Hatena::ブログ(Diary)

@keitabando のブログ

2008-10-15

[][][]オープンアクセスの日もオープンアクセスな夜も大成功


オープンアクセスの日、大成功

オープンアクセスの日、無事終了しました。

やってきました。ぶちかましてきました。

昼間は、100名くらいの参加者相手に、坂ちゃん、がんばりました。


Open Access Day & Night - simpleA@hatena

がんばりました。が、プレゼンは大失敗です(当社比0.6倍)。><

あれだけ準備して、練習しても、全く本番に弱い男です、、情けない。><

とは言え、スライド準備にご協力頂いた皆さま、本当にありがとうございました。

会場でお会いした多くの方々から、「あー、やっとMy Open Archiveがなんぞや分かったよー」とのメールも頂きつつあります。

「埋もれた論文を投稿してもらうサイトです」という「My Open Archive」の説明に対して、会場には不思議な雰囲気が流れていました。現実に学会誌や紀要をつくっている人たちにとって坂東さんのサービスはおめめパチクリものなのですね。その雰囲気を感じ、また「Scribd」のようなシリコンバレーの事業者とさらっと、しかしきっちり手を結んでいるしたたかさを見て、「「My Open Archive」は破壊的サービスかも」と思ったのでした。


坂東さんの講演を聴いてきた - 横浜逍遙亭

そうなんです、何と中山さんも駆けつけてくれていたんです!中ちゃん、サンキュ。

もぅ、会場の雰囲気を感じ取る余裕のない緊張感で予定の20分を全く気にすることできず喋りきってきたのですが、恐れていたw土屋先生のツッコミもなく、全体的には「?」マークが多かったのでしょうか、どうでしょうか…いずれブログ上で評判を聞くことができればと思います。

その中で坂東さんのポジションは実にまか不思議でいい感じ。金城さんというビジネス参謀がついているし、将来が楽しみです。

勝手な見立てですが、グローバルにつながり、ローカルなシェアを押さえることが戦略となる(なっている)のではないでしょうか。

坂東さん、がんばってね。


坂東さんの講演を聴いてきた - 横浜逍遙亭

こうして、何度もお会いしている中山さんに、改めて活動内容ご理解頂き、立ち位置含めたスゴ評頂いたのは身に余る光栄です。

がんばるよ!


中山さん以外にも、ブロガーの方が沢山参加されていたのがSPARCとしては異質のセミナーだったのじゃないかと思います。

#まぁ、講演者が僕と佐藤(id:min2-fly)さん、ってのもあって。。


遠方から応援に駆けつけてくれた方々も。東北よりid:myrmecoleonさん、関西よりid:kitoneさん、ありがとう。

myrmecoleonさんはid:fuzzy2さんとの出会いを楽しみにされていたようですが、残念。。でも特別ゲストのid:bookscannerさんとお会いできて良かったですねー。

kitoneさん、約束のメーシコーカン*1できて良かったです。今度は関西で再会の約束、近々やりたいですね。


佐藤さん関係(=筑波関係?)で、id:tzhさん、id:kunimiyaさん、id:haruka-izumiさん、Nightでは隣席で初対面・再会できて嬉しかったです。

何と、あの逸村先生ともメーシコーカンできましたよ!

逸村先生、僕のブログご覧頂けるのでしょうか。もしかしてコメント付いたりして、なんて妄想可能な方は、はてブで[逸村裕]タグを。w(ゼッタイアリエナイシリーズ1)

喜々先生(id:actdifferent*2といい、髭とネクタイに拘る大学の先生に惹き付けられる私です。

逸村先生は以前名古屋にいらっしゃったということで、ズバリ、勤務先の大学見抜かれていました。何故??

草の根活動に激励メッセージ頂いて感激です。


ユサコの増田さんも、もぅ三度目*3の再会です。代表取締役社長さまをご紹介頂き、ありがとうございました。


私のスライドで、クロウやリンチの話題を出した時、倉田先生の著書(学術情報流通とオープンアクセス))を読んで引用したとお話した瞬間、最前列でニヤリとされた方に自然と目が移ったのですが、なな何と倉田先生ご本人っ!

しまった!サイン貰い損ねた><

でも林さんにご紹介頂き、メーシコーカンは果たせました。その上、何とサプライズ!プレゼントを頂いてしまった!!!!!

失神しそうでした(大袈裟)。

科研のプロジェクトの参考にー、と文献まで頂いて。。喜々先生、涼々先生(id:kaposvar)、今度のミーティングでご紹介しますので、お礼の文献ご準備下さいー(My Open Archiveにアップ、という意味です。w)。

倉田先生には、討議においても講師並みの解説を頂いた上に、My Open Archiveの取組みについてもコメント頂きました。

倉田先生の口から「坂東さんの〜」とか「My Open Archiveのような〜」だなんて、考えもしかなったコメントが。。

お礼メールに返信迄頂きました。ブログ書きましたこと、ご報告申し上げます。

はてなスターを付けて頂くことは先ずないでしょうが、コメントがあるんじゃないかと予想・期待・妄想される方は、はてブで[倉田敬子]タグを。w(ゼッタイアリエナイシリーズ2)


同様な驚きとしては、あの土屋先生からも「坂東さんの〜」といったコメントが。。

永井さんと土屋先生の序盤攻防を見てタジタジのドキドキだったんです。

控え目にコメント頂いて安心してる場合じゃなかったんですが、自分自身をそしてMy Open Archiveの存在を知って頂いただけでも嬉しかったです。

実際、本音としてはどう感じ捉えられたんだろうか、このエントリのコメント欄に書き込みがあると予想される方はブックマークのコメント欄に[土屋俊]タグを。w(ゼッタイアリエナイシリーズ3)


オープンアクセスな夜、大成功

そして勿論、オープンアクセスな夜も、大成功でした。

だってそりゃ当たり前、宴会部長がsimpleAだったんだから。w

夜の部担当大臣としては、Open Access Nightは大成功だったんじゃないかと思ってます。大学関係者、図書館関係者、出版関係者、学会関係者、マイクロフィルム関係者、 MyOpenArchive関係者、simple関係者など、いろーんな顔が、本音で、本気で、未来についておしゃべりー。simple主催なため、かなーりいい加減な空間となりましたが、それぞれ、なんらかの良い遭遇があったんではないか、と祈ってまーす。


Open Access Day & Night - simpleA@hatena

Nightの名簿見たらたまげますよ、社長。

分野横断(林さん、やっぱもうちょっと良い表現が欲しいですね。w)した集まりが、利害関係や所属なぞ関係なくして2時間呑み放題の大宴会でした。端から見れば合コンですかあれ。

とにかく良い遭遇、運命の出会いもあったよーです。

モチベーションと言うのか、知的好奇心と言うのか、向上心と言うのか…

とにかく私が今まで会って来た人たちの中でも、こんなに高い人は居ないんじゃないか

と思うひとが約30名も、ひとつの部屋に居たのです。

とても有意義。こんな充実した日はたぶん何年かぶり。出席して本当に良かったです。


今日はオープンサクセスの日 - ココナッツの日記

ココナッツさん、「趣味は将棋です」にニヤリどころか握り拳を膝上でつくり、心の中でヤッターと叫んでいたのは私です。w


「坂東さんに会いに来ました」と、知らない人(が殆どなんだけど)誤解招いてもしょーがない自己紹介をされたカニ(id:kany1120)ちゃん、シュッポロ*4以来、久し振り☆


図書館退屈男さんが右隣だったんですが、図書館退屈男: レゴで図書館を作ってみたネタで界隈大盛り上がり。w

その他、書ききれないたくさんの方とメーシコーカンさせて頂きました。ありがとうありがとう。


しかし、、残念ながら参加できなかった方々もいらっしゃいます。

行きたかったぁ。

来年はぜひ!


オープンアクセスの日 - てらぽんブログその2

今日はオープンアクセスの日ということで、東京神保町では「オープンアクセスな夜」も開催されます。しかし、残念ですが仕事の都合で、私は参加できません。


オープンアクセスの日 - 工場統計力学(建設中!)

オープンアクセス記念でしょうか、CUSCUSさんが論文を投稿して下さいました。

screenshot


そして、ちょうど僕の講演スタートを見計らって、メールくれた優しき九州男児がいました。

坂東さん、

講演がんばってください。

…それだけです(笑)

では、大分から小野でした。

なんてーヤツだ、小野(id:sap0220)さん(涙)。「それ」が嬉しいんだよ、ありがとう(号泣)。


で、最後の最後に改めて御礼申し上げます。

永井さん、とっても優しい永井さん、今度趣味の分野に引き連れてって下さい。

富田さん、ブログ見て頂いてるとのことでありがとうございます&スター下さい。

佐藤さん、アナタには色んな意味で負けました。でも負けません。勝ちもしません。一緒に勝ちましょう。

何だかよく分からなくなってしまってスミマセン。きちんとした御礼はメールをご覧下さい。


そして

金城さん、DayもNightも、いやOpenAccessDay.orgとのやりとりからスライド駄目押しコメントから撮影手配から、何から何までお世話になりました。ありがとう。

そして

林さん。お疲れ様でした。本当に素晴らしいイベント、大成功を一緒に祝えたNight2で誓ったこれから、ワクワクすることばかりです。ビール美味しかったですね、、また美味しいビール呑む為に色々頑張りますんでこれからもよろしくお願いします。



やったーーおわったーー

simpleAsimpleA 2008/10/15 23:43 坂ちゃん、
的に矢を射る、って考えると、「プレゼンは大失敗です」って思えてきちゃうかもしんないので、ぜひ、矢の当たったところに的を描きましょ。そのために、simpleAがPR Directorとしてお仕え申すわけですから。
坂ちゃんプレゼンは大成功です!

sap0220sap0220 2008/10/15 23:49 お疲れサマー坂東さーん!詳細は週末金ちゃんからの報告で(笑)

green_summergreen_summer 2008/10/16 00:26 「坂ちゃんプレゼンは大成功です!」そうです、そうです♪ お疲れ様でしたー♪
すっごくおもしろかったです。いきなり出てきた「氷山の一角」の絵には、ヒヤっとした人が多いはずですw 「つまりマッシュアップですよね」と片付けられたH氏にも驚きましたけどねw 初回なのにみなさん毒舌でw 来年が楽しみです。

kany1120kany1120 2008/10/16 00:31 板東ファンで新婚のかにです(笑)。昼に駆けつけられなかったのがくやしーっ。またの機会を楽しみにしてます。きっと追っかけます。

fuzzy2fuzzy2 2008/10/16 03:00 今度は海外で英語発表やってくださーい!

土屋俊土屋俊 2008/10/16 05:28 なぜ、永井さんの支離滅裂な論理に文句をつけて、MyOpenArchiveについてコメントしなかったかというと、つまらなかったからです。佐藤さんのは「事実」とはほとんど言えないことを発表していたような気がしますが、方法的にはやらないといけないことだったと思います。富田さんの話も聞きあきているのでコメントしませんでした。坂東さんのは、基本的に何をやりたいのかまったくわかりませんでした。おそらく世代の違いによる説明が楽なのでしょうが、基本的には、学術とか学問というのは保守的な価値観のなかで、その価値観を打破するところに醍醐味があるのであり、その価値観をとらないと主張することによっては学問的なものは生まれないと思うからです。「埋もれている」論文は、端的に埋もれているのであり、今とくに発掘する価値はないのだろうと思います。ウェブで利用可能になったとして埋もれつづけるようであったならば、やはり、埋もれているしかないのであり、何十年後かに再発見されることがあったとしても、それはウェブに公開されていたからではなく、別にどこかの研究室のメモとして残っていただけであってもよいわけです。そんなものをオープンアクセスにすることは当面ぼくにとっては重要な課題ではないと思っているので、つまらなかったわけです。関係ありませんが、今仁さんとは共著エッセイがありますよ。

simpleAsimpleA 2008/10/16 07:21 坂ちゃん、
おめでとう。土屋さんのコメントをいただけたのは、MOAにとって、かなーり大きな一歩です。

RonronRonron 2008/10/16 09:35 坂東さん、おつかれさま。
スライド拝見しました。これから…って期待感が膨らんでます。
ロングテール…アマゾンも飛躍しました。MOAも続きましょー。
えっと…資格取ったら手伝わせてください(笑。

kikake77kikake77 2008/10/16 16:12 生物・医学分野の人間から言わせてもらうと
OpenAccessの雑誌なんかに載ってる論文を信用すると痛い目にあう。
そうでなくても、査読の甘い雑誌が増えていて、
日本では論文博士のため適当に書いたとしか思えない論文が量産態勢です。
アタリショックを起こしそうです。
(起こってますけど)
すでにNIHのpubmedとかで十分すぎるほどopenでfreeですので、
この分野に関してはこれ以上は勘弁してください。
土屋さんの言うとおり埋もれるには埋もれるだけの理由があり、
それは正当だ。
埋もれないものは現状埋もれないだけの環境が整備されている。
これも正当だ。
と思いますよん。

keitabandokeitabando 2008/10/17 02:54 みなさーん
DayもNightも大反響なら、エントリも一部の方ご心配する程w大反響!嬉しいです。ありがとぅー。:-)


ナルちゃん
> 坂ちゃんプレゼンは大成功です!
自己評価は厳しく。しかしナルちゃんはじめとした多くの方にプレゼン大成功を祝して頂き、これは是非皆さんにビデオでも見て頂かねば、とNIIに映像データ提供依頼中です。お楽しみに。

悠ちゃん
> 詳細は週末金ちゃんからの報告で(笑)
あることないこといっぱい喋ると思いますので、大袈裟に受け取って下さい。w
ありがとね、メール。

ココナッツさん
> H氏にも驚きましたけどねw
Nightの自己紹介には更に驚きましたけどね。
Day, Night, and waiwai、楽しくご一緒させて頂きましたー。

かにちゃん
> 板東ファンで新婚のかにです(笑)。…きっと追っかけます。
ファンクラブ結成して下さい。w
秘書仕事もきちんとこなして下さい。w

ファジーさん
> 今度は海外で英語発表やってくださーい!
はーい。来年アルゼンチンでやりまーす。その前にシリコンバレーでやりまーす。
…ナルちゃんが。w

土屋先生
キタ━(゜∀゜)━!!初コメントありがとうございます。
> つまらなかったからです。
来年のオープンアクセスな日は是非楽しんで頂けるよう面白い話を準備したいと思いますので、またお話させてくださいっ。
> 関係ありませんが、今仁さんとは共著エッセイがありますよ。
( ̄□ ̄;)!!
今度3人でお茶でも是非。。

ナルちゃん
> 土屋さんのコメントをいただけたのは、MOAにとって、かなーり大きな一歩です。
日頃は、はてブやコメントの少ない当ブログですが、こんな大盛り上がりに。
倉田先生、逸村先生はまだかなー。w

辻さん
> えっと…資格取ったら手伝わせてください(笑。
お。5人目?
いや、実は秘書希望者が居ますので、面接合格すれば6人目候補です。
面接はグーグル社なみに厳しいので覚悟を。w

kikake77さん
はじめまして。
> この分野に関してはこれ以上は勘弁してください。
なるほど、勉強になりました。
でも、セミナー会場でご発言頂いてたら固まってしまってたかもです。w


続いて、はてブでコメント頂いてるので返信を…


kitoneさん
> すごく落ち着いててかっこよかったですけど?
お。かにちゃん、ここにもファンが。ご心配なく、男性ですから。w
いやー、、、照れますよ、ほんと。ありがとうー。

佐藤さん
> 「かっけぇ・・・」と思って見てました
佐藤さんのプレゼン、「すっげぇ・・・」と思って見てました。いや、ホント。
しかし倉田先生いらっしゃるは、土屋先生いらっしゃるは、id:next49さんもいらっしゃったのか!には驚きと喜びでしたね。

sinngetuさん
> うーむ、行きたかった
来年の10月14日の休暇申請をしといて下さいー。w

近藤さん
> がんばれ坂東さん。
応援メッセージ届いてますよ、一番多く。ありがとうございます!
是非来年のNightはご参加を。w

陽ちゃん
> コメント欄が楽しい
僕も楽しんでます。滅多とない機会なんで。:-)

悠ちゃん
> 「気がついたら横にいた」と言われる存在になれたらかっこ良い。
斜め上辺りを狙ってます。とか何とか言わせないでー。w

かにちゃん
> 名前の漢字間違えてごめんなさい。
面接の時は間違えないよーに。w

佐浦さん
> それにしてもコメント欄がすごいことに。
お友達もお誘いの上、もっとすごいことにしちゃって下さいー。w


みなさーん
盛り上げて頂き、ありがとうございましたー。:-)

EmmausEmmaus 2008/10/17 03:51 板東さん、板東がやってらっしゃることこのブログに来て読んでいました。とっても専門的なことでわたくしのような門外のものが口を挿むのも何だか軽るがるしいので遠慮しちゃいますが、遠くでSJCの旗振ってエールを送っておりましたよ。今日はなぜかこうしてついコメントしてみました。何かわたくしにも伝わる記念のようなもの<情熱>を感じたからでしょうか。ありがとうという言葉が浮かびます。ありがとう。そして乾杯!

keitabandokeitabando 2008/10/17 04:49 わ。下川さん
> 遠くでSJCの旗振ってエールを送っておりましたよ。
雨に濡れてびっしょりだったでしょう、ありがとうございました。
> <情熱>を感じたからでしょうか。ありがとうという言葉が浮かびます。ありがとう。そして乾杯!
もぅ、僕は幸せ者です。こんなに愛を沢山受け取れるなんて。
間もなく朝を迎えますが、一杯やりますか。乾杯!!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close