Hatena::ブログ(Diary)

Lucky one & Ebi このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-07-25

[]買い物の傾向

最近ネットで何かを買うとき基準が、これ買っておくと買わないよりめんどくさくないぞ、みたいな、省エネのための買い物もけっこう多い。めんどくさがり。

そんなんばっかりだけど、ときどき街に出ると、すてきなものに出くわしたりして、人生を豊かにするための買い物をする。かわいいものとかね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keiko23/20160725

2016-07-24

[]村に火をつけ、白痴になれ

村に火をつけ,白痴になれ――伊藤野枝伝

村に火をつけ,白痴になれ――伊藤野枝伝

今週末の読み物はこれにした。だいたい先週はずっと働きどおしの週末だったから、まあ平日に本はいくつか読めたけど、今日は思う存分ごろごろして本を読むことにしていた。

無政府主義とかはよくわからない。自由でいたいとは思う。

野枝さんというひとは自由なひとだなと思った。いいな。男女のフレンドシップの話はなんとなくわかるような。

私も本を読んでおいしいものを食べてごろごろして生きていきたいけど、いまの仕事をするようになってから、随分自由になった気がする。自分自身が、生きていることを受け入れる過程とちょうど重なったというせいもあるかもしれない。平日は思う存分働いて、週末も多少働いて。それでほしい本をがつがつ買って、ときどきぐうぐう寝ながら、読み進める。本屋に行くと次々新しい本が出ているし、人生は限られているし、いったいどうしたものか、と思うのはあるんだけどね。

[]靴のこと

少し前に書いた「ニューヨークで考え中」で、著者がすてきな靴を持っていて、その靴をはいていると見知らぬ人にほめられることが多いという話があった。昔「花より男子」で、花沢類の好きだった年上の美しい女性が、「靴はいい靴をはく、そうすると靴が素敵な場所につれてってくれるの」的なことを言っていたような気がする。

そんなわけでずっと素敵な靴を探しているのだけど、もうずっと探しているのだけど、ぶさいくな足の形もあって、ヒールはてんでだめとあって、なかなか出会いません。かっこよくてつかれなくってどこにだって歩いて行けそうな靴はどこだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keiko23/20160724

2016-07-18

[]料理

もう会うことはないその人が、いい年をしてろくに料理もしたことがなかった私がつくった料理をおいしいおいしいといって食べてくれたから、私はい安心して料理ができているのだと思う。

[]ポーカーフェイス

なんか、あんまり笑わないポーカーフェイスな人が自分といるときに笑ってくれると、こういう人懐っこいところあったんだ、うわわわーと思ってうれしくなる。そういう戦法か?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keiko23/20160718

2016-07-17

[]漫画三昧〜

塩田先生と雨井ちゃん

塩田先生と雨井ちゃん

雨井ちゃんかわいい。不適切ときにこみあげてくる笑顔とかすごくかわいい。

能面女子の花子さん (KCx)

能面女子の花子さん (KCx)

能面つけてる女子高生っていう設定。出落ちみたいな。楽しい漫画だった。

岡崎に捧ぐ 2 (コミックス単行本)

岡崎に捧ぐ 2 (コミックス単行本)

世代が作者と近くて、子供の頃のことを書いてて、わかるわかる、って思う。あとがきの、1巻を読んだ元同級生からきた手紙の話とかじんとしちゃった。

今週は目についた漫画を買う週に。

書斎いっぱいの漫画休日囲まれてごろごろする妄想をして、今日仕事だぜ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keiko23/20160717

2016-07-10

[]裸足の季節

トルコの美しい女の子たちの話。田舎の古いしきたりに従って、男の子たちと騎馬戦をしただけで家に幽閉されてしまい、花嫁修業だけをさせられることになった女の子たちは1人ずつ結婚させられていく、という話。結婚のために処女性を求めるくせに姪っ子に性的虐待をする叔父とか、なんだかんだで女の子たちにとって結婚が当然の幸せ(しきたり)として疑わない年上の女たちがいて。でも年上の女たちが味方をすることもあるんだよね。それにちょっと救われた。自由に生きていけるのでなければ。

私はなんとなく最近ショートヘアが多かったんだけども、まあそれは伸びる前に痺れを切らすのもあるけれど、長い髪にしたら、日本人の私がそうしたら、日本人女性らしくなってしまうんじゃないかというような変な危惧もあって。でもこの女の子たちの美しい長い髪を見て、それをもって自由に近づくのを見て、髪を伸ばしたって、それで自由が損なわれるわけじゃないんだから、と思った。

やっぱり映画館で見るっていいなあ。DVDで見ると、途中で洗濯物を干したりしてしまうんだもの。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keiko23/20160710

2016-07-02

[]ぼくは工具とあきらめを手にしてる

レコードプレーヤー(やっすいの)を買ってもう2年くらいだけど、結局3枚だけレコードを持っている。そのうちの1枚がこれ。散歩中に出会ったレコード屋で適当に選んだ。なにしろ3枚しか持っていないし、レコードを1枚入れたなら、数か月は入れっぱなしで、聴きっぱなしだから、歌詞も把握していないのに、ずっと聴いている。でもそれって音楽ってこういうものだったのかもなあと思うし、さすがにずっと聴いていると、心地よさの中に、歌詞が聞こえてきて、なんていい音楽なんだーと思う。そういうわけで今日歌詞カードをはじめて取り出してみたところ、SIDE1と2があるのに、2ばかり聴き続けていたこともわかった。歌詞カードだけ見てみても、この言葉にどんな音楽がのっていたのか、まったく思い出せかったけど、歌詞を見ながら歌を聴くと、凄みが。という休日です。今日は大好きな友人たちと久しぶりに会う日で、とてもうれしいです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keiko23/20160702

2016-06-20

[]いい週末だった

この週末といったら、なんだか豊かであった。

まず金曜日に読んだことのない作家漫画を買う。仕事勉強のための本も買う。髪を切って、丸1日仕事をした後、すてきなカフェで、ふわふわのパンケーキを食べて、ごくごくと柑橘のソーダを飲んだ。その間に漫画と本は二冊とも読み切った。

私はいつもなんとなくぐったりしていて、仕事中はわりとくるくる動き回るし、ちょっと楽しそうにしていることもあるんだけども、仕事が終わると一目散におうちに帰って、ぐでーたまーと寝てしまう。スタミナがないから。でも、すきまに楽しいことを詰め込んで、ぐっと幸せな気分になれるんだなーって思った。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keiko23/20160620

2016-06-18

[]ニューヨークで考え中

ニューヨークで考え中

ニューヨークで考え中

今週末は何を読もうかと考えて、この漫画を手に取った。ニューヨークには行ったことがない。いつか行きたいと思っているけども、いつでも行けそうな気がして、行けていなくて、でもそろそろ行かなければ、と思う。この夏にでも行こうか。

同世代かどうかなんてどうでもいいことかもしれないけど、同世代の筆者が、ニューヨークで、ふと立ち止まって、考えているとき。私も、この日々の積み重ねのことを思った。手を抜いてはいけないし、恥ずかしがっては、いけないのだと思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keiko23/20160618

2016-06-12

羊と鋼の森

羊と鋼の森

昔、家にグランドピアノがあったことがあって、いつも決まった調律師のおじさんが来てくれてた。彼はこの本の主人公とはちがって、彼自身ピアノを弾くことがあって、幼いわたしには魔法音楽のように思えたものだった。わたしピアノはもう高校から弾いてなくって、結局ピアノ音楽大事にできなくって申し訳ないな。

週末に本を読めるって幸せだなー!!!!!!!!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keiko23/20160612

2016-04-29

[]髪を切りました

今日美容院で、前にいた女の人が、自分がいかに食べているか、食欲がないのに食べたいなんてまるで太った人みたいに食べている、こんな太りそうなものばかり食べている、みたいな話をずっとしてて、そんなに面白い話でもないのになあ、と思って。飲み会とかで会話が途切れちゃう私としては、途切れない会話の内容ってこんな感じなのかなあとか、いろいろ思ってた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/keiko23/20160429