恵文社一乗寺店|スタッフ日記 Twitter


2012-02-01 ヤノフの村の織物展 /『ねこのチャッピー』原画展が始まりました

[]

ポーランドで昔から受け継がれてきた伝統の織物の展示がアンフェールミニフェアコーナーにて始まりました。

f:id:keibunsha2:20120201163602j:image

ポーランド東北部の小さな村ヤノフには、18世紀から村の女性たちが代々受け継いできた伝統の織物があります。今も羊毛を洗い、糸車で糸を紡いで織る2重織の織物は完成までにとても時間が掛かり、手仕事の価値のつまった温もりのある織物です。ヤノフ村に残る織り手さんは現在5人。今回の展示ではそれぞれの織り手さんの写真と作品を交えてご紹介しています。

f:id:keibunsha2:20120201163606j:image

f:id:keibunsha2:20120201163603j:image

f:id:keibunsha2:20120201163604j:image

壁面に見えるのは人気の高い大判のタペストリー。37000円(込)アイボリーとブラウンの縦糸に、グレーの緯糸を織り込むことにより、落ち着いた色合いに仕上がっています。モチーフには、ポーランドの森の動物達や、伝統的な花や木々などが描かれています。

f:id:keibunsha2:20120201163605j:image

小さなタペストリーには、きのこ狩りやダンスなど、素朴な村の生活が生き生きと描かれています。

f:id:keibunsha2:20120201163601j:image

今回は、貴重なタペストリーからクッションカバーなど大きさも様々な織物が登場しています。日本ではもとより、ポーランドでさえあまり知られていないヤノフ伝統の織物の魅力が詰まった作品をぜひお楽しみください。

開催期間:2012年2月1日(水)-2月14日(火)

開催時間:10:00-22:00(最終日は18時まで)

開催場所:アンフェールミニフェアコーナー

-----------------

ささめやゆき『ねこのチャッピー』絵本原画展が始まりました

[]

絵本作家・ささめやゆきさんの新刊『ねこのチャッピー』の出版記念展として、書店一角にて絵本原画展が始まりました。

f:id:keibunsha2:20120201163608j:image

f:id:keibunsha2:20120201163609j:image

海辺の漁師の家に生まれたねこのチャッピーとの出会い。そして一緒に過ごした何気ない日々や楽しい時間。画家の飼い猫、チャッピーとの日々を描いた絵本の中から、原画5点を展示しています。

絵本と合わせてぜひご覧ください。

開催期間:2012年2月1日(水)-2月15日(水)

開催時間:10:00-22:00(最終日は18時まで)

開催場所:書店フェア棚

通信販売はこちら


(七里)