このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-06-27

持論を表明しないとデマゴギーを批判できないのか?

6月27日改題、深夜再改題

野良猫氏の全面的敗北宣言がエスカレートしている。

 一応は今月いっぱい、ギリギリで今週いっばいくらいまで「青狐グループ」の方々からの回答を待つことにします。

 そして、期間内にここのコメント欄で誰も説明しなかった場合は「全面敗北宣言」と解釈させていただきます。

 別に語りたくないのであればいっこうに構いませんが、これ以降に他ブログで「南京」の論争をふっかけるのはやめていただきたい。

 単なるパロディにまで反応されていては興ざめですからね。

Posted by 野良猫 at 2006年06月26日 19:52


しかし、

「○万人説」を支持しているか持説を表明できない人間は「全面的敗北宣言」と解釈する

apemanさんが既に指摘しているように、この論理では「中虐殺派」「小虐殺派」「まぼろし派」のいずれかを表明せずに「中国の30万説」に疑義を述べた人間も同様に「全面的敗北宣言」と解釈されることになるわけで、要は「青狐グループ」を屈服させたいという気持ちが空回りして、トンデモの次元に踏み込んでしまっている。

実際はもちろん、中国の30万人説に疑義を述べるのに、「中虐殺派」「小虐殺派」「まぼろし派」のいずれかの立場にたつ必要はない。




十条氏が噛んで含めるように説明しているが、たぶん通じないだろう。

「野良猫さん、言っていることがトンデモの域になっていますよ。

>議論の入り口はここにあり、門をくぐろうとしない人間に付き合うほど他人は暇でもない

野良猫さんの観念では議論の入り口は一つしかないみたいですが、それを他人に押しつけるのはやめたほうがいいですね。

ここでの「門」は「捏造説」に同意できるか否かという次元の論点でした。捏造説に同意できない人間が捏造説の根拠を崩した。いま、捏造説を述べた人は「捏造」と断定する根拠を失った。
ちゃんとした「分析的」議論ではないですか。

捏造説」に同意できない人間が「何人説」を支持するか表明する必要はないです。「捏造説」の替わりに「30万人説」でも「東中野説」でも同じことです。
「30万人説」に同意できるか否か、という議論において、同意できない人間が「何人説」を支持するか表明する必要はありません。「東中野説」の場合でも同様です。」

「野良猫さんの論理を30万人説の議論に当てはめると、こうなります。

中国の30万人説に同意できない人間が、30万人説の論拠を崩した。そこに横やりが入る。「あなたはどの知識人の説を持論のベースとするのか。もし何らかの理由で答えない場合は、全面敗北宣言をしたものと解釈する」
こうして中国の30万人説の論拠を崩した人間が、野良猫メソッドでは「何万人説」かを表明しない場合は「全面的敗北宣言をした」ものと解釈される‥そんなバカな。

中国の30万人説に同意しない人間の大多数は、野良猫メソッドによって「全面敗北宣言をした」ものと解釈されてしまいそうですね。

このように、野良猫さんの「全面的敗北宣言」発言は、もはやトンデモの域です。
30万説を完全否定できない人間も、30万人説の論拠を批判して同説を「相対化」することはできるし、それは捏造説においても、インテリジェンスデザイン理論でも「水からの伝言」でも同じことなんですけどね。」



私は前投稿で「青狐メソッド」という言葉を使ったが、これは別に青狐氏独自のメソッドというほどのものではなく、その他の歴史修正主義や反ジェンフリ言説などに対する、「こじつけ」「飛躍」「短絡」「決めつけ」といったインチキ論理を指摘・批判するときに採用される論法としては一般的なものだろう。つまりプロパガンダ批判や、洗脳を解くための説得などに通じる方法論である。

ジェンフリを批判するのに、ジェンフリの立場にたつ必要はない。

ジェンフリの立場に立たなくとも反ジェンフリの「こじつけ」「飛躍」「短絡」「決めつけ」といったインチキ論理を指摘・批判することはできる。「反デマゴギー」という一点で十分である。

南京事件否定派というのも、田中正明から東中野修道まで確信犯的デマゴギーの歴史なのだから、これを批判するのに積極的肯定派である必要はない。「反デマゴギー」という一点で十分である。

野良猫氏の「全面的敗北宣言」という荒唐無稽な発言は「反デマゴギー」に対する焦燥を表現しているとも読めるだろう。しかし、南京事件否定派が「デマゴギー」であるという認識が共有されていない人間には、この構図はわかりにくいかもしれず、「青狐メソッド」にも再考の余地があるようにも思える。