ほぼ週刊けんじけん このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。ニュース以外は毎週土曜か日曜更新予定。

2016-05-22

ファミ憲ミニ『精霊の守り人』より『思い遥か(ナージの唄)』

f:id:kenjiken:20100508030407j:image


ゆや@けんじけんです。

綾瀬はるか主演のドラマ版『精霊の守り人』(NHK放送90年大河ファンタジー)に連動して

2007年に放送されたアニメ版『精霊の守り人』が現在再放送中♪


今回はアニメ版『精霊の守り人』から、

ストーリー展開の上で重要な役割を持つ挿入歌『ナージの唄』をご紹介します。



すでに本ブログでも2010年6月(ナージの唄)2013年4月(アルバム)にてももんが氏よりご紹介させていただいている名曲でございますっっ。

オリジナルサウンドトラックである『音楽篇1』では

1曲目にインストゥルメンタルの『思い遥か』、最後に子どもたちが歌う『ナージの唄』が収録されています。

(ファミ憲にしちゃったらどっちかわからないんだから『ナージの唄』でいいじゃん!と思われることでしょうが、イントロ部分に『思い遥か』のものを使用しましたので併記しました。綾瀬はるかとおもいはるかを掛けたわけでは……ありませんよ)


D



初夏の風に口ずさむ「カーオカオ、ホーイホイ」は格別ですね。

田植えの終わった一面の棚田を見ながら聞いてみたい一曲です。



精霊の守り人 音楽篇 1

精霊の守り人 音楽篇 1

精霊の守り人 音楽篇 2

精霊の守り人 音楽篇 2

2016-05-15

オススメの川井憲次のアルバム『ワールドトリガー オリジナル・サウンドトラック』

どうも、好きな言葉は「サントラ発売」のももんが@けんじけんです。


『ジョーカー・ゲーム』のサントラ発売が待ちきれない皆さま、こんにちは。
科捜研の女』の音楽が川井憲次っぽいなと思ったら川井憲次だった、という皆さまもこんにちは。


そんな皆さまにもぜひオススメしたいのが、やっと出たサントラ第二弾、TVアニメ『ワールドトリガー』オリジナル・サウンドトラック(第一弾は『科捜研Part2』ね)。


私が特定の劇伴にハマるとき、二つのパターンがあります。
サントラCDを聴いてからハマるタイプと、番組を観た時点でハマるタイプ。


本作は後者でした。
番組が始まってすぐに「!!」となり……。サントラの発売を待ち続けて一年と七ヶ月、ようやくの発売です。
それではさっそく鑑定してみましょう……じゃなくてターゲット、ロックオン……でもなくてトリガーオン!!


まずは『ワールドトリガー メインテーマ』

第一話で私を鷲掴みにした張本人(?)です。これを「前回までのあらすじ」で流されたら、掴みはOK。「えっ? そこから始めるの?」「長っ」と思っても観ずにはいられないじゃないか! 飛ばせないじゃないか!! ズルい。
ちょっぴり妖しい雰囲気と哀愁のあるメロディが心を捕らえて離さない! ガンガン闘うアニメなのに、ガンガン戦闘系の派手なメインテーマではなく、そこはかとなく大人っぽいところもポイントです。


そして穏やか日常系群

軽やかで優しい曲調なのが『平和な日々』『楽しい日々』『玉狛で迎える朝』。特に『平和な日々』『玉狛で迎える朝』の後半で現れるアコースティックギターの温かい音色が大好きです。

同じ日常系でも、のんびりした曲調なのが『玉狛のおやつ』『玉狛の休日』。ゆったりとした音色とメロディで、リラックスモード〜。

忘れちゃいけないヘタレ系。『100倍楽しむ!』は、ほんわかムードに少しオマヌケな合いの手が入るくらいで、そんなに壊れちゃいません。のんびり日常系に入れてもいいくらい。

本作一のヘタレ曲はやっぱりコイツ、『雷神丸』。何か色んなものを叩いたような色んな音がします。音程の外れたメロディで、雷神丸(と陽太郎)の癒し系をアピール。ヘタレ曲があれば作品も100倍楽しめるってもんです。

この辺りは玉狛支部をテーマにしたものが多いですね。

f:id:kenjiken:20160515210557j:image:w200


お待たせのバリバリの戦闘系

まずはこちら、『実力派エリート』。デン! デン!デン! と力強く始まって、メインテーマのフレーズをエレキがギュンギュン。ノリノリです。燃えます。それから『ランク戦-反撃-』『ボーダー出撃』『ランク戦-乱戦-』『激戦開始』『トリオン兵召喚』など……いやぁ、闘ってますねぇ。出だしからバリバリです。始まった瞬間にグッと引き込まれます。カッコ良すぎで、ヨダレが出るレベル。


その他

他に特筆すべきなのが『神の国アフトクラトル』『乱星国家エルガテス』。民族調の音楽で異世界感が表わされています。
コーラスから始まる『麗しき破壊の女神』はリリスのテーマですね。ミステリアスなリリスの存在を表現した、神秘的でとても哀し気な曲……。



これはもう「ザ・川井憲次」って趣きのサントラです。川井憲次満載です。バリバリオススメです。
でも、あれ? 後半の放送の「前回までのあらすじ」で使われた曲がないような気がする。サントラ第二弾、プリーズ!……と思ったら、皆さんそれぞれに「自分の大好きなあの曲が入っていない!」とかあるようで……。
という訳で改めて、『ワールドトリガー』の続編の放送と、未収録曲を含めたサントラの発売を熱烈希望!


けんじけんは『ワールドトリガー』を全力で応援します!


 

2016-05-08

「ほ」謀略に惑い イイ曲聞き逃し 幾度押したかリプレイボタン

頭脳戦にめっぽう弱い、ガチョピン@けんじけんです。

ただいま絶賛放送中の『ジョーカー・ゲーム』。皆さん、観て&聴いていらっしゃいますか?

そんな『ジョーカー・ゲーム』からご紹介する「川井憲次かるた」3首目は……


「ほ」

謀略に惑い イイ曲聞き逃し 幾度押したかリプレイボタン

f:id:kenjiken:20160508004343j:image

かるたの解説≫

私、同人誌やブログ等で作品・楽曲についてレビューするときには何度も観返すのが常であります。が、こと『ジョーカー・ゲーム』については毎週そんな感じで視聴しております。


セリフに気を取られて肝心の劇伴が耳に入っているようで入っていない! のです。複雑なトリックもとい、諜報戦の裏で妖しく響く曲なのは判る。でも、そうしているとセリフが追えない。ああ、また何度も早戻しをして同じシーンを繰り返し繰り返し……。でも、つらいと感じないのは、ストーリーが面白いのと、曲が美しいからに他なりません。


オンエア中のエピソードを視聴した限り、

・派手めな楽器編成の曲はそう多くないように聴き取れる。やはり、セリフの聞き取りやすさを優先させたから?

・物語の時代性や画との親和性を考慮させて、落ち着いた雰囲気の曲が多い。だが、おどけた味わいを孕んだ曲も窺える。

・ストーリーが深刻になってくるほどに曲も重みを帯びるのか?

といった推察を(スパイになったつもりで)私なりにしてみました。ええ、へっぽこスパイですが(笑)。


まだエピソードは前半の5話が放送されたばかり。今後のエピソードでどういった曲に展開するのか、7月25日発売のサントラとともに楽しみですね。


そして、耳寄りなニュース。

ジョーカー・ゲーム』Blu-ray BOX 上巻・下巻の初回生産特典にそれぞれオリジナルサウンドトラックCD「Out of TRACK」vol.1・vol.2が付くという情報です。

内容の詳細においては、よくわからないのですが、ご興味のある向きは是非。


サントラはこちら

TVアニメ「 ジョーカー・ゲーム 」 サウンドトラック(仮)

↓「Out of TRACK」vol.1が初回生産特典に!

ジョーカー・ゲーム Blu-ray BOX 上巻

↓「Out of TRACK」vol.2が初回生産特典に!

ジョーカー・ゲーム Blu-ray BOX 下巻