このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-07-09

「ありえない」派、「ないと思う」派、「あったかもしれない」派

野良猫氏は前提を取り違えているように思える。

仮にブログの管理者へいわゆる「説得(南京事件肯定派への転向)」を望んでいたとしたら、


「ありえない」派とか「捏造である」派、「でっちあげである」派の人を一足飛びに「ある」派に「転向」できると考えている人はいないだろう(青狐氏にせよAPEMAN氏にせよ十条氏にせよ)。

とりあえず1回の議論で設定できる目標は、もっと小さいものである。


少し具体的に言えば、

・「ありえない」から「断定できないが、ないと思う」への転換、あるいは

・「ないと思う」から「あるかもしれない」への転換

を促すことができたら、(1回の議論では)十分だと思う。

特に前者について言えば、「思い込みで結論を出している立場」から「慎重に考える立場」への転換、「トリックに騙されないで、自分で確かめていく立場」への転換、「性急に結論」から「留保も有り」という立場への転換、このあたりが現実的な目標だと思う。

それが現実的目標とならざるを得ないようなまでに、田中正明や小林よしのりレベル、あるいはそれ以下のデマ情報がデフォルトとなっている人が存在する、ということだ。