”E” for ... Twitter

2011-12-25

Magit で複数のファイルに対して操作する

職場では Windows を使っているのですが、Cygwin だからか git が非常に遅いです。今困っているのは、Magit で複数ファイルを一括してステージしたり、アンステージする方法が見つからない事。全部、というのは S とか U とかでできるのですが…。git status が遅い環境では、1 ファイルずつ s でステージするのは遅過ぎて現実的ではないのです。

仕方ないので、手っ取り早く問題を軽減する処理を書きました。

ソースは以下ですが、はっきり言って自分用なので、デバッグも甘く、使うにあたって内部動作の理解が多少必要だと思います。

;;;
;;; Magit のバッファからファイル名を抽出して利用
;;;

(defvar my-magit-selected-files ()
  "選択されているファイルの名前のリスト。")

(defconst my-magit-file-beginning-regexp
  "^\t\\(Unmerged +\\|New +\\|Deleted +\\|Renamed +\\|Modified +\\|\\? +\\)?"
  "ファイルを表す行の行頭の正規表現。")

(defface my-magit-selected-face
  '((((class color) (background light))
     :background "LightGoldenRod")
    (((class color) (background dark))
     :background "DarkGoldenRod"))
  "選択中のファイルを表すフェイス。")

(defun my-magit-valid-buffer-p ()
  "操作可能な Magit のバッファかどうか。"
  (or (and (boundp 'magit-version)
           (eq major-mode 'magit-status-mode)) ; ver >= 1.1.0
      (eq major-mode 'magit-mode))) ; ver < 1.1.0

(defun my-magit-select-files (prefix)
  "ポイントのある行、もしくはリージョンのある行のファイルを選択。
PREFIX が t の場合 (前置引数がある場合) は、これまでの選択を一旦破棄してから処理します。"
  (interactive "P")
  (when (my-magit-valid-buffer-p)
    (when prefix (my-magit-clear-selected-files))
    (let (beg end lines)
      (if (and transient-mark-mode mark-active)
          (progn
            (setq mark-active nil)
            (setq beg (min (point) (mark)))
            (setq end (max (point) (mark)))
            (save-excursion
              (goto-char beg)
              (setq beg (line-beginning-position))
              (goto-char end)
              (unless (eq end (line-beginning-position))
                (setq end (line-end-position)))))
        (setq beg (line-beginning-position))
        (setq end (line-end-position)))
      (setq lines (split-string (buffer-substring-no-properties beg end) "[\n]+"))
      (while lines
        (let ((line (car lines)))
          (setq lines (cdr lines))
          (when (string-match (concat my-magit-file-beginning-regexp "\\(.+\\)") line)
            (let* ((file (match-string 2 line))
                   (hi-regexp (concat my-magit-file-beginning-regexp (regexp-quote file))))
              (if (member file my-magit-selected-files)
                  (progn
                    (setq my-magit-selected-files (delete file my-magit-selected-files))
                    (hi-lock-unface-buffer hi-regexp))
                (setq my-magit-selected-files (cons file my-magit-selected-files))
                (hi-lock-face-phrase-buffer hi-regexp 'my-magit-selected-face)))))))))

(defun my-magit-clear-selected-files ()
  "`my-magit-select-files' で選択されたファイルを全て破棄する。"
  (interactive)
  (when (my-magit-valid-buffer-p)
    (while my-magit-selected-files
      (hi-lock-unface-buffer (concat my-magit-file-beginning-regexp
                                     (regexp-quote (car my-magit-selected-files))))
      (setq my-magit-selected-files (cdr my-magit-selected-files)))))

(defun my-magit-re-hi-lock (&optional buffer)
  "`my-magit-select-files' で選択されたファイルを再度強調表示する。"
  (when (my-magit-valid-buffer-p)
    (let ((files my-magit-selected-files))
      (while files
        (let ((hi-regexp (concat my-magit-file-beginning-regexp
                                 (regexp-quote (car files)))))
          (hi-lock-unface-buffer hi-regexp)
          (hi-lock-face-phrase-buffer hi-regexp 'my-magit-selected-face)
          (setq files (cdr files)))))))

(defadvice magit-refresh-buffer (after my-hi-lock activate)
  "Magit のバッファの表示が更新された際には選択中のファイルを再度強調表示する。"
  (with-current-buffer (or buffer (current-buffer))
    (my-magit-re-hi-lock buffer)))

(defun my-magit-selected-files-string ()
  "`my-magit-select-files' で選択されたファイルを空白区切りの文字列として返す。"
  (if my-magit-selected-files
      (mapconcat (lambda (x) (concat "'" x "'")) my-magit-selected-files " ")
    ""))

(defun my-magit-insert-selected-files ()
  "`my-magit-select-files' で選択されたファイルを空白区切りの文字列としてバッファに挿入する。"
  (interactive)
  (insert (my-magit-selected-files-string)))

ユーザがインタラクティブに呼び出すのは、

  • my-magit-select-files (ファイルの選択、非選択切り替え)
  • my-magit-clear-selected-files (全選択解除)
  • my-magit-insert-selected-files (選択ファイルを文字列化してバッファに挿入)

の 3 つです。以下のように、自分の好きなキーに割り当てるといいと思います。私は今のところ、選択の切り替えは「@」に、全解除は「`」に、文字列挿入は C-c i に割り当てています。

(add-hook 'magit-mode-hook
          ;; Magit で有効なキー設定
          (lambda ()
            (local-set-key (kbd "@") 'my-magit-select-files)
            (local-set-key (kbd "`") 'my-magit-clear-selected-files)))

(global-set-key (kbd "C-c i") 'my-magit-insert-selected-files)

動作確認環境は以下の通りです。

それにしても…

Magit に dired のような、操作対象ファイルのマーク機能があってもよさそうなものなのですが…見当たりません。「そんな面倒なことしなくても、こうしたらいいよ!」という情報をお待ちしております。

そもそも、Windows で快適に使える git バイナリを用意する方が良さそうですけれど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ken_m/20111225/1324833439