茶畑づくりをしてこられた童仙房茶舗さんのお茶はすっきりと上品なあと味が残る素朴なお茶です。お茶は茶葉を煎じてそのままいただくので、特に農薬や肥料に気を使いたいものです。パッケージはほうじ茶が関美穂子さん、新発売の煎茶は中西真矢さんがデザインされる予定。

1)「無農薬有機栽培ほうじ茶」 200g 1050円(◎)

2)「無農薬有機栽培煎茶」 50g 630円(◎)


賞味期限:製造から6ヶ月


【福屋製菓 / スナック】

「ピーナッツあげ」のような感じのお菓子なのですが、こちらはもっと米米しい。昆布入りなので味に深みがあります。ジャンクではありますが、時々急激にこういうものが欲しくなり、一瞬でなくなってしまいます。ビールのおつまみに最高。カレー味もあります。


1)「ビーバー」 231円(◎)

2)「ビーバー(カレー)」 126円(◎)



【うさぎや商店 / 焼き菓子】

栃木県宇都宮は創業大正四年の老舗「うさぎや」さんの銘菓。素朴でレトロな包み紙の可愛らしいお菓子です。白あんが入ってほんのり甘くしっとりとした皮が特徴的です。ペロリと食べてしまう美味しさ。

1)「チャット」 120円(◎)



【cimai / 天然酵母、イーストパン】

※全商品2月4日(土)13:00〜 のみ

埼玉県でパン屋さんを営む「cimai」(しまい)はその名の通り姉妹で違ったタイプのパンを焼くユニット。お姉さんが天然酵母、妹さんはイーストでパンを焼きます。それぞれ天然酵母のパンで有名なお店、ケーキとパンのお店で働くうちに、イベントでの販売をはじめ、今では埼玉で自分達のお店を構えておられます。種類は未定。売り切れ次第終了です。



【つづる、/ 焼き菓子】

「つづる、」は東京・月島にあるお菓子屋さん。特にお薦めの「おこし」は、ばりばりと噛みしめ味わえる逸品です。しっとりとしたクッキー「ふかみどり」は、食べ終えた後もほのかに口に残る、モロヘイヤ味。どこか和を感じる品々です。

1)おこし 600円(◎)

使用材料:国産小麦粉、ふすま、ライスパフ、オートミール、きび砂糖、バター、水あめ、塩、そば

f:id:keibunsha2:20120116140400j:image


2)ふかみどり 600円(◎)

材料:国産小麦粉、きび砂糖、米油、片栗粉、三重県産モロヘイヤ

賞味期限:製造から2週間

f:id:keibunsha2:20120116140419j:image



3)マコロン 350円(◎)

使用材料:卵白、きび砂糖、アーモンド粉、国産小麦粉、ほうじ茶

賞味期限:製造から2週間

f:id:keibunsha2:20120116140432j:image



【ぼっかって / 和菓子】

「ぼっかって」は自然農業の畑をしながら、粟餅、ごはん、天然酵母パン、クッキー、加工品などを作って手作り市で販売したりケータリングをしています。自ら耕す畑で採れた農作物、地元の無農薬のものを使用し、その他の材料も安全なものをと心がけて作られています。粉にした雑穀の粟と餅粉を種子島粗糖とてんさい糖で練り、わらび餅のように仕上げたきな粉のお餅です。

f:id:keibunsha2:20120116135558j:image

1)粟餅 350円

賞味期限:販売当日から2〜3日です。


【工芸はなせ / 和菓子】

京版画に近代感覚を加味し版画界第一人者となった、徳力富吉郎。彼の版画がデザインされた小さな箱入りお菓子「おはこ」。数百種類がある「おはこ」の中からレトロな蔵書票柄を販売します。箱をコレクションされている方も少なくないそう。箱のデザインで選ぶも良し、贈り物にもオススメです。


1)おはこ・蔵書票A(蕎麦実黒糖こんぺいとう)

2)おはこ・蔵書票B(蕎麦実ニッキこんぺいとう)

3)おはこ・蔵書票C(黒豆チョコレート)

f:id:keibunsha2:20120116123010j:image


【アアルトコーヒー / 珈琲豆】

徳島のロックンロール・ロースター庄野雄治さんの珈琲。入港したての新豆ブラジルを深煎りに。冬にあたたかいカフェオレはいかがですか?パッケージデザインは関美穂子さん。バレンタイン仕様ですのでプレゼントにも。入荷は豆だけですが、お早目にご予約いただいた方には挽いた豆もお受けします。


1)ブラジル深煎り豆 100g 735円(◎)


【ツバメヤ / 和菓子】

※全商品2月4日(土)、2月11日(土)各日13:00〜のみ

岐阜市柳ヶ瀬商店街の一角に店舗を構える「ツバメヤ」さん。出来る限り地元の食材を使い、出来る限り無添加で和菓子を作られています。三重県で活躍していた和菓子工房「まっちん」の町野仁英さん、ワッフル屋を経営していた岡田さや加さんがともにつくる和菓子の工房。

1)「大地のどらやき」158円(◎)

材料:平飼い有精卵、重曹、洗双糖、全粒粉、小豆

賞味期限:販売日から3日

平飼いの有精卵と天然重曹、奄美大島のミネラルを含んだ洗双糖、石臼で挽いた全粒粉を100%使い、香ばしく、しっとりふんわり焼きあげています。十勝の特別栽培された小豆をこっくり炊きたっぷりはさんであります。素材一つ一つの存在感から「大地」を感じる、力強くてやさしいどらやき。

f:id:keibunsha2:20110202131216j:image

▼こだわりのあずき

f:id:keibunsha2:20100905184646j:image

f:id:keibunsha2:20110202131212j:image

f:id:keibunsha2:20110202131211j:image


2)「本わらび餅」 935円(◎)

材料:わらび粉、洗双糖、きな粉

賞味期限:販売日の翌日まで

f:id:keibunsha2:20110202131251j:image

「まっちん」時代からの看板商品。本わらび粉や奄美大島のミネラルを含んだ洗双糖を使い、丹波産の京きな粉をたっぷりと豪快にまぶしています。ふわっ、とろーっなおいしさはわらび餅のイメージが変わる食感体験です。弾力がありながら粘り気もあります。



【まっちん / 和菓子】

f:id:keibunsha2:20120116160027j:image

「まっちん」さんは三重県伊賀上野にて、2003年厳選素材・ナチュラルをコンセプトとした「和菓子工房まっちん」をオープン、5年半の営業を経て後に岐阜県柳ケ瀬の和菓子店「ツバメヤ」にて商品プロデュース、職人として立ち上げから参加。現在はお菓子を中心とした商品開発、企画、イベント企画、参加など様々な活動を行っておられます。

今回は新発売の「大地のかりんとう」をご紹介します。石臼挽き全粒粉、岐阜県産小麦、平飼い有精卵などの厳選素材を生地に、米油で手揚げした素材感溢れるかりんとうです。


1)「大地のかりんとう(黒糖)」 70g 350円(◎)

材料:石臼挽き全粒粉(北海道産)、岐阜県産小麦、天然重曹(モンゴル産)、平飼い有精卵、洗双糖(種子島産)、米油(国産)、黒糖(沖縄産)


2)「大地のかりんとう(ゴマ)」 70g 350円(◎)

材料:石臼挽き全粒粉(北海道産)、岐阜県産小麦、天然重曹(モンゴル産)、平飼い有精卵、洗双糖(種子島産)、米油(国産)、黒ゴマ

3)「大地のかりんとう(塩)」 70g 350円(◎)

材料:石臼挽き全粒粉(北海道産)、岐阜県産小麦、天然重曹(モンゴル産)、平飼い有精卵、洗双糖(種子島産)、米油(国産)、自然塩

4)「大地のかりんとう(しょうが)」 70g 350円(◎)

材料:石臼挽き全粒粉(北海道産)、岐阜県産小麦、天然重曹(モンゴル産)、平飼い有精卵、洗双糖(種子島産)、米油(国産)、生姜(九州産)

5)「大地のかりんとう(天空の古来茶)」 70g 350円(◎)

材料:石臼挽き全粒粉(北海道産)、岐阜県産小麦、天然重曹(モンゴル産)、平飼い有精卵、洗双糖(種子島産)、米油(国産)、古来茶(岐阜春日村産)


各賞味期限:販売日より3ヶ月


【三野製麺所 / 讃岐うどん玉】

讃岐の手打ち乾麺は、手打ちにこだわった讃岐うどん独特のコシとうまみのある乾燥麺です。本場の味をいつでもご家庭で味わって頂くために、独自の製法で6ヶ月もの長期保存を可能に。原材料には食品添加物を一切使用しておらず、安心してお召し上がりいただけます。


1)「讃岐の手打ち乾麺(普通麺)」 252円(◎)

2)「讃岐の手打ち乾麺(細麺)」 252円(◎)

原材料:小麦、食塩

賞味期限:製造から6ヶ月



(椹木)

2012-01-15 次回展覧会「WECK COOKING」のお知らせ:3

[]

前回に引き続き、「WECK COOKING」にて販売する食品をご紹介いたします。前回のお知らせはこちらから。

---------------

会期2回目の土曜日、1月28日からはteteriaさんの紅茶・ハーブティーと、大阪のカフェ・ロカの木村さんが作る保存食を販売します。

中身が一目でわかるので、WECKには茶葉やコーヒー豆、調味料を入れても便利です。今回お届け頂くteteriaさんのお茶は、以下の3種類です。

・assam straight (アッサム ストレート) 70g 

f:id:keibunsha2:20120115220045j:image

f:id:keibunsha2:20120115220046j:image

紅茶の魅力はきれいな渋みというteteriaさん。こちらはインド産アッサム紅茶の良品です。茶葉そのものの味をストレートで飲むのをお勧めします。


・chamomaile-milk (カモマイル ミルクときどきシナモン) 100g

f:id:keibunsha2:20120115220047j:image

f:id:keibunsha2:20120115220048j:image

紅茶にカモミールとザラメを加えた煮出しミルクティ用の茶葉です。今回は冬の間人気が高いという「カモマイル−ミルク」にシナモンを添えて販売します。シナモンを割り入れ一緒に煮出すとシナモン風味のチャイに。


・honey herb tea

見た目にもとてもきれいな、はちみつに漬け込んだお茶です。お湯をそそいでお楽しみください。

----------------

各地で紅茶の販売、教室を行っているteteria・大西さん。お正月にはなんと寒中水泳大会にて、お茶をふるまわれていたそうです。富士山が臨む海での写真も、送って頂きました。

f:id:keibunsha2:20120101101003j:image

泳いだ後の一杯はもちろん、寒いときこそ気持ちをぽかぽかにしてくれる飲物はかかせません。

ぜひお楽しみくださいませ。


(田川)

2012-01-13 次回展覧会「WECK COOKING」のお知らせ:2

[]

1月9日のブログでもご紹介いたしました、次回展覧会「WECK COOKING」。保存瓶WECKと、そのレシピ本「WECK COOKING」の販売にあわせて、WECKのキャニスターを使った保存食を販売致します。1月21日(土)〜、と 1月28日(土)〜、の2回に分けて、それぞれ違う食品を販売します。

まず今回は、1月21日からの販売分をご紹介します!

初回の保存食を作って頂くのは、たくまたまえさんと冷水希三子さん。(画像はあくまでイメージです。瓶の形や内容量は変更する場合があります。)

------------------------------------

「たまちゃんの保存食」でおなじみ、たくまさんからは以下の商品を作って頂きます。食べるのがもったいないくらい、目にも楽しい保存食です。

・姫りんごのサワー漬け

f:id:keibunsha2:20120113144237j:image 

コロコロとした姫りんごをそのまま使って、お酢と砂糖に漬けています。

水やサイダーで割って楽しむも良し、切った野菜(きゅうりやセロリなど)を浅漬けにしても美味しい。

・金柑のジンジャー煮

f:id:keibunsha2:20120113144025j:image

お茶うけとして出したり、シロップをお湯で割ってホットドリンクとしてもオススメ。

金柑の甘味と酸味、香りとしょうがの相性がピッタリなのだとか。

・いちご&べリーのシロップ 

具を入れたままの、汁だくのコンポートを作って頂けるようです。    



■「WECK COOKIG」に掲載のお料理とスタイリングをご担当した冷水希三子さんには、ケーク・サレを出品頂きます。

f:id:keibunsha2:20120113143350j:image

レシピ本に掲載の、こちらの写真を見るたびにお腹が空いてきます…。ケーク・サレとは塩味のケーキ、朝ご飯やワインのおともに。この写真と同じ、少し大き目のキャニスター(1000ml)に作って頂きます。


どの保存食も、食べ終わったらそのWECKを使って、ご自身でも作ってみてはいかがでしょうか?

-------------------------------------------

※保存食のご購入につきましては、数に限りがございますので、

事前のご予約はご遠慮頂いております。大変申し訳ございませんが、直接ご来店頂いてからのご購入をお願い致します。

28日より販売の保存食については、追ってお伝えしますのでお楽しみに。


(田川)

2012-01-10 家原恵太展が始まりました

[]

美術作家として活動されている家原恵太さんによる展示がギャラリーアンフェールにて始まりました。

f:id:keibunsha2:20120110112123j:image

f:id:keibunsha2:20120110112124j:image

近年はオブジェやインスタレーションのような作品も作られていますが、今回は主に昨年夏から現在までに描きあげた絵画を展示しています。日常の中から選び取ったモチーフを丁寧に描いた作品には、暖かく風景を見つめるものもあり、どこか風刺画の要素も含まれていたりと、様々な想像を誘います。ぜひじっくりとご覧下さい。

f:id:keibunsha2:20120110112125j:image

f:id:keibunsha2:20120110112126j:image

f:id:keibunsha2:20120110112122j:image

1/14(土)19:00から、京都在住のシンガーソングライター、アベフミヒコさんによるアコースティックライブを行います。こちらも併せてお楽しみ下さい。入場無料。

家原恵太ホームページはこちら 

アベフミヒコホームページはこちら 

開催期間:2012年1月10日(月)-1月16日(月)

開催時間:10:00-22:00(最終日は18時まで)

開催場所:ギャラリーアンフェール


(七里)

2012-01-09 寄植えワークショップ/「WECK COOKING」のお知らせ1

[]

以前ミニギャラリーでも展示をしていただきました、ふくわか洞 盆栽店さんによるワークショップを行います。北野天満宮近くにあるお店でも、定期的に毎回面白いワークショップを開催されているふくわか洞さん。今回はなんと「根」から選んで寄せ植えを作るそうです。

-----------------------

ヒツジパレット 2012京都

WORKSHOP『根でえらぶ草花の寄植え』

f:id:keibunsha2:20120110090902j:image

根っこでえらぶ山野草の寄植えワークショップです。

4〜5種類の根っこをオリジナルの鉢に植えていただきます。

どんな花が咲くか一年育てて楽しみましょう。

日時:3月9日(金) 10:30~12:00/13:30~15:00

定員:午前/午後 各7名様

受講料:4000円 (材料費込み)

会場:恵文社一乗寺店 ワークルーム

ご持参頂くもの:エプロンのみ(手袋はご用意致します)

ご予約・お問い合わせは、恵文社 生活館「ふくわか洞ワークショップ係」まで。

ご氏名・お電話番号・時間帯・お支払い方法(郵便振込、もしくは当日までに店頭にて先払い)をお選びの上ご連絡ください。

T/F) 075-706-2868

seikatsukan[at]keibunsha-books.com

※[at]を@に変えて下さい。

※なるべくメールでお申し込みいただけると助かります。ご注文いただいた方には確認メールをお送りします。届かない場合は再度ご連絡下さいませ。

※キャンセルの場合の返金はご容赦いただいております。

実はこちらのワークショップは3月に行われる、日本最大級の羊毛の公募展「羊パレット2012」の関連イベントのひとつ。羊パレットの実行委員長は「SPINNUTS」でおなじみ、本出ますみさんです。期間中は京都各地で企画展や染色や糸紡ぎのワークショップが開催されるとか。見逃せないイベントが盛り沢山の1ヶ月になりそうです。

羊パレット公式HPはこちらから。


-------------------------

[]

次回展覧会「WECK COOKING」のお知らせ

開催期間:2012/1/21(土) − 2/3(金)

出展者:WECK COOKING、木村 緑、たくま たまえ、teteria、冷水 希三子

開催場所:生活館ミニギャラリー

イチゴのマークで見覚えのある方も多いはず。ドイツで生まれ、100年以上の歴史を持つ保存瓶「WECK」。その「WECK」を使ったレシピ本「WECK COOKING」の発売を記念したフェアを開催します。

f:id:keibunsha2:20120110105650j:image

すでにWECKのキャニスターをお持ちという方も、調味料を入れたりやジャムを作るのに使ってはいても、

それ以外の食品を入れて煮沸密封したり調理する機会は少ないのではないでしょうか?

かくいう私もこのフェア前までWECKを使ったことがなかったので、実際にWECKを使ってキュウリのピクルス作りに挑戦してみました。

、、と、作ってみると挑戦というほどもなく、とても簡単。

f:id:keibunsha2:20120110105653j:image

f:id:keibunsha2:20120110105651j:image

煮沸した瓶に、切ったキュウリと調味料を入れて、ゴムパッキンとクリップでWECKの蓋を閉めて15分煮るだけで出来上がりです。煮た後の瓶は密封されているので、クリップを外してもゴムパッキンと蓋だけでしっかりくっついています。開ける際にパッキンを引っ張ると、「プシュッ」と空気の入る音がするので、しっかり密封されていたことが改めてわかります。

程よく漬かって、シャキシャキとした歯ごたえのあるピクルスに仕上がりました。

f:id:keibunsha2:20120110105652j:image

フェアでは様々な形、大きさの違うWECKキャニスターを販売します。レシピ本と見比べて、用途にあったサイズを探してみてはいかがでしょうか。

また、期間中には2回にわけて、WECKに詰めた保存食を販売予定です。こちらは追って当ブログでご紹介致しますのでお楽しみに。


(田川)

2012-01-07 「安部太一陶展」がスタートいたしました

[]

安部太一陶展

日時:1月7日(土)〜1月20日(金)最終日は18:00まで

出展者:安部太一

ジャンル:陶器

f:id:keibunsha2:20120107144127j:imagef:id:keibunsha2:20120107144126j:imagef:id:keibunsha2:20120107144125j:imagef:id:keibunsha2:20120107144124j:image

毎年恒例で行っている安部太一さんの展覧会が始まりました。青、灰緑、茶、白の釉薬の器は定番のものもありますが、若干釉薬も変化があり、新たな形も多種あります。シンプルな形に少しの可愛らしい細工、彫りも特徴的でどっしりとした安定感のある器でもどこか可憐な要素があり、いつも新しい試みが楽しみな作家さんでもあります。

新作といえば人形、さらに控えめにイラストをいれた「花と私」も登場。数に限りがあるので会場で探してみてください。


(椹木)

2012-01-04 「ヒロイヨミ社 活版とことば」展のお知らせ

[]

f:id:keibunsha2:20120104233920j:image

春、雨、虫、雪、島、木など、主に季節や自然をテーマに冊子を作っているヒロイヨミ社の制作物と、ヒロイヨミ社セレクトの活版印刷のポストカードなどを紹介する「ヒロイヨミ社 活版とことば」展をアンフェールミニフェアコーナーにて開催します。

ヒロイヨミ社コメント:

たとえば一篇の詩を読むことが一つの出会いであるとしたら、印刷することは、出会ったその詩にもっと近づいてゆくことかもしれません。印刷してみてはじめて、見えてくるものがあるのです。紙を選んだり、活字を組んだり、インキを練ったり、作業の間中はずっと、なんだか落ちつきません。ことばがどんな新しい顔を見せてくれるのか、あるいはくれないのか、刷ってみるまでわからないから。――そんなふうにして刷られたことばたちに、ぜひ会いにきてください。見て、触れて、読んでくださったら、嬉しいことです。

参加者と出品内容:

ヒロイヨミ社=『ヒロイヨミ 灯台のうた』『冬の木』『Traces』尾形亀之助『十二月』

赤井都=和綴じ本『夏から春へ』

ananas press=瓶の中に言葉が詰まった本『水の空』

サイトヲヒデユキ=永岡大輔さんとのコラボレーションによるポスターと本

二月空=活字カード

文京れんげ社=ノート、ポストカードなど 

北極書店=コースターやブックカバーなど

本の島絵はがき部=絵はがきセット・中島敦『島からの手紙』

山田理加=スパイスや花や鳥の漢語名を印刷したカード

ユニバーサル・レタープレス=宮沢賢治のオノマトペカード

ヒロイヨミ社ブログはこちら 

開催期間:2012年1月16日(月)―1月31日(火)

開催時間:10:00-22:00(最終日は18時まで)

開催場所:アンフェールミニフェアコーナー


(七里)

2012-01-02 sooligスウェーデンの蚤の市からやってきたファブリック・布小物展が

[]

スウェーデン在住のテキスタイルデザイナーであり織作家の堀田ふみさん(soolig)によるスウェーデンファブリックのミニフェアが始まりました。

f:id:keibunsha2:20111231204208j:image

手仕事により生み出された織りや刺繍のスウェーデンのファブリックはモダンで洗練されつつ、どこか素朴で、ユーモアを感じさせてくれるデザインが特徴。

f:id:keibunsha2:20111231204232j:image

今回はスウェーデンの蚤の市を廻り、こつこつと買い集められた選りすぐりのファブリックをご紹介します。

f:id:keibunsha2:20111231204215j:image

f:id:keibunsha2:20111231204239j:image

その他、ドイリーやリボン、陶器のお皿、ポットなど、日用雑貨も併せて展示販売しておりますので、蚤の市のように何かを探す楽しみも一緒に味わっていただければと思います。

soolig

主宰: 堀田ふみ

スウェーデン在住テキスタイルデザイナー、織り作家

経糸と緯糸の織りなす無限の可能性に惹かれ、日本とスウェーデンの両方でテキスタイルデザイン、特に織りを学ぶ。2007年Konstfack(スウェーデン国立美術工芸大学)大学院テキスタイル科卒業。その後、日本のテキスタイル会社での勤務を経て、再びスウェーデンに戻りデザイナーとして働いた後、2011年sooligを立ちあげる。

ホームページはこちら

開催期間:2012年1月2日(月)―1月15日(日)

開催時間:10:00-22:00(2日は20時/最終日は18時まで)

開催場所:アンフェールミニフェアコーナー


(七里)