ほぼ週刊けんじけん このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

作曲家:川井憲次に関する最新情報を集めている憲次力研究所(けんじけん)のブログです。ニュース以外は毎週土曜か日曜更新予定。

2016-01-30

ファミ憲ミニ『下町ボブスレー』より『エンドテーマ』

f:id:kenjiken:20100508030407j:image


ゆや@けんじけんです。


今回のファミ憲ミニは……

祝! 平昌五輪 下町ボブスレー、ジャマイカ代表チームが採用決定! 

ということで、

NHK BSプレミアムにて2014年に放送された 特集ドラマ『下町ボブスレー』よりお届けします。



下町……ロケットじゃなくてボブスレー? という方のために、ちょっと解説。


このドラマは下記のプロジェクトをもとにした、フィクションです。

ボブスレーは冬季五輪の競技種目であり、欧米では人気のスポーツです。

イタリア代表はフェラーリ、ドイツ代表はBMWといった有名企業がソリの開発競争をしていますが、日本は既成品や中古のソリを調達し改良し競技に臨んでいます。

時には現地のレンタルソリでレースに出場したりトレーニングをしているのが現状です。

下町ボブスレーは大田区の中小町工場が中心となり、世界の舞台で戦える国産マシンの開発をしようというモノづくりプロジェクトです。

(下町ボブスレーネットワーク公式サイトより引用)


というわけで、下町ボブスレーは現在進行形のプロジェクト。

目指したのは、日本代表による採用。14年ソチ五輪で不採用に。次のオリンピックでリベンジ! と改良を重ねましたが、昨年11月、平昌五輪でも不採用……。

もうだめか!? と思った矢先、飛び込んできたのがジャマイカチームでの採用のニュースでした。

ジャマイカ…? そう、映画『クール・ランニング』のジャマイカチームですよ!


大田区の広報スペースなどでは下町ボブスレーのポスターと共にジャマイカ国旗が貼られ、地元では、地味〜にお祝いムードです。

そうそう、『下町ボブスレー』第1話では小学生が工場見学に訪れていますが、あれ、本当にやってます。ウチの小学生もトルクレンチを作っているところを見せていただきました。



曲はテーマとしてタイトル、劇中にも繰り返し使われたフレーズ。小気味よいサキソフォンの響き、バンドネオンの軽やかさが「いつもの光景」の中にある「活気ある生活感」を彩ります。今日も元気に頑張ろう♪ という時にオススメの一曲です。


D




下町ボブスレー オリジナルサウンドトラック

下町ボブスレー オリジナルサウンドトラック

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kenjiken/20160130/p1