Hatena::ブログ(Diary)

見聞読考録

2018-06-14

academist Journal への寄稿

マダラコウラナメクジの研究を一般向けの文章にまとめました。


ナメクジの出現を予測する!市民科学と最新統計の融合 - academist Journal


6月14日午前10時現在,一番人気の記事です。やったね。

物語風に書いてみたので,研究者に限らず多くの方に楽しんでもらえればいいなと思っています。


見聞読考録 2018/06/14

2018-06-06

プレスリリース公開!

マダラコウラナメクジについて書いた主著論文のプレスリリースがようやく公開され,読売新聞と NHK から早速,取材の依頼が来た。いよいよ始まった,か?


翌日のナメクジ出現を気象条件から事前に予測(農学研究院研究員・森井悠太)

https://www.hokudai.ac.jp/news/research/


SW さん,MK さん,話を振っといたんで対応をお願いいたします!

来月 7 月 1 日のことも,誠に勝手ながらついでに宣伝しときました,あとは頼みます!


見聞読考録 2018/06/06

2018-06-03

担当者さん頑張って!!

論文が公開されてからちょうど三週間,大学にプレスリリースを依頼して19日間が過ぎた。

にもかかわらず,未だに発行されずにいる。遅い。


何やら何度も会議を重ねて,いろいろな人を経由しているようだが,それにどれほどの意味があるのか。

例え論文の価値は変わらずとも,ニュースとしての価値は時間とともに下がっていくのではないか。


複雑な手続きを踏ませる担当者達は,そのことを正しく認識しているのか。

成果を出した研究者にとっても,大学にとっても害悪でしかない。


システムに無駄があるのなら,それを是正する努力をしてほしい。

ちゃんと考えてよ。考えなくなったら人間オシマイだよ。


見聞読考録 2018/06/03

2018-05-16

ナメクジ論文公開

アクセプトから二週間と待たずに,ナメクジの論文がオンライン公開された。


Morii Y*, Ohkubo Y* & Watanabe S. Activity of invasive slug Limax maximus in relation to climate conditions based on citizen’s observations and novel regularization based statistical approaches. STOTEN: Science of the Total Environment, 637–638: 1061–1068. doi:10.1016/j.scitotenv.2018.04.403.


今なら(公開から 50 日間),無料で閲覧できるらしい。


STOTEN Web Site

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0048969718315961


興味のある方は是非ご覧いただきたい。


あまりの雑誌の対応の早さに,プレスリリースが追いついていない。

じきにまた,メディアとかに取り上げられるはずなので,詳しい報告はそのときに改めて。


見聞読考録 2018/05/16

2018-05-11

初めての名大

初めて名大(名古屋大学)を訪れている。


名古屋市営地下鉄名城線の名古屋大学駅が構内の真ん中にあって,とっても便利。


キャンパスがキレイだし,プールやジムも無料で使えて,とっても羨ましい。


...と,名大生の集う食堂で独りごちる。


Sting の名曲「Englishman in Yew York」の哀愁漂う音色が,今の心境を代弁してくれているようである。


見聞読考録 2018/05/11

2018-05-10

デキるヒトのニオイ

論文のプレスリリースをしたため,担当者に送りつけると,今年度から様式が変わったという。

コノヤロウ,また面倒なことをしてくれよって。と,一瞬でも思ってしまった私をどうかお許しいただきたい。


前々から,北大農学部のプレスリリースの様式のダサさにはびっくりしていた。

未だにMSゴシックを指定していたり,ヘンな枠をつけてわざわざ見にくく(醜く)していたり。

なにこれ,だっさ。って感じだった。


新しい様式では「游ゴシック」が使われていた。

各題目の表示も統一感があり,とても良くなっている。

新しい様式は確かに,新しかった。


ここ2年くらい続いている,英文校閲料&投稿料補助のキャンペーンといい,最近の北大農学部の政策はなんだか良い。

きっと誰か新しい人材が,新しい風を吹かせているのだろう。デキるヒトのニオイがする。


見聞読考録 2018/05/10

2018-05-09

街出張

昨日から,横浜に来ている。

11 日からは名古屋,13 日には千葉,と僕には珍しい立て続けの街出張である。


早速さっき発表をひとつこなしてきたが,たった8分間の発表のためだけにここに呼び出されたのかと思うと,溜息が出てしまう。しかも酷く士気の低い会議だ。誰もクスリとも笑ってくれないし,質問だってしようとしない。会議の目的がさっぱり見えてこない。眠くなってしまう。


弱者を慮って動くことを忘れては,反感を買うばかりである。


見聞読考録 2018/05/09

2018-04-30

論文アクセプト!

めっちゃうれしい!

しかし今回の編集者は仕事早いなー!!


見聞読考録 2018/04/30

この編集者,デキる...!

論文を修正して提出したら,たった5時間弱で返ってきた...!!

担当の Editor がデキすぎてビビる。


"I am pleased to inform you that your manuscript can be accepted for publication after satisfactory revisionj of the poibts below"


revisionj of the poibts below!

たったこれだけのメールの内容に,誤字が2つも!


やっぱり,デキるひとは力を入れるところをわかっている。

どうでもいいメールの誤字脱字なんかで騒ぐひとは時間の使い方をわかっていないと言っているようなものなのだろう。

僕も見習いたいところである。


見聞読考録 2018/04/30

2018-04-28

祝!中村太士教授が紫綬褒章を受賞!

お世話になっているラボのボス,中村太士教授が紫綬褒章を受賞!おめでとうございます!

フィギュアスケートの羽生結弦選手らと並んでの受賞だそうで,もはやどのくらいすごいのかよくわかない!


とにかくすごくすごいのはなんとなくわかる!

いややっぱりよくわからない!


でもすごい!すごいものはすごい!

僕持ってないし!


おめでとうございます!

ファンの一人として,感謝と祝辞を!


春の褒章・道内から26人 - NHK 北海道 NEWS WEB

http://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20180428/4020181.html


見聞読考録 2018/04/28

2018-04-15

耳から蜘蛛

ふと気づくと,耳の中でガサガサと音が鳴っている。

でっかい耳カスでも溜まってるのかと思ってしばらく放っていた。


次の瞬間,耳の外側をゾロゾロとした感覚が襲った。

なんか出てきた!なんかいる...!


体調 7 mm くらいの蜘蛛だった。

耳の中のガサガサの正体は,蜘蛛だった。


今日は訳あって,木に登っていたので,ふとした拍子に入ったのだろう。

ハエトリグモの仲間だったろうか,びっくりしたけれどもあまりに可愛いので,指に乗せてしばらく遊んでいた。

同行者一同に「耳から出てきたの!可愛いでしょ!」と見せると,軽蔑するような,可哀想なものを見るような眼差しを送られた。


いったいなんでだろう。


見聞読考録 2018/04/15