Hatena::ブログ(Diary)

Lucky one & Ebi このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-06-20

[]いい週末だった

この週末といったら、なんだか豊かであった。

まず金曜日に読んだことのない作家漫画を買う。仕事勉強のための本も買う。髪を切って、丸1日仕事をした後、すてきなカフェで、ふわふわのパンケーキを食べて、ごくごくと柑橘のソーダを飲んだ。その間に漫画と本は二冊とも読み切った。

私はいつもなんとなくぐったりしていて、仕事中はわりとくるくる動き回るし、ちょっと楽しそうにしていることもあるんだけども、仕事が終わると一目散におうちに帰って、ぐでーたまーと寝てしまう。スタミナがないから。でも、すきまに楽しいことを詰め込んで、ぐっと幸せな気分になれるんだなーって思った。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keiko23/20160620

2016-06-18

[]ニューヨークで考え中

ニューヨークで考え中

ニューヨークで考え中

今週末は何を読もうかと考えて、この漫画を手に取った。ニューヨークには行ったことがない。いつか行きたいと思っているけども、いつでも行けそうな気がして、行けていなくて、でもそろそろ行かなければ、と思う。この夏にでも行こうか。

同世代かどうかなんてどうでもいいことかもしれないけど、同世代の筆者が、ニューヨークで、ふと立ち止まって、考えているとき。私も、この日々の積み重ねのことを思った。手を抜いてはいけないし、恥ずかしがっては、いけないのだと思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keiko23/20160618

2016-06-12

羊と鋼の森

羊と鋼の森

昔、家にグランドピアノがあったことがあって、いつも決まった調律師のおじさんが来てくれてた。彼はこの本の主人公とはちがって、彼自身ピアノを弾くことがあって、幼いわたしには魔法音楽のように思えたものだった。わたしピアノはもう高校から弾いてなくって、結局ピアノ音楽大事にできなくって申し訳ないな。

週末に本を読めるって幸せだなー!!!!!!!!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keiko23/20160612

2016-04-29

[]髪を切りました

今日美容院で、前にいた女の人が、自分がいかに食べているか、食欲がないのに食べたいなんてまるで太った人みたいに食べている、こんな太りそうなものばかり食べている、みたいな話をずっとしてて、そんなに面白い話でもないのになあ、と思って。飲み会とかで会話が途切れちゃう私としては、途切れない会話の内容ってこんな感じなのかなあとか、いろいろ思ってた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keiko23/20160429

2016-04-09

[]そういう日。

今日はぐっすり寝て、ちょっと食べて、またぐっすり寝たりして、そして散歩したりして、好きなパン屋さんに寄ったり、ちょっと友達にあげるものを買ったりとか、そういう日だった! 昨日たくさんDVDを借りたのにまだ全然見られていない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keiko23/20160409

2016-04-01

[]話をすることとか

自分がこんなことを思っている、まだ不確かだけれどこんなことがひっかかっている、みたいなことを、話すことができて、それを聞いてもらえる、受け止めてもらえることはたぶんすごく幸せことだなあと思う。たまにそういうひとと出会うから絶望なんてせずにいられるのだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keiko23/20160401

2016-03-30

[]春はどんなものだったか

春というものは、暖房はつけないものだったっけ、と肌寒くて耐えられなくて思う。でももうお花見をするような時期だよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keiko23/20160330

2016-02-26

あみなおす、みたいな。

ちょっと最近は、素直に肯定できなかった自分の特徴を、再評価、再構築するような時期かなあと思う。

suganokeisuganokei 2016/03/27 18:56 編み直す、いい言葉ですね。

keiko23keiko23 2016/03/30 01:03 編み編み、してます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keiko23/20160226

2016-02-24

[]何もないと思っていたあとに残るもの

自分なんてない、というのが大学生のころは口癖のように思っていて、そういうころに書いていたものって、あとから読むとなんのことを言ってるのかよくわからんような焦点をぼかしたものが多い気がする。対人関係においても、自分が何を思っているかなんてどうでもいいよ、どうせこの自分も誰かのコピーであるし、まあとにかくなんでもいいし、まあなんだっていいじゃない、みたいな気持ちでいたと思う。まあ、普通に感情を出したりもしていたと思うけれど。かわいいねおいしいねとか。ということを長年続けてきて、ここにきて、なんか自分というものが、もしかしたらあるのかもしれない、というか、少なくとも、私の話を聞いてもらえてうれしい、みたいな気持ちがあるなと。私の、私の、私の話を聞け〜とは思わないけど。自分があるというより、ひとは認められて生きたいという普遍的な欲求なのかもしれないけど。

trickytricky 2016/04/05 17:13 自分なんてない、というけいこさんの言説はかっこいいなーとずっと思っていたのですが、自分があるかもしれない、という発見もまた素敵なことだと思いました。大事なのはどういう思想(?)を持つかではなくて、どう変化するかなのかな、と思ったり。

keiko23keiko23 2016/04/05 22:52 学生のころは、自分を持ってる人、とか思われると恥ずかしいっていう思いもあったと思います。ちょっと違うことですけど、ユニークな存在であると思われることを避けたい、という思いは今でもあります。少しずつ、経験を積み重ねて、変化していっているのかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keiko23/20160224

2016-02-06

[]お金のこと

いまは自分お金でなんとか生活できているけれど、人生の一時期、本当にカツカツってときがあった。大人になってから。そのころはちょうど友人たちが結婚するころで、結婚のお祝いをあげたい、すなおにそう思うような大事な友人たちだったけど、お金がなくて、たとえばお金となにか品物を贈ってなんとかかさまししたり、いわばとても苦しかった。そのころは飲み会に誘われるのもちょっとつらかったし、なんならおごられるのもいやだった。結局お礼の品とか持って行っちゃうから、お金いるから。それくらいなら家で納豆と米とか食べていたかった。でもいま、なんとか生活はできていて、大事友達大事ときにお祝いを贈ることができる。それはすごくうれしい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keiko23/20160206