このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-01-16

事件をダシにして「男女混合名簿反対」を主張する政治家


十条氏の十条より微々たる情報発信経由


「男女混合名簿」が引き起こすモノ

 読売新聞によると、インターネット上で「撮影モデル」を希望する女性と、撮影する男性が情報交換する‘専門サイト’が増えているそうです。もちろん年齢を偽り18歳未満の少女が書き込みをしているサイトもあるのだそうです。…そしてついには「犯罪の落とし穴」にはまってしまう少女が続出している、とのことです。

 現実に『モデル募集』という名目で少女を誘い出して少女と性交渉したり、ホテルなどで強引な撮影をしたりする事件が起きています

こうした事件の背景から「お金欲しさのあまり、軽い気持ちで面識のない男と会い、被害に遭ってしまう幼稚な少女が多い」という実態が浮き彫りにされます。そしてもう一点、「男と女は平等だ」だとか、思春期に男子との接触が近くなりすぎて、男女間の意識が希薄し、何のためらいも、恥ずかしさも感じない男児・女児が増えているからではないでしょうか?!

 したがって「ジェンダー教育こそ、性犯罪の起因となるもの」と定義します。恥ずかしながら、伊勢崎市が全国第7番目に施行したと豪語する「男女混合名簿」なんてものは、青少年の心を乱すとんでもない代物であります。もう、見過ごすわけにはいきません!

 現在、伊勢崎市が施行しているこの「男女混合名簿」に反対していただけますよう、どうか全国の良識あるみなさまからの「非難の声」をお寄せください。

被害にあった少女は「ジェンダー教育」を受けたのか? その点を確認せずに、どうして「ジェンダー教育」が性犯罪の起因であるという「定義」?が成立するのか?

少なくとも現時点では、「ジェンダー教育」と「被害に遭った少女」の因果関係は不明であり、被害にあった少女は「ジェンダー教育」を受けていないから被害に遭ったのかもしれないし、「ジェンダー教育」が不十分だったから被害に遭ったのかもしれないし、「ジェンダー教育」とは無関係に、別の要因で被害に遭ったのかもしれない、という推論も同じように成り立つわけだ。

伊藤議員は自分の政治的主張のために事件をダシにしていると言われてもしかたと思う。

opemu氏のhttp://d.hatena.ne.jp/opemu/20060113:title=

国土計画とジェンダーフリーって何の関係?]でも、奇異な現象が指摘されている。

opemuopemu 2006/01/16 00:35 こんにちは。半休業のお知らせに寂しい思いをしていましたので、TBを頂き嬉しい限りです。
上で御紹介の伊藤議員のブログ。ジェンフリ批判の牽強付会っぷりは見慣れているつもりですが、さすがに性犯罪被害を「男女混合名簿」のせいにするのは無理がありすぎですね。
自分達の歴史教科書の主張の胡散臭さにも関わってくるから、ジェンフリ批判や特に女系天皇問題とかで、もうこれ以上珍説(八木秀次氏のY染色体論とか)を主張されない方が、つくる会保守の方々のためではと思ったりするんですけどね。いや、個人的にはもっと墓穴を掘れという立場なんですが。

kemu-rikemu-ri 2006/01/16 16:11 ありがとうございます。