恵文社一乗寺店|スタッフ日記 Twitter


2012-09-09 「愛媛の友だち展」のお知らせ6

[]

同じ愛媛に住んでいる方々の、多様な作品が大集合するこの展示。

開催までいよいよあと一週間です。コトバヨネットさんによる出展者紹介も、まだまだ続きます。

------------

タケカンムリ 門田雅道(竹工芸/西条市)

f:id:keibunsha2:20120910114332j:image

f:id:keibunsha2:20120909101128j:image

門田さんは地元愛媛産の竹を使い、伐採から仕上げまで、すべてを1人でされています。アジロや六つ目ではなく、格子編みでスクエアに成形されたカゴ、箱もの類は、実用的でありながら、デザイン性も高く、目を引く個性があります。写真は今回も販売する「明日着る服いれるカゴ」。門田さんが一番思い入れのある作品だそうです。使い方はその人なりのものがあると思いますが、このようなちょっといいカゴ類は、脱ぎ捨てた服をそのまま放り込んでも、部屋が散らかった印象にならないんです。本当に。



スミダヒロミ(版画、染色/松山市)

f:id:keibunsha2:20120909101127j:image

f:id:keibunsha2:20120909101125j:image

砥部焼の買い付けに行った際、案内をお願いしていたギャラリーで出会ったのがスミダさんの版画でした。すこしわかりにくい表現ですが、70年代の少女にはメルヘンが、80年代の少女にはファンタジーがあったように思います。スミダさんの作品は前者にあたり、ある種のノスタルジックさと、少し毒気のあるシュールさを伴った、不思議な世界観です。限定販売となる手刷りの木版画作品が6枚添付された2013年のカレンダーに加え、版画とは全く違う作風の、子供が書きなぐったかのような素朴な文様の布ものも数点出展していただきます。

--------------

コトバヨネット提供「愛媛の友だち展」

会期:2012年9月15日(土)-9月28日(金)

場所:生活館ミニギャラリー

--------------


(田川)