Hatena::ブログ(Diary)

Cerebral secreta: 某科学史家の冒言録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-08-22

[]Kapil Raj, "Beyond Postcolonialism . . . and Postpositivism: Circulation and the Global History of Science," Isis 104, 2013: 337-347.

Isis読書会*1のためにブログ更新(遅れて申し訳ない)。

カピル・ラジはインド科学史を研究する、現在コイレ・センター、EHESSの研究者で、Relocating Scienceで知られる。

この論文が問題にしているのは、知識の移動を捉える視座(perspective)の問題である。知識の移動の問題は科学史においても、古くから論じられてきた問題であるが、その際に様々な視座が明示的にあるいは暗黙に過程されてきた。ある特定の視座は現象の特定の側面を見えやすくするが、他方で、別の側面を隠蔽することがある。また、特定の視座は、対象に特定の理解を押し付け、歪んだ認識を生みだす。そして、知識の移動、とくに非西洋におけるいわゆる科学知識の移動に関しては、いくつかの視座が提案または前提された。ラジはそれらの代表的なものを批判的に検討し、「循環」という視座を提案して、具体例を検討している。

ラジはまず、伝統的な非西洋科学史の出発点として、ジョゼフ・ニーダムとジョージ・バサラを取り上げる。ニーダムは中国科学史の研究において、なぜあれほどの技術革新をした中国が近代科学を生み出さなかったのかを問い、西洋の商業・工業資本主義の発展が西洋科学の基礎たる数学的思考の発生に不可欠だと考えた。他方で、数学的思考は普遍的なものなので、いずれは中国の学問も、「近代科学の大海に流れ込む」と考えた。このように、科学は西洋に特有であると同時に、普遍的なものであるとしたのである。他方、ジョージ・バサラは西洋科学の伝播についての三段階論を唱えた。第一段階には、非西洋地域はヨーロッパの科学に材料を提供し、第二段階には、植民地となり、第三段階になって、独立した科学研究を始める、というものである。このように非西洋科学の歴史研究は、第一に、非西洋地域がどのように近代科学に貢献したか、第二に、西洋科学がどのように非西洋地域に広まったか、という二つの視座に重点が置かれた。

南アジア科学史においては、バサラの視点がとくに厳しく批判された。とくに、「拡散」的な視座が、知識の受け手を過度に受動的に描いてしまっていることが示された。しかし、それらの研究は、ニーダムやバサラと同様、科学は本質的に合理性に基づいた真実だという視点が前提されていた。そうなると、非西洋科学の歴史研究は、次の二つの立場の選択を迫られることになる。近代科学を本質的にヨーロッパ起源のものと考え、それが非西洋世界に伝わったと考えるか。それとも、それぞれの社会に、それぞれの科学的推論があったと考えるか。

他方で、過去30年ぐらいの科学の社会学的、歴史的、人類学的研究において、科学についての理解の仕方が大きく変化した。科学の研究の実践においては、研究がつねに合理性や論理的思考によって支配されているわけではなく、したがって、そのような側面を科学の本質として捉えることはもはやできなくなった。なかでも、科学の移動と伝播が科学についての研究の重要な焦点となった。なぜなら、科学の移動を、「真なる知識なので、広まるのが当然」であるかのように論じることができないからである。しかしながら、これらの研究は、あくまで西洋科学を対象とし、科学は西洋のものという観点を保持していた。同時に「中心/周縁」という視座を暗黙に仮定していた。

これに対して、ラジは、これら二つ、非西洋科学の歴史と最近の科学論の関心を対話させようと試みる。彼が提案するのは、「循環」という視座である。「科学」という言葉で意味するのが「自由に動く観念」ではなく、知識、実践、装置、技術とサービスの生産であることを前提にした上で、ラジは、循環ということを、「拡散(dissemination)」「伝播(transmission)」「コミュニケーション」と区別する。拡散は当然「中心/周縁」視座を前提する。「伝播」ではラジはおそらく、サブラによるこの言葉の使用、すなわち変容のない、ただ伝えるだけの伝播を想定しているのであろう。コミュニケーションは、セコードが言及されているが、当然ながら、知識の移動は、知識をもつものが持たないものへ知識を伝えるというような形の、せまい意味でのコミュニケーションの形を取るものばかりではない。異なる知識や、それを持つ人たちは、たまたま遭遇したり、衝突したり、権力関係下にあったりし、それらの様々な関与の中で、知識の起るのであって、教室や講演会や啓蒙書によるコミュニケーションだけが知識の移動の契機であるわけではない。それに対して循環という視座でラジが強調しているのは、繰り返し行き来すること、である。そこでは、再生産、再現のような一回きりのプロセスではなく、繰り返して継続的に起こる相互作用が想定されており、そのなかで知識や関与するアクターも少しずつ変容していく、ということになる。

ラジが具体例として考察しているのは、初期近代の植物学である。当時、ヨーロッパ諸国において、世界各地の植物の一覧をつくることが、経済的にも、あるいは船乗りたちの薬草の供給源としても重要な意味を持っていた。しかし、これまでの研究では通常、現地の人たちは、たんなるインフォーマントとしての扱いしかされてこなかった。これに対して、ラジは17世紀終わりのインド南東部のオリッサで、フランスの医師からの依頼でインドの画家が描いた720の植物図を含む14巻の植物書に着目し、これの作成において、インド人たちは決して受動的なインフォーマントに過ぎなかったのではなく、収集、作画、翻訳、製本等に積極的な役割を果たしていたことを示した。

循環を強調しながらも、ラジは同時に、循環という視座の限界も認める。循環が常に起るわけではないし、むしろ循環が起こらないほうが都合のよいこともあれば、特定の領域に循環が限定されることもある。しかし、循環という視座は、これまで伝統的に仮定されてきた知識についての三段階の区別、すなわち、情報の収集、実験室等における知識の確立、そして拡散・需要という区別が、成り立たないような現象を捉えることができることも指摘する。

この論文に書かれているラジの事例自体は、あまりにあっさりしすぎていて、「循環」という視座のありがたみがいまひとつ伝わらないので、それについてはRelocating Scienceに基づいて議論したほうがよいだろう。ただ、この論文だけからでも、ラジの提案する「循環」という視座が、これまで見落とされていた現象を捉えるのに有益である可能性は十分示唆されているように見える。そして、それによって、知識の生産・移動について仮定されたいくつかのかなり有力な視座の再検討を要請しているように見える。

しかし、問題の解決は、一つの視座を他の視座に置き換えることでも、あるいは事例によって、もっとも望ましい視座を選択することでもなく、おそらく視座自体を対象に内面化することであるように思われる。悪名高い、内的・外的歴史の二分法も、内在化されたものとしての科学の歴史という形で、対象の側に視座を内面化することによって生産的なものとする可能性が得られるように、たとえば、「中心/周縁」という視座もまた、それ自体が、当時のアクターによる中心化、周縁化として、また新たな視座を拓くかもしれない。その点は多分、ラジも意識していて、「循環」を成り立たしめる条件というのは、結局そういう問題になるかもしれない。

もう一つ、私自身として当然興味があるのは、この「循環」の視座が、日本の事例にどの程度適用可能であるか、ということである。ラジが議論している植物学書の事例に関しては、日本におけるシーボルトと本草学者の関係がただちに念頭に浮かぶ。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。